[HOME]
ヨーロッパ日記

2016年 7月

   
   
   

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1
◆諏訪
◆お知らせ
◆お知らせ
◆上田
◆お知らせ
◆お知らせ
2
◆諏訪
◆上田
◆本多
3
◆上田
4
◆上田
◆諏訪
◆永野
5
◆石田
◆諏訪
◆上田
6
◆大歳
◆諏訪
◆上田
◆酒井
7
◆上田
◆角田
8
◆土佐
◆上田
9
◆上田
◆本多
10
◆上田
11
◆大歳
◆上田
◆永野
12
◆石田
◆上田
◆本多
13
◆大歳
◆上田
14
◆上田
15
◆上田
16
◆上田
◆角田
17
◆上田
18
◆諏訪
◆上田
19
◆石田
◆諏訪
◆本多
20
◆永野
21 22
◆角田
23
24 25
◆永野
26 27 28 29 30
31            
          


■ 7月 1日    ( 諏訪 ) 
朝からBSでやってたディープインパクトのドキュメンタリーを見て興奮する。ラストランの有馬記念、会場にいた人が「最後の直線を滑走路にして、ホントに飛んで欲しい」とコメントしててなんて素敵なんだと思った。その後事務所に行って、エレファントさんとキャンペーンTシャツの打ち合わせ。今回はフルカラーなのでいつもとちょっと違う方法でプリントするらしい。今回は、うまくいけばすごいかわいい、下手するとすごい汚いTシャツになりそう。届くイラストが楽しみ。その後はタリーズでひたすら作業。「ヨーロッパ企画の本」と「趣味の園芸」のプロット直し。直しというよりほぼ1からだったので焦る。今日は花もっちゃんがいた。夜バスで東京へ。四つ葉タクシーを捕まえる。7月幸先良いスタート。
7/ 2(Sat) 00:12 No(9676)


■ 7月 1日    ( お知らせ ) 
7月なんですよね。上田です。これどうやら今年暑いっぽいですね。皆さまどうか涼やかにお過ごしください。

-----------

■〜3日、7〜10日 イエティ#12「ヤだなコワいななんかヘンだな」(東京・大阪)

さあこんな季節には怪談ですよね。大歳くん率いるイエティ流怪談コメディ(怖くないらしいです)が、京都公演を終えて東京・大阪を巡ってます。「週ヨロ2」(こちら)でも話題ですが、西垣くんがチャーハンを食べるシーンがあるそうで、見所だそうなので注目してあげてください。スタジオの対談企画(こちら)もどうぞよろしくお願いします。

■15日、23日、26日、27日 「来てけつかるべき新世界」キャンペーンイベント(四日市、東京、広島、福岡…)

イエティの次は本公演です! 第35回公演「来てけつかるべき新世界」の準備がちゃくちゃくと進んでまして、公演に先がけてキャンペーンイベントで各地へ行きます。都市によって時間やキャスト、内容が違いますので詳しくはこちらをご覧ください。今年は土佐さんがイベントリーダーでして、去年の文房具対決に続く、ある対決企画を仕込み中です。そして映像もあれこれ見ますし、物販にサインも致します。キャンペーン期間中にしか買えないTシャツも販売しますのでね。よければ公演の盛り上げに加担しにいらしてください。

-----------

「来てけつかるべき新世界」の公演のほうのチケット一般発売は7/23(土)です。こちら。そしてバンブラPのスッポン放送さんでは、去年に続いてラジオCMのBGMも募集してます。こちら
7/ 3(Sun) 04:50 No(9679)


■ 7月 1日    ( お知らせ ) 
そして7月はほかにも目白押しでして。

まずは9日に、「京も一日陽だまり屋」の夏特番のオンエアが決まりました! いつもの倍の10分スペシャルです。レギュラー放送も順調丸です。こちら

東京では13・14日に、下北沢TOLLYWOODで「カトケー・ハルキの短編映画祭」なる映画上映イベントが開催されます。こちら。中川さんの「オトコノクニ」と、加藤啓さんの「晴樹のサンダルが脱げそう」、さらにラブ極道まで上映されまして、トークゲストも充実です。スクリーンでこんなにも中川さんを堪能できる機会はそうないですよ。

翌日15〜17日には、こちらも東京で、劇団かもめんたる第二回公演 「ゴーヤの門」があります。こちら、新宿モリエールにて。石田くんが稽古に励んでまして面白い面白いと言ってます、約2時間の長編コントだそうです。

それから永野さんが主演している映画「Every Day」が、23日から新宿・K’s cinemaにてレイトショーが決まったそうです。こちらに予告編もありますよ。大阪・第七藝術劇場での公開も決定だそう。

本多くんは、日テレさんで7月13日の夜10時からはじまるドラマ「家売るオンナ」に出演してます。こちら。「宅間剛太」という石田っぽい役名ですが本多くんです。さらに、「闇金融ウシジマくんseason3」にも出演してます。MBSでは17日から、TBSでは19日から。こちら

など、詳しくはトップページをご覧ください。暑いですねえそれにしても。
7/ 3(Sun) 05:23 No(9680)


■ 7月 1日    ( 上田 ) 
東京へ。イエティをやってる駅前劇場で、「来てけつかるべき新世界」の取材を2つ受けました。永野さんが「新世界が怖いです。道行く人に『わーっ!』と言われそうで」と言っていて、新世界をなんだと思ってるんだ、と思った。

イエティ終演後、長田さんと会って、下北沢の串カツ屋さんで新世界の雰囲気を出しながらざっくばらんに舞台のことを話す。ざっくばらんと言いつつそう悠長なことを言ってられなくて、この日はひとつ大きな判断をした。

写真は鶴橋にあった、日本で一番小さいファミリーマート。こりゃ小さい。
7/ 7(Thu) 04:04 No(9698)


