[HOME]
ヨーロッパ日記

2020年 7月

   
   
   

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
◆お知らせ
◆理子
◆土佐
2
◆石田
◆永野
◆生配信
◆諏訪
◆上田
3
◆諸岡航平
◆酒井
◆上田
◆中川
4
◆中川
◆角田
◆石田
◆上田
5
◆本多
◆永野
◆淳太
◆上田
◆中川
6
◆生配信
◆土佐
◆上田
7
◆生配信
◆理子
◆上田
8
◆石田
◆石田
◆上田
9
◆生配信
◆諏訪
◆上田
10
◆石田
◆酒井
◆上田
11
◆諸岡航平
12
◆淳太
◆石田
◆中川
13
◆生配信
◆石田
◆角田
14
◆生配信
◆永野
15 16
◆生配信
17 18
19 20
◆生配信
21
◆生配信
22 23
◆生配信
24 25
26 27
◆生配信
28
◆生配信
29 30
◆生配信
31  
          


■ 7月 1日    ( お知らせ ) 
誰もがマスクの内側に猛暑をはぐくんでいる候、7月のお知らせです。上田です。

なにをおいても「ドロステのはてで僕ら」、好評上映中です。じわじわ、と言いながら、とうとうシネコンまで! TOHOシネマズ池袋は、できたての劇場で、オープニング作品に入れてもらえました。そしてTOHOシネマズ日比谷でも。いずれも7月3日からスタートです。すべては初動といっても過言ではないんです。叶うなら初日の初回に。できれば最初の3日間ぐらいに。ご都合あうかた、お願いいたします。
こちら

池袋と日比谷にきてほしすぎて、今日から5日まで、メンバーのリレー日記もやります。

そして、生配信、7月もやります! 月・火・木です。水はナシ。京都と東京、と2か所で劇団をやっている僕らにとって、リモート生配信はとても合うようで。何かと集まるきっかけになっているし、チャットにメンバーやスタッフが顔を出してくれるも嬉しいものです。お客さんの声がカジュアルに聞けるのも、ありそうでなかった場所だなー、とも。プログラム、日々試行錯誤を重ねてます。アーカイブもよいですが、時間があうなら生で、遊びに来てください。
こちら

去年の本公演「ギョエー! 旧校舎の77不思議」の、Blu-rayとDVDが発売されました! 本編134分、特典119分、プラスオーディオコメンタリー。チェックしてくれたスタッフたちの7時間が溶ける、怪異も多いがボリュームも多い超大作です。妖怪コスパが憑いているのではないかと思うほど。HPのショップにて。
こちら

スマホアプリ「ゲームムービー研究所」では、先月末に「とりきめきナベリアル」がついに配信されてしまいました。Androidはこちら、iOSはこちら。無料ですし掴まされた感ありませんのでカジュアルにどうぞ。

チョコプラさん、NMBさんとの「第1話」シーズン2もようやく放送決定! 1回目はまた石田監督の恋愛もの「恋がしたいッ」から。タイトル嫌いだ。
こちら

ドラマは、本多くんが出演で、酒井くんが脚本で関わっている、「女子グルメバーガー部」(テレビ東京)が7月からオンエアです。こちら
「浦安鉄筋家族」も撮影が再開されました。もとの家が取り壊しになり、だましだまし新居で撮ってます。こちら
施工管理アプリ「ANDPAD」のCMには、みんなで出ています。嬉しい。こちら

レギュラーワークもかわらず充実です。

暗い旅(こちら
ポータル(こちら
YouTubeでの暗い旅フル(こちら

ブロラジ(こちら)。
週ヨロ2(こちらこちら)。
こちヨロ(こちら)。

京も一日 陽だまり屋(こちら)。
U-NEXT(こちら)。
時空旅(こちら)。

ほか、じきに発表になりますが、野心的な撮影が2つほど進んでいます。

そして、今年は本公演をしないかわりに、なにか違うことをやれたらいいねえ、とリモートで日々話していたんですが、ようやく一つのプロジェクトへとまとまりを見せてゆきそうです。なにしろやったことがないタイプの企画で、五里霧中感がすごいですが、不安よりときめきが勝ち始めるぐらいのところまでやっと来れました。失敗もしそうですけど、俺たちはまた新しい俺たちになれます。7月の真ん中ぐらいにはお知らせできるといいな。
7/ 1(Wed) 15:34 No(12865)


■ 7月 1日    ( 理子 )  日記  
「ドロステの果てで僕ら」
シネコン進出おめでとうございます!
よりたくさんのお客様に映画を観ていただけるのは、本当にめでたいことですねえ。

さて、日記リレーということで「ドロステの果てで僕ら」の撮影時の自分の日記を読み返してみました。省略しながらのせられそうな部分をのせてみます。原文ママです。


2/4(火)
ドロステ1日目。衣装合わせ顔合わせ読み合わせ。
メイク合わせの時、淳太さんから「チークもっと濃い目で」と注文が入る。何回か直してもらった末、チークの濃さが決まった。監督のチークへのこだわりが凄くて嬉しくなった。私も、このチークから役作りしようと思った。
朝倉あきさん、なんて感じのいい人。素敵すぎる。
読み合わせでは上田さんが過去と未来の役を読んでくれて、私は「今の自分」だけ追ってればよくて、やっと分かった感じがした。分かってないだろうけど。

2/5(水)
ドロステ2日目。ヨーロッパハウスで稽古したのちパランさんで動きの確認。
夜ご飯に角田さんと石田さんと諸岡さんと4人でホットドックを食べに行った。おいしかった。

2/6(木)
ドロステ3日目。ヨーロッパハウスで稽古したのち支度部屋準備など。通し。
夜ご飯にみんなでおうどんを食べに行った。おいしかった。

2/7(金)
ドロステ 4日目。撮影がはじまった。
F1とF4の劇中映像しか撮れなかった。撮れるの?ってみんな言ってたけど、ほんとに大変なのかもしれない。F2は明日。撮れるの?
バス始発まで待つかと思ってたけど酒井さんが車で送ってくれた。ありがたかった。もう朝の7時。ねる。


この2/7を最後にパタリと日記がとまっています。なんででしょうね。
そんなことは置いておいて、こう読み返すと思い出が溢れてきます。本当に楽しかったです。
撮影中と撮影直後は「大変だあ」なんて思っていましたが、今思い返せばずっと興奮、ワクワク、感動の連続でした。

皆様ぜひ、映画館に足をお運びくださいませ!

写真は可愛い土佐さんと諏訪さんです。
こういう可愛い写真を、わたしはたくさん持っている!またシェアします!!
7/ 1(Wed) 16:14 No(12866)


■ 7月 1日    ( 土佐 ) 
今日は朝倉さんと一緒に「ドロステのはてで僕ら」の取材をしていただいてきました。朝倉さんとはお久しぶりだったんですが、カメラマンさんに「何か動きお願いしてもいいですか?」と言われた時に、「じゃあ踊ります」と言って踊りだす、相変わらずの朝倉さんぶりを見せてくださいました。朝倉さん、面白いこといっぱい言ってたなぁ。記事が出ましたら、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

そして取材終わりでトリウッドさんに行かせていただいてお見送りさせていただきました。明日もトリウッド行かせていただきます。

今週はもうドロステウィークですね。週末は出来る限りTOHOシネマズ池袋、日比谷に通いたいと思います!みなさまもよろしくお願いいたします。
7/ 1(Wed) 21:40 No(12867)


■ 7月 2日    ( 石田 )  ドロステ日記リレー  
「ドロステのはてで僕ら」がTOHOシネマズ池袋のオープニング作品です。明日3日からですよ。今すぐ予約をお願いします!こちら 。3日の朝11:30からの回、スクリーン7ですね、これを僕は観に行く予定です。どうですか?一緒に観ませんか?いまぼくは予約しました。予約状況見たらなかなかさみしいことになっておりました。ディスタンスを取るに越したことはないのでしょうが、きちんとディスタンス取れるくらいは余裕があるようです!ぜひ一緒に観ましょう!
ドロステの撮影中の思い出は、みんなで見るチェックですね。撮影はドライリハーサル、カメラリハーサル、テストリハーサル、本番、というふうに進んでいきます。そして本番で監督のオッケーが出ると「チェックーーー!」と助監督さんが言ってチェックをします。先ほど撮った映像をモニターでチェックするのです。主に記録さんという人がチェックをします。俳優も自分のお芝居を確認したりします。
「ドロステ〜」の撮影はなかなかの長回しでした。監督がカメラを回しているので淳太監督もチェックで確認します。なのでうまくいってるかどうかをほんとにみんなで祈るようにチェックしました。写真がその様子です。チェックを終えてオッケーだったときはほんとにほっとしました。こんなふうにチェックしながら「ドロステのはてで僕ら」は作られていきました。
僕らのチェックを通って出来上がった作品を、みなさまどうぞ劇場で、チェックしてください!3日のTOHOシネマズ池袋11:30からの回、いまから予約お願いします!こちら
7/ 2(Thu) 10:53 No(12868)


