[HOME]
ヨーロッパ日記

2019年11月

   
   
   

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1
◆お知らせ
◆上田
◆石田
◆永野
2
◆石田
◆上田
◆永野
3
◆上田
◆石田
◆永野
◆中川
4
◆お知らせ
◆上田
◆石田
◆永野
5
◆上田
◆永野
◆石田
6
◆角田
◆上田
◆永野
◆石田
7
◆上田
◆永野
8
◆お知らせ
◆上田
◆永野
9
◆永野
◆上田
10
◆永野
◆中川
◆石田
◆上田
11
◆淳太
◆上田
◆永野
12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24
◆お知らせ
25 26 27 28 29 30
          


■ 11月 1日    ( お知らせ ) 
喫茶店が温かくなり仕事がはかどる候、ヨーロッパ企画は冬支度とともに、カウントダウン支度、年明けの暗い旅DVD支度、そしてキャラバン支度、イエティ支度にドロステ支度です。支度してもしてもだ!

さりとて11月は、目立った公の予定はそんなにないのかな。ケチャ(こちら)が野良犬から告知犬にメタモルフォーゼしたので、皆さんフォローしてね。イエティやイベントのことも鳴いてくれるはず。

角田さんが脚本を書いた「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」 が、8日から全国ロードショーとなります。いじましくて泣けるし心暖まりもします。ナレーションは井ノ原さん。こちら

テレビは、「遺留捜査」(テレビ朝日)の新作スペシャルが、24日と来月1日にありますね。諏訪さんと土佐さんがそれぞれ出るようです。こちら。本多くんが毎週出ている「俺の話は長い」(日本テレビ)はこちら、永野さんが毎週出ている「G線上のあなたと私」(TBS)はこちら。中川さんの 「スローな武士にしてくれ」(NHK BSプレミアム)も、9日にまたやるそう。こちら

去年の第10回SSMFで柴田監督が撮って永野さんと理子ちゃんがでた「適度なふたり」も、いろんな映画祭へ出ているようです。11月には那須や渋谷で。トップページを見てください。

レギュラー関係は相変わらずで、

暗い旅(こちら
ポータル(こちら
YouTubeでの暗い旅フル(こちら
京も一日 陽だまり屋(こちら)。
U-NEXT(こちら)。

ブロラジ(こちら)。
週ヨロ2(こちら)。
こちヨロ(こちら)。
ピカちん(こちら
時空旅(こちら)。

まあいろいろやっていこう。写真は暗い旅で行った、千田祭りの寄り合い所で寿司をたべる石田たち。11月に放送になりますがストリートファイターみたいなシーンが見れます。
11/ 1(Fri) 01:54 No(12040)


■ 11月 1日    ( 上田 ) 
「アドベンチャーゲーム企画(仮)」の打ち合わせ。なんかずっとやってますけどなんなんですかその企画、というむきには、まだ秘密ですとしか。非常に密度が濃くて手のかかる連ドラ1シーズンみたいなのを作っていると思ってください。

暗い旅のロケをしました。「オープニングを早く撮り終えたい旅」。言ってしまうとコント回です。コント回はうまくいくと名作になるんだけど、パッとしなかったときのリスクが大きい。どうしても台本に依るところが大きい撮影になるので、疲れてくると台本をなぞるだけになってしまうという。がんばれよという話なんですけど。今日は面白かったんじゃないかなあ。安住の地から、森脇くん、武田くん、沢蛯ュんがゲスト出演してくれた。これが素晴らしく燃料をくれるゲストだった。ありがとう。

あんまり大きな声で言わないほうがいいことを、飲み会などでうっかり大きな声で言ってしまう、という粗忽をよくする酒井くんだけど、この日も撮影後にいったチロルで、酒井くんグループはちょっと猥談めいた話をしていたらしく、酒井くんがめちゃくちゃでかい声で「ムチ!?」といった。そのときの写真。

「大騒ぎ企画(仮)」の脚本をいまは毎日やっている。原作にあたりながら、プロットを1話また1話と書いていくという。なんとなくチームの皆さんが忙しく、しばらく僕は放牧されていて、余裕ある今のうちに宝探しのようなことをやっている。息抜きにパラビでやってる「とんぼ」を見たら、バブリーな時代のなかで長渕剛のポリシーが色濃いドラマになっていて、これだよなと思ってしまった。慌てて自分のドラマにポリシーを足そうとしている。
11/ 2(Sat) 03:04 No(12045)