■ 7月 1日    ( お知らせ ) 
「遊星ブンボーグの接近」DVDが発売になりました! 構想5年、文房具屋さんに興味を持ってから30年の文房具コメディです。今回はカメラポジションが野心的だったり、川岡大次郎さん目線で公演に密着した野心的なドキュメンタリー「大次郎の夏2015」が入っていたりと野心作です。ジュースが130円というご時世に2枚組で3,240円ですからぜひお求めください。それでいて中身は大充実ですからね。

そして今年も発売記念のサイン会を東京と大阪でやることになりました。せっかくなので手渡しさせてください。メンバーが壁になっていて思ったより迫力があるという噂のサイン会です。どちらも紀伊国屋書店さんです。新宿本店では22日の19時から(こちら)、グランフロント大阪店では30日の13時から(こちら)。整理券がいりますが電話予約でも大丈夫ですのでね。

うちのホームページでも売ってます。こちらはマスキングテープ付きのセットもございます。「来てけつかるべき新世界」の前哨戦にぜひ。
7/20(Wed) 14:23 No(9724)


■ 7月 1日    ( お知らせ ) 
ヨーロッパ企画SHOPのことでいいますと、ハイタウングッズも発売になりました! こちら。小学校にちなんでハンカチと靴下とトートバッグです。買いそびれたんだよなという方はブンボーグDVDとともに是非どうぞ。
7/20(Wed) 14:35 No(9725)


■ 7月 2日    ( 諏訪 ) 
ニッポン放送で、ラジオCMのBGM募集用(こちら)の、告知用ラジオを収録。バンブラPというゲーム内のスッポン放送で、こうじ&ひろしという漫才コンビを酒井と僕で組んでいて、それの3年ぶりくらいの収録だった。そのあとマスタードソースのハンバーグを食べた。注文の時、本多くんがマスタードソースのハンバーグからエッグハンバーグに変更して、それを石田がマスタードソースは人からもらおうっていう考えやろと見透かされて、泣いていた。イエティ「ヤだなコワいななんかヘンだな」観劇。まだ公演中なので感想書きにくいけど、劇の中で角田さんが見たことのないすごいヘンな顔をしていた。アフタートークの吉川ちゃんもヘンだったし大歳もヘンだったし、劇中の西垣もヘンだった。なんかヘンだな感の強い面白い劇でした。帰りもバス。深夜、一昨日始めた筋トレの筋肉痛が遅れてやってきて、全然眠れなくなった。小田急線下北沢駅のホームから地上へと直接つながったエスカレーター長いの写真。
7/ 3(Sun) 15:27 No(9681)


■ 7月 2日    ( 上田 ) 
下北沢で書きもの。パソコンの電源を京都に忘れて、爪に火をともすような残り電力で、なんとか書くべき原稿を書き上げた。それは「来てけつかるべき新世界 エピソード0」の台本の続きで、この日は転球さんに出ていただく部分の撮影がありました。西垣くんにお任せしたけど超面白かったらしい。

僕は京都に帰って、「来てけつかるべき新世界」の脚本ミーティング。1回目から参加人数がうなぎ下りで、この日はとうとう土佐さんと僕だけだった。でも濃い話し合いができました。ついでに「午後/夜のヨーロッパ企画」の打ちあわせもする。そして週ヨロ2にも出してもらう。こちら、前回今回と「来てけつかるべき新世界」のことを話してます。

写真は大阪の大正区でみた、味わい深い水圧計。
7/ 7(Thu) 04:05 No(9699)


■ 7月 2日    ( 本多 ) 
月曜日に「家売るオンナ」で共演しているイモトアヤコさん出演のラブレターズを観に行く。
ラブレターズは幼馴染みの男女が幼い頃から晩年まで、お互いに書いた手紙を読むという形で上演される朗読劇で、前から知ってはいたけど観るのは初めてで、2人の人生の走馬燈を観ているような、でも声だけしかも手紙だけだから、走馬燈を想像しているような不思議な観劇体験でした。「家売るオンナ」のイモトさんとはまた違うイモトさんの魅力を堪能させていただきました。
昨日はイエティ観て、みんなのやりとりにすっごい笑ったり、クククってなったり、イエティに出たとき駅前劇場でやったあとにインディペンデントシアター1stでやったとき、舞台の幅が小さくなって距離感がくるったからえらい机にぶつかったことあったなぁと思い出したりしながら観てました。筋トレ効果が著しく現れてる角田さんとサウナの話して今度一緒に行きましょうということに。東中野にあるサウナの温度がむちゃくちゃ高くて、水風呂がちょっとどうかと思うくらい冷たい銭湯にも一緒に行きたかったなあ。
今日はニッポン放送で「来てけつかるべき新世界」のラジオCMを収録して、夜はカフェテコのテコさんとキセルのお二人とご飯に。途中から酒井も来て楽しい夕でした。キセルさんが「来てけつかるべき新世界」の音楽をやってくれるのをテコさんが凄い喜んでくれていたのが嬉しかった。
7/ 7(Thu) 07:20 No(9704)


■ 7月 3日    ( 上田 ) 
この日は永野荘の整理とか、家の草むしりとか。

ヨドバシカメラのおもちゃコーナーに行ってみたら、ロボットが思いがけずたくさんあって焦った。最新のテクノロジーはまず「おもちゃ」で商品化される、というのを聞いたことがあるんだけど、それでいうと今のおもちゃ売り場はロボット天国で、これは近い将来の日本を暗示してはいまいか。

自動運転するチョロQを買ってしまった。写真は犬型ロボットと猫型ロボット。
7/ 7(Thu) 04:08 No(9700)


■ 7月 4日    ( 上田 ) 
「高速企画(仮)」の締め切りが迫っていて、日々コツコツやっている。

夜は、新スタッフたすくくんと暗い旅の編集。撮影したときからちょっとこれは凄いぞ、というほど面白くって、編集してみたら神回というやつではないですかこれは、という回ができた。「中川さんの頭に象のジョウロを乗せる旅」です。写真は風の中で象を乗せているところ。編集が終わったあとも何度も見返している。