■ 7月 2日    ( 永野 ) 
今朝、撮影に向かおうと哀車バイクルのキーを挿し電源を入れると「ブーーー!」とクラクションが鳴った。慌ててキーを抜いてまた挿しても、「ブーーー!」とまたクラクションが鳴った。電気がプチプチ落ちて調子が芳しくないバイクル。「もう殺してくれーーー!」と叫んでいたのかもしれない。ん? でも、電源とクラクションは連動していないはずなんじゃ?…ム妙だなと思いながら自転車で現場に向かった。

今やってる作品の監督が、10数年前、ぼくが初めてくらいのドラマに出た作品「女金融道」の方だった。手荒い闇金取り立ての男を演じて、中村玉緒さんに「あきまへんで!」と一喝される役だった。実は、この「女金融道」がなかったら「タクシードライバー嵐山花子」は生まれていないんです。

さらに懐かしい再会があり、「ですよねぇ」という広告代理店を舞台にしたドラマがあったんだけど、主演の永井大さんとも久しぶりにご一緒できて、当時の話、育児話、自粛生活話、など撮影の待ち時間、懐楽しい時間を過ごせた。そして演劇人として畏敬の念を禁じ得ない柄本明さんとも共演する機会にも恵まれた。どひゃー緊張した。

昨日は、東京に日帰りで、アイスクリームのバニラの役で短編ドラマ6本収録してきた。キャスト全員、全容がイメージできず不安がっていて、妙な連帯感があった。ここでは柄本時生さんとご一緒させていただき、東西で柄本ファミリーにあやかるという稀有な体験をさせてもらった。

明日は、TOHOシネマズ池袋、夜21時15分〜の回、時間に殴られに行く!

写真は「ソース企画(仮)」の衣装確認のため撮影して背景の生活感を消すために白抜きしたやつ。ペープサートにできそう。
7/ 2(Thu) 15:31 No(12869)


■ 7月 2日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 7/2(木) 22:00〜22:30ごろ

よたび集まれる人集合! おむすびを食べる会

<内容>月初めの恒例、料理を持ち寄る配信。今回は、シネコンで始まる「ドロステのはてで僕ら」のヒット祈願をこめて「おむすび」! 
<出演>石田剛太、角田貴志、土佐和成、中川晴樹、永野宗典、藤谷理子、黒木正浩、大歳倫弘


ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
7/ 2(Thu) 17:59 No(12870)


■ 7月 2日    ( 諏訪 )  ドロステ日記リレー  
まず日記リレー、懐かしい。何年前だったかな、永野くんと前川荘の家賃をかけて、日記リレーしてるときは、何度か家賃を奢っていただきました。あれは助かった。日をまたいだだけでもアウトだったんです。おわ!この日記、いきなり日をまたいでしまった!すみません。昨夜は2時間ほどしか寝ておらず、今日は撮影が終わってから今まで、ホテルで倒れるように寝てました。目が覚めてびっくり、日が変わってる。ギョエー!ですよ。あ、ギョエー!のDVD&Blu-ray発売されてるんだった。こちら ヨロ通も合わせて是非。
で本題、おかげさまでドロステがシネコンで上映されることになって、さあ、お前たち思い出を絞りだせとのことですが、なんですかね、あのいつまで経っても大変さしか覚えていない撮影は。撮影は毎日夕方くらいにスタートして、ドロステドロステ言って、気がついたら朝になってて、絶望的な気分で帰途につくという一週間。おかげさまで評判も良さそうで、報われていくかと思いきや、ちょっとやそっとの評判の良さじゃ、全く報われないこの感じ。もうめっちゃヒットして。めっちゃヒット以外認めたくありません。なのでシネコンで是非ドロステを!撮影中、酒井の誕生日だったんだねえ。全く覚えてない……。
7/ 3(Fri) 02:27 No(12883)


■ 7月 2日    ( 上田 ) 
ある映像撮影でした。ちょっとまだあんまり言えない感じですが、ひさしぶりのドラマ撮影。や、映画なのか。とにかくストーリーのある映像です。ゆきがかり上、というと消極的なようですけどやっぱ俺っすよね、という感じで、謹んで監督をさせてもらいました。

舞台の演出にくらべて、映像の演出はまだまだフォームさえ決まってなく、そんなビギナー監督には身にあまる座組でした。とうぜん至らぬところもありながら、キャストスタッフの温かな協力で、どうにか撮了。役者はみなさん演技の精度がすごかった。終わってとにかくホッとしたのと、もっと勉強しなくちゃな、という切実で殊勝な気持ち。また書けるときになったら、ぼかしフィルターを外してしっかり書きますね。

写真は、使わなかった小道具。「ズバコン」という、昔のテレビのチャンネルを超音波で変えるリモコンだそうです。
7/ 9(Thu) 03:42 No(12897)


■ 7月 3日    ( 諸岡航平 )  ドロステ日記リレー  
この日記で直接ご挨拶をするのは初めてになります。
皆様はじめまして、京都で役者をやっております諸岡航平というものです!

まず僕が何者なのかというお話を手短にお伝えしますと、ヨーロッパ企画の暗い旅や上田さんの「タイムブック」などなどで大変お世話になっておりまして、お忙しい酒井さんの代わりにリハーサルに参加するという形でドロステに関わることになり、どういう経緯か日記まで書かせていただけるということで!!

本日から映画「ドロステのはてで僕ら」がTOHOシネマズ池袋、日比谷で公開されるということでヨーロッパ企画ファンの自分にとっては大変嬉しく、楽しくなってしまってます。

先日YouTubeの方で、酒井さんと僕とスタッフの深江さんの三人がゲストの週ヨロ2増刊号(こちら)がありまして、そこでは時間大好きな時間三兄弟として映画の魅力について語っていましたが、そんなに時間大好きに見えるほど現場ではしゃいでいました!

撮影中の楽屋で石田さんの携帯が見当たらず、僕から電話をかけたのですが携帯が鳴らず電話を切ってからみんなで探すという時間がありました。結局すぐに携帯は見つかったんですが、2分後くらいに何もしていない僕の携帯から石田さんに着信が…みたいなことがありました。
時空が歪むくらいに撮影に取り組んでいたということなんでしょうね、とてつもない映画です!!

シネコンで時空が歪む程の映画を観られる機会って、そんなに多くないと思います!僕も1秒だけ出演してますので是非映画館でご覧頂ければ……!!

写真は時間首脳会談と呼ばれていたものです。
7/ 3(Fri) 11:25 No(12884)


■ 7月 3日    ( 酒井 )  ドロステ日記リレー  
東京でのお仕事終わりに、土佐さん中川さんと、TOHOシネマズ日比谷でドロステ観てきました。最初に観たのがオンライン上映だったもので、今日は「音」がすごくきれいに聞こえたのが印象的でした。劇中にかかる滝本晃司さんの音楽に、バレーボーイズさんのED曲「タイトルコール」はもちろんのこと、試写の時から気になっていた、とある音もしっかりと鳴っていました。

そのとある音というのが、↑の写真で僕が持っているのと、もう一つセットで作った小道具から聞こえる、高い周波数の小さな駆動音。正確には「磁気」の歪みによって鳴っているらしいと、調べてみてわかりました。
とてつもなく個人的な意見として聞いてほしいんですが、僕はこの音がすごくSFチックでサイバーで、鳴っている終盤のシーンに、すごくマッチしてるなーと思っています。

時間SFには欠かせない「時間の歪み」と、「磁気の歪み」の音は、因果関係はともかく、相性がいいのかもしれません。
みなさんももし良ければ映画館で、ドロステのはてから聞こえてくるのかもしれない、小さな音に耳を澄ませてみてください。
7/ 4(Sat) 03:08 No(12885)


■ 7月 3日    ( 上田 ) 
昨日とは別の撮影現場。きゅうに現場が続いている。発表になりました、日清焼そばU.F.O.のプロモドラマ(!)、「U.F.O.たべタイムリープ」です。ロケ前日のこの日は、現地でリハーサル。