■ 11月 1日    ( 石田 )  おじさん  
暗い旅のロケでした。
安住の地の森脇君、武田君、沢柳君が参加してくれたのですが、その数日前にぼくは沢柳君のお母さまと妹さんと会っていたというか、カフェで作業してて帰ろうとしたところで声をかけてもらったのでした。
ヨーロッパ企画観てます!ムーミンからです!なんてことを言っていただいてうれしく楽しくお話ししてるとお母さまが「息子が実は暗い旅にお世話になるかもです」とぼくの知らない情報をさらっとおっしゃった。そこで息子が安住の地に最近新人で入ったのですその際はよろしくお願いします、というご挨拶を済ませていたのでした。だから沢柳君に会ったときは妙なうれしさがありましたね。親戚のおじさんのような、と思っていたら中川さんが親戚のおじさんだった。ぼくはただの家が近所のおじさんだった。
11/ 6(Wed) 16:24 No(12052)


■ 11月 1日    ( 永野 ) 
人生初の参観日だった。どの子も、ふだんいない親たちがそばいることが嬉しくてソワソワしている。
自分もそうだった。小学校の参観日の記憶だが、背後にいる母・英子の姿をチラチラ振り返り覗いていたものだ。国語の授業だった。「紫陽花」という漢字の読みの問題を出され、僕はまったくわからず、生徒たちも誰も答えられず、そこで先生が「父兄の方でお分かりの方は〜?」と聞くがそこでも誰も答えることなかったが、うちの母はスッと手を挙げ、「あじさい」とにこやかに答えた。とても誇らしく、その時の気持ちは今でも覚えている。今回、そういうファインプレーのチャンスをうかがっていたが、そういう場面は訪れなかった。

昼に終わり、ヨーロッパハウスで暗い旅撮影。
企画内容はともかく、参観日終えたホクホク感ののち、自分の股ぐらに前貼りを貼ることになるとは思わなかった。どんな旅かは放送をお楽しみに。前貼りのところ放送されるのかなあ…。
11/ 6(Wed) 17:29 No(12058)


■ 11月 2日    ( 石田 )  暗い旅フル  
今日は土曜日です。新作回じゃない(KBS京都は再放送回、tvkテレビ神奈川では旧作回)なので、暗い旅フルの更新土曜日です。先ほど更新された「異世界の手前まで行くツアーの旅」こちらはとってもおもしろい暗い旅なのでぜひ見てほしいです。ぜひチャンネル登録もしてください!異世界に行かないように気をつけてください!
サムネイル別案も。
11/ 2(Sat) 23:46 No(12046)


■ 11月 2日    ( 上田 ) 
こちらでにゅるっと発表になってましたが、11月4日からテレビ東京ではじまります、「知らない人んち(仮)」の第1話の脚本を書きました。くわしくは4日の日記のところに「お知らせ」で書きます。ちょっとだいぶ野心的な企画なんですよね。

こちらでは、脚本しました映画「前田建設ファンタジー営業部」のポスタービジュアルと予告編も公開になってます。予告編だいぶ面白そうです。映画史に燦然と悪目立ちするような映画になれ、と思いながら脚本を書きました。

日記としましては、「大騒ぎ企画(仮)」を半日やっていたのと、暗い旅の「千田祭」の回のプレビューをさっき見た。無礼を承知で書きますと、参加したくない祭。 映像で見ただけでへとへとになりました。キャプチャは神輿が海に沈められるべく海岸へと向かっていくところ。
11/ 3(Sun) 03:38 No(12047)


■ 11月 2日    ( 永野 ) 
日中は、大歳さんから依頼されてるイラストの作業。彩色前の下書きを。近所で焼肉ランチして、東京へ。車中も作業するつもりが、完全睡眠。
下北沢で、「君にささげる歌2019」を観劇して、終わり、軽く飲みたくなったので、勇気出して一人でバーに寄る。焼酎の割合から、小料理からおいしすぎて、飲み過ぎる。テロンテロンになって帰った。
11/ 6(Wed) 17:33 No(12059)


■ 11月 3日    ( 上田 ) 
「アドベンチャーゲーム企画(仮)」の打ち合わせ。左子くんと欣也さんと。ヨーロッパハウス、ののち、コメダ珈琲にて。一案件話すのにどうしても2時間かかる。この日は2案件なので4時間。もうへとへとになり、残りの半日をあんまり回ってない頭ですごす。

じつは30代最後の一日だったので、やることはやり終えて40代を迎えよう、という気ばかり焦って、とくに何も成し遂げられなかった。せきしろさんお誕生日おめでとうございます。その前の日は、松居くんおめでとうございます。

写真は、「ドロステのはてで僕ら」の宣伝担当・田村さんが焼いてくださった旅くんクッキー。うれしいし、製品のようなできばえ。
11/ 6(Wed) 03:40 No(12049)