たまーにこういうご褒美みたいな回が撮れるのを、願わくばもう少し確率あげられるといいなあ。精進してゆきます。そういえばTVKさんでまた「暗い旅」が放送していただけます!
7/ 7(Thu) 04:19 No(9701)


■ 7月 4日    ( 諏訪 ) 
丸亀にロケハンにいく。朝5時に黒木さんと車で出発して、大阪でスタッフさんをピックアップして、高松空港でイエティ東京公演終わりの角田監督をピックアップして、案内してくださる丸亀市役所へ。角田組では、京都ニューシネマに引き続き、僕はカメラマンとして参加させてもらう。
猫の島があるということで、船に乗って行ってみたら、猫がまったく見当たらず、市役所の方も少し焦っていた。前に来た時もいなかったらしい。角田映画に猫が出るのかどうか、注目ですね。
京都に帰ってきて23時。まだ事務所では「趣味の園芸」永野組が撮影していた。
その終わらなさそうな雰囲気は永野組第1弾「のりたまができるまで」を思い出した。
7/ 7(Thu) 19:49 No(9706)


■ 7月 4日    ( 永野 ) 
イエティ東京公演も盛況のうちにおわりました。ご来場誠にありがとうございました。ナカモト役満喫しております。少ないキャストでやる公演も、また本公演と違う楽しさがある。今回初舞台のひゃんちゃんは18歳で大勢のお客さんの前で緊張を乗り越えがんばっている。その歳の頃の自分は自宅浪人してたから、0人 or 母としか喋ってない時代だった。いろんな人生がある。


写真は、下北沢・新雪園でのランチ。
7/25(Mon) 19:46 No(9729)


■ 7月 5日    ( 石田 )  そば  
劇団かもめんたるの稽古な毎日です。稽古は演出のう大さんによってすごく丁寧にキャラクターが作られていく。なんだかう大さんは陶芸家のような、粘土をこねられるようにキャラクターを作っていく。うまくできてればいいけど、稽古場はすごく楽しい。槙尾さんがとてもおかしな顔をする。今日は衣装合わせの最中もおかしな顔をしていた。ぜひ観に来てください。
最近は毎日そばを食べている。そばを食べ終わった後の蕎麦湯を入れておつゆを飲むのが好きになってきた。
7/ 6(Wed) 01:49 No(9684)


■ 7月 5日    ( 諏訪 ) 
「趣味の園芸」の撮影。暑。この日日本の中で京都が一番暑かったってニュースで言ってたけど、京都の中でも撮影をさせてもらってる花屋さんが一番暑いんじゃないかなあ。その後(横山)清正の家でも撮影があった。本棚チェックをしたら、演劇のDVDがいっぱいある場所があって、そこにヨーロッパ企画のDVDが一枚もないやないか!って突っ込もうと思ったら一枚だけあった。ええやつやった。その後事務所でグッズ会議に参加して、その後お好み焼きに連れてってもらう。氷点下のドライが体にしみた。
7/ 7(Thu) 02:48 No(9689)


■ 7月 5日    ( 上田 ) 
喫茶店で「高速企画(仮)」をやっていると、どでかいタイヤのバイクでコンビニに乗りつけてきた男が窓から見えて、よく見るとそれは自転車で、もっとよく見ると杉浦だった。写真がそれ。

そんな杉浦も参加してくれつつ、この日はまた「来てけつかるべき新世界」の脚本ミーティング。とうとうある光明が見えた! これをやるのはどうなんだろう、でも自分なら見たいぞ、と思う趣向を思いついたんでした。

夜は「趣味の園芸」チームのご飯会のお相伴にあずかる。
7/ 7(Thu) 04:33 No(9702)


■ 7月 6日    ( 大歳 ) 
イエティ東京公演が無事終了しました!お越しくださいました皆様、誠にありがとうございました!東京公演の最終日がちょうど中川さんの誕生日と一緒で、なにか喜ぶものをプレゼントしたいなと話し合いをした結果、なか卯の牛丼の食券を年齢と同じ数の39枚プレゼントしようとか、それなら松屋のチケットのほうがいいんじゃないかとか、いやいや、あの人すき家のほうが好きだと思うよとか、牛丼の話ばかりになりました。あの食券は当日限りしか有効じゃないとのことでプランはすべて断念、普通にお祝いしました。イエティ大阪公演は明日からスタートします。見逃した方はぜひ、見るつもりが全くなかった方もぜひ、お越しくださいませ。

写真は、劇団かもめんたるの稽古終わりにやってきてくれた石田さんと、SSMFや暗い旅でもお馴染みの岡村雅司、片付けも手伝ってくれて頼もしいお二人、ナイスガイとはこのこと。
7/ 6(Wed) 19:39 No(9687)


■ 7月 6日    ( 諏訪 ) 
キャンペーンTシャツのサンプルがあがってきた。むちゃくちゃいい感じ。
しかしサンプルはMなので僕は着ることはできない。
少し修正が入るなどあり、イラストの永野くんとやりとりして作業終了。
今回は永野画伯の「野郎Tシャツ(新世界編)」です。
キャンペーンでしか売らないので絶対買いにきてください。XXLもあります。
気になる野郎がいくつかあるので、キャンペーンはぜひ「野郎Tシャツ」に登場する野郎紹介のコーナーを作ってもらおう。
7/ 7(Thu) 02:30 No(9688)


■ 7月 6日    ( 上田 ) 
この日は「高速企画(仮)」を一日中やる。

チロルで書いていると、おばちゃんが写真を見せてきてくれて、「うちの店がアニメになったんやわー」と言う。知らないうちに「聖地」になっていたらしい。そして聖地を巡礼しにきたお客さんが教えてくれたのだそう。生きていると色んなことがあるもんですねえ。
7/ 7(Thu) 04:33 No(9703)


