[HOME]
ヨーロッパ日記


■ 3月 1日    ( お知らせ ) 
花粉(絶望)と戦うべくヨーグルトメーカーの中でR-1菌の増殖がたのもしい侯、上田よりヨーロッパ企画の3月のお知らせ。

今月はまず、HTB開局50周年ドラマ「チャンネルはそのまま!」がはじまりますね。プロデューサーに嬉野さん、監督に藤村さん、総監督が本広監督。これにヨーロッパ企画もみんな出てまして、3/18(月)〜22(金)まで5夜連続放送ですって。こちら

ドラマといえば、「10神スパイ大作戦〜コード・バリカタ〜」がいよいよ佳境を迎えてますね。石田・酒井・土佐・永野が、福岡でふざけてます。団長もいきなりフルマラソンのごとく連ドラを書いていて、ああ、団長がドラマを書くとこんなに絵面がドラマらしくキレイになるんだ、と妙な感慨です。元々ドラマとか映画を山ほどパロディしてますからね。得意な引き出しなんだろうなあ。男肉メンバーも出ています。こちら

本多くんの「家売るオンナの逆襲」も終盤戦。泉谷しげるさんとの共演もはたした本多くん。谷口六三商店はぼくもビデオ撮ってみてたなあ。こちら

そして土佐さんが、第7回ブス会*「エーデルワイス」に出演してます。土佐さんの役がエロいんだそう。「週ヨロ2」の、鈴木砂羽さんとペヤンヌマキさんの出演回(こちら)で予習してもらいつつ、3/10(日)まで、東京芸術劇場シアターイーストにて。こちら

大阪では上田が、「5th Anniversary うめだ文楽2019」に、プレトークでゲスト出演します。うまくしゃべれるかな。こちら

暗い旅(こちら)では、「旅くんスタンプ」がとうとう発売となりました。こちら

そして、京都IJ(こちら)、陽だまり屋(こちら)、ブロラジ(こちら)、こちヨロ(こちら)、U-NEXTさんでの配信(こちら)、ピカちん(こちら)、時空旅(こちら)、KEISUKE BAR(こちら)、などもご愛顧お願いします。

写真は、発売された「ピカちんドローン」。開けたらすぐ遊べる!
3/ 1(Fri) 18:40 No(11137)


■ 3月 1日    ( 石田 )  ラジオ  
3月ですね。もう今年も6分の1が終わりましたね。
なんてラジオのDJの語り出しのようなことを言ってみました。近鉄アート館に「みみばしる」を観に行きました。熱くなって一緒に歌いたくなるような劇でした。でも歌詞を知らないし、ほんとに歌ったりしたら隣のお客さんにも迷惑だし、もちろん歌うわけないのですが、そんな気持ちになりましたね。応援上演やったらいいのではないだろうか。でもボヘミアンラプソディーの応援上映を観に行ったとき、案外まわりが大人しくて、あれ応援上映なのにおとなしいじゃないか!と思ったんだよなあ。ぼくは歌う気まんまんだったけど、英語の歌詞が難しくそもそもフレディの歌唱力はすごいのでそんな簡単に歌えるもんじゃなかったのだ。
暗い旅も一度応援上映してみたい。バスタブでんぐり返しとか。こちら
居酒屋の靴箱で男肉(オニク)がKINGだったので思わず写真撮ってしまった。こちら
3/ 2(Sat) 03:55 No(11141)


■ 3月 1日    ( 上田 ) 
暗い旅のプレビュー。中田くんが編集してくれた「永野が帰ってきた旅」。みんなメモを取りながら映像を見て、そのあとメモを参照しつつ改善ポイントを言うのだけど、鍋ちゃんだけは腕を組みながら映像を見ていて、そのあと思い出しながら改善ポイントを言っていたので、「鍋ちゃんメモとらないの」と聞くと、「メモとるの邪魔くさいなと思って、記憶を頼りにプレビューする方法を身につけました」だそう。奇人がいるなと全員思ったけど、怒るかもしれないので言わなかった。

そしてモスカフェで仕事。となりをみるとまた酒井が。よく店が一緒になる。酒井のペンがモスカフェいち走っていたので、もう話しかけず店を後にしました。よくはかどっただろう。そして酒井も多分こっちに気づいていたと思う。

そのあとは、本家のアカデミー賞でアニメーション賞を取って、ファンが「ヒョー!」と声援をあげたことで話題の「スパイダーマン:スパイダーバース」を観て、ヒョー!となりました。映画館を出たら、「ペンギン・ハイウェイ」が、日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞を逃していた。残念ですけど優秀賞だけで立派ですね。そして新人俳優賞の萌歌ちゃん健太郎くん、おめでとうございます! グループラインに時かけポーズを送ってくれた2人でした、うれしいよ。萌歌ちゃんは「未来のミライ」の声優もやっていたんだものな。

そのあと京都に来ていた金丸さんとご飯を食べました。そういえば岸田賞のときもたまたま一緒にいたので、もしやラッキーボーイか、と思ったけどそうではなく、特に面白いことも起きなかった。愉しかったです。
3/ 2(Sat) 05:46 No(11142)


■ 3月 1日    ( 永野 ) 
始発くらいで京都に戻る。
松宇くん・大歳くんの呼びかけで、ブロラジ会議。メンバー松宇・大歳・ブレイキン・僕。
youtubeに上がっているブロラジのサムネイルをどうするか? という議題。いま、200本以上過去のライブラリが上がっているんだけど、200もの同じ顔をしたブロラジのロゴがズラーっと並んでいて怖い、と言われたそうだ。しかもナンバリングされてるだけで、何年何月何日の、誰のラジオドラマが流れているかもわからない。たしかに怖くて謎めいて不便だ。東京での収録が続きそうなので、その辺りの対策など。ティーンでいちばん年下の松宇くんが引っ張ってくれてるブロードウェイラジオチーム。細かくテコいれしていきますので今後ともよろしくお願いいたします。
3/ 2(Sat) 09:39 No(11143)


■ 3月 2日    ( 上田 ) 
写真は昨日、ヨーロッパハウスに行ってみたら、台車に神のご加護があったところ。

今日はいちにち、先々の瑠東さん企画、本公演、そしてバイオレンス企画(仮)のことを考えてました。お題に対するほしい案がぜんぜん出なく、けどそれを考えているうちに、関係ない案がたくさん出て踊り出す、というよくあるやつになっている。それはそれでいい。

今からなにも起きなさそうなので、早めに日記を書いてみました。
3/ 2(Sat) 22:21 No(11145)


■ 3月 2日    ( 石田 )  マイペース  
明日はいよいよ寛平マラソンです。10キロなんですけどね。でも緊張するし遠足前のようなワクワクもあるし。チェルシーのヨーグルト味持って行こうとコンビニで探したけど売ってなかった。遠足といえばチェルシーのヨーグルト味。あーあ、早く寝ようと思っていたのにこんな時間だ。
ぜったい知らん早いやつにペース乱されてめちゃくちゃ最初飛ばしてまうダサいやつになってしまわないようにマイペースでがんばろうと思う。マイペースって悪い意味で言われがちだけど、大事なことでもありますね。マイナーペースは有馬トモホさんの名曲こちら
写真は早織さんがサマーの稽古場でライカで撮ってくれたいい写真。ライカいいなあ。
3/ 3(Sun) 00:06 No(11146)


■ 3月 2日    ( 永野 ) 
法事で奈良へ。
明日、三鷹で「The Fairytale Man」が上映されるっていう話になって、親戚が観たい、となり、奈良でわずか5分12秒のプチ上映会(カウントダウンで流したのとは違う再編集版です)。自分の純度が高すぎるだけに、恥ずかしくて、身体があっつくなった。「お洒落な終わり方やねえ」と意外な感想をいただいた。もう何を聞いても、身体があっつくなるだけだった。いそいそとハミガキして布団に逃げた。

写真は、2600枚絵を描くことになることを知らない頃のアニメ制作時のメモと余裕をかましたコーヒー。
3/ 3(Sun) 09:58 No(11147)


■ 3月 3日    ( 永野 ) 
奈良から三鷹に向かい、三鷹インディーズアニメフェスタに参加してきました。
12作品の1つにノミネートされたんですが、他の作品は、ゴリゴリのクオリティのアニメ揃いで、2作ほど上映終わった時点で、やばい、場違いなところに来てしまった!と焦った。2600枚絵描いてひーひー言ってる場合じゃなかった。みんな労作。賞なぞスコーンと逃した。
審査員の方々とお話させていただき、

「アニメというより話芸ですね」
「もっとコマを増やした方が良いですよ」
「審査員を悩ませる作品ではありました」

などなど、真っ当な寸評もいただき、ジブリ美術館の招待券もいただき、終了しました。
審査員の方にスタジオジブリの方もいらして、
「コンココ面白かったですよ」
と優しいお言葉をいただき救われましたが、三鷹駅までの帰り道、雨がいっそう冷たく感じた夜でした。


明日からとあるドラマのクランクイン。2ヶ月ほどお世話になる。
気持ちを切り替えたいから今日は早く寝る!
3/ 3(Sun) 19:46 No(11148)


■ 3月 3日    ( 上田 ) 
眠いのか花粉症なのかよく分からず、夢の中みたいな毎日を送ってます。全部夢かもしれないな。

今やっている企画のことで、ちょっと道に迷ってしまい、大歳くんに相談に乗ってもらう。こっちですよ上田さん! と道を照らしてくれた。脚本を書くことがミリオネアだとしたら、「大歳」というライフラインを使った感じ。

明日は朝から歯医者で、タフな施術かもしれなくて緊張しているから今日は早く寝る!
3/ 3(Sun) 22:12 No(11149)


■ 3月 3日    ( 石田 )  完走  
寛平マラソンを無事完走いたしました。10キロなんですけど。
黒木さんと鍋ちゃんと、淀川の河川敷は寒かったですけど走り出したらやっぱり熱くなりまして、マイペースに走るなんて言ってましたけどやっぱりちょっとは意地もはっちゃいまして、いまはもう脚がぱんぱんにはっちゃってますね。それにしても楽しかったです。いわゆるマラソン大会に参加したのは初めてだったのですが、応援って本当にうれしい。あ、沿道に応援に来てくださった方もいてとてもうれしかったです。ありがとうございました。あと走ってたら全速力で追いかけてくれて「石田さんですよねー公演いつも観に行ってます」と声をかけてくださったランナーも。ペース乱させて申し訳ないありがたい。間寛平さんとたむらけんじさんが気付いてくださったのもうれしかった。また走りたいと思いましたね。走り終えた後のビールとお好み焼きがまあおいしいこと。
明日は朝から福岡なので今日は早く寝る!つもりがもうこんな時間。
3/ 4(Mon) 00:28 No(11150)


■ 3月 3日    ( 中川 ) 
26日、とあるオーディションへ。ゲロ吐きそうなほど緊張した。
終わって、次の目的地に向かう途中、偶然にも、二・二六事件の慰霊碑があった。何となく手を合わせた。その後、新宿にて、本公演打ち合わせに参加。今年も夏にやりますよー。

28日、歯医者へ。奥歯の銀歯を付け直して治療終了。
ブス会「エーデルワイス」観劇。土佐君がエロ頑張ってた。出演してた後藤剛範君と、たまたま同じ会を観てた山岸門人君と食事へ。豚足の美味しいお店だった。

1日、確定申告を終わらせた!