■ 11月 3日    ( 石田 )  ユーチューバー  
ぽっこり下腹部が気になり始めてはや半年。いい加減なんとか手を打たないとなあと思っていてYouTubeで【下腹部 スッキリ トレーニング】とか検索してトレーニングをやってくれるユーチューバーと一緒にを始めました。つまり同じトレーニングをするために毎日同じ動画を見るというわけだ。
なるほどなあこうやって再生回数は伸びていくのかあと再生回数に貢献して感心してると、そのユーチューバーが同じトレーニングを沖縄でやって「毎日同じ動画だと飽きちゃうでしょ、こっちも見てくださいね」と同じトレーニング動画を上げた。なんとまあぬかりのないことか。まんまとそちらの動画を見ながらトレーニングしている。女性ユーチューバーというのがバレた。くびれがほしい。
写真は暗い旅の撮影のとき手遊びでハートを作ってたおじさんと安住の地の若者たち。
11/ 6(Wed) 16:49 No(12053)


■ 11月 3日    ( 永野 ) 
起きて今日夜撮影の「G線上〜」の台本読みと、台本に出てくるとある病気の調べ物が時間がかかった。光が丘公園を散歩して、昼過ぎ、撮影スタジオへ。

1シーンのみの撮影を終え、本多くんの家に寄って、お世話になっているとあるラジオ番組の500放送記念のお祝いメッセージを収録して、軽く晩ご飯を一緒に食べ帰宅。

写真は、先日捕まえたカマキリ。しばらく家にいてくれた。
11/ 6(Wed) 17:35 No(12060)


■ 11月 3日    ( 中川 ) 
28日、マブダチの阿部と久しぶりにサシで焼肉へ。老後の話になって、聞いてる内に不安になったので、アドバイスに従って、翌日銀行に投資の相談に行った。

29日、昼間は銀行で色々手続きをして、夜は渋谷クアトロへ。クリトリックリスの祝50thのライブ。見たかったBILLIE IDOLも見れて満足。
クリトリックリスの「1989」こちら 僕にとってはフラカン「深夜高速」並みの名曲。

31日、インフルエンザの予防接種へ。めっちゃ腫れて、全然痛みが引かないので怖くなりました(5日くらいで治りました)。
友人に誘われ、モロッコ料理屋さんへ。初めて食べる料理しかなかった。猫が放し飼いになっていて、ずっと僕の横のソファーに座っていた。ネコ好きの井神さんに紹介してあげたいお店だった。

3日、朝から、暗い旅スタッフ・ブレイキン小林君の大学の卒業制作映画の撮影へ。完全にぶっち切りの年長者だった。帰り際、ブレイキンに偉そうにアドバイスきめて離脱。
友人宅のBBQへ顔を出し、子供達にモテまくった。
11/ 9(Sat) 21:50 No(12068)


■ 11月 4日    ( お知らせ ) 
実験的リレードラマ! 脚本を上田が書きました。

「知らない人んち(仮)〜あなたのアイデア、来週放送されます!〜#1」(テレビ東京)
11月4日(月)  24時12分〜25時00分
こちら

ちょっと変わった企画にお誘いいただきまして。第1回放送(11月4日)を見ていただければ分かるのですが、お題となる出だしのストーリーを受けて、noteユーザーの皆さんと、あと「テレ東チーム」が、競い合うようにして続きを書く、という番組です。リレードラマ、だと思ってください。それが2ライン、毎週放送されては毎週募集されて、毎週続きが作られる、という壮絶なフォーマットです。僕はそれの「テレ東チーム」の1番手として、「第0話」をうけて「第1話」の脚本を書きました。

「第0話」はYouTube(こちら)ほかで公開されてます。これの続きを、僕も書くし、noteユーザーの皆さんも書くという。そしてそれが2本並べて放送される、らしいです。なにせ実験的なフォーマットです。役者さんたちもこの先どうなるか分かってなくて演じているし。僕はとにかく張られっぱなしの伏線を業者のように回収するのが楽しかったです。

キャストのコメントはこちら、プロデューサー太田さん(見えざるピンクのユニコーンなどでお世話になりました)の苦悶の文章はこちら。僕とてこの先どうなるか分からない番組です。僕は1話だけですが、全4回、ぜひとも。
11/ 3(Sun) 03:54 No(12048)


■ 11月 4日    ( 上田 ) 
40歳の誕生日をむかえ、なにか象徴的な一日を、と思ったけれど、まあ「大騒ぎ企画(仮)」の台本を直したりしながら一日が終わった。領収書の整理をしたぐらい。しかしこういう日が40代ずーっと続くといいな、と思ってもいる。妻にごちそうしてもらいました。