■ 7月 6日    ( 酒井 ) 
「所さんの目がテン!」収録のため東京。
この日は枡太一アナの持ち込み企画。枡さんの持ち込み企画は毎度、生物愛にあふれまくっていてすごく面白い。
この日も地味っぽい内容ながら、スタジオは大盛り上がりでした。
オンエア、ぜひ見て欲しいです。みんな知ってるあの生物の意外な一面が見れたりとか。

そして、先月から目がテン!番組公式ツイッターがスタートしております。こちら
バックナンバーの紹介もありつつ、最新情報がツイートされるようですので、こちらもよろしくお願いします!
7/ 7(Thu) 17:16 No(9705)


■ 7月 7日    ( 上田 ) 
「高速企画(仮)」追い込み。ひたすら台詞をちくちくと書いて、どうにか1稿を書き上げて送信。ふーこれはひと段落だ! やれるだけのことはやったのではないか。

写真は近くの喫茶店の、ここで「高速企画(仮)」を書くと決めているテーブル。青空模様が作品世界とちょうど合うんです。ロマンチックですいません、けど気分を盛り上げるのは大事ですからね。
7/14(Thu) 15:10 No(9710)


■ 7月 7日    ( 角田 )  イエティとサ道  
この日からイエティ大阪公演。前日の仕込みは参加メンバーが僕以外に永野さんしかいないという、心もとなさすぎる状況のなか、なんとか二人でセットを建てることに成功。大阪公演も大きなトラブルなく、公演全体での千秋楽を迎えることが出来ました。たくさんのご来場ありがとうございました。

タナカカツキさんの漫画版「サ道」を呼んで以来、機会を見つけてはサウナに入っています。桃居公演では宿泊先のカプセルホテルで毎日、大阪公演でも帰り道にある銭湯で、サ道を極めるべく精進しておりました。サウナ初心者の自分にとっては毎回が発見の連続です。サウナ室内の湿度、水風呂の温度、休憩の重要性、色んなことに気付いて完璧なサウナ施設を渇望してしまいます。今では濡れ頭巾ちゃんお墨付きの祗園にあるサウナで整えるが生涯の夢となりました。

写真は、集まるサラリーマン。サウナの話しをしているに違いない。
7/25(Mon) 11:08 No(9726)


■ 7月 8日    ( 土佐 ) 
お昼くらいからFM802さんにお邪魔して「来てけつかるべき新世界」のラジオCMをしてきました。今回の劇世界がどんな感じなのか、なんとなくお分かりいただけると思います。

そして、夕方にイエティ公演中のインディペンデントシアター1stにお邪魔して、本番直前の大歳西垣永野を捕まえて「週刊!ヨーロッパ2」(こちら)
を収録。イエティ東京公演アフタートークでの出来事や、キャンペーンTシャツについてお話させていただきました。

最近すこしづつ料理を作り始めている。昔はバイトで毎日のように作っていたんだけど、やめてからはめんどくさくてやってなくて、リハビリをするかのようにすこしづつ作っています。今度、事務所でパーティーがある時、何かパーティー料理作りたいなあと思ったけど、やっぱり本公演のチラシみたいな感じで、たくさん串仕込んで、注文聞いて目の前で串カツ揚げたいなあ。絶対うまいもんなあ。

写真は「HARCOの春フェス」の時のパーティーの模様。ここをカウンターっぽくして、弟子2人くらい連れて、串カツ揚げたいなあ。
7/ 9(Sat) 18:57 No(9707)


■ 7月 8日    ( 上田 ) 
「来てけつかるべき新世界」の勉強のために、大阪は日本橋の電気街へ。電子部品をいろいろ見てきました。工学部の血が騒ぎっぱなしだったけど、このままいくと今回の劇は酒井しか喜ばないのではないか、という不安がふとよぎる。あっぶなかった! 軌道修正します。写真は工事現場ロボ。

そのあとイエティ「ヤだなコワいななんかヘンだな」を観劇。イエティを観ると、ヨーロッパ企画の役者がいつも僕の劇に出てるのとは違う感じを必ず見せてくれるので、ふむーと感じ入りながら観ることになる。僕の劇でああいうことをしてもらうにはどうすればいいのかなあ、とか。プロジェクターを使っていたんだけど、1か所、しかもほんの数秒しか使ってなくて、ヘンな使い方ーって思った。ああいうことはやったほうがいいな。
7/14(Thu) 15:13 No(9711)


■ 7月 9日    ( 上田 ) 
朝からヨーロッパカーで四日市へ。初上陸です。「来てけつかるべき新世界」で公演をさせてもらうので、それのプロモーションです。

ラジオ1つと取材を2つ受けたのち、ワークショップ。20人くらい受講者が来てくださって、僕らの劇の作り方をしゃべったのち、班に分かれて「ミサイルメン」という短編の冒頭シーンを作って発表する。和気あいあいとしたいいワークショップだったな。エチュードを見てもらう時間があって、しれっと「来てけつかるべき新世界」の1シーンになるかもしれない場面を諏訪さん酒井にやってもらった。おっさんを演じるには酒井はやはり声が美声すぎるということが分かった。焼酎でうがいしてもらうしかないかなあ。

四日市といえばトンテキなんですって。ということで終わったあとは、コーディネートしてくださった少年王者舘の宮璃アリさんにさらにコーディネートしてもらい、トンテキを食べる。ど迫力の料理だった。ウスターソース的なあれなんですね。四日市にすぐ里心がつきました。公演盛り上がるといいなあ。
7/14(Thu) 15:24 No(9712)