2日、つくばへ行ってきました。監督作「ロングバイロケーション」が上映された、つくばショートムービーコンペティション2019にて、つくば市長特別賞を受賞しました。準グランプリだそうです。僕もヨーロッパ企画も知らない人達に観てもらえるのが面白いし、その人達の反応を知れるのが楽しい。結果が伴えば尚更。ありがとうございました。

2月ずっと京都で撮影してた、「スローな武士にしてくれ」こちら が情報解禁されました。
空き時間に大高洋夫さんに昔のお話聞いたり、石橋蓮司さんや伊武雅刀さんのお芝居を間近で観れたのが、嬉しかったです。見てねー。
放送予定:3/23(土)(NHK BSプレミアム)21:00〜22:59(119 分)
BS4Kでの放送は3/30(土)18:00〜、その後19:59〜メイキング特番(49分)放送があります。メイキング特番はBS4Kのみ。だそうです。
3/10(Sun) 16:55 No(11175)


■ 3月 4日    ( 淳太 ) 
監督していますドラマ「警視庁捜査資料管理室」(こちら)ですが、

今晩放送の月9「トレース〜科捜研の男〜」(こちら)とコラボしました。
ただいま撮影中の、セカンドシーズンの舞台が一足早く見れますので、よろしければ御覧ください。
3/ 4(Mon) 01:53 No(11151)


■ 3月 4日    ( 上田 ) 
格闘のすえ、白鯨のごとき親知らずが抜けました。情け容赦ないフィッシャーマンですね。あと2本! ものが食べづらい感じなのに、三食のあとに薬を飲まないといけず、抜いたすぐあとにチロルのモーニングを食べました。ギャングのように片方の歯で噛みちぎるように食べた。

ギャングとかが出てくる映画企画を考えているんです。長編の脚本を書くときは、ふつうは原作があったり、設定とかストーリーから考えることが多いんだけど、今回ばかりはショートショートムービーフェスティバルのときみたいに、ものすごく具体的に撮りたいものはなにか、から考えるようにしている。電卓、とか、本、とか、そういう感じでいつもSSMFのときは考えています。モノを撮るのが好きなんですよねえ。
3/ 5(Tue) 02:53 No(11152)


■ 3月 4日    ( 石田 )  福岡  
福岡に来ています。
1軒目で餃子を食べて2軒目でラーメンを食べて3軒目で雑炊を食べて4軒目でシャーベットを食べて5軒目でカツ丼を食べました。何をやっているのでしょう。寛平マラソンで消費したカロリーを福岡ですべて補給しました。
「こちヨロ」こちら の準備をしました。食べてばかりのようですが、しっかりラジオしてきました。最近こちヨロを聴いてくだってる方がどんどん増えてきててメッセージもどんどん届くようになってきてて、とってもありがたいです。
起きてなおお腹いっぱいです。
アシスタントの美舞さん。
3/ 5(Tue) 09:20 No(11153)


■ 3月 4日    ( 永野 ) 
早起きして横浜の方に向かいドラマのクランクイン。
キャスト・スタッフ、どうしても探り合いになる初日、緊張していないフリをしながらなんとか乗り切った。夕方に終わり、放心状態。そのまま温泉に浸かりたい。
が、
劇に浸かりにいく。
映画「Every Day」でお世話になった手塚監督の作演出舞台の千秋楽だった。
映画の試写室にまず入って短編を観て、となりの待合室に案内され、そこで芝居が始まった。
「Every Day」から真逆に鋭い刃を振り切ったダークな苦しい内容だった。謝罪劇と呼んだらいいのか、カタルシスが謝罪にあった。会場にも内容にも、そしてすごく演劇だったことにも、予想を大きく裏切られた。

寝て朝京都に帰る。
3/ 5(Tue) 09:46 No(11154)


■ 3月 5日    ( 淳太 ) 
さきほど、『警視庁捜査資料管理室』セカンドシーズン全話がクランクアップしました。
ファーストシーズンから数えると、18話分を監督したことになり、今はヘロヘロです。写真は主演の瀧川英次さんとヘロヘロな僕とのアップした時の一枚。

4月1日からのスタートに向けて、これからは編集の日々になります。編集はすごく楽しいし、絶対より面白くなると思います!!続報があればこちらにもまた書きますー。
3/ 5(Tue) 22:37 No(11157)


■ 3月 5日    ( 石田 )  エッシャー  
「ミラクルエッシャー展」こちらに行ってきました。福岡アジア美術館でやっていたのでそれを見てきました。ずーっと見ちゃいますねエッシャーの版画は。上田君がメッセージを書いていました。「出てこようとしてるトロンプルイユ」こちらのことを思い出しながら見ました。「この技法に興味を持って取り組んでいるのは私だけだ」と嘆いていたこともあったそうだ。音声ガイド聴きながらガッツリエッシャーを堪能しました。
暗い旅ブログが更新されてますね。こちらスタッフのごとうさんが新作放送の後には必ず書いてくれてます。オープニングムービーアワードで優勝した本人だからみんなのレビューが書きづらいのか、鍋ちゃんのところで編集の速さを褒めるという気の遣い方をしてるのが切なくも可笑しいですね。
エッシャーの中に入ったぼく。
3/ 6(Wed) 03:47 No(11158)


■ 3月 5日    ( 上田 ) 
「サマータイムマシン・ブルース/ワンスモア」のメイキングが、1時間40分で仕上がってきました。雨の日も祭りの日も稽古場でカメラを回し続けてくれた若手チームのひと夏が、ここに凝縮されています。数十時間に及ぶソースから選び抜かれたシーンのはずなのに、酒井が一人でコンビニのとろろそばをすするシーンが残っていた。日常を切り取るにもほどがある。ここからもうすこし磨き上げたく、心を鬼にして1時間20〜30分くらいにしようと思っているけど、酒井のとろろそばは残すつもり。キャプチャは演出らしいシーン。だけどこういうシーンは今回はそんなになく、役者さんたちののんびりしたシーンが主です。

このメイキングが入るDVDもいずれ発売されますし、そのほかヨーロッパハウスでは、諏訪さんがメインでやっているある番組企画が動いていたり、趣味の園芸のロケとか暗い旅の仕込みとか、次の本公演のことだったりSSMF10で優勝した甲斐くんの新作映画だったり、あちこちで春らしい蠢動をみせています。みんな忙しそう。淳太さんもクランクアップおめでとう。僕はネットフリックスでブラックミラーに夢中です。
3/ 6(Wed) 05:22 No(11159)


■ 3月 5日    ( 永野 ) 
朝京都へ。品川でキャンプエクスプレスのモーニングカレーとコーヒーで完全にキマった。
新幹線で、ラジオドラマの台本チェックしたり、園芸の第1稿の作業もろもろ。

家に着くと、家事と子守のおじちゃまになって時間に追われてあっという間に夜になる。録画しておいたNHKのクイーンのドキュメンタリーを隙を狙って観た。
3/ 6(Wed) 11:01 No(11161)


■ 3月 6日    ( お知らせ ) 
佳境をむかえた「家売るオンナの逆襲」の第9話に、角田・永野も!

「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ)
3/6(水)22:00〜
出演:本多力・角田貴志・永野宗典
こちら

予告編じゃ角田さんが関西弁で怒ってますね。テーコー不動産ごとひっくり返すラスボスの関西やくざかもしれんな。三軒家さんの大裁きが見れそう! 写真はムロ式のときの本多くん永野さんと、別のときの角田さん。
3/ 6(Wed) 05:50 No(11160)


■ 3月 6日    ( 石田 )  移動中  
東京に行ってました。京都から新幹線で作業をしようとはりきってパソコン出して、サンドイッチ食べて気がついたら新横浜で目が覚めました。そこから品川までの数分は集中しましたね。名古屋で起きて新横浜までがんばるはずだったのに。
結局品川着いて喫茶店入って作業しました。移動中は結局結構寝てしまう。移動のときの振動が心地よいととくに。
福岡で食べた透明な博多ラーメン。
3/ 7(Thu) 08:11 No(11162)


■ 3月 6日    ( 永野 ) 
今日は、「インディーズジョーンズ」でお世話になったイラストレーターの多田玲子さんのお家に、興味が尽きず、インディーズ研究のおかわりしに行ってきた。鍋Dもカメラも入らず助手もおらず、単身生身でですけど。なんともまあ、たのしくパンとコーヒーとサラダでランチしながらおしゃべりして健康的な時間を過ごしました。お土産にアボカドくんのバッジをいただきました。

で、今晩放送の「家売るオンナの逆襲」に出演してきました。
緊張で破裂しそうになりました。本多くんいなかったし。いち視聴者だったから。東京にいる小学校2年の姪っ子が毎週録画してて、翌朝学校行く前、5時くらいに起きて観ているんだけど、僕が出ることを内緒にしてたから、びっくりするだろうな〜。反応みたかった〜。
3/ 7(Thu) 10:04 No(11163)


■ 3月 6日    ( 上田 ) 
ミシマ社の皆さんがヨーロッパハウスに来られ、うちの新スタッフチームと、交流会というかアイデア会議といいますか、をやりました。おなじ京都でやっているもの同士、なにか接点さらに見つけられたらいいですねえ、という。似て非なる、非なりつつ似ている両者が、合コンみたいに差し向かって話しまして、お互い普段こんなことやってます、という手の内を見せあいながら、いくつか新芽もみつかりました。「読む暗い旅」というキーワードが三島さんからでまして、いいですねえ面白そう、となりつつ、具体はまだないという。これから考えてみようと思います。けど「読む暗い旅」って、倉橋由美子さんの小説「暗い旅」ではないか、とあとで思った。元へ戻るもんですね。

それにしてもうちチームの6人が全員花粉症だった。写真は、松宇くんが、ミシマ社のみなさんのラジオの機材を説明しているところ。
3/ 7(Thu) 14:10 No(11164)


■ 3月 7日    ( 石田 )  チャンネルはそのまま  
鍋ちゃんと一緒にロケハンに行ってきました。花粉もひどいし今日はやたら寒かったし、バシッとハンティングしてやろうと思ってたんですが、やはりいろいろこだわってしまいますね。あれもいいこれもいいで優柔不断も出つついろいろ動き回りました。鍋ちゃんと石田の粘り勝ちでしょう。いいロケーションをハンティングできました。
詳細はまだ秘密です。お楽しみに!
「チャンネルはそのまま」がもうすぐ放送ですね。もちろん見てほしいです!そして「ももクロChan」チャンネルはそのまま舞台裏SPもぜひ!
テレビ朝日 3月12日(火)26時24分〜
テレ朝動画(デラックス版) 3月15日(金)18時アップ予定
BS朝日版 3月30日(土)26時30分〜
HTB 3月17日(日)15時20分〜
動画がたくさんアップされてますね。おもしろそうですよ〜こちら
3/ 8(Fri) 01:01 No(11165)


■ 3月 7日    ( 上田 ) 
暗い旅の打ち合わせ。けっこう最近は力をためていて、むこう5回分くらいのことが見通せている。けど次回のことだけがまだ見えていない。実は「マネーをおごる虎2」をやろうとしていたんだけど、色々考えて、次ではない、と直感したので、次は違うことをします。割とメンバーがたくさん来てくれそうなので、ゲームを考えてもてなすつもり。

あと、打ち合わせの最初に鍋ちゃんがいなくて、そうするとインドア企画の話がやけに盛り上がって、そうか、鍋ちゃん以外インドア派なんだ、ということが今ごろ分かった。僕はもともと首から下いらないと思っているほどインドア派で、鍋ちゃんは富士山に登って自転車で走ってフルマラソンにも出るほどのアウトドア派で、だからお互いちょうどよかったんだけど、そういえばこの一年ぐらいインドア企画が増えているのは、なんとなく人数的な趨勢かもしれない。だとすると鍋ちゃんに申し訳ない気持ちも少しある。パラグライダーの旅、エクストリームサーフィンの旅、エアリアルスキーの旅、なんてのは、ほっとくとこのチームじゃ一生やらないだろう。少しは外ロケに目を向けないと、と反省しました。しかし次もまた室内ゲーム企画。

そしてテトリス99を始めてしまった。初日で99人中8位まで行って、おっ、と思って角田先生に聞いたら、先生は2位をマークされていた。そして1位の人は次元が違うという。動画を見て、なるほどこりゃ悪魔に魂をうった人間の所業だと思った。Tスピンダブルという技が当たり前にできないと話にならんらしい。俺にとってのエアリアルはこっちだ!
3/ 8(Fri) 03:03 No(11167)


■ 3月 7日    ( 永野 ) 
朝、東京へ。
ニッポン時空旅の収録3本録り。
この日本多くんは、夜中からずっとドラマの撮影をして、スタジオに来たそうだ。慰労の気持ちでぜひ聴いてください。毎週日曜にやっております。もう4年目です(こちら)。

夕方におわり、ひとりカフェバーに入り、いいちこのソーダ割りでしばし一服。

そして夜、1月いっぱいまで撮影していたドラマでお世話になった熊坂出監督と合流してご飯を食べた。二軒目では同じ作品に出てた川面ちゃんやらキャスト陣も来て賑やかな夜になった。生まれて初めて、ヨレヨレの千鳥足になり帰宅。でもちゃんとお風呂も入って、クエン酸も飲んで0秒で寝た。

写真は町内の回覧版でまわってきた、きたまりさんの公演の案内。
右京区民は、きたまりさんのダンスを観に行こう!
3/ 8(Fri) 16:05 No(11168)


■ 3月 8日    ( お知らせ ) 
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭に、ヨーロッパ企画が2年ぶりに参加!