テレビ東京さんの「知らない人んち(仮)」をご覧くださった皆さまありがとうございました。暗い旅の元ディレクター、西垣くんも関わっている企画です。noteユーザーから募集した脚本アイデアを、がっと集約して台本にしている一人が西垣くんです。そして、その対抗馬として僕も呼んでもらい、エールを送るように別ラインの台本を書いた。そうすると西垣さんのまとめた台本のほうが圧倒的にSNSで評判がよく、チェッとなっている。僕の台本をディスるユーチューバーまで現れていて、恐ろしくて再生していない。次週、う大さんが盛り返してくれるだろう。

この日は写真をとくに撮ってなく、なので最近みたお気に入りの写真を貼っておきます。数年前のカウントダウンで、「喉を太くする機械」を装着させられている中川さん。今年のカウントダウンはこういう面白みを重点的にやろうと思います。
11/ 6(Wed) 04:02 No(12050)


■ 11月 4日    ( 石田 )  珈琲  
1日のことなんですが、HTBの嬉野先生が京都に来られているというので飲みに行きました。
珈琲についての配信をされているというので、ちょうど暗い旅の会議が終わったところだったので酒井君を連れて、あとどうでしょう大好きの鍋Dとスタッフ後藤さん、中田君を連れて、配信途中からお邪魔してしまいました。こちら
というか配信しているところに行ってみたらもうカメラの向きが入り口方向に向いていたので自然と出る形になってしまいました。すてきなカフェでしたね。知らなかった。そして嬉野先生の淹れてくださった珈琲をいただきました。大変おいしゅうございました。うれぽん買わなきゃな。
そしてその後まあまあ深くまで呑んだのでした。鍋Dが嬉野先生に「なべ!なべ!」と言われていてうれしそうだった。
11/ 6(Wed) 17:23 No(12054)


■ 11月 4日    ( 永野 ) 
東京から帰る途中、名古屋に降りて、ずっと観たかった人形劇「高岳親王航海記」を観に行った。オープニングが、横たわる人形に何本もの糸が垂れてきて、糸が人形にくっつき、ゆっくり立ち上がり、動き出すというなんちゅうスリリングな演出なんだ!と前のめってしまった。2時間、仕掛けだらけ。ダンスもある。セットも動きまくる。人形師はセリフも吐いている。カーテンコールで人形師のみなさんが出てきただけで、涙が出てしまった。
終演後、人形師をやられていた、「劇野郎が来る!」でもお世話になったあとりえミノムシの飯室さんにお話を聞くと、裏で糸が絡まるのはしょっちゅう、命を削りながらやってます…とのことだった。

夜、興奮のせいか、まったく寝付けず。明日はイラストをたくさん描かねばならない日で、明日やるべく家事・雑用・作業準備を前倒しで全部やって寝た。
11/ 6(Wed) 17:39 No(12061)


■ 11月 5日    ( 上田 ) 
朝から東京へ。「前田建設ファンタジー営業部」の試写会にいってきました。出ている本多くんと並んで観た。これは、めちゃくちゃ面白いんじゃないか。なかなか映画で笑うことってないけど、これはつい何度も笑ってしまったし、体が熱くなり鳥肌がたった。前田建設さんの偉業ありきの映画であり、また英監督とキャストスタッフの追い込みの賜物なので、僕の手柄感がうすいぶん気楽にホメれますが、傑作なんではないかと思います。そして言ってしまうと非常に渋く狭い映画でもあります。マジンガーZの格納庫を設計する(そして実際には作らない)話ですからねえ。少しでも多くの人に届きますよう。こちら、特報動画をどうぞ。

そのあとは下北沢で書き物。着替えの入ったトートバッグをお店に忘れている。
11/ 6(Wed) 04:25 No(12051)


■ 11月 5日    ( 永野 ) 
保育園に送り出し、事務所で用事を済ませ、帰宅。
大歳さんから依頼されてるイラスト作業の第一弾〆切で、集中してやり遂げなければならない日。保育園お迎えの17時までに済まさないと〆切には間に合わない。
顔、顔、顔。顔に次ぐ顔を描き続ける。クレヨンで。写実的に。クレヨンはどうしてもタッチが大胆になるので、悪意はないんだけど、悪意の塊みたいな顔になってしまう。

10枚描き上げ、あと残り1枚というところでタイムアップ。
結局、今日中には終わらせることはできず、子供たちを寝かしつけたあと、夜中に残業。

夜食にインスタントうどんを食べた。夜食のインスタントは懐かしい感覚だった。
録画してたプロフェッショナルを見て寝た。
11/ 6(Wed) 17:40 No(12062)


■ 11月 5日    ( 石田 )  コーヒー  
嬉野先生の影響ですっかり浅挽きの豆にハマり始めた今日この頃です。
ヨーロッパハウスのお隣りにいい感じのおしゃれなコーヒー屋さんがあってよくテイクアウトしています。寡黙な店員さんがコーヒーをドリップでいれてくれるのですが、そのときに「有田Pおもてなす見ました。おもしろかったですがんばってください」と言ってくれました。なんだかコーヒーがさらにおいしくなりましたね。「おいしいコーヒーをありがとうございます」と言えればよかった。照れながら「ありがとうございます」しか言えなかったなあ。
11/11(Mon) 23:46 No(12078)