■ 7月 9日    ( 本多 ) 
今日は「家売るオンナ」の撮影終わりに梶原善さんイモトアヤコさんとご飯に行って、お酒の力もあり、お2人の今までのことや仕事の話を聞けて楽しい時間でした。昨日は川岡大ちゃんと久々に会えてこちらもまた色々話せてたのしかったなあと思ったら先週イエティ同じ回に観たから会ってた。なんにせよ人の人生の話聞くのははおもしろいなあと思った一週間でした。
7/26(Tue) 18:27 No(9733)


■ 7月10日    ( 上田 ) 
「来てけつかるべき新世界 エピソード0」の新世界ロケ。

せっかくなのでその前にも新世界に浸ろうと、串カツのお店で昼飲みを軽くしてゲームセンターでコラムスをやった。そんな観光コース的なことで新世界を知った気になるものか、というむきもありましょうが、すっかり夢心地になってしまったのだった。1時間あれば別天地、それが新世界なんだなあ。

ロケではあっという間にほろ酔いのおっちゃんと丁々発止できまして、そのほか滞在時間2時間ほどでドラマが多々ありました。どこを切ってもドラマが出てくるような街なので、少々困っているほど。写真は将棋クラブを覗くみんな。おっさんたちがニューロンを燃やしてた。ここにもドラマしかない!
7/14(Thu) 15:41 No(9713)


■ 7月11日    ( 大歳 ) 
イエティ#12「ヤダなコワいななんかヘンだな」全公演を終了しました。皆様、誠にありがとうございました。昔から、舞台でも映画でもホラーをやると不吉なことが起こる、みたいな言い伝えがあって、ビビりながら劇場に通う毎日でしたが、無事何事もなく千秋楽を迎えることができました。これはあれですね、あのお話がホラーではなくちゃんとコメディになっていたからだよな、と勝手に解釈しております。
公演終わりのこの時期って、とにかくお芝居のことばかり考えてしまうもので、あそこはああすればよかったな、とか、次はここをこうして、みたいにして日々、お芝居の余韻に浸りがち。パチっと切り替えて次の現場に向う役者さん達の背中を見ては、羨ましかったり寂しかったり、それを悟られないようついドライな男を演じてしまったり。これって作演あるあるなんでしょうかねえ。
今週14日には、精華大学の授業公演(こちら)で、またまた立誠小学校にお世話になります。生徒たちの熱演はぼくの劇への熱をさらに燃え上がらせてくれるんだろうなー。毎年そうだもの。19時開場、19時半開演です。
写真は、大阪公演中通いに通ったケバブ屋さんにて。お店のご夫婦の会話が面白くて格好よくて、取り憑かれてしまった。息子さんは6カ国語、奥さんは4カ国語話せるそうです。なんか未来!って感じたなあ。
7/13(Wed) 16:15 No(9709)


■ 7月11日    ( 上田 ) 
ミシマ社の三島さんとチロルで打ちあわせ。本づくりも佳境に入っていて、なのにまだ全体の台割が決まっておらず、これは思ったよりもスリリングな進行だぞと思っている。いや僕らはスリルは何にもなくて楽しいだけなんだけど。僕は例えば連ドラを書くときや暗い旅のロケをするとき、中盤以降の展開を決めずに始めてしまうことが多くて、そのほうがどこへ行くか分からないドライブ感があるからそうしているんだけど、三島さんにそのことを話したら、本を作るときもまさにそうです!と言っておられた。反射神経が大事ですよね何ごとも、という話で心で握手。加速感のある本にしないとなあ。

この夜の暗い旅のロケはまさにそういう旅だった。「石田のアバターを進化させる旅」という、着地までの道程がとても見えにくい旅。思いがけずおこる色んなハプニングに反射神経で対応してたつもりだったけど、まさかケツが出ていたとはねえ。ケツぐらい出ないといい旅にはならないんだ。そして実はこの日では終わらず、ロケは後日へと持ち越し。

写真は酒井くんに「アバターをこんな風にできますか」と送ったスケッチ。実は「来てけつかるべき新世界」のワークショップもちょっと兼ねている。
7/20(Wed) 03:56 No(9716)


■ 7月11日    ( 永野 ) 
イエティ全公演終了しました。
登場のシーンは、暗闇の中、立ち位置に到着するまでに舞台上が明るくなってしまったらどうしようと、毎回痺れてました。劇場の近所のケバブ屋にハマって毎日ケバブ食べてました。和牛で美味しいんです。ソースの味も青唐辛子のピクルスのトッピングが好きでした。京都に移転したらやばいなあってくらいハマりました。

写真は筋肉にハマっている角ちゃんの本番前のトレーニング。やべえトレーニングらしい。
7/25(Mon) 19:48 No(9730)


■ 7月12日    ( 石田 )  シャツとカーディガン  
いよいよ今週です。劇団かもめんたるの「ゴーヤの門」です。
毎日稽古をしています。通し稽古な毎日です。そしてセリフも毎日のように少しづつ変更したりします。面白い言葉が足されていきます。キャラもどんどん濃くなっていきます。いい感じだと思います。15日から新宿シアターモリエールです。
東京は暑いです。蒸し暑いです。けれど室内は冷房が効き過ぎていて寒いです。難しいですね。仕方のないことです。夏の当たり前のことです。外では半袖でいいけど、喫茶店なんかに入ると軽く羽織るものがいりますね。劇場もそうかもしれませんね。シャツかカーディガンがあるといいでしょう。いま冷房の効きまくったミスドでこの日記を書きながらそんなことを思いました。
7/12(Tue) 23:32 No(9708)


■ 7月12日    ( 上田 ) 
財布をですね、ロストしてしまったんです。公演前の風物詩とはいえ痛恨ですねやっぱり。すーごく反省しているし出てきてほしい。

写真はこないだ日本橋でもらった「暮しの電化」。「暮らし」ではなく「暮し」なのが泣ける。「来てけつかるべき新世界」に向けて、あれこれ下調べの日々です。
7/20(Wed) 04:09 No(9717)