「ヨーロッパ企画のショートフィル大連発2019」

日時:3月8日(金) 22:15〜
会場:ゆうばりホテルシューパロ嶺水の間
出演:角田貴志 諏訪雅 大歳倫弘 黒木正浩 甲斐隼平 小林哲也 柴田有麿

上演作品:
「マスマティックな夕暮れ」(監督:諏訪雅)
「ノックは3回、クリックは2回」(監督:大歳倫弘)
「CAIRN remix」(監督:角田貴志)
「打つ! 涙なむ 〜お友だち見つけたら、なんと!〜」(監督:黒木正浩)
「コンセプト」(監督:甲斐隼平)
「適度なふたり」(監督:柴田有麿)
「Mondo.」(監督:小林哲也)

雪をも溶かす映画熱、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭に、ヨーロッパ企画一行がゆきます。いつ行っても一種独特の映画空間でして。そこで短編映画をいろいろ上映してはトークします。ゆうばりに行かれる方は、ぜひとも。
3/ 5(Tue) 17:55 No(11156)


■ 3月 8日    ( 甲斐 ) 
スタッフの甲斐です。
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭に行きました。
黒木さんは昨晩のアルコールが抜けておらず朝早くから上機嫌でした。
諏訪さんは真っ青なパンツに愛犬の毛を2本付けていました。
角田さんはシャトルバスの出席確認で「カクタさん」と呼ばれても一切動揺することなく返事をしていました。
大歳さんは風貌がどことなく上田さんに似てられる方を発見してドギマギしていました。
写真はジャンケン大会を勝ち進んで、ゆうばりのホテル1泊2日券を手にする前の大歳さん。
3/ 8(Fri) 01:31 No(11166)


■ 3月 8日    ( 永野 ) 
5時起き。今日はとある刑事ドラマの撮影。中川晴樹とペアの役。

朝イチの場面は、千葉まで行って、いきなり高速道路の高架のたか〜〜いハシゴにのぼり、逃走する場面。怖すぎてまったく逃走できなかった。晴樹っちゃんはちゃんと逃げれてた。そして取り押えられるアクションシーン。晴樹っちゃんは、ちょこちょこケガしてた。

都内の撮影所に向かい、もう1シーン。
台本には、僕らの演じる役は
「太った男と痩せた男のバイク二人乗り」
と書いてあるが、実際やっている役者はチビ2人。明日も撮影。

昼過ぎに撮影おわり、外に出ると、仮面ライダージオウに出ている、ウォズとゲイツがいた。ウォズに「いつも観てます!」と嬉しくて声かけてしまった。

帰って、まだ明るいけど、お風呂入れて、ゆっくり疲れをとりました。



写真は、東京の部屋がさびしいので買ってきた植物、ナギ(左)とアロマティカス(右)。
3/ 8(Fri) 23:31 No(11169)


■ 3月 8日    ( 石田 )  薄日記にはチャンネルはそのままのオフショット写真で釣る  
花粉で目がかゆむ。
おうちの近くにとってもいいカフェを見つけた。朝から空いててWi-Fiがあってコーヒーがおいしくてお代わりできて何より店員さんの愛想が良くて。愛想が良いとまた行きたくなるなと思いましたね。愛想を良くしよう。またひとつ勉強になった。
暗い旅ディレクターブログこちらを書きました。読んでる人いるのかな?日記は読んでくださってる方がたくさんいるのを知ってるのだ。スタッフの井神さんがアクセス数を送ってくれるんですの。だからこうやって書く気にもなるのです。お客さんがたくさんいるところに立つのは気持ち良いものですが、いないところへ呼び込んでお客さんをいっぱいにするのも大切だ。
お客さんがいるからといってかまけていると花粉とかカフェとか愚にも付かぬ文章を書いてしまい、石田の手抜き薄日記はもういいや飛ばし読みだ、上田さんの日記はおもしろいもんね、最近永野さん書いてくれてて嬉しいわ、この二人の読もっ!となってしまう。これはいけません。いいこと書きたいんだけど、なにもしてない日もあれば何かしてるけどまだ言えないことばかりのこともあるものです。言い訳しないが今年の目標のひとつだったのに!
みんないまゆうばり国際映画祭にいってるみたいで、やっぱり楽しそうだなあ。あ、中川さんがつくばの映画祭で準グランプリ取ったみたいだなあ。
明日のために今日も寝よう。明日は茶屋町KEISUKE BARに出ますし暗い旅の放送日。結局宣伝しちまいやした。
写真はチャンネルはそのまま報道部の写真だよ!
3/ 9(Sat) 03:25 No(11170)


■ 3月 8日    ( 上田 ) 
世界から花がなくなればいいのになんて思ってしまう。目がかいいんです。我慢の季節ですね。

2日続けて暗い旅の打ち合わせ。次回の収録は「アナヨログゲームをやる旅」になりました。アナヨログゲームとはアナログヨーロッパ企画ゲームのことです、造語なので気にしないでください。スタッフチームで、ボードゲームやカードゲームをいくつか作ることになったんだけど、この作業がもう楽しすぎる。考えてみれば、演劇をやるまえはゲームを作る人になりたかったんだった。今やご存知ないかたがほとんどでしょうけど、昔はこちらのような連載があり、そこで僕が学生時代に作ったゲームを紹介しているんですよね。地金がそんななので、ゲームムービーも楽しいし、アナログゲームを作るのも楽しいし、テトリス99だってやっちゃう。しかしやがてまた劇作をしないといけなくなるだろう。

中川さんをモチーフにしたゲームを皆で考えていて、「名古屋魂ゲーム」「アンラッキーゲーム」「楽屋角とりゲーム」「ダニ毛布をかけられてアレルギーゲーム」など、いくつか案があった中、燦然と光るアイデアがあって、膨らませていったらシステムからストーリーからデザインからすべてうまくいった。のでこれ1つだけで収録に挑んでもいいぐらい。商品化したいとさえ思っている。形になるのをお楽しみに。

そして、本物のカードゲームの味を知ろうと、打ち合わせの合間にやったりもしました。6ニムトが本当によくできていて参っちゃう。
3/ 9(Sat) 03:54 No(11171)


■ 3月 9日    ( お知らせ ) 
黒木さんの主演映画が、シネ・リーブル梅田で!

「ヌンチャクソウル」
監督:木場明義 主演:黒木正浩

3/9 21:15〜 シネ・リーブル梅田3
3/12 12:00〜 シネ・リーブル梅田4
こちら

とても気になる情報をみつけました。第14回大阪アジアン映画祭(こちら)で、黒木さんの主演映画「ヌンチャクソウル」が上映されるとのこと。76分の長編、堂々の世界初上映。こちらに予告編もあります。「ヌンチャク」と「ソウル」の2人が出会う映画!
3/ 1(Fri) 19:33 No(11140)


■ 3月 9日    ( 永野 ) 
起きて、10時くらいに撮影所のある駅のスタバに行き、趣味の園芸の第1稿の作業。
〆切は2日後だけど、ゆっくり落ち着いて作業できるのは今日かな、と思ってふんばって作業。プロットのでき次第で、第1稿のしんどさが変わる。今回はプロットがやや甘めだったから用心して、コツコツ執筆。2時間30分くらいかけてなんとかいったん書き上げる。ここはひとまず寝かして明日また推敲しよう。

撮影所に歩いて向かう。今日も中川晴樹と同じ現場。
だいぶ早めに着いたので、撮影所周りを2周半ほどウォーキングしながら台詞確認。
人生初取り調べ室シーン。
なんか終盤の場面で鼻が垂れた。けど、特にカメラ映り的には問題なかったのか、OKでクランクアップ。

中川晴樹と2人でわちゃわちゃしてる感じなんだろう?なんかあったなあ?と思ったらサマータイムマシン・ブルースだった。甲本と曽我のサイドストーリーと思ってドラマ観ると切ないですが、ぜひご覧ください。
放送日わかったらまたHPでご案内させてください。

終わって2人で晩御飯。
馬刺しです。肉を見つめる瞳が切な過ぎやしないか?
3/ 9(Sat) 20:50 No(11172)


■ 3月 9日    ( 石田 )  充実した土曜日  
「充実した土曜日の朝は、熱い珈琲とタマゴサンドウィッチから始まる」とは、森見先生の『聖なる怠け者の冒険』での恩田先輩の言葉ですが、僕の今日の土曜日は、熱い味噌汁とシロゴハンから始まりました。普通か。
茶屋町KEISUKE BARにお邪魔しました。出番前に聴く狩野さんと金山さんの野球の話がおもしろくてずっと聴いていたくなる。野球の試合中に選手って軽食食べるんですって。知らなかった。カーリングみたくおやつタイムにしてみんな見れるようにしたらいいのに、と思った。お芝居の途中も楽屋に戻るタイミングあったらお菓子食べたりしますね。
充実したケータリングは、熱い珈琲とノドアメから始まる。
おっきいお二方に挟まれて背伸びする僕。
今日は暗い旅の放送です!こちら暗い旅ディレクターブログも更新。
3/10(Sun) 00:08 No(11173)


■ 3月 9日    ( 上田 ) 
地味な日々をすごしています、いくつかの長編に取り掛かっていて、どれも1合目ぐらいだからです。昨日はロケハン! 今日はロケと劇場入り! 明日は公演と授賞式! みたいな日々だと派手なんですけど。波ってやっぱりあるんですよね。モスバーガーに長いこといました。

フォトジェニックなことも何も起こらなかったので、ヨックリマンカードの「シャベクリなにわD」でもどうぞ。暗い旅大阪編ではこいつが3枚続けて出てしまいました。ポテトを持っているところと、服の配色とズボン丈が絶妙。これを見ると元気になるな。それにしても、ヨックリマンカードの商品化希望の声をあまりにいただく。石田会議で検討してもらおうかしら。
3/10(Sun) 04:10 No(11174)


■ 3月 9日    ( 角田 ) 
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭に行ってきました。
今年はだいたい長編、短編合わせて10本くらい映画を観ました。その中でも「最強殺し屋伝説国岡」という映画が面白かったです。手練の殺し屋に密着取材するという、所謂モキュメンタリー映画が終始フザケていて良かったです。タイトルの出るタイミングが変で、そこも良かったです。今後どこで観られるのか知りませんが、もし上映の機会を見かけたら観てみてはいかがでしょう。満腹満さんも出ていました。

「ヨーロッパ企画のショートフィルム大連発」には例年より遅い時間からの開始にもかかわらず、たくさんの人が来て下さいました。ありがとうございました。

写真は、新千歳空港のサンリオショップに吸い込まれていく黒木さん。
3/14(Thu) 16:50 No(11189)


■ 3月 9日    ( 大歳 ) 
夕張に行ってましたね。
行く前に、「雪すげえからな」と同行するブレイキン小林を再三ビビらせて、雪の上でも滑らない靴を買わせたりしましたが、いざ行ってみたらぜんぜん必要ない感じの夕張。寒いけど今年は雪が少ないそう、ごめんなさいブレイキン。

肝心の上映会は、ゲストのYoutuberさんに僕らの映画を見てもらう、という趣向でやったんですが、まあ…、正直に言いますけども、Youtuberさんの心は掴めなかったようです…、お客さんの反応は良かったのだけども。ほかの演目にゲスト参加してるときは、すっごい楽しそうにされてたみたいだから、こちらの力量の問題だろうな。しょうがない。もっと楽しい映画を録りたいなあ。

関西に帰ってきたら春だった、寒暖差でモロに風邪を引く。意外としぶとい風邪で、2日くらい動けなかった。写真は一緒に夕張に行ったメンバー。
3/24(Sun) 21:17 No(11227)


■ 3月10日    ( 石田 )  報道部  
今日は朝から撮影でした。出演はなく監督でした。監督するのどきどきしましたが、みなさんに助けてもらって良い画がたくさん撮れました。雨が降りやがったけど。
『チャンネルはそのまま』がNetflixで見れますよ!まず1話!ぼくは報道部のサブキャップで飯島寛騎くん演じる山根のとなりのデスクでした。
さっそくもう見ちゃいました。どきどきしました。報道部楽しかったなあ。
3/11(Mon) 01:26 No(11176)


■ 3月10日    ( 上田 ) 
ヨーロッパハウスでは皆さん忙しそうで、今日から4連続でロケがあるとのこと。正確には、3連日のあと中休みが一日あって、また次の日ロケ、だそう。そして4日とも作品も違えば監督も違うという、1話完結オムニバス形式(っていうんですかね)の企画なんですって。じきに発表になるかと思いますが。

そしてその中休みの一日には暗い旅のロケがある。「アナヨログゲームの旅」の準備に、後藤さん中田くんがいそしんでます。

僕は今日、ラーメンを食べに行き、その足で本棚(鉄のラックですが)を買ってきて組み立てたんでした。ビシッと使いやすそうだけれどファックスをどけたい! しかしこれは僕より先にあったもの。もっといえば30年以上前からここにファックスがある。ラーメンめちゃくちゃ美味しかったのでラーメンの写真ものせちゃう。
3/11(Mon) 03:15 No(11177)