■ 11月 6日    ( 角田 )  アパート記念日  
いつの間にやら11月ですって、奥さん。ギョエー!ですね。

夜、薄暗いヨーロッパハウスの工場で作業をしてところ、妙な迫力を感じて振り返るとそこに大柄の熊のような男がいた。団長だった。久しぶりにお会いした。暗すぎて顔もよく見えなかったけれど、ワイルドさが増していた気がした。なにやら10時間くらいやるお芝居に出るらしいです。(こちら

そういえば、私信となりますが、祷キララさん。ようやくお手紙受け取りました。
「ギョエー!」公演後に出演者にお手紙を書いていただていたそうで、なぜだか受け取るタイミングを逸していて、預かってくれていた上田くんより無事受け取った次第。公演が終わって幾星霜。バック・トゥ・ザ・フューチャー2でドクからの手紙を受け取ったマーティの気持ちでございます。お手紙ありがとうございました。

写真は、団長の役を調べたら、オデュッセウスだった。オデュッセウスを調べたら、こんなだった。
11/ 6(Wed) 19:28 No(12063)


■ 11月 6日    ( 上田 ) 
トートバッグを鮮やかにピックアップし下げなれた頭を下げ、打ち合わせがふたつ。

ひとつは、新企画ではないのですけど「配信」を見据えた打ち合わせ。メディアの潮目が変わりつつありますねえ、などと演劇をやってるやつが言っている。足腰をしっかりしていないとなあ。打ち合わせ場所が、淳太が今やっている撮影現場と近く、のぞいたら佳境のタイミングだったらしく凄い迷惑をかけてしまった。逆の立場だったら帰れと思うだろう。お疲れさまでした、ドロステもよろしくね。

もうひとつは、「大騒ぎ企画(仮)」の打ち合わせ。吉田さんと諏訪さんと。時間がないようであるので、できるかぎり全体構成を凝ってみようと思っている。来月あたりに発表になりそうです。駅蕎麦をたべて京都へ。

こちら、カウントダウンイベントのお知らせがでました。今年は「ギークの逆襲」です。チケットの一般発売が30日です、今年はスタートを1時間早めましたので、もう客席で寝かせません! 酒井さんがいたく気に入ってくれたタイトルなので、酒井さんを中心に盛り上げてゆくイベントにしようと思います。角田さん監修のもと、後藤さんが作ってくれたロゴ4案。現在マッシュアップ中で、成長してゆくロゴ、にしようと計画中です。
11/ 8(Fri) 19:14 No(12064)


■ 11月 6日    ( 永野 ) 
子供二人が風邪で子守のおじちゃま。
天気がいいので、走り回りたいくらいこっちは体調はいい感じなんだけど、そういう訳にもいかず。
夜は「チャンネルはそのまま」の打ち上げがあり、東京へ。

会場に入ると皆、第一声が、「おめでとうございます!」。そして、握手を交わし合いました。
なんとこの日、2019年日本民間放送連盟賞の発表があり、グランプリを受賞されたとのことでした! 
ドキュメントなどの受賞が多い中、ドラマのグランプリというのはとても珍しいことだそうです。藤村さんの挨拶の
「俺たちは楽しみながらこれを撮った」
という言葉にとても感動した。いろんな方々のスピーチやお話しをから、「楽しむ」までの道のりがどれだけ険しかったか知られざるプロダクションノートを肉声で聴けたりして、さらに今回の受賞が誇らしく喜ばしく感じられました。役者として行った札幌の現場は、ほんとうに幸福度高く、ピュアに楽しかったのでした。

宴の終盤は、嬉野さんと美味しいコーヒードリップの話をしてました。
11/11(Mon) 10:20 No(12069)


■ 11月 6日    ( 石田 )  シメかき氷  
「チャンネルはそのまま!」が日本民間放送連盟賞グランプリを受賞しました。おめでとうございます。ありがとうございます。出演者の一人である立場としてはどっちもある感じなのです。
打ち上げが東京でありまして、みんなでお互いに「おめでとうございます」と言い合う感じはとても素敵な感じがしました。藤村さんからは「君も微力ながらグランプリに貢献してるわけだからなあ」と藤村節でお祝いのお言葉をいただきました。ありがとうございます。そして本当におめでとうございます。ブルーレイは3/18に発売ですって!こちら
打ち上げ終わりに六本木の街でにっしゃんと廣瀬詩映莉ちゃんと深夜にカキ氷を食べに行こうとして結局閉まってて食べられなかった。シメパフェは知ってるけどシメかき氷は聞いたことがないなあ。
11/11(Mon) 23:17 No(12077)


