[HOME]
ヨーロッパ日記

年月

   
   
   

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          


■ 7月11日    ( 上田 ) 
マンガを描いて稽古。後半戦に入りました。これ長大な劇になるんじゃないか、という白い目たちが俺を見ている。目目連(もくもくれん)かもしれない。

中身のことを書けない薄日記にどうしてもなるので、キャスト紹介でもしていきましょうかねえ。照れくさいですけど石田くんから。ヨーロッパ企画メンバーみんなが口をそろえて「エチュードをさせたら日本一かもしれない」というのが石田くんであり、日本の演劇界でエチュードが花盛りだったらスターだっただろうと思うほど。しかしそういう世界線ではないし、僕らも結局本番では台本をつくってそれに沿ってやるので、石田くんのエチュードは稽古場だけのまかないご飯です。どう考えてもほめすぎたので、けなしますと、「ぽさ」がすごい石田くんは、ときどき「ぽさ」だけでしゃべっているときがあって、今回も「先生っぽさ」だけがやたらすごい。しかし先生ではないので、教育論とかそういう芯は(きっと)なにもなく、そこには「先生っぽさ」だけがある。「ぽさ」だけが舞台上にいる、という謎の状態がある。だけど大事なのは中身なんかより「ぽさ」だよな。

写真は、今回のリーフレットに載っている、過去の舞台写真たち。どの劇も、群像の「ぽさ」を追いかけて作っています。サーファーたちっぽさ、チンピラたちっぽさ、芸術家たちっぽさ。その「ぽさ」を稽古場で切り拓いてくれるパイオニアが石田くんです。この日もぽかった。
7/14(Sun) 04:46 No(11685)


拡張子はhtmに変更して下さい
No.  pass 


Annecho by Tacky's Room