■ 3月10日    ( 永野 ) 
5時に起きて朝風呂に入って、横浜まで撮影に向かう。3/4にクランクインした現場の、2日目。
パパパーっと映り込むシーンの撮影は終わり、2時間くらいシーンが埋まるのを待った末、正午過ぎには本日の撮影終了。腹ペコだったので、サンラータンメンを食べて帰りました。疲労回復のため、お酢をいっぱいかけて食べました。

京都に戻ってきたら、しとしと雨。
雨続くんかなあ。

写真は、先日の現場の楽屋前。
3/11(Mon) 06:40 No(11178)


■ 3月10日    ( 中川 ) 
4日、MONO「はなにら」観劇。当然のごとく、面白かった。お久しぶりに兄さん方にお会いして、楽屋でお喋りしてて、気付いたら僕が一番最後まで残ってしまっていて、急いで帰った。MONO行くと毎回これやってる気がする。

8日、永野さんと、とあるドラマの撮影。終わって撮影所の中を歩いていたら、永野さんが、そこに立ってた人と、一回すれ違った後、ふぁーっと走って行って、何やら喋って、ペコペコしてたので、ああ関係者かなと思い僕もペコッと頭を下げたんだけど、聞いたら、「あれは仮面ライダーのなんちゃらだよ!」「いつも見てますって伝えた!」「写真撮って貰えば良かった!」と興奮してて、僕のペコを返してくれよと思った。

9日、この日も永野さんと撮影。帰りに飲みに行った。2人きりで同じ作品に出るのも初めてだし、2人きりで飲みに行くのも初めてだった。なんか色々話した気がするけど、一番印象に残ってるのは、永野さんのお父さんのペットの話だ。
3/12(Tue) 20:53 No(11182)


■ 3月11日    ( 石田 )  キッチンドランカー  
今日も今日とて撮影でした。ありがたいことです。そして監督はさぬき映画祭準グランプリ諏訪監督でした。
朝から永野さんと、ロブカールトンのボブマーサムこと村角大洋さんと村角ダイチくんとで4人不良の役でした。移動時間、待ち時間にずっとしゃべっててそれがなんとも楽しかった。
黒木さんも交えて夜の晩酌談義。黒木さんは寝酒のウィスキー、永野さんは麦から芋の焼酎派、僕はキッチンドランカーレモンサワーでした。村角兄弟は先輩たちの晩酌具合に若干引いてたかもしれない。なぜ呑むのか、忘れたいからだ。
撮影も楽しく終えて、帰りの電車で車窓から虹が見えた。なんていい日だ。
明日も撮影。角田組。明日のために今日も寝る。
3/12(Tue) 01:05 No(11179)


■ 3月11日    ( 上田 ) 
歯の治療のクライマックスとして、親知らずを2本抜いてもらいました。今年に入って担当のお医者さんが変わり、どんどん親知らずを抜く方針になった。腕がいいので何も怖くなく、もっと抜いてくれていいのよという気持ち。

今日は主には、「サマータイムマシン・ブルース/ワンスモア」のメイキングの修正案を作っていました。後藤さんがたいへんうまくまとめてくれたメイキングだけど、毎度メイキングを見て思うことは、いつ台本を書き上げていつ仕上げの稽古をしたんだろう、ということ。劇団力ともいえるけど、ギリギリですみませんという気まずさが毎回あるので、21年目からは余裕を持って作りたく、今もう本公演のことを調べだしています。けどもう3月なんだな。

暗い旅のこれからを考える石田会議もまた開かれました。暗い旅は毎回やることが全然ちがうので、友達に勧めようと思っても勧めづらい、という弱点があるということが今ごろ分かってきた。ひとに勧めようとしても「今週これかー」みたいなときがよくあるそう。ですので、Youtubeに「暗い旅フル」と題して、これはという初見フレンドリーな名作回をいくつかアップしようと画策しています。それとてSAKEKEだトラウマ克服劇団だと意見が分かれるのだけど。皆さん人に暗い旅をすすめるときはどれがいいですかね。

写真は、ロケの小道具を作りにきた酒井さん。タイムマシンを分解して再利用しようとしているところ。
3/12(Tue) 07:24 No(11180)


■ 3月11日    ( 永野 ) 
朝から諏訪組撮影。
ありがたいこってす。

石田くんの日記にもあるように、待ち時間の楽しいトーク、これもありがたいこってした。晩酌談義以外にも、

・ゴーンの逃走劇の話。
・映画「ボヘミアンラプソディ」の話。
・6人介せば、トランプ大統領でもだれでも会える話。
・ラグビー話。
・それぞれ現場での話。

よい時間でした。

バブルサッカー体験もできました。
ぼくも、阪急電車から虹を見ました。
仕事終わりに虹出てたら、もう、最高。ファミコンのグーニーズのエンディング画面見た時の達成感とおんなじくらいのやつ。

晩酌の芋焼酎、美味しゅうございました。
3/12(Tue) 11:22 No(11181)


■ 3月12日    ( お知らせ ) 
ももクロChan×チャンネルはそのまま!

「ももクロChan」チャンネルはそのまま舞台裏SP

テレビ朝日:3/12(火)26:24〜
テレ朝動画(デラックス版):3/15(金)18時アップ予定
BS朝日版:3/30(土)26:30〜
北海道テレビ放送:3/17(日)15:20〜

ドラマの予習にどうぞ。当日の写真いただいたので載せておきますね。
3/ 5(Tue) 17:37 No(11155)


■ 3月12日    ( 石田 )  カレー  
今日は角田組でした。
僕は撮影の後半に行って少し出てだったんですが、現場がほくほくしてる感があったなあ。これまでいいのが撮れてたんだろうなと感じさせる雰囲気がスタッフや主要キャストの方々から感じましたね。それで若干緊張しましたね。
早く終わって締め切りとかも提出してこれは少し時間あるぞと思ってタモリさんのカレーこちらを作った。もちろんキッチンドランクしながら。カレー作りはキッチンドランクにもってこいだ。できたときにちょうどシメって感じで。
とっても美味しゅうございました。
3/13(Wed) 01:12 No(11183)


■ 3月12日    ( 永野 ) 
確定申告、提出して、そのまま角田組の現場へ。
今日はグルメもののドラマだった。料理屋の先代の握り飯がすごく上手な料理人の役でした。老けメイクして老けメイクで阪急電車に乗って帰った。そのまま帰宅して夕飯も食べた。

昨日の晩酌談義を引きずってか、霧島酒造のことをネットで掘り下げている。
芋焼酎の黒霧島で有名だが、ほかにも、赤霧島、白霧島、金霧島、茜霧島とあって、黒宝霧島、AX霧島と、養命酒みたいな、健康に良い焼酎もあるらしい。さらに、虎のラベルの虎斑霧島! 掘るとザクザク出てきた。なんならビールも作られているそうな。いつか僕は霧島酒造の工場見学に行くだろう。そんなに酒飲みではないんだけど。探究心をくすぐってきやがる!
3/13(Wed) 05:35 No(11184)


■ 3月12日    ( 上田 ) 
写真は、今日のロケ隊がヨーロッパハウスに帰ってきたところ。角田組だったんですねえ。

僕は、暗い旅の次回放送「永野が帰ってきた旅」のテロップ入れと、そして明日撮る「アナヨログゲームの旅」の準備をしてました。このごろ手がかかる旅を多くやっているので、毎日なにかしら暗い旅のことをしてますね。

「永野が帰ってきた旅」はしかし、だいぶんスパイシーな旅になりました。こんなテロップ入れていいのかな、とひるんだほど。閲覧注意回といっていいでしょうこれは。

そして、アナヨログゲームを作ったおかげで、ゲームアンテナが研ぎ澄まされてしまった。ボードゲームとかファミコンのジャケット絵が好きすぎる。あとコンポーネント(アナログゲームの内容物ですね)も大好き。さらに最近は、テトリス99もやっているし(2位まではいけた!)、ブラック・ミラー:バンダースナッチも見ているしで、ぐんぐんゲームづいている。そういえば若手チームが「天才マツウの世界」につづく、ゲームムービー試作第2弾を作ったのだそうで、主演は清正くんとのことです。これも早く遊びたいし発表したい。

そうして夜中ゲームのことを考えて居てもたってもいられなくなり、せきしろさんとゲームについて意見交換させてもらった。やるゲームじゃなく作るゲームのほう。せきしろさんは数々の名ゲームをこれまで作ってこられ、中でも「夢芝居ゲーム」は、ゲームであんなに笑うことあるんだ、と新次元でした。ゲームという表現に可能性を感じている明け方です。
3/13(Wed) 06:17 No(11185)


■ 3月13日    ( 石田 )  リサーチ  
暗い旅の撮影でした。
中川さんと永野さんと角田さんという暗い旅ではあまりない組み合わせの出演者で楽しく『アナヨログゲームの旅』でした。ヨーロッパ企画メンバーを題材にしたアナログゲームを暗い旅スタッフが作っていました。そして僕らはそれをプレイする。
これは無類のおもしろさでしたね。これはすごい回だ、この回は人におすすめできる回だ、と思ったが、メンバーそれぞれのことを知ってないと楽しめないのだろうか。いや知らない人でも見ていくうちに知っていき楽しめるんじゃないだろうか。わたしにはそう思えて仕方ない。なんせゲームは楽しい。そして暗い旅スタッフはメンバーのことをよく知ってる。知ってるというか、リサーチしてるのだろう、いやらしいほどに。作家チームのリサーチ力すごくなってる。
3/14(Thu) 01:18 No(11186)


■ 3月13日    ( 上田 ) 
本日のヨーロッパハウスでは、ブロードウェイラジオの収録と、暗い旅の撮影と、黒木監督の短編ドラマのロケ準備がありました。合間に理子ちゃんにギターを教えるつもりが、1時間くらいかかって弦の張りかただけをみっちり教える時間になってしまった。

暗い旅は、石田くんも書いている通り「アナヨログゲームの旅」の収録でした。ゲーム作りをきばった甲斐あって、楽しんでもらえたんじゃないかと思います。そしてゲームにすることで見えてくる、中川さんのあり得たかもしれない未来や、永野さんのタスクオーバーぶり、角田さんの休日へのこだわり、なんかが炙りだせた、意義深い旅となりました。ゲームにすることでしか語れない物語ってあるんだ。

それにしても黒木さんの短編ドラマの準備がたいへんそうで、手すきの人みんなでユニークな作業をいろいろしている。僕がみただけでも、@デコチャリをつくる、Aコートに桜をつける(写真)、Bタイムマシンを作る、C元素記号が山ほど描かれたマントを作る、Dグリーンバックを張る、E酒井のロボ実験映画で見かけた銀色の部屋をつくる、などをやっていた。他にも衣装や小道具が山ほどあるみたい。8分尺だと聞いているのに! 酒井がもう呼吸するようにタイムマシンを作っていた。
3/14(Thu) 05:51 No(11187)


■ 3月13日    ( 永野 ) 
朝から整体へ。軟酥の法(なんそのほう)という健康法を伝授していただいた。TO DOでめまぐるしく呼吸が浅くなってしまう日や、春の、気が頭に昇ってのぼせやすい時期にはうってつけの技。誰かに教えてあげたいが、怪訝な顔されちゃうだろうな。

チロルでカレーランチして、ブロードウェイラジオ収録へ。

男肉 du soleilの団長のシナリオでラジオドラマ「薄い書を捨てよ、町へでよう radio mix」をやっている。恥ずかしくてグッと堪えたが、最終話の収録で、感極まって涙が出そうになった。漫画オタクの話かと思いきや、ピュア過ぎるウブ過ぎるラブな話に帰結して、意表を突かれてしまった。これが、舞台版で一体どういう仕上がりになるのか超気になる。3/15から京都公演!(こちら) 団長本番前なのに名作をありがとう!