■ 11月 7日    ( 上田 ) 
ヨーロッパハウスでの打ち合わせ日でした。「アドベンチャーゲーム企画(仮)」、暗い旅の通常打ち合わせ、石田会議、オポス打ち合わせ。そして夜に、週ヨロ2の収録。週ヨロ2、3週連続わたしがゲストですいません。こちら

目まぐるしい日々のなか、暗い旅DVDがしずかに出来てゆき、暗い旅ポスターが整ってゆき、カウントダウンが動き出し、イエティが冬眠から目覚めだしている。もっと熱を上げていきたいけれど、それには京都の冬とヨーロッパハウスの床が冷えすぎるので、室内履きを買った。あとはついこれを履いたまま工場を歩いてしまいたくなる誘惑との戦いだ。土佐さんお誕生日おめでとうございます。
11/ 8(Fri) 19:39 No(12065)


■ 11月 7日    ( 永野 ) 
京都に帰ってきた。
寒くなってきて調子がよくない子供たちの看病でした。
11/11(Mon) 10:21 No(12070)


■ 11月 8日    ( お知らせ ) 
角田さんが映画「すみっコぐらし」の脚本を!

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」
脚本:角田貴志
11/8(金)から全国ロードショー
こちら

この映画すごいんです、セリフなしのナレーションのみで進行。しかもすみっコたちのサイズの基準がもともと何もなかったそうで、まずは彼らのサイズ感を決めるところからのスタートだったみたい。ナレーションは井ノ原さん。ハートフルで泣けるしそのじつ野心的な映画ができてました。
11/ 1(Fri) 02:31 No(12042)


■ 11月 8日    ( 上田 ) 
しばらくサボっていた「盗賊団企画(仮)」を考える。うかうかしていたら早1年か。

あとは「すいているのに相席’19」が今年もあります。こちら。A先生とせきしろさん、そして上田が脚本をしているユニットコントのシリーズ。珍しいコントを書かないといけなくて、まずは題材選びをした。せきしろさんは猫を飼い始めたそうで、猫のコントを書かれるかもしれないな。僕は年の瀬なので時事コントを書こうかな、と思っている。

暗い旅の新作DVDの編集チェックとテロップ入れも、毎日1本ずつしていて(してない日もある)、今日は山場である「北聖町南をベスト10入りさせる旅」のテロップを入れ終えた。なにが山場って、もともと前後編に分かれていたので倍の長さがあるんですよね。テロップ量も半端なく(説明も多い回なのでなおさら)、入れ終えて数えてみると234個あった。短編小説ぐらいのテキスト量! ならば駄文は書くまいぞ。

写真は「すみっコぐらし」のクリアカード。期間限定・先着順でランダムでもらえるそうです。
11/ 9(Sat) 04:25 No(12066)


■ 11月 8日    ( 永野 ) 
明日明後日「G線上〜」の撮影なので、放送をチェックしたり台本読んだりのしたごしらえの一日。
11/11(Mon) 10:21 No(12071)


■ 11月 9日    ( 永野 ) 
息子が夜中に嘔吐してたいへんだった。朝、病院にいった時には元気になってたけど。
昼、藤井道人監督のご兄妹が絵の個展をやられてるというので観に行った。クレヨン画をやられていて、クレヨンでとんでもなく美しい絵を描かれていた。その足で、東京へ向かう。

「G線上〜」の撮影。もう物語が折り返し、僕が演じるている庄野という男にも、受付という立場を超えるような瞬間が訪れた。と、書くと劇的に聞こえてしまうけど、日常のささやかな感情の機微を描いてるドラマなので、やったことはただただ可愛らしいことでした。新幹線の中でウンウンと練り上げた感情を込めて演じてきました。

下宿に帰り、黒霧島お湯割りをいただき、明日の準備をして就寝。
11/11(Mon) 10:22 No(12072)


■ 11月 9日    ( 上田 ) 
何をかくそう成果のあがらない日々を送っている。「盗賊団企画(仮)」を考えてます。いきなりオリジナルでどん! はやっぱりなかなかねえ。たとえば映画になった「サマー〜」や「曲がれ〜」、そして「前田建設〜」なんかも、原作があったり舞台をまずやってたりして、そこから映画、というステップを踏んでいる。これも舞台はやらないけど、なるべくそういう雰囲気にしたい。いきなり目隠しして長い距離を走るのは怖いので、ちょっとずつシャトルランしているような毎日です。それは暗闇へ走りだそうとしているから。