(「U.F.O.たべタイムリープ」の公式サイトはこちら

「ドロステ〜」もそうなんだけど、僕はロケーションを決めてから、それに合わせて脚本を書くのがやりやすくて、この企画もそうさせてもらいました。世の中にはハウススタジオと呼ばれる、家や建物がロケスタジオになっている場所があるんですが、今回はビル1棟がまるまるそうなっている施設を借りて、そこにあわせてストーリーを書いていった。ビルの1階がコンビニセット、2階がオフィスセット、地下はバー、…という感じで、ビル全体がセットの集合体という、胸ときめくシチュエーション。

ヨーロッパ企画メンバーや、早織さん、呉城さん、亀ちゃん、金丸くんなどの、馴染みの役者さんたちに出てもらい、監督と撮影は淳太さん、ぼくも監督。つまりダブル監督なので揉めたらいやだな、と思っていたら、さっそく諏訪さん演じるリポーターのマイクの色で意見がわかれ、僕は赤、淳太さんは黒で、間をとって茶色になった。などとすったもんだが柔らかくありながら、順調にリハを終えました。ゆとりあるスケジュールでありがたい。ビル全体にソースの匂いが満ちている。

それと午前中には、非同期テック部の広報部員さまがたに協力してもらい、「#ドロステのはてで僕ら」のトレンドインを果たしました。ほんとうにすごいし、悪魔と契約したような気分。ムロ部長、真鍋副部長からも後方支援していただき、全能感をえました。慣れない朝練指導に協力くださった皆様、ありがとうございました。

写真は、マスクにフェイスシールドの角田さんと金丸さん。
7/ 9(Thu) 03:48 No(12898)


■ 7月 3日    ( 中川 ) 
1日、朝から大阪へ移動して、とあるドラマの衣装合わせ。そして劇中で使用する写真撮影があり、それは女性と密接になる感じの写真でした。コロナとか関係なく、ずいぶん久しぶりに女性と密接な感じになったので、ムラムラしてしまった。その後、京都へ移動して、ブレイキン小林の顔を見たら、ムラムラは消し飛びました。
その後、京都シネマで、いますキャンペーン。皆様、御来場ありがとうございました!
終電で東京へ。

2日、とあるオーディションで熱唱して、喉を飛ばしました。
この日の生配信は、よたび集まれる人集合! おむすびを食べる会、でした。こちら
もう何をどうして良いか分からず、迷いに迷ったおむすびでした。

3日、「ドロステのはてで僕ら」がTOHOシネマズ池袋と日比谷で上映される事になり、僕も朝イチのTOHOシネマズ池袋へ。オンラインでは観てたけど、劇場で観たのは、この日が最初。大画面・大音量は良いですな。
そして、上田君が脚本、淳太が監督、メンバーがほぼほぼ参加してる、日清の撮影のリハへ。
僕の撮影シーンのリハが終わり、テスト撮影の映像チェックをみんなでしてたら、永野さんがなんかごちゃごちゃ言い出して、それを土佐君が嗜めていたら、ヒートアップして、土佐くんが怒鳴りだして、おいおいと思ってたら、上田君がハッピーバースデーの歌を歌いながらケーキを持って来た。そう、この日7月3日は僕の43歳の誕生日だったので、誕生日サプライズをやってくれてたのだった。有り難いけど、有り得なくはない事だったので普通に信じたし、心臓に悪いのでやめて欲しい。
そして、酒井君・土佐君と、TOHOシネマズ日比谷の最終回を観に行った。朝は上手側からだったので、夜は下手側から。
7/ 9(Thu) 14:52 No(12904)


■ 7月 4日    ( 中川 ) 
日記リレー、本日は僕です。
ドロステ、大変だったのはまあ確かに大変だったのですが、他のメンバーに比べて、僕と角ちゃんチームは、時間にあまり関わってないので、撮影前の上田君からのレクチャーの時も、「角ちゃん分かってる?」「分かんないです」「まあでも僕らあんま関係ないもんね」「何とかなるんちゃいます?」と2人でニヤニヤしながら、参加してました。
僕と角ちゃんチームの一番大きな敵は待ち時間でした。夕方入りしたけど、前の撮影がおして8時間待ち、とかはまだ良い方で、段取りしたけど僕らの登場までが上手くいかず朝になってしまって何も撮らずに終了とか。だから、誰よりも楽屋を温めてましたねえ。
あと、覚えてるのは、僕ら2人でお店に入るシーンの時、直前に一瞬だけ僕らがお店の外から覗いて、そして入ってくるところが映って、その後カメラは店内方向を向き、そこに僕らがみんなに声をかけて、カメラは僕ら方向を映す、となるんですが、その最初のお店の中を覗いてる時、実は僕らともう1人、通りすがりのおじさんがいたんです。おじさんが3人です。あれはドキドキしました。
撮影を見物してた近所のおじさんが、僕らが店内を覗き込んだので、一緒になって覗いてて。ちゃんとした現場の撮影ではスタッフさんがケアしてくれるんですが、そんな余裕ある現場ではなかったので、そんな人もいなくて。
僕も角ちゃんも真面目な顔してるけど、その異変に気付いて笑いそうになってて、もしおじさんに「何の撮影してんの?」とか話しかけられたら絶対笑ってしまう、どうしよう…とか思ってるうちにおじさんは立ち去ってくれたのですが、そんな気持ちを抱えたまま店内に突入してるので、ちょっとニヤニヤしてます。
終わって監督にその話をしてチェックしたら、たまたま角度的なものなのか、おじさんが小さかったからなのか、映り込んでなくて、オッケーになりました。あのニヤニヤが、結果的に良い効果をうんでたような気がします。
良い思い出です。
7/ 4(Sat) 15:20 No(12886)


■ 7月 4日    ( 角田 )  しんどいし寝込んでるけどシネコンに行く  
昨夜、ドロステをTOHOシネマズ池袋を見に行きました。昼に予約数を見た時にはまだまだ空席だらけでございましたが、夜、劇場に行ってみると思ったよりたくさんの方が見に来られていて、くりびつてんぎょうでございました。

シネコンでの上映ということで画面が大きな事はもちろん、音響も素晴らしいので是非そのあたりも注目していただければと思います。またエンドロール後にも少しお知らせが流れるので最後までご覧下さいませ。

まだ見ようかどうか躊躇されている方もいらっしゃると思います。SFは苦手だとか、ややこしいのが嫌いだとか、ある程度中身を知ってから見たいという方もいると聞きます。そこで、お叱りを覚悟の上、あえてネタバレをすると、ファーストカットは某やよい軒でございます。それだけでこの映画をグッと身近に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私は明日5日の午前中は池袋に、午後には日比谷の方もちょっと覗きに行こうかと思っております。

写真は、ネット予約の番号をパソコンからしか見られなかった永野さん。
7/ 4(Sat) 15:28 No(12887)


■ 7月 4日    ( 石田 )  西野亮廣さん  
日記リレー中はリレーしてるんだし順番にバトンをつないでるわけだからリレーに関係ない日記を書かないでおこうかなと思っていたのですが、永野さんポロッと書いてるし、勝手に僕が思ってただけだし、日記はたくさんあるほうが楽しいかと思って書くことにしました。しらん。ですかね。自意識すみません。
さて、TOHOシネマズ池袋に今日も行ってきました。そしたらキングコングの西野さんがいました。いや前日西野さんに連絡してみたんです。TOHOシネマズ池袋と日比谷でいま上映してるんですと。そしたらすぐに「おめでとうございます!観に行きます!」と返信があって、ほんとに次の日観に来てくれました。返信も行動も早すぎてびっくりしました。ひとりで観に来られててなんかもう笑ってしまいました。西野さんがいる!って。そしてお客さんもびっくりしてましたね。偶然にも「たけしの挑戦状ビヨンド」のトートバッグを持ってる方がいてそれはもうみんなびっくりしてました。明日も僕はTOHOシネマズ池袋に観に行く予定です。みなさんほんとうにほんとうにありがとうございます。おもしろいですよね「ドロステのはてで僕ら」。
7/ 5(Sun) 00:37 No(12888)


■ 7月 4日    ( 上田 ) 
「U.F.O.たべタイムリープ」の撮影。すべてのシーンをワンカットで撮影していて、ドロステ的な緊張感があるが、ドロステよりはまし。ドロステは、テレビのなかの役者たちがセリフを自動的に言ってきやがるから。