そして、暗い旅収録。
1本と半分、収録だった。
1本目の旅は、中川、永野、角田をカードゲーム化してくれていて、3つともすごいクオリティだった。ゲーム化される嬉しさと恥ずかしさが入り混じった変な感じ。ただカードゲームしてはしゃいだ。
もう半分は、199回目の旅。これはまだシークレット。そういえば、ずーーーーーーっと気になってた方々がいて、その方々にまつわる旅。

なんか終わったらヘロヘロでお腹ペコペコだった。
明日は朝から黒木組の撮影だ。

写真は、暗い旅収録前の西日が差す部屋。収録中も僕らは西日を浴びていた。
3/14(Thu) 06:31 No(11188)


■ 3月14日    ( 石田 )  黒木組  
黒木組の撮影でした。どこでお披露目かはまた話せるときがきたらそのときに。
久しぶりの黒木組は黒木さんの気持ちのいい「オッケー!」が何度も聞こえてくる活気ある現場でした。
撮影の合間に永野さんに『軟酥の法(なんそのほう』を教えてもらった。『何?その方法?』が転じてその名になったんじゃないのかと思うほど、なんだこれ?な健康法でしたが、案外いいかもしれない。どこでも手軽にできる瞑想と考えればいいのかも。本番前とかやってみよう。
そして東京へ…
ドラクエ風に言うなら、
そして伝説へ…
3/15(Fri) 00:00 No(11190)


■ 3月14日    ( 永野 ) 
朝起きて、コーヒー淹れて、コーヒーにグラフェットバターとココナッツオイル入れて撹拌して、バターコーヒーをいただく。腹持ちが良くてダイエットにいいみたいなことでたまに飲むけど、3食しっかり食べちゃう。けど美味しいバターコーヒー。

今日は黒木組の撮影。
ヒーローもの。平和な町の町内会長の役なのだけど、フレディマーキュリーでやって欲しいとのことで、ラミマレック以来のフレディマーキュリーを演じさせていただいた。中学時代からフレディのモノマネして27年間役作りしたようなものだったので、張り切ってしまった。張り切ったとしかいいようのない演技になってしまった。

昼過ぎに終わって、夜東京移動。
明日は「向かいのバズる家族」(こちら)の撮影。3月頭からクランクインしたのはこれでした。みてね。
3/15(Fri) 00:42 No(11191)


■ 3月14日    ( 上田 ) 
うちにはフレディが4人いるんだな。男子役者メンバー8人ちゅう4人やっているというのは相当だ。そして永野さんは今度の新番組で、中川さん土佐さんはお正月の公共放送でやったのに対し、いちばん似ているはずの石田くんだけがメディアで一度もやっていない。いちどカウントダウンでお披露目したイシディマーキュリーの写真(右)は、ある東京の知り合いにわりと本気で怒られた。「上田さん何やってるんですか。石田さんが似てるのはあの時のフレディじゃないでしょう、初期のフレディでしょう! そしてフレディじゃなく、フレディを演じているラミマレックに似ているんですよ! いいですか、『初期のフレディを演じているラミマレック』に似ているんです! それをなんですか、『後期のフレディ本人』を真似するなんて! 全然にてないし、しかも扮装もゆるいし、あの写真をSNSでだしたのは損失ですよ!」と、熱く語られたのだった。たしかに迂闊だったなあと思ったし、しかしカウントダウンではすこぶる面白かったんですよ。そんなわけで、後塵を拝している不遇の石田くんにも負けないでもらいたい。暗い旅でフレディ決定戦をやるしかないのか。

私は今日は、フードコートで体温調節に苦労しながら半日おりました。
3/15(Fri) 03:18 No(11192)


■ 3月14日    ( 淳太 ) 
人生初ぎっくり腰になりました。こんなに痛いんですねw ドラマの撮影が終わってすぐの頃、編集室に入ったんですが柔らかい気持ちいい椅子があって喜んで座っていたら、なってしまいました。そして生まれて初めて、鍼治療を受けたんですが、怖がり過ぎたのか効き過ぎたのか、貧血になってしまいました。踏んだり蹴ったりでした。
そんな中ではあったんですが、去年参加させていただいた押井守監督の実写映画の試写会があり、久しぶりに押井組のみなさんとお会いしました。食事会の後、押井監督と数名で、カラオケに行くことに。どきどきしていたんですが、みなさんアニソンを歌いまくり。押井さんもトリトンからボトムズまで歌いまくりで、僕もこれはアニソンをいくしかないと覚悟を決めて、崖の上のポニョの藤岡藤巻さんを歌まねしたんですが、めちゃくちゃにすべってしまいました。ですが、その時流れたポニョのMVに、スタジオジブリの鈴木敏夫さん(押井監督の盟友)が出演されていて、みなさん初めて見たらしくそれに爆笑されて、めちゃくちゃほっとしました。お会いしたことはないのですが、鈴木さん本当に助かりました。
3/15(Fri) 23:18 No(11195)


■ 3月15日    ( 諏訪 ) 
昨日は黒木組の撮影でした。黒木組といえば例のごとくド派手な衣装で、楽しく賑やかに撮影してたんですけど、終盤、撮影を見ていた近所の小学生が近寄ってきて「おっちゃんいくつ?」と聞いてきて、めちゃくちゃ動揺しながら「いや、え、42やけど、へへ」と答えたら、「お父さんと一緒や」と言って去っていった。ただ冷たい風に吹かれただけかもしれなかったけど、そのあと、20代の頃からこれやってんだなーとか、老いたなあとか、死ぬまでやるのかなあといろいろ考えてしまいました。押忍!
3/15(Fri) 13:29 No(11193)


■ 3月15日    ( 淳太 ) 
京都での撮影が楽しそう。もう黒木組すぎる黒木組感。楽しみです!

僕はずっと「警視庁捜査資料管理室」に向き合ってます。今は五反田にあるイマジカという編集室で、シーズン1から一緒にやってくれている編集の坪田さんと、あーでもないこーでもない唸りながら編集の日々です。新シーズンの第1話がとりあえずつながりまして、すごくいい感じに仕上がってきています。早くご覧いただきたい!
その第1話の先行試写イベントを開催することになりました。きっと楽しいイベントになると思いますので、こちらからご応募ください。あさって17日まで受付中です、お急ぎください!無料です。主演の瀧川英次さんや小橋めぐみさんなど、キャスト・スタッフが登壇してトークもします。ぜひぜひお越しください。
写真は、さぬき映画祭のイベントでの、セッティング中の瀧川さん。
3/15(Fri) 14:23 No(11194)


■ 3月15日    ( 永野 ) 
朝起きると首が痛い、偏頭痛もする、足腰も痛い、バッドコンディションだなあ、という目覚め。
昨日のフレディマーキュリーのアクションで首を酷使し、大股で反り返ったりを繰り返したからか…。Mr.Bad GuyならぬMr.Bad Condition。なんもうまく言えてないけど。

朝風呂入って、バズる家族の撮影へ向かう。

ちょっと早く現場入って台詞確認しながら現場付近をウロウロ、ウォーキング。台詞覚えに苦戦してる。
まだちょっと手探りなところも多く、気が抜けない。
もっと力抜いてお芝居したいなあ。
0時過ぎに帰宅。眠いし腰が痛い。うー。


明日も朝からバズる家族。




写真はフレディマーキュリーのソロアルバムMr.Bad Guy。
3/16(Sat) 00:52 No(11196)


■ 3月15日    ( 上田 ) 
写真は、「サマータイムマシン・ブルース/ワンスモア」で使われていた、タイムマシンのなんていうんだろう、エンジン部分。近くで見てみたら、コンデンサー的な青い円柱が手作りだった。「sakacon」ですって。演出のぼくが気づいていないんだからこの世の誰も気付いていないだろう。だけどSFの神様はみているんだ。

僕はきょうは、「メガストラクチャー企画(仮)」の脚本をなおしてました。映画ってほんと、1稿書き上げてから動き出すまでの期間が、脚本家サイドからはまるで読めなく、なのでプロデューサーさんに念を送りながら気長に構えるしかないんだけど、めでたく山が動きました。そして来月撮影なんだそう! 動くと早い! なので最終稿にすべくきりきり直しているところです。
3/16(Sat) 02:25 No(11197)


■ 3月15日    ( 石田 )  東京ハウス  
土佐さんと一緒にとある撮影でした。これもまだ言えないやつ。まだ言えないやつがあるというのは、今後たくさん言えるやつをいまやってるということ。お楽しみにしててください、あしからず。
新しい東京の宿舎に泊まった。下北ハウスを引っ越して、駅名いうのもアレだし東京ハウスとしておこうかな。マネージャー吉田さんとハイボールを飲んで引っ越し祝い。おいしいお店を見つけた。いい町だあ。
今日も撮影です。監督は諏訪さん。いろいろやっている。
Netflixでは「チャンネルはそのまま」が完結しました。
3/16(Sat) 08:48 No(11198)


■ 3月16日    ( 上田 ) 
「メガストラクチャー企画(仮)」の直しのつづき。キャストが大方決まってきたのをうけて、その方々の写真を見ながらセリフを直す、といういつものことをやっている。しかしこないだ読んだ脚本家のかたのインタビューで、「当て書きは次善の策。役者さんに頼らず魅力的なキャラクターを造形する覚悟が大事だと思う」というのを読んでギクッとした。当て書きしかやったことなかったから。肝に銘じつつ、当て書きをまたしてしまっている。

写真は、ホリーズカフェで飲み終えたカップの底に現れたメッセージ。うれしい! 一緒にいた奥さんのカップには何も書かれてなかったので、四つ葉タクシーとかラッキーヱビス的な、たまに当たるあれなのかしら。と思って今調べてみたら、ホリーズでは大吉がでるともう一杯もらえるのだそう。知らなかった! 具体的に恩恵があったとはねえ。気づかずに返却して帰ってきてしまったので、運勢的には大吉ではなかったです。しかしこの「うつわ文字」が僕はすごく好きだ。前に暗い旅で「どんぶりの底文字コンテスト」を開催したほど。すべての器にメッセージを!

日記を書いているうちに暗い旅が終わった。「永野が帰ってきた旅」。今回、放送してどうなるかドキドキしました。「世にもム妙な物語」の「ム」は永野宗典のムですね。後藤さんが内容をつぶさにブログに書いてくれてます。たいへん面白いブログです。こちら

ちなみにブログへの追記情報と言いますか、どうでもいいことですけど、「京ドンズ東ンド ディズニズ」という名前はブレイキン小林くん考案で、でもこれもきっちり皆でネタ出しして決定したものでした。ほかに出た案としては、「ン東ズ京ニデーラドィ」「东京デズ二ーラシド」「東東ディ東ニー東ンド」「柬亰デズニーランド」「東ディニーラン京ズド」「東京ディズニニニニニニニニ」など。こりゃ気が変になりそうだ。異世界はしばらくお休みです。
3/17(Sun) 01:27 No(11199)


■ 3月16日    ( 石田 )  トライ  
今日は撮影が早く終わったのでラグビーの試合を初観戦してきました。秩父宮ラグビー場で、世界ラグビーというリーグの日本チームのサンウルブズの試合です。
ラグビーワールドカップが開催されるということで、便乗で『こちヨロ』こちらでラグビーの勉強をしているのです。ルールもまったくわからないまま見たのですが、目の前でタックルとかスクラム見たらとんでもなかったですね。興奮しまくってました。トライってゴールキックにトライ(挑戦)できる権利を得られるっていう意味だったんですね。トライしたらゴールキックができるというのを覚えました。トライがなんせかっこよかった。
3/17(Sun) 08:43 No(11201)


■ 3月16日    ( 永野 ) 
今日も朝から撮影へ。
賑やかなダンスシーンから撮影が始まった。僕はダンサーさんたちの隙間からチョロチョロとダンスまがいなことをするだけでしたが。どんなドラマになるんだろう。

空き時間は、Rubzというマッサージボールで、足コロコロして足裏のコリをほぐす。もう暇あれば足コロコロしてる。そして軟酥の法。
あと、久々にお母さんと電話した。

22時に撮影終了。明日は休み! 
撮影の興奮と疲れと終わった開放感で、食欲が暴走していて落ち着かない。帰宅して、夜も遅いので、
もずく、納豆、めかぶ、とうふ、とヘルシーなものを食べて落ち着かせようとしたが、キムチを食べてしまい、さらに食欲爆発して、サッポロポテト、ポテトチップスを開きバリボリと獣のように食べてしまった。
3/17(Sun) 09:50 No(11202)


■ 3月17日    ( 鍋島 )  京都インディーズ・ジョーンズ  
さきほど、京都インディーズ・ジョーンズが最終回を迎えました。ご覧いただいたみなさま、ありがとうございました!