暗い旅DVD7巻と8巻のテロップをとうとう入れ終えた。キャプチャは8巻最後の「マネーをおごる虎の旅」。「ほこ×さけ」など、堂々とパロディしはじめた時期の作品集です。映画すみっコの脚本でおなじみ、角田さんによるリニューアルジャケットも見どころです。2巻とも大充実だと思いますねえ。
11/12(Tue) 03:35 No(12079)


■ 11月10日    ( 永野 ) 
朝、緑山スタジオに向かい、「G線上〜」撮影。
東京の下宿から2時間近くかかるし、ややラッシュ時だったし、今日撮影するシーンをどうするべきか〜なんてこと考えながらだったせいか、楽屋に入ったらもうすでに一仕事終えたみたいに、グッタリしてた。

撮影は1時間ほどで終わり、陽だまり屋の台本のことを考えながら帰った。
途中、ヨロ通の表紙でお世話になってる本秀康の個展がやってることを思い出し、阿佐ヶ谷へ。ツイッターで本さんがギャラリーに夕方に来られるとつぶやきがあったので、阿佐ヶ谷の焼き鳥屋で焼酎とおつまみをいただきながら時間をつぶす。
うしろで草野球を終えたおじさまが「あれやっちゃだめだよ〜、ファーストランナー走らなきゃ〜」と今日の試合の反省会をしてた。それを聞きながら、僕もベロベロに酔ってしまい、こりゃいかんと夜風にあたり酔いを覚ましつつギャラリーに向かった。

個展はすんごくよかった。
原画を見ると、製本されたものからは見落としてしまってた、勢いやら形の面白さやらがドーンと迫ってきて感動した。フラ〜っと本さんが入ってこられて、「G線みてるよ〜、面白いね〜。僕あまりドラマみないんだけどねー」とまさかの視聴者でびっくりでとても嬉しかった。来られてるお客さんをいろいろご紹介してくださったり、あらためてむちゃくちゃギバーな方なんだなと思った。興奮してしまい、若い頃の話なんかもいろいろお話し聞いたりして途中インタビューみたいな感じになっちゃった。


バスで遠回りして下宿まで帰った。
写真はいま、しぶそばでやってる春菊天とゴボ天。春菊揚げたてでした。
11/11(Mon) 10:26 No(12073)


■ 11月10日    ( 中川 ) 
4日、翌日からの撮影に備えて、とある街へ。民宿に宿泊して、ちょこちょこ都内に戻ったりしながらも、来月まで滞在する予定。
宿の近辺には世界遺産や温泉もあるのだけど、どこに行くにも絶妙な距離。陸の孤島だなあと同宿の人たちに言われていた。大浴場と漫画コーナーが充実してるのが救い。集中して作品に向かえそうです。

7日、佐藤貴史先輩が撮影に合流して、相部屋となった。佐藤さん、ずーっと喋ってる。勉強になる。

9日、この日は1日オフだったので、海外ドラマ見たり、漫画読んだり、風呂入ったりしつつ、名古屋道最終話を書き上げた。宿の近所を散策したけど、歩いて行ける距離には、中華料理屋とコンビニと、コメリしか無かった。コメリで30分過ごした。

10日、撮影は順調。早めに終わった何人かで飲みに行った。美術スタッフさんが、この道40年とかの大ベテランで、作品に関するこだわりやら、過去の伝説みたいな作品の事やら聞いてたら、あっという間に夜が更けた。
宿に戻ったら、佐藤先輩がちょうど撮影から帰って来て、またずーっと喋ってた。
11/11(Mon) 11:34 No(12074)


■ 11月10日    ( 石田 )  おれ殴られたんよ  
暗い旅見ていただけましたでしょうか。
顔を殴られました。こちら。初めてのことです。グーでおでこのあたりをしっかりと。まあ少し相手と離れていたのでリーチがそこまでとどかなかったので大事には至りませんでした。まあケンカ祭りなのでね。でも顔を殴られるとは思ってもいませんでした。顔殴るんや!?って思いましたね。
先日の井上尚弥選手の試合を見た上で何をか言わんやですね。祭りが終わればノーサイドですね。いろんな流行りに乗っかってみました。さて喧嘩まであと何日だろうか。こちら
11/11(Mon) 22:30 No(12076)


■ 11月10日    ( 上田 ) 
苦悶して「盗賊団企画(仮)」のプロットをまとめた。タイトルが、タイトルいいのが出れば、という気持ち。「ドロステのはてで僕ら」は、正直そうとう気に入っている。「盗賊団企画(仮)」はニューシネマっぽくしたい。「俺たちに明日はない」っていいタイトルなんですよねえ。邦題ですけど。

「雨天中止ナイン」のときも、タイトルめちゃくちゃ悩んで一日下北沢で考えた覚えがある。「RAIN」にしたかったんだけど、それじゃちょっと、と言われて、ひりだしたんでした。

