[HOME]
ヨーロッパ日記

年月

   
   
   

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          


■ 7月10日    ( 上田 ) 
なぜ私はマンガを描いているのだろう。稽古前にマンガを描いている。みんなに配る、「ギョエー! 旧校舎の77不思議」のプロットだ。プロットならテキストで配ればいいのに、というのはもっともで、たぶん稽古場のみんなもそう思っていて、「なぜマンガを読まされているのだろう」「読みにくいなあいいかげん」というぬっぺりした表情の役者たちがいる。ぬっぺらぼう(ぬっぺふほふ)かもしれない。

とはいえやはりマンガが伝えやすいので、マンガでプロットを描いて配っている。稽古が1時間後に迫っているときなんて、締め切り前の漫画家みたいな気分だ。キャラクターがうまく描けなくてなんども消して描きなおしたりする。キャプチャは、うまく描けた「くるな!」の動き。これを石田君がやっている姿が劇中でみれますのでお楽しみに。

今日もマンガをベースに稽古をした。マンガのような劇ができつつある。順調です。

終わった後は久しぶりに、暗い旅チームでの打ち合わせ。暗い旅の若手ちゃんたちの顔をみると、不覚にもふるさとに帰ってきたような、じんわりした気持ちになった。しかし「まんが道」になぞらえると、ふるさとに帰ってきてじんわりするのは締め切りをそこから狂ったように落とす破滅の道なので、気を引き締めて「トラウマ克服劇団」のエピソードを考える。あるゲストさんのトラウマに対し、「これだ」という解決案が2つできてしまったので、2つとも作家チームに書いてもらうことに。2つやるかもしれない。
7/14(Sun) 04:18 No(11684)


拡張子はhtmに変更して下さい
No.  pass 


Annecho by Tacky's Room