見逃したかた、来週土曜日再放送あるので、かならずご覧ください。

我らが有馬トモホさんがしっかり紹介されております。
ラストは全回振り返って感慨深くなっております。

写真は最終回オールアップ後の集合写真。
3/17(Sun) 03:25 No(11200)


■ 3月17日    ( 上田 ) 
ヨーロッパハウスでいま盛んに撮影やら準備やらしているのは、諏訪さんをリーダーとして進めている、ある番組企画。まもなく発表になる予感がしますけど、メンバーそれぞれが短編ドラマを撮るような企画です。そして僕もそれにお座敷がかかり、短編の監督をさせてもらうことになりました。

実は僕、こうしてチームで継投する映像企画に呼ばれることってあんまりなくって、祇園太郎もHONETSUKIDORIも陽だまり屋も、脚本や監督はしたことがないんですよねえ。なので正直、アガッている。アゲアゲの方のそれではなく、緊張のほう。打線を繋ぐように、スタンドプレーをせぬように、けど個性あるスイングを。諏訪さんに「ミステリ的なのを」とオーダーを受けたので、叙述トリックに挑戦しようと思います。

むっかし、叙述トリックっぽいのを1本だけラジオドラマで書いたことがあって、それは「ブロードウェイラジオ」で上演もされてますので、こちら、よければ聴いてください。15分くらいから。「迷宮入り」というタイトルどおり、これは未解決で終わってしまっているのだけど、今回はきちんと解決できるミステリを目指したい。

「メガストラクチャー企画(仮)」の直しも終わりました。先のことばかりでごめんなさい、なにか建造物を建てるような映像作品だと思ってください。僕の過去作にほら。

「京都インディーズ・ジョーンズ」が終わってしみじみ。タイトル通り、京都のインディーズシーンを掘り下げつづけ、最終回は京都のロックスターであり黒木さんの久石譲、有馬トモホさんでした。実は初回にロケに行く予定が、諸事情で流れてしまい、意外とそれが急流すべりでして、最終回にやっと研究できたそうです。見れない方すいません。実は僕もまだ見てない。エンディングで有馬さんによる新曲「創り続けるあなたへ」(こちら)が流れたようなのだけど、曲を聴いた限りではどれほどエモい最終回だったんだろう。教授が渡米か爆死ぐらいしたんだろうか。3クールおつかれさまでした。KBSでは再放送がもう1回あります。

写真は、一昨日ぼくの日記で写真をのせた、タイムマシンのエンジンの中身。劇中、酒井が見て「こんなエンジン見たことないからねえ」というためだけに作られている。酒井と2階席からだけ見えるのだそう。
3/18(Mon) 01:09 No(11203)


■ 3月17日    ( 石田 )  イチゴ  
『チャンネルはそのまま!』で共演した芳根京子さんが出演している『母と惑星について、および自転する女たちの記録』を紀伊國屋ホールに観に行きました。母親と三姉妹のお話し。ほんとの家族に見えるってすごい。すごかったのです。芳根さんは全然雪丸花子じゃなかった。
終演後ご挨拶に。すると同じく『チャンネルはそのまま!』の長田拓郎くんもいて、わーとなりましたね。
さらにキムラ緑子さんにもご挨拶しましたね。緊張しましたね。同志社大学演劇サークル(サークルは違うけど)の先輩なので。諏訪ミュージカルの『突風!道玄坂歌合戦』を観ていただいてて、その話しをしたら覚えてくださってました。芳根さんに持っていった差し入れのイチゴを半分奪い返して緑子さんにお渡しするというなんだこいつって思われるようなことをした。いや芳根さんがそうしようって言ってくれたんだけど。芳根さんから緑子さんに、どうぞと渡してもらえばよかったのだ。なんか流れで、奪い取って緑子さんに渡すという感じになってしまった。イチゴに罪はない。
東京ハウスの近くにいい喫茶店を見つけました。コーヒーが美味しくてFree Wi-Fiだ。
3/18(Mon) 02:09 No(11204)


■ 3月17日    ( 永野 ) 
ラーメンランチして、池袋の芸術劇場へ。

「世界は一人」を観てきた。諏訪さんも客席で見かけた。いつものハイバイの家族関係の機微も描きつつ、それを歌で広く深く伝えるような、音楽と劇がすごいしっかり引き立てあってる作品だった。見れてよかったー。

終演後、瑛太くんと久しぶりにお話できた。「サマータイム続編やりましょうよ」と言ってくれた。ワンスモアの噂をよく耳にしていたそうだ。ワクワクしました。

で、永二さんと諏訪ご夫妻と食事して帰宅。
バターっと寝ちゃいました。


写真はラーメンランチした「ラーメン 鉉(つる)」。
フォーク時代の長渕がいついっても流れています。
3/18(Mon) 11:13 No(11205)


■ 3月17日    ( 中川 ) 
11日、駅前をふらふらしてたら、与座よしあきさんと会った。その後、喫茶店でぼーっとしてたら、「今ドトールいます?」ってラインがきて、周り見回したら、横の席に平田敦子さんがいた。

13日、京都移動し、暗い旅の撮影。「アナヨログゲームの旅」という事で、カードゲームしました。ゲストの中川・永野・角田にまつわるゲームを考えて作ってくれたゲームだったのだけど、どれも僕らを良く調べたあげたゲームだった。暗い旅スタッフ・後藤さん作の僕のゲームのパッケージデザインには悪意しか感じなかった!

14日、早朝から久しぶりの黒木組の参加。記録用のカメラマンさんがいらっしゃってて、「どんな役なんですか?」と聞かれたので説明したら、めっちゃ笑ってくれた。さすが黒木。完成が楽しみ。押忍。

15日、東京移動。京都駅で、豊橋公演に向かおうとしてたMONOの土田さんと偶然のお会いした。身の回りに面白エピソードがよく起こる土田さんは、行く前から豊橋で大事件が起きてて、笑っちゃいけないけど、笑わせて頂いた。

「チャンネルはそのまま!」こちらが放送開始してますね。僕は第5話に出ています。ぜひ見て頂きたい。撮影時のエピソードを一つ。
戸次重幸さんにお会いした時に「ご無沙汰してますー」と言われまして、僕は絶対初対面だと思ったけど言えず、曖昧な感じでご挨拶して。しばらくしてから、嬉野さんと二人の時にその話をしたら、嬉野さんから、戸次さんにその話を振ってくれて、なので僕が「多分初対面です」と言うと、「いやうちの公演に来た時に挨拶したはずだ!」と仰り、「いやすいません、行った事ないです」とお答えしたら、「だとしたらヨーロッパ観に行った時にしてる!」「いや僕はしてません!楽屋に隠れていたと思います!」「なぜ隠れる!」と軽く言い合いになり。最終的に、「だって俺は『曲がれ!スプーン』大好きで2回見てるから!中川さんが透視の人だと認識してるもの!』と仰るので、しぶしぶこっちが折れたんですが、嬉野さんは、「あいつは『曲がれ!スプーン』を観たから、会ったこと無いのに挨拶した事があると思い込んでる可能性がある。あいつはそういう男だ」と仰ってて、「ミスター残念」と呼ばれているそうだし、あり得る話だなと思いました。言い合い、楽しかったです。
3/18(Mon) 12:52 No(11206)


■ 3月18日    ( お知らせ ) 
北海道テレビさんの50周年ドラマに、メンバーみんなで出演!

HTB開局50周年ドラマ「チャンネルはそのまま!」
(北海道テレビ放送&Netflix)

3/18(月)-22(金) 23:20〜5夜連続放送
※3/22(金)は23:15〜
NETFLIXで3/11(月)から独占先行配信
こちら

HTBの藤村嬉野両先生に招かれ、「サマー」の札幌公演のまえに、メンバーみんな北海道でロケしてました。本広克行総監督とタッグで、両氏がやりたいことやってます。藤村さんなんて、出演もしてるし、監督された最終話では「切れないよ」っていって放送尺じたいを引き延ばしている現場を目撃しました。

HTBさんがモデルとなった原作マンガの、本家によるドラマ化です。主演は芳根京子さん、TEAM NACSや東京03の諸先輩方も。この日から5夜連続放送! こちら
3/ 1(Fri) 19:06 No(11138)


■ 3月18日    ( 上田 ) 
お休みいただいて丹後にきています。日本海は寒いです。永野さんの日記による吉報がありがたく、あの夏に戻らねばという気持ち。中川さんは与座さんに会ったんだな。僕は「タイムマシーン」という日本酒を見つけて飲む、ということをしました。

それにしても昨日のうちに締め切りを終えたのに、丹後まで追いかけてくるやつは誰だと思ったら、花粉だった。
3/19(Tue) 00:43 No(11207)


■ 3月18日    ( 石田 )  しらん  
お昼から夜まで撮影でした。
現場に行く前にお昼ごはんでも食べようかと現場近くのお蕎麦屋さんをグーグルマップで調べてお店に行ってみたら行列だった。お蕎麦に行列!東京!と思った。もちろん並ぶことはなく立ち食いそばを探したらすぐ見つかった。なんでもあるな。そしてどうでもいいなこの話し。
『チャンネルはそのまま!』がいよいよ地上波で放送でしたね。撮影中はよく一人でジンギスカンを食べに行ってましたね。ジョギングで少し遠いジンギスカン屋さんに行ってウォーキングして帰るという。この話しもどうでもいいな。
どうでもよくない諏訪さん、あれ?な写真。
3/19(Tue) 07:56 No(11208)


■ 3月18日    ( 永野 ) 
朝起きて、セブンイレブンでR1ヨーグルトとコーヒー飲んで光ヶ丘公園を台本確認しながら散歩。

昼に、バスる家族の現場へ。
コインランドリーでひとりスマホみながらのリアクションをひたすら撮る。14時に終了。この現場は巻くでも押すでもなく惚れ惚れするほどオンタイムで撮影が進む。


早く終わったので、見たかった映画「運び屋」を新宿で観る。あんまりいつもはしないんだけど、ポテトとコーラでキメながら鑑賞。

帰宅しても、見たかったドラマ「新しい王様 season2」を見る。すごいこのドラマ。登場人物みんないい感じにストーリーあるし、エピソードもシーンもむちゃくちゃ多く密度が濃い。そして役者の演技がほんとに凄くて参っちゃう。各話20数分間の圧が異様。たいへん勉強させていただきました。


写真は、現場付近にあった金の馬。
3/19(Tue) 10:39 No(11209)


■ 3月19日    ( 上田 ) 
牛を見たり、外湯に入ったり、ハーブへしこ茶漬けを食べたりして、丹後から帰ってきました。テレビのないサウナがあんなにいいものとはねえ。

京都インディーズジョーンズの最終回を見た。どれほど有馬トモホさんの熱量を感じられるだろうかと思ったら、OPのへらへらしたやりとりが長かったり、有馬さんが出てきてもワード人狼ゲームをしばらくしてたりと、いつも以上にマイナーペースな回でした。番組が終わるだけで何も終わらないのだった。宅録はたいへんかっこよく、宅録ブースが欲しくなった。そしてラストはほんとに教授が海外へ渡航してた。うーんいい番組でした。
3/20(Wed) 03:01 No(11210)


■ 3月19日    ( 石田 )  脚本と台本  
京都に戻ってきました。
お昼から陽だまり屋の打ち合わせをして脚本の直し作業をしました。
脚本を書いています。脚本を書いた中小機構の動画がアップされました。こちら 岡嶋秀昭さん、島田桃依さん、野間口徹さんにも出演いただいてます。ぜひ見てほしいです。
3/20(Wed) 09:00 No(11211)


■ 3月19日    ( 永野 ) 
午前中は、淳太氏から過去の監督作品「悲しみは地下鉄で」と「祗園太郎 THE MOVIE」の台本をくださいと連絡があり、撮影稿から編集で結構変わってるところがあり、2本とも見直しながら台本を修正する地道な作業。

終わったくらいのタイミングで、趣味の園芸の月一の打ち合わせ。
打ち合わせ終わり、5月放送のブルーデージー」の準備稿書き上げ、公園でランニング。そして最近ハマっているベアフットウォーキング。はだしで歩くやつ。芝生やら落ち葉を踏みしめて歩くと、肩をすけめてガニ股で原人みたいな歩きになる。サンダルと出会う以前の原人に想いを馳せながら歩いた。

そして夜は、ベッド&メイキングスを観に行った。
野口かおるさんすごかったなー。いっぱい笑っちゃったー。
3/20(Wed) 12:14 No(11212)


■ 3月20日    ( 石田 )  サゲ  
落語を見ました。
桂吉弥さん、桂春蝶さん、桂かい枝さんの94年入門の同期お三方による『串カツの会』という落語会です。たった一人で舞台に立って(座ってますね)、すべてを演じて笑わせたり泣かせたり、ほんとにかっこよかったですね。見てるときはただ笑って噺に夢中になってるんですが、サゲを言ってお辞儀をして去っていく姿は唸るほどかっこよかったです。堪能しました。
暗い旅の『永野が帰ってきた旅』がざわざわと話題ですね、こちらに放送後記あります。
3/21(Thu) 11:17 No(11213)