宮野真守さんとは、映像でご一緒するのは初めてなんだけど、じつは10年前に「言語遊戯王」というイベントで共演している。今回は、U.F.O.を食べれずタイムリープしてしまうサラリーマンを演じてもらったのだけど、気品、リアクション、顔面、すべてが過剰で、目が離せない面白さだった。画面に宮野さんしかいないシーンでも面白く、だからずっと面白く、快心のテイクがどんどん撮れていくのだった。

劇中なんどか、役者たちがU.F.O.を食べるシーンがあり、そのつどU.F.O.が作られては目の前をかぐわしく運ばれていく。ときには目の前にずっと置かれている。休憩所でふと見ると、できたてのU.F.O.が香っていたりする。撮影で物陰に隠れると、スタッフがわしゃわしゃU.F.O.を作っている。U.F.O.たべタイムリープは俺だ、と思った。

撮影終了後、太っ腹にも日清さんプレゼンツによる「U.F.O.持って帰っていいですよタイム」が訪れ、急なボーナスチャンスに、段ボール箱でもらって帰りたい気持ちになったが、こらえて、通常U.F.O.と濃い濃いたらこU.F.O.の2つをいただいて帰りました。写真は圧倒的シズルで訴求してくるU.F.O.棚。

この日はこれで終わりでよかったんだけど、映画館で「ドロステ〜」をたった今観てくれたという西野座長から感想のラインをいただき、また飲みましょうよ、たとえば今とか、となって、「たけしの挑戦状 ビヨンド」以来3カ月ぶりの再会。激動野郎の近況報告をあびてきました。
7/ 9(Thu) 03:59 No(12899)


■ 7月 5日    ( 本多 )  ドロステ日記リレー  
諏訪さんも書いてますが日記リレー懐かしいです。僕は石田くんとやってたなぁ。お互いに間に合わない時があってシェーバーを買ったり買ってもらったりしたような記憶が。
「ドロステのはてで僕ら」昨日、一昨日とTOHOシネマズ日比谷・池袋で観てきました。こんな音付いてたんや、とか発見がありました。あと映画館で映画を観ること自体久しぶりだったので感慨深かったです。映画観ながら色々思い出してました。みんなはもう撮影はじまってたけど、永野さんと僕には撮影1日目は待てども待てども出番がまわってこなくて、「待つのが役者の仕事」と誰かが言ってましたが、待つだけでその日が終われば良かったですが、されども出番はやっぱりまわってくるので待ち疲れとの闘いでした。コーヒー飲みまくりでした。舞台は本番の時間が決まってるからそこに向かっていけばいいからコンディションとか整え易いけど、映像はいつ呼ばれる分からないのでコンディションやテンションの保ち方が難しいなあと改めて思ってました、たしか。
で、あと1日、最後の方のシーンの撮影のときは、全体の撮影自体も終わりのときで、みんなの疲労感も凄まじく、でもあとちょっとでクランクアップという達成感的な空気もあって、しかも自分らはそんなに仕掛け的に大変なことしてないから、NG出せないぞこれは!というプレッシャーが凄かったです、誰がかけてきたとかじゃなく自分が自分にかけるプレッシャー。だからとにかく無事に撮影終わって良かったというのがクランクアップしたときの率直な感想でした。このまま上映館とか増えていってもっと色んな人に観てもらえますように!!!
7/ 5(Sun) 19:28 No(12889)


■ 7月 5日    ( 永野 ) 
ドロステのはてで僕ら、台本読んだときに、テレビが何台出てくるのかわからなかった永野です。
カフェの客・キンジョウという男を演じています。山口淳太監督から、キンジョウは、踊る大捜査線の筧利夫さんみたいな感じでって言われまして、一生懸命、そこをイメージして演じさせていただきました。その点を踏まえて、キンジョウをスクリーンでチェックしていただけたらなと思います。筧利夫さんに似ていようが似てまいが、筧利夫さんを意識して、あのキンジョウに仕上がってるのは間違いないです。

本多くんの演じてるイシヅカは、キンジョウの上司です。キンジョウより年下だけど上司。イシヅカは親のコネで出世してるという設定だと思ってやってました。
あ、いうまでもなく本多くんは、柳葉敏郎さんを意識しています。

ドロステは今のところ3回観てます。好きな役は酒井くん演じるオザワです。ピュアさ無邪気さに笑ってしまいます。そしてエンドロールにはいつも感動してしまいます。あのクラウドファンディングのサポーターのみなさんのお名前の行列を見て、ドワ〜ッとなります。ほんとに幸せな作品になりました。ありがとうございました。
7/ 5(Sun) 20:02 No(12890)


■ 7月 5日    ( 淳太 )  シネコン進出記念日記リレー  
映画『ドロステのはてで僕ら』のシネコンでの上映がついに始まりました。
TOHOシネマズ池袋のオープニング作品に選んでいただき、歴史あるTOHOシネマズ日比谷での上映。都内は3箇所で見れるようになり、僕もこの両館で観ました。
TOHOシネマズさんで観るドロステにはショックを受けました・・・音!音!音です!音!!!めちゃくちゃ素晴らしかったです!!!録音スタッフ・平川さんがアオイスタジオの整音で作り込んだ細かい音までめちゃくちゃクリアに聞こえます。感動しましたし、いろいろ新たな発見もしていただけると思います。おすすめです!ちなみに酒井さんの小道具から聞こえるあの音も、現場で録音した音ではなく、平川さんが自作された効果音です。すっごいマッチ感!
まだまだ『ドロステ』は始まったばかりだと思っていますので、みなさま引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。
写真は稽古風景。ここから始まったんだなあ。
7/ 5(Sun) 21:15 No(12891)


■ 7月 5日    ( 上田 ) 
TOHOシネマズ池袋で、「ドロステのはてで僕ら」を観てきた。自分たちで数か月前に作った映画なんだけど、何か所か鳥肌が立ったし、同時に、反省点とか今後の課題もいろいろ。それは今はいいとして、とにかくドロステは今の自分たちの力を出し切ってなんとかできた、ファーストアルバムみたいな映画。それがこうして大きなスクリーンにかけてもらえているのが、喜ばしくそして場違いだ。どんどん場違ってゆきたいです。

写真は、遡って6月5日のオンライン上映会を、ご近所の美容室「PEDAL」の店員さんがスクリーンに映して観てくれたようす。「ゲームで解決!プログラメン」でお世話になったPEDALさんです。大小あらゆるスクリーンにかかっていきたい。

京都に帰ってきて、風呂に入り、あとは粛々と「第1話」シーズン2のプロットを練ってました。学食のパフェコンテストのドラマを書こうとしていたんだけど、ちょっとパフェのことを調べきれず、急きょ別の話にした。青春もの、部活ものをやりたいと思っています。
7/ 9(Thu) 05:14 No(12900)


■ 7月 5日    ( 中川 ) 
4日、11時半のTOHOシネマズ池袋に「ドロステ」を観に行った。終わってから、就職活動中で、マスコミ志望の女の子が来てて話しかけてくれた。「ヨーロッパ企画とお仕事するのが夢です」と言ってくれた。マジで受かって欲しい。頼む。受かって欲しい。
そして、日清の撮影へ。宮野真守さんの爽やかさがハンパなかった。
そして撮影後に土佐君と日比谷へ。「ドロステ」の最終回を最前列で。

5日、朝から大阪でとあるドラマの撮影。そして日比谷へ最終回の「ドロステ」。
今井くんが来てくれた。良い人!
それにしても、3日間で5回も観ると、もちろん自分の反省がすごくあって、あそこはもっと石田君方向に顔を向けておいた方が…とか、初登場のとこは2回目のテイクのが良かったんだよな…とか、考えても仕方ない事なんだけど思ってしまう。
エンドロールは毎回グッとくる。音楽が良い。歌詞と、撮影風景と、スタッフさんやクラファンの皆様の名前。観れば観るほど、こみ上げるものが大きくなっていく。どういう現象だろうか。
しかし、観た回が、初回か最終回だったから、客席はすきまくってて、そこだけが辛かった。僕もお客さんの笑い声を聞きたい。
7/ 9(Thu) 14:56 No(12905)


■ 7月 6日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 7/6(月) 22:00〜22:30ごろ

「第1話」シーズン2開始記念! 村瀬さんと渋谷さんが選ぶシーズン1ベスト3

<内容>ゲストにNMB48のお2人を迎え、シーズン2を迎える「第1話」の、前シーズンの心のベスト3を決めてもらいます。
<出演>諏訪雅、石田剛太、黒木正浩
<ゲスト>村瀬紗英(NMB48)、渋谷凪咲(NMB48)

ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
7/ 2(Thu) 18:00 No(12871)


■ 7月 6日    ( 土佐 ) 
「ドロステのはてで僕ら」シネコン進出最初の3日間が終わりました。映画館に足をお運びいただいたみなさま、ありがとうございました。僕も6回観させていただきました。映画館でみなさまの笑い声を聞くたびに、泣きそうになってるし、たまに泣いてもいます。

お客様と一緒に観るという体験は、演劇では出来ない、映画ならではの体験ですね。あと公開されて世に出た瞬間に、スピルバーグ先輩やスタジオジブリ先輩と同じ土俵の上にいる感じも、とてもセクシーな気持ちになります。

舞台挨拶やトークイベント、一旦停止上映(出来るんかな?)などいろいろやらせてもらいたいことはあるんですけど、もう少し先になるんですかね。それまで引き続きじわじわ応援したいただけたら嬉しいです。
 
またふらりとどこかの劇場に足を運ばせていただきたいと思ってますので、見かけましたら感想など聞かせください。よろしくお願いいたします。

写真はヨーロッパ企画の野茂英雄こと酒井ちゃんのプリケツ。
7/ 6(Mon) 23:00 No(12892)


■ 7月 6日    ( 上田 ) 
打ち合わせが3つ。

まずは、劇団でやろうとしている新企画のミーティング。弾んだ! キャンプファイヤーでいうと、今までずっとこう、木を井桁に組んでは戻し組んでは戻し、みたいな時間だったんですが、ようやくチャッカマンが登場した感じ。「万華鏡企画(仮)」と呼びましょう。本当の名前きめないと。

そして、「第1話」のロケへ向けての打ち合わせ。後藤さんに「パフェドラマでいくからね」と前から言っていたのに、全然ちがうプロットになっていたので、キツネにつままれたような後藤さんでした。失礼しました。

「暗い旅」の会議も。次回収録するのは「ビルのゲームの旅」。邪悪なゲームマスターたちが棲むビルを登っていく旅です。新展開と言っていいでしょう。

夜、生配信をみた。NMB48の渋谷さんと村瀬さんが、「第1話」シーズン1のマイベスト3を発表していく、というもの。拙作「ジョジュと陸のあとだしミステリファイル」はどちらにも入っていなかった。中川さんの「極道なりたガール」が両方に入っていた。僕らが生きているのは中川さんの夢のなかかもしれない。中川さんが目覚めると僕らは消えてしまうんだろう。配信アーカイブはこちら
7/ 9(Thu) 05:20 No(12901)


■ 7月 7日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 7/7(火) 22:00〜22:30ごろ

「ギョエー! 旧校舎の77不思議」Blu-ray&DVD発売記念! 青木さんの不思議ベスト5

<内容>前回本公演「ギョエー!〜」の劇中音楽担当・青木慶則さんが、すきな不思議ベスト5を発表。そして音源解説も!
<出演>酒井善史、永野宗典、角田貴志、上田誠 
<ゲスト>青木慶則

ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
7/ 2(Thu) 18:01 No(12872)


■ 7月 7日    ( 理子 )  日記リレー  

お疲れ様です!
シネコン進出最初の3日間、皆さまご来場ありがとうございました!!
私も1日目に2回観たのですけど、まず、ああいう映画館で映画を観るのが久しぶりで、テンションが上がりました。(ボヘミアンラプソディ以来という訳ではないのですよ。)
そしたらTwitterにも書いたんですけど、お隣に座ったお客様がポップコーン食べながらクスクスって笑ってらっしゃるんですよ。
もうなんだか、その方がポップコーン食べるたびに幸福度が上がっていきましたねえ。
幸せな空間でした。ありがとうございました。

さて、何を書きましょうか。
この前撮影中に書いた日記を公開したのですけど、2/7(金)で日記止まってましたから2/8(土)のことを思い出してみましょうか。

2/8は、撮影が始まって2日目でした。
この日のご飯はパランさんのキーマカレーでした!
パランさんにはヴィーガンに対応したメニューがたくさんあるので、向かいに座ってらした諏訪さんと
「このキーマカレーももしかしたらお肉使ってないのかもしれないですねえ」
「え、そうなん?すごいなあ」
「すごいですねえ!」
という会話をしていたら隣に座っていた石田さんが
「いやそんな訳ないでしょ、ひき肉だよ」
とおっしゃるので、ああそりゃそうか、恥ずかしいなあと思っていますと、本当にお肉を使っていないキーマカレーでした。石田さんもびっくりなお味でした。美味しかった!

何を撮影したのかは…あんまり覚えてないですけど、
たぶんあの、酒井さん無双のあのシーンを撮影したんだと思います。
7/ 7(Tue) 16:13 No(12893)


■ 7月 7日    ( 上田 ) 
自分のDVD棚からDVDを紹介する、という取材をうけた。自分がいちばん好きな映画「ポストマン・ブルース」について、けっこう長くしゃべった。映画のDVDはほとんど持ってないんですが、例外的に、手元に置いておきたくて買ったもの。DVD棚に並べてもらうに値するDVDを作ってゆかないとなあ。「ギョエー! 旧校舎の77不思議」、Blu-rayとDVDが発売中です。こちら

こないだ撮った、映像の編集作業をしてました。編集マンの方にまずは編集してもらい、そのプロジェクトデータ(映像編集のデータですね)をもらって、僕が気になる箇所を修正する、という風にしているのだけど、もらったプロジェクトデータの見栄えが感動的にうつくしかった。非同期テック部で、音楽の森さんから音楽ファイルをもらったときも、ファイル構成の美しさに胸打たれた。まねしたい。

夜は、青木慶則さんにゲストに来てもらい、生配信。「ギョエー! 旧校舎の77不思議」の、すきな不思議ベスト5を青木さんに選んでもらう、というもの。青木さんがピアノで「ギョエー!」のテーマ曲を弾いてくださり、やばーいと思った。「ギョエー!」の劇中音楽、どの曲もコード展開がいちいち捻じくれ曲がっていてすごいんです。Blu-ray/DVDのエンドロールでは、エンド曲がフルで流れまして、それがちょっと圧巻ですのでぜひ大き目の音でお楽しみください。ドラムロールからマイナーチャイム現象まで、青木さんの鍵盤エンターテインメントが愉しい夜でした。

配信アーカイブはこちら
7/ 9(Thu) 05:57 No(12902)


■ 7月 8日    ( 石田 )  ドロステ  
日記リレーが少し延長してますね。土佐さんが6日に最高の日記を書いたと思ったら理子ちゃんがそのバトンを受け取り、思い出さなくていいカレーのことを思い出してしまいました。
あれはお肉だったと思います。豚挽き肉のキーマカレーでした、と言いたいところですが、大豆ミートと言ってたかな。カフェパランさんはヴィーガン料理も提供しているカフェです。ほんとに毎日おいしいケータリングで、撮影期間中の方が健康になっていくようでした。ありがとうございました。
撮影の待ち時間に諏訪さんが陽だまり屋の脚本を書いてて、助監督の鍋ちゃんは陽だまり屋の編集をしているときがあった。待ち時間を有効活用するマルチ劇団だなと思いましたね。
TOHOシネマズ池袋に僕も何度か観に行ってきました。終わったあと観にきてくれた方々とお話ししたりサインしたりとさせていただきました。何度も来てくれてる方がいてほんとにうれしくなります。お友達も呼んでいたので上映後に話をするのが演劇の楽屋のそれみたいでうれしくなりました。面白かったと言ってもらえるのが一番嬉しいです。
口コミです。全ては皆さんの口コミから広がっていくのです。ドロステはココアだけではなくチョコレートもあるので、とりあえずドロステチョコなんかも食べましょう。とにかくドロステを浸透させましょうか。靴についていたドロを取ってステました。#ドロステ、とかもありだと思います。どこかの政治家のように、サブミリナル効果のようにドロステという言葉を使っていきましょう。家に帰ったらドロボウがステイしていた。#ドロステ
7/ 8(Wed) 11:27 No(12895)


