[HOME]
ヨーロッパ日記

年月

   
   
   

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          


■ 7月13日    ( 上田 ) 
京都芸術センターでの稽古はこれで最終日。ラストシーンまでマンガをかいて、稽古をした。そのまえに衣装ヘアメイクの打ち合わせと、パーティーグッズを役者たちにあてがう時間があった。

キャスト紹介、角田さん。出番がだいたい少ないので、稽古場で「うす」のようにどっしり稽古を見たり作業をしているのが角田さんだ。写真のようにこの日もヨロ通のイラストを描いていた。僕も角田さんに、暗い旅やら何やらで、いろいろ描いてもらうことが多いのだけど、断られたことがないし、必ず見惚れるできばえの絵を送ってくれるので、借りの大きさにおののいている。喪黒福造てきなところもあるので、のちのち僕がなにか裏切ったときにはドーンと廃人にされてしまうのだろう。

角田さんほどどんな役でもお願いしやすい役者さんもそうおらず、ダリやホログラフィや宇宙人の母などなんでも怪演してくださる。しかし時として串カツ娘のお父ちゃんとかカメラ部の先輩とか、ふつうの人間の役をやってもらうとそれもまた渋い。そんな角田さんですが今回は怪演のほうです。角田さんに怪演してもらわなくてどうする、という劇なんです。

昼間はそういえば、暗い旅の写真撮影もしたんだった。チラシを作ろうという動きがあるんです。僕と鍋ちゃんも背中で映り込んだんですが、鍋ちゃんが「カメラを右手で持つとカメラ映りこまないですけどいいですか」「上田さんと左右逆になりますか」などとうるさかった。
7/14(Sun) 14:22 No(11688)


拡張子はhtmに変更して下さい
No.  pass 


Annecho by Tacky's Room