■ 3月20日    ( 上田 ) 
メンバーで順繰りに出演する映像のお仕事がありまして、それの打ち合わせをみんなで。「算術」にまつわる新しい番組なんです。江戸時代や明治時代には、各地で算術(いまでいう数学ですかね)がたいへんな発達を遂げていたそうで、その足跡を巡ってゆくような番組。硬派ー。写真は、ディレクターさんから正方形の面積にまつわる問題を出されてこんな顔になる一同。出演するだけでなく数学を解かなければならないとわかり、嬉々とする酒井や苦み走る土佐さんがいました。

メンバーがこれだけ集まったのも久しぶりで、すこし緊張しつつ飲みにゆきました。メンバーばっかりで行くことってそうないんですよねえ。
3/21(Thu) 12:24 No(11214)


■ 3月20日    ( 永野 ) 
朝からバズる家族の撮影。
瑠東さんが誕生日だったので、おっさんずラブ繋がりの内田理央さんと一緒に誕生日おめでとう動画を贈った。今日は、1シーン出演で本日の撮影おわり、京都にもどる。6日ぶりの京都。

上田くんの日記にある通り、算学の打ち合わせ、そして懇親会。

諸々終わって家路について、お風呂に入ろうとしたらスマホが無いことに気づき、半裸で慌ててパソコンでスマホを探したら、二城駅のライフの向かいの道路にポツンとスマホの点が現れた。
雨の中、拾いに行ったら、横断歩道の上にスマホが雨に打たれてクターっと落ちていた。ちゃんとマップ上の点の位置にあった。ビショビショやったけど、無事だった。スマホ探し機能ありがとう。


写真は、クイーンのライブアットウェンブリーで、「愛という名の欲望」演奏中のフレディ。頭から湯気が上がっている。おわかりいただけただろうか。
3/22(Fri) 07:28 No(11219)


■ 3月21日    ( 石田 )  イチロー  
東京に来た。
一人で部屋でテレビを見ていた。イチローの試合です。引退なんですね。記者会見をずっと見てしまいますね。ずっと見たいのにCM入っちゃいますね。貫いたことが「野球を愛したこと」ってかっこいいなあ。
落語家さんだったりプロ野球選手だったり、第一線にいる方は見ているだけで惚れ惚れする。明日は朝5時起きだし明日のために今日も寝る。イチローの記者会見見たいけど。
写真はチャンネルはそのまま報道部。ネットフリックスで最後まで見て感動しちゃった。おもしろい!
3/22(Fri) 00:35 No(11216)


■ 3月21日    ( 上田 ) 
東京へ。おもしろお笑いライブを多数プロデュースされている、スラッシュパイルさんの10周年パーティにお呼ばれしてきました。先日の「拝啓、西野亮廣様」などを主催されている会社ですね。興行会社らしく下北沢の小劇場B1で、うまい棒のタワーがあったりデッカチャンがDJをしていたりと、めでたくも奇抜な空間でした。その真ん中でずっとビールを飲んでいたのが片山勝三さん。おめでとうございます!

そういえば僕らも面白ライブをしますので、お知らせをカットインしますね。「企画ナイト15〜10周年10時間編〜」を高円寺で、「企画ナイト16〜10周年京都凱旋編〜」を京都で、それぞれやります。出演はどちらも、上田・せきしろさん・バッファロー吾郎A先生・酒井さん。

「15」のほうは、5月19日に座・高円寺2でします。10周年ってことで10時間やるというパないイベントですが、3つの区分に分けてチケット売ってますので、3時間くらいで十分だわ、という方は1区分だけでも買ってください。けどなんと通しチケットがすでに100枚売れているんです! 増席もされたそうなので、競うようにぜひ。こちら

「16」のほうは、6月1日に京都教育文化センターで。こちらは通常の2~3時間コース。やる内容は、東京とはまた変えます。が、過去の企画ナイトでやったものをリバイバルしたりもするかも。関西ではあんまりやらないので、ベスト盤っぽくしたいですね。こっちはチケットの売れ行きがしょんない感じなので、関西の方は義務感をかんじてぜひ観にきてください。こちら

企画を業者ぐらい用意しなきゃなあ。キャプチャは、企画ナイト6で準備したもののやらなかった、「第2の桜井和寿ナイト」。
3/22(Fri) 03:38 No(11217)


■ 3月21日    ( 永野 ) 
今日は朝から「スパイダーバース」観に行った。メチャクチャイケてる映画だった。
そして昼はあとりえみのむしに、いいむらなおきさんのパントマイムを観に行った。こちらもメチャクチャイケてる身体性だった。壁マイム、教えてもらったけど、なかなかできないもんだなー。

春眠むさぼりたいー。なんかずっと眠いー。
3/22(Fri) 05:51 No(11218)


■ 3月22日    ( 上田 ) 
渋谷で打ち合わせ。今みんなでやっている新番組です。諏訪さん主導のもと、メンバーそれぞれが短編ドラマを監督して、番組の中でプレビューするというような。「ドラマプレビュー企画(仮)」と呼びましょうか。言っても春から始まるんですけど。プレビューってあれです、ディレクターが仮編集した番組を、プロデューサーや関係者にはじめて見てもらう行事です。これがたいへんディレクターにとっては胃が痛く、プレビューあるあるで先方のディレクターさんと話が弾んだ。「いったん最後まで見てほしいんだけど、プロデューサーによっては途中で止めて巻き戻させる人がいる」とか、「見ている人たちのペンが動くと気が気じゃない」とか。ディレクターによっても、見せた後でいろいろ説明するタイプの人と、事前にいっぱい言い訳するタイプがいて、とか。ちなみに今日のディレクターさんは、「とにかく音量をあげて、迫力で押し切って見てもらう」って言ってた。いろいろプレビューを乗り切る作戦があるんだな。

そのころ京都では、暗い旅チームが、まさに暗い旅のプレビューをしていたんでした。こないだ撮影した「アナヨログゲームの旅」。うちの場合は、若手のだれか(今日のは後藤さん)がやった仮編集を、みんなで見てやいやい言う、というスタイル。鍋ちゃんはまた手ぶらプレビューをしたんだろうか。僕も見ましたが、今回これはなかなか高水準だと思いますよ。ちょっと見せちゃおう。写真右は、これまた後藤さんが作った、中川さんをモチーフにしたゲームのジャケ。
3/23(Sat) 02:43 No(11220)


■ 3月22日    ( 石田 )  たまご  
日記が翌日になりがちだ。晩酌をしているからか。
大歳君が東京ハウスにいてふらっと飲みに行った。飲みに行ったというかラーメンを食べに行った。台湾まぜそばを頼んだ大歳先生はデフォルトで生卵が入っているのを知らずにトッピングで味付け玉子を付けて玉子好きみたいになってた。ぼくはお腹いっぱいだったのでワンタンをつまみにハイボールだったのだけど、台湾まぜそばをうまそうに食べる大歳君を見てうらやましくなって結局つけ麺を食べた。あと餃子も食べた。
そして東京ハウスに戻ってまたハイボールを一缶飲んでずーっと大歳先生のショックな話しを一人で聞くことができた。世の中にはぼくの見えていない世界が存在しているようです。「信じるか信じないかは石田さん次第ですよ」と言われた。また大歳先生に暗い旅に出てもらわないと!
3/23(Sat) 11:57 No(11221)


■ 3月22日    ( 永野 ) 
始発で東京に行ってニッポン時空旅収録3本録り。100本目の収録達成しました!

昼過ぎにおわり次の予定まで、3時間くらい空いたので、とりあえずゴロンとなりたいなあと思って、酸素カプセルのお店を見つけて入った。

日焼けサロン的なカジュアルなイメージで行ったら、おばあさんがやられていて、二台カプセルが置いてあるこじんまりしたアロマサロン的なところだった。酸素カプセルのおかげでコレステロール値が良くなったとか骨密度が上がったとか健康データを見せてくれたり、確かにそのおばあさん74歳とは思えない若さがあった。

カプセルに入っていざ就寝。
密封して気圧があがり、飛行機の離陸時の耳の激しい痛みが走ってカプセルの中でゴロゴロ悶えた。一気に拷問器具に化けた。おばあさんにチャイムして、気圧を下げてくれてラクになりいつのまにか眠ってしまった。

90分。カプセルから寝ぼけマナコで出て、シャキッとスッキリをイメージしてたけど、ただただ寝起きの気怠い状態。おばあさんに聞くと明日くらいから効いてくるとのことだった。

やや気怠さを残したまま、夜は、「趣味の園芸」の講師会と、「向かいのバズる家族」のがんばろう会のパーティダブルヘッダー。パワフルな1日でした。

そしてイチローのインタビューを見ながら寝ていた。
3/23(Sat) 12:17 No(11222)


■ 3月22日    ( 大歳 ) 
石田さんの日記にあるようにラーメンにいったんです。その後部屋で、石田さん曰く「ここはロフトプラスワンか!」ってなゴシップを話してたんです。でも実は、その日のメインイベントは、そのさらに後にありました……。

夜中の3時30分ですね。寝てたら、部屋がブルブルと揺れるくらい、ドン!ドン!という衝撃が続いてるんで、さすがに起きたら、ドアに向って石田さんが「誰ですか!!誰なんですかっ!」って言ってたんです。事情を聞いたら、どうも部屋の外に男の人がいて、僕らの部屋のドアをひたすら蹴っているんですね、無言で…。衝撃はそれでした。僕もドアスコープを覗いたら、たしかにまだいて。蹴るのが終わったら、今度は僕らの出入りを防ぐようにドアの前で寝始めた。ただの酔っ払いの奇行でしょうが、「リアル座敷女か」ってな展開です。朝になるといなくなってはいましたが…これ、ひとりだったらって思うとゾッとする。

夜中の4時頃。同じく衝撃を感じてたであろう隣の部屋の住人が、なぜかホイットニーヒューストンの「ボディーガード」を爆音でかけ始めて、こっちの部屋まで聞こえてきた。部屋の外には変な人。隣からは「エンダ〜♪イヤー♪オール、ウェイズラブユー♪ウ〜ウ〜♪」って、カオスかバカヤロウ。

※画像はイメージです。
3/23(Sat) 13:21 No(11223)


■ 3月23日    ( お知らせ ) 
中川さんが出ます。時代劇×ハイテク!

「スローな武士にしてくれ」(NHK BSプレミアム)
放送予定:3/23(土)(NHK BSプレミアム)21:00〜22:59(119 分)
作・演出:源 孝志
※BS4Kでの放送は3/30(土)18:00〜、その後19:59〜メイキング特番(49分)放送があります。メイキング特番はBS4Kのみ。

タイトルがいいですね。副題に「京都撮影所ラプソディ」とあるとおり、撮影所ものです。予告編をみているとドローンとか面白げな機材が山ほど出てきていて、狂ったドラマっぽいです。やりたいことやっている! 予告編めちゃくちゃ面白そうですね。こちら

写真はガガのときの中川さん。
3/21(Thu) 13:17 No(11215)


■ 3月23日    ( 石田 )  お芝居  
島田桃依さんの出演しているベッド&メイキングスを池袋に観に行った。桃依さんがいるとその場がぱっとひらけたようにとっても明るくなりますね。どうすればあんな風に舞台上でいられるのだろう。いいなあおもしろいなあと思いながらニヤニヤしてしまいます。安藤聖さんもとっても素敵でした。もうとっても軽やかで、でも嫌な感じなんですけど(役の上でね)、がんばれって、ああネタバレしないように劇の感想書くの難しいですね。
いい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。
そのあと池袋の好きな喫茶店でナポリタンを食べコーヒーを飲んだ。本を読んで台本を読んで日が暮れた。劇を観るのはいいですね。
桃依さんと写真撮ったのにまだ送られてきてない。あとでアップする。
というはずが、桃依さんから「私が変な顔だったから掲載NGです!」なんてLINEが返ってきて、なので何故か観に行って桃依さんに面会していた僕と『明日のアー』の大北さんととで桃依さんが撮った写真をば。
3/24(Sun) 01:25 No(11224)


■ 3月23日    ( 上田 ) 
写真は「京も一日陽だまり屋」の、切り抜かれた人形たち。角田さんが描いた絵を、毎回スタッフが手作業で切り抜いているんです。キャラの表情や動きに合わせて、パターンがこんなにも多いという。紙のチョイスや印刷にも、積み上げられたノウハウがあるそう。職人技やでえ。祇園太郎から陽だまり屋につらなるペープサートの系譜は、すみたたかしのペープサート実験劇場「ペープサーカス団物語」から始まったのだった。こちら