■ 7月 8日    ( 石田 )  リレーじゃない日記  
なんか最近ヨーロッパ企画周りが賑やかですね。宣伝することが多すぎるする気がする。「ドロステのはてで僕ら」を押したいのはもちろんなんですが、昨夜は生配信でもやってましたが「ギョエー!旧校舎の77不思議」Blu-ray&DVDが発売中でして、そして一昨日の生配信でも言いましたが週明けの12日(日)からは「第1話season2」です。朝日放送で24時40分からです。そしてさっき発表になりました「日清焼そばU.F.O U.F.Oたべタイムリープ」のYouTube liveが7月14日(火)お昼12時から配信です。「ドロステのはてで僕ら」と同じくワンカメラ長回しものです。タイムリープもの。時間に掻き回されろ。勝手に付けた僕のコピーです。
さらに「大江戸スチームパンク」のDVDが7月17日(金)に発売開始で関東圏で放送されるんでしょ。実は僕も画像出演してるでやんす。あと言っておきたいのは「キョートカクテル」がLaLaTVで放送中ということですね。まだやっとるんですよ。なんだか賑やかですね。他にもなんかあるんだろうな。
最近ヨーロッパ企画さんワンカメラ長回しもの多いなとお思いでしょう。ちなみにこないだ配信されたゲームムービー「とりきめきナベリアル」も割とワンカメラ長回しものですよ。1日が24時間じゃ足りないでしょう。
7/ 8(Wed) 15:12 No(12896)


■ 7月 8日    ( 上田 ) 
日帰りで東京へ。「U.F.O.たべタイムリープ」のアフレコ。宮野真守さんのモノローグを山ほど録った。宮野さんが演じた映像に宮野さんが心の声を当てると、それはもう濃い濃い濃厚宮野さんになるのだった。

途中、湯切りを「ゆぎり」と読むのか「ゆきり」と読むのかどっちだろう、という話になって、日清さんに問い合わせてもらったところ、「どっちもありますが、音がきれいなので『ゆきり』で」とのことでした。ただし「ゆぎる」など、動詞でつかう(!)ときは、濁るのもよし、だそうです。あと、日清さんは「焼きそば」ではなく「焼そば」と表記するのだそう。「焼そばは絶対にうまい旅」とすればよかったな。

京都へ帰ってきて、暗い旅のDVD新作を出す話し合いをしました。次でいよいよ9巻と10巻です。放送には引き離される一方です。

写真は、スタジオにもいた2機のU.F.O.。
7/ 9(Thu) 06:19 No(12903)


■ 7月 9日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 7/9(木) 22:00〜22:30ごろ

「ドロステのはてで僕ら」シネコン進出記念! 撮影初日はこんなふうだった

<内容>「大変だった」「時の牢獄だった」と皆が口をそろえて言うドロステの撮影現場を、まずは初日からひも解いてゆきます。
<出演>土佐和成、藤谷理子、石田剛太、山口淳太、上田誠、鍋島雅郎

ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
7/ 2(Thu) 18:02 No(12873)


■ 7月 9日    ( 諏訪 )  ドロステ日記リレー  
今朝はプールに行ってきました。隣のレーンにいたスイマーのバタフライに幾度となく顔面に水しぶきを浴びせられましたが、そのバタフライのリズムを完全に掌握し、水しぶきが飛ばないタイムに自分の平泳ぎの息継ぎをするという方法で見事に乗り越えました。

ドロステ日記リレー、延長ということですか。石田くんがラインでリーダーシップをとり、このように導いてくれました。さすがは元生徒会長だなと思っていると、名古屋で生徒会長たちが集まる会の会長をしていたという(生徒会長の生徒会長)中川さんが、その日記リレーという形での日記には(理由はいろいろあるが)参加しません、という意思表明がされ、やはりこの世は中川さんの夢かなと思ったりしました。

そういえばなかなかタイミングが合わず参加できてなかった「います」キャンペーンに、は初めて行ってきました。自分はどうやら自分が思っている以上に接しにくいらしいし、本当にいるだけになったらどうしよう、とか思いながら行ってみると、めちゃくちゃ優しい接しやすい方々が喋りかけてくれてホッとしました。

放送延期になっていた「第1話」シーズン2が7月12日深夜、いよいよ始まります。
関西はABCテレビで見れますし、他の地域の方もTVerや大阪チャンネルで見れますので是非!
こちら

映画「ドロステのはてで僕ら」
明日10日から
宮城・イオンシネマ石巻
三重・イオンシネマ東員
滋賀・イオンシネマ草津
佐賀・イオンシネマ佐賀大和
熊本・イオンシネマ熊本
岡山・岡山メルパ
兵庫・OSシネマズ ミント神戸

で始まるそうです!各地よろしくお願いします!!
7/ 9(Thu) 16:05 No(12906)


■ 7月 9日    ( 上田 ) 
一日なにもないので脚本日、のはずが、どうしたわけか一日めちゃくちゃ用事がある日になってしまった。打ち合わせをひとつ忘れていた、というのが大きいですね。(ヨーロッパハウスにいたので事なきを得ました、すいません)

「万華鏡企画(仮)」の打ち合わせを失念していたんでした。しかしちょっとプランAかBかで悩んでもいたので、打ち明けてみんなに相談に乗ってもらったら、AとBの間ぐらいがいいんじゃないか、という玉虫色の答えをいただいた。なんだって玉虫色がいいですよね。順調丸です。

夜の生配信「『ドロステのはてで僕ら』シネコン進出記念! 撮影初日はこんなふうだった」へむけて、みんなに覚えてることを聞いたのだけど、誰も何もおぼえていなかった。同じ場所で、日に日につらさが増していく撮影だったから、記憶が上書きされていたんでしょうねえ。最終日のことは明確に覚えている。あれはつらかった。しかし、鍋ちゃんが編集してくれた初日メイキングをみてみたら、初日は初日でつらいのだった。つらいドキュメンタリーというのは見ていると面白いもので、賑々しい配信となりました。ネタバレありますが、どうぞ。こちら

そのすきまで、翌日撮影の「ビルのゲームの旅」のテストプレイを、日がなZoomでやってました。欣也さんの作ってくれたゲーム「ショートショートTRPG」が、面白いんだけどちょっと色々難しいところもあって、深夜におよぶまで直してもらったあげく、けっきょくそれはやらないことにして、全然べつのゲームを新たに考える、という時の牢獄が発生した。ごめんね欣也さん。と思っていたら、朝7時に「やっぱりショートショートTRPGをやらせてください!」という熱いラインが届いていた。

写真はテストプレイが思うようにいかない欣也さんと、グラフィックはめちゃくちゃ面白そうなのに! と思っている3人。
7/11(Sat) 03:32 No(12909)


■ 7月10日    ( 石田 )  ドロステのドロはドロドロのドロ  
諏訪さんプールいってるんだあ。プールトークしたいなあ。スイマーのバタフライしぶき分かるわー。しかもなかなかのご高齢の方だったりするんだよなあ。バタフライ憧れる。ぼくはクロールですね。でも最近行けてないなあ。
先ほど「ドロステのはてで僕ら」の撮影初日はこんな風だった生配信をしてました。ご覧いただいたみなさんありがとうございました。途中多少取り乱してしまいましたね。あの撮影の日々を思い出すとどうしてもああなってしまうのかもしれません。
ドロステのドロはドロドロのドロだ、というのは言い過ぎではありません。しかしいまこうやって公開されみなさんに観ていただき、おもしろかったと言ってもらえているのは本当に報われます。撮影の苦労なんて知ったこっちゃない、そんなの他の映画だってみんな一緒だ、自分たちでさも武勇伝のように語るもんじゃない、聞きたくもない、という方もおられるかもしれませんね。ごもっともです。作品がすべてです。でもしかし、語りたくなるのです。なぜなら現場もとてもおもしろかったから。時間が経って遠目で薄目で見れば、メイキングがとっても喜劇なのです。どうぞドロドロの僕らも笑ってください。
あと中川さんが日記リレーに参加しない理由の一つは劇団員じゃなくてまだ客演さんだからかなあ。でもぼくは知っている。中川さんが1番宣伝してるし日記もすごい書くし中川さんが撮影中1番待ち時間が長くてずーっと待ってたことを。中川さんと角田さんから見たドロステの現場もまたおもしろいだろうな。
あと諏訪さんが書いた日記の最後の情報のところは中川さんのツイートをぼくがコピペして諏訪さんに送ったやつだもん。だから中川さんは日記リレーに参加しているのだ。
7/10(Fri) 01:09 No(12907)


■ 7月10日    ( 酒井 ) 
『女子グルメバーガー部』がはじまりました!(こちら
これはいかん。わかってたけど、一刻も早くグルメバーガーを食べたい口になってしまった。明日のお昼は京都のグルメバーガー屋さんに行こうと心に決めた。いや、もうたまたまトイレで起きてきた奥さんに、明日の昼はグルメバーガー食べに行こうと口に出して誘った。有言実行あるのみです。僕が書いた回はまだ先ですが、どうぞよろしくお願いします。

そして本日から『ドロステのはてで僕ら』の上映館が全国で一気に増えました。諏訪さんがリストを書いてくれてます↑。
明日11日からはそれに加えてさらに名古屋シネマテークさんでも上映が始まります。そしてその明日7/11(土)13:50からの回に中川晴樹さんが映画館にいます!(こちら
地元名古屋にいる中川さんはステータスも普段の倍くらいにアップしてると思うので、サイン・写真・おしゃべりと、あらゆるニーズに答えまくってくれるんじゃないでしょうか!