■ 7月12日    ( 本多 ) 
10日は「来てけつかるべき新世界 エピソード0」の新世界ロケ。永野さんと行ったお店で店内が一つになる位カラオケが盛り上がったと思ってたら、動画見たらそうでもなくて、あの熱気はなんだったんだと戸惑いながら主観と客観てこうも違うのかとはっとなりました。
昨日は、一週間前に落とした財布の中に免許証も入っていたから免許を再発行しに運転免許試験場へ。書類も書いて印紙も買って写真も撮って、手続きの列に並んでる最中に警察から財布が見付かった連絡が。良かった。見付かってないときは、お金は無くなっててもいいからどうか財布が出てきて欲しいと思っていたけど、いざ見付かった財布から現金だけが無くなっていたら、お金取らんでもいいやんって悔しがってる自分がいまして恥ずかしくなりました。
今日は大歳に付き合ってもらって井倉木材で飲みました。イエティの話したり、近況報告しあったり。いちじくバターがやっぱり美味しかった。
7/26(Tue) 18:28 No(9734)


■ 7月13日    ( 大歳 ) 
暗い旅の撮影に参加した。収録スケジュールにバーンと「終了予定 AM5:00」と書かれてあって、パジャマみたいなで臨むことにした。深夜3時以降はもう硬いズボン履けませんわ。西垣さんが「本当の終了時刻は朝の10時です」と言って現場を凍らせてから収録がスタート。一切台本通りに進まないドキュメント系のロケ、どうなってるんやろか。結局収録は6時前に終了しました。熱冷めやらずで朝の8時までダラダラと欣也さんと話し込んだ。

写真は収録中、上田さんのうっかりでてしまっているケツ、決して西垣くんではないのであしからず。普段こういう写真をあげるときは、一応本人に使っていいかどうかの確認をとるのだけれど、一切確認をとらずにこの写真をあげている。ドキドキしている。
7/15(Fri) 14:05 No(9714)


■ 7月13日    ( 上田 ) 
東京へ。10時半から「高速企画(仮)」の打ちあわせ。さくっと話してシュッと帰るやつかなと思ってたら、途中大休憩をはさんで10時間コースのやつだった。まあでも2時間とかの作品の脚本打ち合わせだから、普通にいくとその何倍かはかかるんですよね。みっちり詰めれたなという手ごたえです。「来てけつかるべき新世界」の前にもうひと山ある!

夕方、大休憩の合間に、石田くんに会いに「ゴーヤの門」の稽古場へ。暗い旅のアバターを操作するのにコントローラーを渡さないといけなくって、手渡ししに行った。稽古場にはかもめんたるさんや役者さんがいて、キンキンの石田くんもいて、やっぱり本番前の稽古場って空気がその座組みのものになっているので、入るとき結界をこわすみたいですごく緊張する。これはどこへいってもそうです。「相席」の現場とかでも、ハイタウンのよその稽古でも。まあそんなことですごくそそくさした感じで帰ってきてしまった。

夜は終電にすべり込んで京都へ。ふー。写真はこの日じゃないですけど新世界・ジャンジャン町の入り口。
7/20(Wed) 04:35 No(9718)


■ 7月14日    ( 上田 ) 
「来てけつかるべき新世界」でちょっと煮詰まってしまい、土佐さん永野さんに相談に乗ってもらった。あと中川さんから「今週のこち亀はドローンだよ」とメールがきて、なに!と思ってジャンプを久しぶりに買ったら、めちゃくちゃためになるドローン漫画だった。こんなの毎週どうやって描いてるんだろう、ってこち亀だけはいつも思う。高校生のころ100巻が出たときのことを覚えてるけど今年200巻なんだなあ。

夜は早めの祇園祭へ。中華料理屋さんで大学イモを頼んだら、届くなり「早く!早くバラして!飴が固まるから!」とおばちゃんに言われて慌ててほぐしているさま。こんなに参加感のつよい食べ物だったんだな。
7/20(Wed) 04:56 No(9719)


■ 7月15日    ( 上田 ) 
この日もまた土佐さん永野さんに「来てけつかるべき新世界」の相談に乗ってもらう。あれこれいろんなジャンルの資料を2人に読んでもらった。釜ヶ崎の暴動のルポとか、ドローンの本とか、グルメ本とか。こんなのを1つの劇の中に入れたいなと思っています。今回の劇にも通じる話だけど、今や小説や脚本もコンピューターが書くっていうし、なんていうか最適化するように話を考えるよりも、本能の向く方向を大事にした方がいいんじゃないか、という気がし始めている。そのあと「週ヨロ2」も撮りました。面白かったな。

「演劇と氷山」の6回目を書いていて、ほとほと難航している。さらっとは書けない連載になってしまってるけど、文章を書く練習はもっとしなきゃどうにもならないので、筋トレだなこりゃ。僕は劇作をけっこうファミコンっぽく、絵で考えているところがあるんだけど、やっぱり言葉のことも大事だな、と今さらながら考え直しているところです。

写真はヨーロッパハウスに置いてあった黒木組の小道具。石が出てくるらしい!
7/20(Wed) 05:14 No(9720)


■ 7月16日    ( 上田 ) 
「演劇と氷山」の6回目を書き終えました。今回は役者の話です。小田嶋隆さんのコラムに「文章を書くという面倒くさい作業に従事することによってはじめて私たちの脳は本気を出してものを考えるのだ」って書いてあって、ああ本当にそうだ、って思った。やっぱり考えが足りてないことは文章にできないし、文章にできたことで「なるほどなあ」って自分でも納得する。あとはユーモラスに書けたら最高なんだけどな。本気の考えにユーモアを交えるのはむっつかしいですね。