雨天中止ナインのときの、本さんが描いてくださったイラストを貼っておこう。こりゃ最高だな。音楽はそして滝本さん。いまでも定期的に見返す、大のお気に入りの作品です。プライムビデオなどで見れますので、未見のかたは本当にぜひ。本さんいま、個展を阿佐ヶ谷でされていますね。永野さん行ったんだなー。こちら
11/12(Tue) 03:50 No(12080)


■ 11月11日    ( 淳太 ) 
最近はず〜っと東京に滞在して撮影の日々です。
その準備や撮影にかまけてしまい、随分と遅くなりましたが、映画「ドロステのはてで僕ら」が先月14日に発表になりました!下北沢映画祭にて発表の場を設けていただき、ついに始まるんだなと実感したわけでしたが、
その直後からまた忙しくなってしまい、「ドロステ」の方はすっかり上田さんに任せっきりにしていたら、先日、東京の僕がいる撮影現場に上田さんと吉田さんがいきなり現れて、めちゃくちゃびっくりしました。電波少年の時のTプロデューサーかと思いました。もちろん拉致されることはなく、励ましに来てくれて、実際すごく気持ちが落ち着きました。ありがとうございました!

もうひとつご報告としては、渡辺謙さん主演、PARCO劇場オープニング作品第一弾「ピサロ」の新ティザーを公開しました。こちらの監督・編集をしています。(→こちら
見所は、謙さんはじめ皆さんの顔、顔、顔!の迫力です。終盤は、今回ピサロを演じる渡辺謙さんが、1985年版では謙さんが演じたアタワルパ役の宮沢氷魚さんを見つめる構成にしました。個人的には、伊丹十三さんのお名前を載せることができて感慨深いです。
11/11(Mon) 14:19 No(12075)


■ 11月11日    ( 上田 ) 
暗い旅DVDのコメンタリーをやりました。今日録ったのは4本。ゲストには、ボブさんや欣也さんや団長や。3デイズで12本、語りまして収録します。「北聖町南をベスト10入りさせる旅」が、改めて見返すとやっぱりちょっと、起こっていることの珍しさの密度がすごい。ここを掘ったテレビ番組は今までもこれからもないんじゃないかなあ。運動会またいかないとな、と心に刻んだ。

A先生からコントが6本、どさっと届いて焦っている。「すいているのに相席」の稽古がじつは迫っているのである。1本これを書こう、って思っていたテーマのものが、A先生によって手際よくコントにされていて「あっ」と思った。このあとせきしろさんからも相当数のコントが届くと思うと恐ろしい。仮想通貨をテーマにコントを書こうと数時間悩んで、形にならぬと悟った。コントってどうやって書くんだっけ。
11/12(Tue) 04:00 No(12081)


■ 11月11日    ( 永野 ) 
朝起きて、ブロードウェイラジオの準備。
そして陽だまり屋のシナリオ相談で、プロデューサーと電話。今回、南アフリカ原産の花というのもあって、「喜望峰」というキーワードから、なんとか方針がみえてきて、なんとか書き始めることができた。

昼から新宿で、ブロードウェイラジオ収録。
名古屋出身の人に、シン・ナゴヤミチ書いてほしいなーと思ってたら、月世界旅行社の柴田くんが名古屋出身で、シナリオをオファーした。さすが、地理や地元の番組のこととか名古屋が溢れんばかりで、見事な名古屋道だった。そして、最終話は、もちろん中川晴樹に締めていただいた。あんな憐れみを感じるハッピーエンドはあっただろうか。傑作。ぜひ聴いてもらいたい。

そして、映画「すみっコぐらし」の大ヒットの余波を受けて、とある有名な小説家さんからラジオ宛におたよりが届いた。角ちゃんのゲスト回をYouTubeとかで見つけてくれたんだろうか。こちらで、制作の裏側がお聴きできます、みなさまもどうぞ。
草枕というスパイスカレーを食べに行って解散。

帰宅して、陽だまり屋の台本の続きして、焼酎のお湯割りをいただいて就寝。
11/13(Wed) 00:45 No(12082)


■ 11月24日    ( お知らせ ) 
諏訪さんが遺留捜査に!

「遺留捜査」新作スペシャル(テレビ朝日)

新作スペシャル1:11/24(日)21時からオンエア
出演:諏訪雅
こちら

遺留品はコロッケで、そこから宇宙へ話が飛んでいくんだそうです。面白そう! コロッケから未知のバクテリアが検出されたりするんだろうか。写真はカレーを待ってるときの諏訪さん。
11/ 1(Fri) 02:38 No(12043)


全てのログを保存
拡張子はhtmに変更して下さい
No.  pass 


Annecho by Tacky's Room