関東で放送が始まり、DVD発売がまもなくという『大江戸スチームパンク』(こちら)についても中川さんとLINEで熱くやりとりしまくってるので、近いうちになにかしらやります。

いま、中川さんが熱い!(写真は中川さんがドロステ撮影現場で理子ちゃんのカエルに絡まれ始めた頃)
7/11(Sat) 02:08 No(12908)


■ 7月10日    ( 上田 ) 
朝から暗い旅の収録。邪悪なゲームマスターたちがはびこる「ビル」を登っていく、という死亡遊戯形式のゲームバトル旅でした。じつはこれ、大歳さんの「大歳を王とし 3択ロワイヤル」からヒントをもらったのだけど、準備がそうとう大変なかわりに、見返りもすばらしい旅となりました。泣くほど笑った。

リモートってやっぱり相当むずかしくて、でもこれはひとつ正解が出たかもしれません。リモートの向こうに世界観をつくれたら相当いい。欣也さんの「ショートショートTRPG」は、想像をはるかにこえた結末となりました。新たな旅の火種ができた。

それにしても暗い旅の若手スタッフが、僕にはもう分からない、パソコンとカメラとテレビの複雑な接続回路を構築していた。未来の放送がそこにはあった。思えば西垣さんと番組をはじめたころは、カメラ一台と、あとは西日を利用して撮影していたもんじゃった。

昼からは、「第1話」のロケハンで、遠くにある学校へ行ってきました。生イエゴラスイッチ、帰ってきたイエゴラスイッチと、スイッチ熱がさめないので、いっそスイッチの部活動の話を書くことにした。「ビー玉も、青春も。法則通りには転がらない」みたいなやつ。しかし問題は人気がなさそうなことだ。NMBファンの人たちに。あとNMBの子たちにも。スウィングガールズみたいにならないものか。方言にするか。いっそジャズにするか。
7/11(Sat) 04:03 No(12910)


■ 7月11日    ( 諸岡航平 )  日記リレーふたたび  
ふたたび、ドロステのことを皆さんにお伝えすべく現れました諸岡です。

ドロステ、おかげさまで多くの方々に観ていただいてるみたいで大変嬉しいです!
僕は京都に住んでいるので中々東京のシネコンには行けないのですが、シネコンでご覧になった方々の感想を調べてはニマニマする日々を送れています。
10日、11日と上映館数もグッと増えまして、色んな人に楽しんでもらえたら良いなあという気持ちが強くなっていますね。
コロナや大雨など大変な時期ですので無理のない範囲でご覧いただけたらっ…!!


話は変わりますが、先日ありました撮影初日の思い出を振り返るライブ配信こちら(注意!多少のネタバレが有ります!)で皆さんが仰ってたように、僕は現場では台詞に一文字も齟齬が無いように撮影中にチェックする仕事をしていました。

石田さんも仰ってましたが、カットがかかった後に僕が近づいていくと皆さん「あれ?どこやろ……」って顔をされてました。
酒井さんなんかは「死神が近づいてくると思った」っておしゃってました。どうやら僕は時の牢獄側の人間だったみたいです。
7/11(Sat) 15:28 No(12911)


■ 7月12日    ( 淳太 )  ドロステ日記リレー  
昨日またTOHOシネマズ池袋(こちら)とTOHOシネマズ日比谷(こちら)に行ってきました。
どの回も完売か満席状態になっていて、じわじわこれはきているなと実感せずにはいれなかった。みなさんのおかげです。

「いますキャンペーン」や「観に行きますキャンペーン」をやらせてもらって、
お客さんの生のリアクションを聞いたり、感想を伺えたりするのが、僕めちゃくちゃ好きなんだなと、映画を初めて作って実感しています。あと単純に映画館が大好き。
今、「U.F.O.たべタイムリープ」(こちら)の制作でご一緒しているロボットの横山プロデューサーにその話をしたら、横山さんは映画「ウィーアーリトルゾンビーズ」(こちら)のプロデュースもされているんですが、その監督・長久允さんはひとりのお客さんと劇場で1時間ぐらい話すんだそうだ。すごすぎる。まだまだだ。1時間とはいかないまでも、どんな質問にもお答えできればなといつも思っています。これからもソーシャルディスタンスしながら、たくさんの方とお話ししたい。

そう、「U.F.O.たべタイムリープ」!めちゃくちゃいい感じに仕上がってきております。ワンカットドラマです。これを見るときっと「ドロステのはてで僕ら」がまた観たくなるはずです。もちろんドロステが好きな方、たべタイムリープを絶対見てほしいです。
14日(火)正午12:00からLIVE配信しますが、ぜひですね、U.F.O.をその日はお昼に選んでもらって、お昼休憩に一緒に配信を見ませんか。
7/12(Sun) 01:18 No(12912)


■ 7月12日    ( 石田 )  暗い旅に出る  
今日はとある会議をしました。わくわくします。新しいヨーロッパ企画のプロジェクトです。酒井君がいきいきしていました。酒井君がいきいきしているときはいい企画です。それ以上に若手スタッフ中田君がいきいきしていました。
中田君は「もうすぐ暗い旅」の台本を書いてくれています。「もうすぐ暗い旅」というのはtvkテレビ神奈川の暗い旅が始まる前1分の予告番組です。毎回ちょっとだけ変なことをして始めるのですが、その変なことの部分を中田君が考えてくれています。それがとってもいい塩梅の変なことでぼくは感心してしまいます。すごい変だとは受け入れられにくいけど、少し変だとおかしくなると思います。その少し変を狙ってくれています。「もうすぐ暗い旅」もぜひご注目ください。
あとほんとご注目いただきたいのは暗い旅ブログ!こちら
読みものとしておもしろいですよね。
写真は「ドロステのはてで僕ら」を観に行ったときに暗い旅のファンだというお客さんに見せてもらった暗い旅イヤリング。うんまんのや蟹工船やマトリョーシカやギターのやつや、暗い旅なイヤリングですって!
7/12(Sun) 22:15 No(12913)


■ 7月12日    ( 中川 ) 
6日、この日のヨーロッパ企画の生配信は、「第1話」配信シーズン2開始記念! 村瀬さんと渋谷さんが選ぶシーズン1ベスト3、でしたね。こちら
僕が監督した「極道なりたガール!」は、果たして選ばれているのでしょうか!?僕は配信には出てないんですが、結果を書いて、現実を直視しましょう!
村瀬さんは、1位「刑事たち」 2位「極道なりたガール!」 3位「なにわのグルメ記者 味旨美味子」
おー。極道は2位! あれ? 1位と3位は村瀬さんが出てる作品やんか。て事は、純粋に作品で選んだ結果で言うと、僕のが1位やんか!
渋谷さんは、1位「刑事たち」 2位「101回の告白」 3位「極道なりたガール!」
わー!渋谷さんも「極道」を3位に選んでくれたー! ん? こちらも1位と2位には渋谷さんが出てるやつや。つまり渋谷さんも「極道」が1位かー!
しかも、シーズン1が終わった後に実施された視聴者投票では、1位が黒木さんの「ヒーロー少女 可憐Flower」 で、2位が「極道なりたガール!」だったので、つまり「極道なりたガール!」は総合1位と言っても過言では無いなあ。あれ…?上田君や諏訪さんの作品は?