レンタルDVDを返すときに、期限内だったら勝手に入れていいポストがあって、いつも「期限内だもんね」とちょっと優等生な気分で入れるのだけど、こないだ期限を超えてるのに入れていたことに後から気づいて顔から火が出た。しかもとくに電話がかかってきたりはしないようで、次に借りるときにカードをピッとされて「お客様、前回のが期限超えてましたね」って言われるやつっぽかったので、せめてその前にこっちから「前のやつ、期限超えてたと思うんですよね」って言いたい、っていう浅ましい欲があって、この日それを実行した。そしたら店員さんとなんだかぶつかって余計恥ずかしかった。「こちら何泊にされますか」「ま、前のやつ、期限超えてたと思うんですよね」「は?」みたいな。ジタバタしないほうがいいですね。

写真はいま諏訪さんが撮っている何かの美術。「来てけつかるべき新世界」とテーマがか、かぶってるんではないか。まあ同じ劇団だしなあ。
7/20(Wed) 06:13 No(9721)


■ 7月16日    ( 角田 )  丸亀と杉浦  
この日から「5人企画」角田組のロケで丸亀へ。前日の15日があらゆる仕事の締め切り日で、作業してたら徹夜になって、そのままの出発となりました。この後三日間の撮影では諏訪カメラマンをはじめ、スタッフ、演者さん、みんなに助けられて、なんとかかんとかクランクアップ出来ました。ロケハンでは抜けるような青空だったところが撮影では曇天だったり、猫の島にやっぱりに猫がいなかったり、じゅうじゅうの静かにクランクアップを迎えたり、杉浦くんが帽子をかぶったまま日焼けして頭がツートンカラーになる等の小トラブル以外は順調でした。

帰りの車では杉浦くんにヒップホップを聞かせて帰ったけど、全然好きにならなかった。

写真は、じゅうじゅうのスタンドインをしてくれる黒木さん。でもじゅうじゅうはもう一回り大きかった。
7/25(Mon) 11:25 No(9727)


■ 7月17日    ( 上田 ) 
朝から暗い旅の追撮、「来てけつかるべき新世界 エピソード0」の追撮、そしてTVKさんで放送される「もうすぐヨーロッパ企画の暗い旅」の打ちあわせ。3つとも西垣くんが取りしきってくれていて、タイムテーブルみたいなのを送ってくれたんだけど、それぞれのスタートが9時、9時半、10時と30分刻みに設定されていて、「嘘だろう、でもこれの通りに進むと夢のようだな」と思いながら臨んだら、スタートの時点でなんだかモタモタして、結局9時半、10時半、12時、みたいなことになった。写真はドローンを飛ばしては地面に叩きつける酒井くん。

夜にはスカイプで舞台美術打ち合わせ。素晴らしい模型が送られてきて、こーれは、素敵ですね! となる。ここ数回かなりトリッキーな舞台装置でしたが、今回はまたちょっと違う路線をくすぐってみてます。
7/28(Thu) 18:37 No(9736)


■ 7月18日    ( 諏訪 ) 
角田組、丸亀のおいりの工場での撮影。工場の雰囲気が上田製菓とそっくりで、その工場のこ主人も三代目だったりして「パラレルワールドや!」って誰かが叫んだくらい似ていて、そこからは僕らのパラレルワールドにしたいという力学が超働きまくって「息子は東京で仕事をしていて、工場を継ぐ気はないが、嫁が継ごうとしている」とか、よく考えてみるとそんなに似てると言いきれないことまで「似てる!」ってなって盛り上がる。撮影は順調だったけど、角田監督が昼ごはんの時に突然「あ、やばい、これ撮らんでいいわ。撮ったら逆に繋がらなくなるわ」という、謎のシーン24の存在に気付き、出演者のゆるキャラ「じゅうじゅう」が欠番によりクランクアップ。予定より二時間も早く撮影を終え、渋滞に巻き込まれながらも京都に帰ってきた。帰りの運転は全部杉浦がしてくれたし、助手席で運転手を寝かさない係も全部角田監督が引き受けてくれて、とても頼もしかった。頼母雄介かと思った。帰ってくると上田がヨーロッパハウスで本公演の打ち合わせをしていて、僕らは「趣味の園芸」のアテレコ稽古で、終わってから上田と「本」の打ち合わせで飲みに行き、帰ってきても飲んで、朝っぽくなって帰る。
7/20(Wed) 10:57 No(9723)


■ 7月18日    ( 上田 ) 
「来てけつかるべき新世界」をまあ、やっていたんだと思います。今回は「ビルのゲーツ」とか「遊星ブンボーグの接近」みたいに、ひとつ突拍子もない企画性がズバッ!とあるような作品ではないので、その分あっちこっちに可能性があって悩んでいる。「これさえやれば、あとは捨てていい!」みたいな作品ってあるんだけど、今回のはそうじゃない気がしてましてね。企画性コメディの次のことを試したくて、企画性はいつもよりは少し抑え気味な感じです。

と言いつつ企画性も結局強めたくて、夜は舞台監督の大鹿さんと、舞台でやりたい仕掛けの打ちあわせ。パカッと新しい扉が開いたような感覚がありまして、うまくいけば向こう10年ぐらいこのテーマで遊べるぞ、というような新しい登山口が見つかりました。しかし地獄道でもありそうだなあ。地獄への道は善意でできているっていうものなあ。おずおず踏み出していこう。

そのあと「ヨーロッパ企画の本」のことで、諏訪さんと飲みつつ打ちあわせ、でなぜか朝方まで飲んでしまう。

写真が永野さんが描いた、新世界Tシャツのクレヨン画。たくさんの野郎がいる。キャンペーンでしか手に入りませんので買ってくださいねえ。
7/28(Thu) 19:02 No(9737)