わたしは今日は書き日でした。暗い旅の構成台本と、それから「ドラマプレビュー企画(仮)」の台本。叙述トリックが山ほど入った推理ドラマを書いてみたのだけど、映像で叙述トリックをやろうとすると、たとえば「太郎は犯人ではないわ。なぜなら…太郎は金魚だからよ!」みたいにして、後半ではじめて金魚が映ってことの真相がわかる、ようなことになるので(分かりますかね)、つまり前半戦では伏せておかなければいけない画が多く、それが何重かになると、ドラマの冒頭なんてほとんど映せるものがない。こんなんでドラマらしい画になるんだろうか、と気を揉んでいる。うまくいったらおなぐさみですね。ペープサートに倣って、明日のスタンダードを夢見よう。
3/24(Sun) 16:31 No(11225)


■ 3月23日    ( 永野 ) 
午前中ゆっくりして、スタバに行って趣味の園芸の5月放送「ブルーデージー」の撮影稿を書き、6月のプロット作業を少々。
昨晩お会いした観葉植物の講師の先生の顔を思い浮かべながら。先生は「アンスリウムグラシレは根っこがね、…セクシーなんですよ!」とおっしゃってたなあ。愛に溢れておりました。

いったん自宅に帰り、イチロー記者会見の寝落ちしてしまったところから最後まで見る。こちらも愛に溢れておりました。自分の演技愛について考えさせられました。…なんかおかしなこと言ってます?←このときのイチローの顔が忘れられない。

夜は最近お世話になった熊坂出監督とお食事に。ハシゴ酒ってやつをした。
3/24(Sun) 17:27 No(11226)


■ 3月24日    ( 石田 )  名前  
撮影をしております。今日も明日も。
最近高倉健さんにハマっていたので健さんスタイル(撮影中は常に立っている。スタッフの仕事ぶりを見ている)で撮影に望もうと思っていたのですが、撮影1日目の数時間で無理だと判断しましたね。
共演者のみなさんと楽しくコミュニケーションを取りながら撮影しております。名前を覚えるのが苦手で、でもスタッフさんの全員の名前を言えるようにしたいなと思ってるんですが、うーむ。
セリフは覚えられるんだから名前くらいきちんと覚えたい。子供の頃から覚えるのって苦手だったんだけど、覚えるのが仕事の職業になりましたね。
これ食べて寝る。あーおっさんだ。
3/25(Mon) 00:29 No(11228)


■ 3月24日    ( 永野 ) 
撮影の予定が急遽延期になり、本多くんにおススメしてもらった舞台「愛のレキシシアター」を観に行った。最高に楽しかった。これまで観てきた舞台で一番物量がすげかった。ステージの方々が楽しそうで、いーなーすげーなーと演劇青年に戻った。

終わって銀座に行って、多田玲子さんとしもだいらあきのりさんが展示販売ブースを出されているとのことで、行ってきた。いろいろ買っちゃってもうフィーバーしちゃった。

帰って、ラピュタの絵本を読んで、体調を整えるべく早く寝た。
3/25(Mon) 09:12 No(11229)


■ 3月24日    ( 中川 ) 
19日、京都移動し、Eテレ「趣味の園芸」の稽古をし、その後、大阪移動して収録。画太郎先生でした。喉にたっぷり負荷をかけた。久しぶりに西村に会ったなあ。

20日、NHK BSプレミアム「スローな武士にしてくれ」こちら関係者試写へ。愛のあるステキな作品でございました。23日に放送されましたが、今月30日に再放送、メイキングも放送されます。よろしくお願いします。
その後、算術にまつわる番組の打ち合わせと、親睦会。そしてもう一軒行って解散して、ヨーロッパハウス移動したら、カイくんがいたので、上田永野中川で三次会まで行った。
上田が僕が良く使っている「はるちゃんスタンプ」を買って、僕以外の相手に使っていた事が判明した。変なイジリ!買うかね普通。

24日、ふと思い立ち、お笑いライブを観に行きました。元えんにちのアイパー滝沢さんの単独ライブ「バイパス抜けたらすぐ左」。面白かったー。2016年に「恋する極道」で、岩槻映画祭に行った時にいらっしゃっていて、極道キャラでネタをしててファンになり、たまに動画などを拝見していたのでした。帰りにロビーで、神保町花月「彼女の履歴書」で共演した芸人のピクニックさんに偶然お会いして、わーとなった。

上田君も書いてるドラマプレビュー企画(仮)で、僕も監督させてもらう事になりました。自主映画を3本撮って、とうとう仕事に!僕は極道ドラマを撮ります。楽しみ過ぎて、それの事ばっか考えちゃう毎日。
3/25(Mon) 11:56 No(11230)


■ 3月24日    ( 上田 ) 
暗い旅の収録でした。なにをかくそう「ヨーロッパ仁鶴のしっぽを掴む旅」です。ヨーロッパ仁鶴(にかく)ってなにか、と言いますと、京都にほんとうにある、僕らのパロディ集団らしいのです。しかも2004年ごろからその噂を聞いていて、これまでに「曲がれ!フォーク」やら「凹むフォーメーション」といった、絶妙なタイトルの劇を上演していて、それをあんまり告知はせずゲリラ的にやるので、僕らが知るのはいつも公演のあと、という状況が続いていたのです。

そして今回、「吉田寮食堂 春のオールスター感謝祭」というイベントにヨーロッパ仁鶴がでる、という情報をキャッチしたので、ここしかない!と敢行した旅なんでした。

じつは結構前から、ヨーロッパ仁鶴サイドにはバレないように、周到に撮影準備を進めていました。欣也さんに紹介してもらって吉田寮の会議に出席したり、イベント運営の鍵山さんと連絡を取り合ったりと、しっぽを掴むための包囲網を敷いていたという。そして、協力者の皆様のおかげで、水面下で準備をばっちり進められ、ついにこの日、ヨーロッパ仁鶴の客席に潜入。暗い旅クルーとともに、僕もついに「仁鶴」を初観劇したんでした。

演目のタイトルは「サマータイムマシン・ブルース・リー」&「ワンス・アポン・ア・タイムマシン・ブルース」。これまた律義に僕らとシンクロするように、新旧2本立てだそうで、「サマータイムマシン・ブルース・リー」のほうは今回で再々演らしい。それに加えて、「ワンス・アポン・ア・タイムマシン・ブルース」は15年ぶりの新作。

劇の感想はちょっと筆舌に尽くしがたいですし、ぜひ暗い旅のオンエアをご覧くださればと思いますが、異世界に迷い込んだような気分になりました。緻密な構成のもと、ブルース・リーの「死亡遊戯」にまつわるタイムスリップコメディが展開され、うちのメンバーに似た風貌の、しかし少しずつ違う役者がそこここにいて、僕が書いたかもしれないようなセリフをしゃべっており、カーテンコールでは「石田剛太!」「ありがとうございましたー」「酒井善史!」「ありがとうございましたー」などとメンバーの名前が当然のように叫ばれていて、作・演出には「上田誠」までいたんですから。

会ってよかったのかさえ分からない。とにかく奇妙な邂逅だった。行った酒井も背中に汗をかいていた。一緒に帰ってきた酒井がほんとうに酒井かどうかさえ定かじゃない。吉田寮食堂はやはり魔境だぜと思った一日でした。
3/25(Mon) 15:46 No(11231)


■ 3月25日    ( 石田 )  パン屋さん  
口内炎ができててまいります。毎日撮影です。
朝7時とかに現場集合とかなので電車に乗って向かうのですが、たくさんの人が乗ってて驚きますね。みんな朝早くから起きている。
駅前にパン屋さんがあって、6:30に開くんですが、6:10の電車に乗らなきゃいけなくて店内の電気はついててパンも並べられて甘いにおいがしてるのを横目にコンビニのサンドイッチを買わなきゃいけないのはなんだか悔しい。コンビニのもうまいんだけどな!
充実した朝というのはあたたかいコーヒーとコンビニのサンドイッチがあれば十分だ。
3/26(Tue) 06:29 No(11232)


■ 3月25日    ( 永野 ) 
ゆっくり目覚めて、ブロードウェイラジオの準備したり、趣味の園芸のプロット作業の続き。

担当の植物を見たことない状態で情報をたよりに書いていくんだけど、根と気根は一緒?それとも別物? 根を苔で巻く手入れの方法があるらしいが、お店ではどんな風に販売してるの?とムクムク疑問が湧き、プロデューサーの中村さんに電話して、担当の先生に確認していただく。

とはいえあらすじは考えないとなと思い、あーだこーだ考えたが速攻で煮詰まり、HTBの藤村さんも煮詰まったら悪あがきしないと仰ってたし、イチローも小さいことを積み重ねるって言ってたし、いったん今日のプロット作業はここで終わりにして、外にランニングに出かけた。もちろんベアフットウォーキングもした。

夜はブロードウェイラジオ4月1、2週放送分収録。
終わって、出演してもらった中川晴樹と大歳・理子ちゃんとごはん食べて解散。
3/26(Tue) 08:20 No(11233)


■ 3月25日    ( 上田 ) 
「サマータイムマシン・ブルース/ワンスモア」のDVDの打ち合わせをしました。予告してしまうと、今回はDVDとブルーレイを出そうという方向に動いています。

吉田さん井神さん宇高さん上田というオポスチームで、さまざまな見積もりやデータをもとに、ああじゃないかこうじゃないかと相談。ブルーレイは今まで出したことがなく、未踏の地へ踏み出す探検隊のような気持ちになっている。若手スタッフチームに、どの形状、どの価格帯なら買いますか、というアンケートをとってみたり。井神さんからは、ここ20年ほどの映像メディアの国内売り上げの趨勢みたいなグラフまで出てきた。わしらは慎重な探検隊です。

想像力の乏しい俺たちのために、宇高さんがざっくり作ってくれた、ブルーレイ特殊ケースのイメージ。どうなんかな、みんな買うのか! 写真はイメージだからな! いつも通りDVDも出しますが!
3/26(Tue) 14:22 No(11235)


■ 3月26日    ( 本多 ) 
花粉症の薬がなくなりそうになって、ひょっとしたらもう今年は大丈夫かな?とも思ったのですが、でも薬なくなって花粉症の症状思いっきり出てきたらと考えたら心配になり、近所の耳鼻科に初めて行ったらかなり空いててすぐ診療が終わり、何回か行ったことのある処方箋薬局に行き、お薬を無事買いました。その薬局のおばちゃんはいつも前に帯状疱疹の薬買いに行ったときに、「疲れてるんだわ、これ飲みなさい」という優しい言葉とともに栄養ドリンクをくれた、優しいおばちゃんで、今日も「あなたも花粉症なの?辛いわね、睡眠ちゃんととりなさいよ」という優しい言葉をかけてくれた。次行ったとき何て言葉かけてくれるんだろう。
もうすっかり春ですね。3月はドラマ「家売るオンナの逆襲」の撮影も無事に終わり、打ち上げの抽選でものすごく久しぶりに景品があたって喜んでたら。あっという間にドラマ「ヴィレヴァン!」の撮影も終わりました。自分史上最高にハードな撮影スケジュールだったのでは?という「ヴィレヴァン!」の撮影でしたが、その分キャスト・スタッフの皆さんとの一体感、そしてドラマの内容と相まっての終わってからの喪失感がすごかったです。よくイベントさせてもらってるヴィレヴァン下北沢店でも撮影させてもらって嬉しかったです。
で、あんまり観れてなかった劇を観よう!と「愛のレキシアター」と「空ばかり見ていた」という真逆な劇を観て、どちらもおもしろく、「愛のレキシアター」での八嶋さんの圧倒的な陽の力におののき、「空ばかり見ていた」の岩松作品の戯曲の意味はよくわからないけど、なんかずっとおもしろいし心ざわざわするみたいな観劇体験を楽しみました。真逆の劇にご夫婦で出演されてる八嶋さん宮下さん夫婦の家庭での会話を覗き見したくなりました。
3/26(Tue) 16:59 No(11236)


■ 3月31日    ( お知らせ ) 
大阪はナレッジシアターにて、「5th Anniversary うめだ文楽2019」のトークショーゲストに、ぼく上田がでます。3/31(日)15時の回、演目の前に、ぼくと技芸員のかたがお話します。文楽はじめてなんだよね、という方、僕もほとんどそうです。そんな奴が文楽にするどく切り込むさまを見にきてください。
こちら
3/26(Tue) 12:35 No(11234)


拡張子はhtmに変更して下さい
No.  pass 


Annecho by Tacky's Room