9日、大阪へ、とあるドラマの撮影で深夜まで。解禁されたらまた報告します。良いものを見たし、共演の方から良いものを貰ったー。

10日、京都へ移動し、出町座にて、「ドロステ」いますキャンペーン。映画館が商店街の中に馴染んでて、とても素敵でした。看板が手書きだったり、映画にまつわる本が沢山あって、良い感じのカフェが併設してて、外にベンチがあって、のんびり出来て。良い映画館だ。
御来場頂いた皆様ありがとうございました!
そして名古屋へ。実家に一泊。

11日、朝は実家の行きつけの喫茶店でモーニング。昼はきしめん。そしてコメダで時間を潰したのち、名古屋シネマテークへ、「ドロステ」いますキャンペーン。この映画館も良かった!出町座もそうだけど、手作り感のある感じが良い。落ち着く。館長とたっぷり話し込んでしまった。
御来場頂いた皆様ありがとうございました。誕生日プレゼントもありがとうございました。そして東京へ。
7/14(Tue) 19:28 No(12916)


■ 7月13日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 7/13(月) 22:00〜22:30ごろ

中田が考えた企画をやってみたらさらに凄いことになった

<内容>好評につき第2弾。暗い旅の若手作家・中田がまた企画を考えてきた。やってみたらさらに凄いことになった!(未来完了)
<出演>中田歩、酒井善史、中川晴樹、永野宗典、鍋島雅郎

ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
7/ 2(Thu) 18:02 No(12874)


■ 7月13日    ( 石田 )  焼そば  
昨日は「第1話シーズン2」の初回放送でした。不肖ながら監督させていただきました「恋がしたいッ」いかがでしたでしょうか。NMB48の横野すみれさんが「恋がしたいッ」と言って始まるドラマにしたかったのです。「ッ」を表現できる横野さんはすばらしかったです。
さて明日正午からは「U.F.O.たべタイムリープ」のYouTube Live配信ですね。ぜったいU.F.O.たべちゃいますね。
思えばまだ学生時分、上田君のご実家の上田製菓を劇団の集まる場所にし始めた頃、倉庫には必ずと言っていいほど日清焼そばU.F.O.やカップヌードルやどん兵衛なんかが常備されてましてね、それを自由に食べていいと、それは上田母が買って置いていてくれてましてね、なくなれば買い足してくれてまして、僕はそれをよくいただいてました。ほんとにありがたかったです。いや、あれ学生時分じゃなくて30くらいまでお世話になってた気もしますね。お恥ずかしい。U.F.O.食べながら配信見ながら泣いちゃうかもな。いや笑っていただきたい!
7/13(Mon) 23:33 No(12914)


■ 7月13日    ( 角田 )  袋売りの梟  
皆さんはもうドロステはご覧になられたでしょうか。東京の映画館では完売の回もあったとか。この先も北は北海道、南は沖縄まで各地の映画館で封切られていきますからね。(こちら)ひとつよろしくお願いいたしたいところでございます。

東京や京都の映画館でお会いしたお客様、感想をお聞かせ下さいまして、ありがとうございました。印象に残った感想といたしましては、とにかく中川さんが本職の方のように怖かったというものです。たしかに中川さんが出てきた途端に『カフェ・パラン』が『クラブ・ベラミ』に見えましたもんね。

明日14日には『U.F.O.たべタイムリープ』が公開されますね。山口監督が、見るとドロステがまた観たくなると書いておられますが、正しくは、見るとまずUFOが食べたくなり、ドロステもまた観たくなるだと思われます。

蝉が鳴きました。ベランダではでっかいトンボが死んでました。

写真は、TOHO池袋が入っている建物にあった梟のオブジェ。
7/14(Tue) 00:36 No(12915)


■ 7月14日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 7/14(火) 22:00〜22:30ごろ

本秀康さんと「ヨロッパ通信」の表紙を見ていく夜

<内容>表紙イラストが素敵でおなじみの公演パンフ「ヨロッパ通信」。これを長らく描き続けてくださっている、本秀康さんがついに登場!
<出演>諏訪雅、角田貴志、西村直子、上田誠
<ゲスト>本秀康(イラストレーター/漫画家)

ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
7/ 2(Thu) 18:03 No(12875)


■ 7月14日    ( 永野 ) 
今週末放送のブロードウェイラジオ収録に、カトウ演じる主演の土佐くんをゲストに呼んで、ドロステ感想を読ませていただきました。綾野剛氏をお呼びしたっけな?と錯覚するような時間でした。たくさんのおたよりありがとうございました! 放送をぜひお聴きいただきたいです。 感想を読ませていただくたびに、本公演のない一年になってしまったのもあるせいか、今日までに「あ〜ドロステ作れて良かった〜」をなんども繰り返してます。
そのうち、海外からの感想も届いたりするんでしょうか。「Japanese power code is so long!!(日本の電源コードは長いんだね!)」。ドロステコード問題は異文化として受け入れられたりするのでしょうか。土佐くんと朝倉さんにレッドカーペットを歩いてもらいたい。

広島上映が終わった今日、「ドロステのはてで僕ら」の兄弟のような作品が産声をあげました。
「日清焼きそばU.F.O.「U.F.O.たべタイムリープ」(こちら)。食欲をはげしく刺激してくる弟です。観る前にコンビニで2個くらいU.F.O.を買っておくことをおすすめします!
7/14(Tue) 19:43 No(12917)


■ 7月16日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 7/16(木) 22:00〜22:30ごろ

大歳を王とし 3択ロワイヤル第2章 ー囚われのナベシマー

<内容>前回、平和を取り戻したはずの、クイズ王国に異変が!おしゃべりのナベシマはどこへ!?そしてクイズ戦士たちは立ち上がる。
<出演>大歳倫弘、石田剛太、酒井善史、角田貴志、諏訪雅、土佐和成、中川晴樹、永野宗典、西村直子、藤谷理子、黒木正浩、上田誠、山口淳太、鍋島雅郎

ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
7/ 2(Thu) 18:03 No(12876)


■ 7月20日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 7/20(月) 22:00〜22:30ごろ

誰が考えた暗い旅ポータルかを見抜く旅(by ヨーロッパ企画の暗い旅)

<内容>以前の配信でもちあがった緊急企画。石田と酒井は、上田が考えた企画と、他の作家が考えた企画を、本当に見抜けるのか?
<出演>石田剛太、酒井善史、上田誠、鍋島雅郎、西垣匡基、小林哲也、中田歩


すべてのプログラムはこちら
7/ 2(Thu) 18:04 No(12877)


■ 7月21日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 7/21(火) 22:00〜22:30ごろ

ゴジゲンのゲーム王・善雄が考えたZoom企画がヤバすぎる

<内容>ゴジゲンからの持ち込画。ゲーム王こと善雄善雄(よしおぜんゆう)が、ヤバすぎるZoom企画で楽しませてくれるらしい。
<出演>石田剛太、中川晴樹、西村直子、上田誠、大歳倫弘
<ゲスト>善雄善雄(ゴジゲン)、松居大悟(ゴジゲン)


すべてのプログラムはこちら
7/ 2(Thu) 18:04 No(12878)


■ 7月23日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 7/23(木) 22:00〜22:30ごろ

ヨーロッパ企画のおもひでの品をぽろぽろ出しあう夜

<内容>たまには昔を振り返るのも。めいめいが持ってる初期のなつかしい写真や、印刷物などを持ち寄って、眺めあう夜。
<出演>石田剛太、酒井善史、諏訪雅、大歳倫弘、松宇拓季


すべてのプログラムはこちら
7/ 2(Thu) 18:05 No(12879)


■ 7月27日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 7/27(月) 22:00〜22:30ごろ

週ヨロ2増刊号 ステイホーム中の小さな10のニュース( by 週刊!ヨーロッパ2)

<内容>土佐がまったり続けているラジオ「週刊!ヨーロッパ2」の定期生配信です。ふだんあまり聞けない顔ぶれの話をどうぞ。
<出演>土佐和成、藤谷理子、大歳倫弘、後藤円香


すべてのプログラムはこちら
7/ 2(Thu) 18:06 No(12880)


■ 7月28日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 7/28(火) 22:00〜22:30ごろ

最速ゲーム実況「イライラ酒2020」( by ゲームムービー研究所)

<内容>自作のゲームをいちはやく実況! 今月の新作ゲームは「イライラ酒2020」。前回すこぶる盛り上げてくれた、中島尚樹さんが再び!
<出演>酒井善史、土佐和成、上田誠、左子光晴、池浦さだ夢(男肉 du Soleil)
<ゲスト>中島尚樹


すべてのプログラムはこちら
7/ 2(Thu) 18:06 No(12881)


■ 7月30日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 7/30(木) 22:00〜22:30ごろ

石田ニャンワン共和国

<内容>石田が猫を飼い始めたことを記念して、シーズーを飼っている諏訪、パグを飼っている中田らとともに、何も飼ってない中川にプレゼン。
<出演>石田剛太、諏訪雅、中川晴樹、小林哲也、中田歩


すべてのプログラムはこちら
7/ 2(Thu) 18:07 No(12882)


全てのログを保存
拡張子はhtmに変更して下さい
No.  pass 


Annecho by Tacky's Room