■ 7月19日    ( 石田 )  サイン会  
京都に戻ってきました。祇園祭が終わっていました。劇団かもめんたる「ゴーヤの門」が無事怪我もなく終了しました。毎公演お客さんの反応もよくとても盛り上がりました。ありがとうございました。そして僕の東京そば生活も終わりました。
けれどすぐにまた東京ですね。22日は紀伊國屋書店新宿本店にてDVD発売記念サイン会です。8階です。これは本当にいっぱい集まってくれないとと思ってますので本当に来て欲しいです。翌日の23日にはお台場の東京カルチャーカルチャーで「来てけつかるべき新世界」のキャンペーンイベントです。ここに行けばDVD売ってるだろうからとお思いでしょう。まあ売ってるんですが、でもやっぱりサイン会に来て欲しいですね。というか両方来て欲しいですね。
「来てけつかるべき新世界」キャンペーンイベントでやる企画のために新世界に行かなきゃらない。新世界で将棋の腕試しでもしてこようかと考えている。
7/19(Tue) 17:37 No(9715)


■ 7月19日    ( 諏訪 ) 
大阪のスタジオで「趣味の園芸」のアテレコ作業。この番組では永野くんと共に、脚本と演出をやらせてもらっていましたが、本公演の稽古が入るタイミングで、演出を柴田くんと西垣さんにバトンタッチです。(引き続き脚本は書かせてもらいます)そんな一旦区切りの演出回の収録を無事に終え、しかもその回は結構ハードな直しがあったりと、ひと段落感もあり、ホッとして京都に帰ってくると、自転車が撤去されていた。「油断ならん!」と思った。その時ちょうど酒井が「ポケモンGO」の話を一生懸命してくれていた。置いてある場所に自転車がないのを見た瞬間、僕は酒井が何を言ってるのか耳に入ってこなくなり、そしていつの間にか酒井自身もいなくなり、僕はなくなった自転車を半分諦めながら探し、撤去の貼り紙を見つけ絶望し、腹が減ってることに気づき、ガストでチーズハンバーグを食べて、歩いて帰った。
7/20(Wed) 10:01 No(9722)


■ 7月19日    ( 本多 ) 
今日は「家売るオンナ」の撮影終わりで鈴木さんと火鍋を食べに。火鍋コースというのもあったけど、せっかくだから入れたい具材をそれぞれ頼みましょうということになって、店員さんにそれぞれ注文していったら「それだとコースの方がお得ですねえ」というアドバイスが。結局すぐにコースに変更してもらった。少し恥ずかしかったが、すぐにコースに変更した自分たちと、やっぱりコースってお得やなと双方を褒めながらの食事になりました。美味しかった。
先週から「家売るオンナ」、今週から「闇金ウシジマくん」の放送がはじまりました。友達や親戚からメールもらって嬉しさを噛み締めながらまた撮影への活力にしております。よければ観てください。
7/26(Tue) 18:29 No(9735)


■ 7月20日    ( 永野 ) 
イエティの公演終わって、お化け脳から、じわじわ趣味の園芸脳やらにギアチェンジして、「5人企画」の丸亀の永野組も動き出したのでそっちの脳もがんばって刺激しております。と思ったら、本公演というでっかい山があって、シーハー、息を整えたりしております。

今日は朝から丸亀にロケハンに行っておりました。
久々に脚本・監督・主演の作品を作ろうとしております。想定してた以上に、からだ張る感じのハードなシナリオを書いてしまって、軽くリハしたら、三半規管がひょろひょろに参ってしまって、三半規管トレーニング法をだれかアドバイスできる方いないか探しています。


写真は、讃岐富士の綺麗にみえるとこでロケハン。
7/25(Mon) 19:50 No(9731)


■ 7月22日    ( 角田 )  ニシムラ GO  
前日21日、リアル脱出ゲームでおなじみのSCRAPさんが大阪ナゾビルでやってる「ナゾトキ街歩きゲーム 巨大UFO目撃事件」の体験取材で新大阪へ。正直、リアル脱出ゲーム含めて謎解きイベントに参加するのは初めてでしたが、とても面白くて、一箇所完璧にやられた!ってなる部分があって普通に楽しんできました。いま「サウナ整いゲーム」をやってくれたら必ず参加すると思います。

その後、FM802さんに移動して、Beat Expoに出演とチケット予約電話受付。電話受付も初めてだったけれど、こちらも楽しくて、みんなついつい長電話してしまいました。


22日、「遊星ブンボーグの接近」DVD発売記念サイン会と、「来てけつかるべき新世界」キャンペーンイベントのために東京へ。ひさしぶりにヨーロッパカーでの上京。その途中で「ポケモンGO」がリリースされ、僕や酒井くんがさっそくアプリをダウンロードするなか、ポケモン直撃世代で誰よりもリリースを待ち望んでいた西村さんだけがなぜかダウンロードに失敗。ずっと誰かに「Wi-Fi貸して下さい」と悶てて、とろとろの服で彷徨う様はまさにモンスターでした。

写真は、なにもなさすぎるフィールド。都会と地方の格差はこんなところにも。
7/25(Mon) 11:46 No(9728)


■ 7月25日    ( 永野 ) 
「来てけつかるべき新世界」のキャンペーンが始まりました。ポケモンGOをダウンロードするのを寸でのところで踏み止め、ミニストップのきなこのアイスを買いました。

映画「Every Day」が公開されまして、23・24と舞台挨拶したり、空き時間は丸亀のシナリオをやったり。シナリオが苦戦している…。早く闇を抜けたい。

写真はキャンペーンTシャツ用に買いたラフで、黒でいくならこれのみで行けたらと思って描いた「新世界の夜景に照らされ野郎」。黒はやっぱキャンペーン感ないな。各キャンペーン会場では、賑やかな12種の野郎in新世界Tシャツがオンセールです。ぜひゲットしてくださいませ〜。
7/25(Mon) 19:58 No(9732)


全てのログを保存
拡張子はhtmに変更して下さい
No.  pass 


Annecho by Tacky's Room