[HOME]
ヨーロッパ日記

2021年 4月

   
   
   

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1
◆生配信
◆石田
2
◆石田
3
4
◆石田
◆中川
5
◆生配信
6
◆生配信
◆石田
◆上田
7
◆上田
8
◆生配信
◆上田
9
◆上田
10
◆上田
11
◆上田
◆中川
12
◆生配信
◆上田
13
◆生配信
14 15
◆生配信
16
◆石田
17
18 19
◆生配信
20
◆生配信
21 22
◆生配信
23 24
25 26
◆生配信
27
◆生配信
28 29 30  
          


■ 4月 1日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 4/1(木) 22:00〜22:30ごろ

13たび集まれる人集合! お花見っぽいものを食べる会

<内容>月あたまは恒例の食べる会。リモートでお花見しながらお花見っぽいものを食べます。お酒もありかなあ!
<出演>石田剛太 酒井善史 角田貴志 諏訪雅 土佐和成 中川晴樹 西村直子 上田誠 黒木正浩

ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
4/ 1(Thu) 19:43 No(13360)


■ 4月 1日    ( 石田 )  お花見  
4月です。春ですね。桜がとっても綺麗です。今日は天気も良くて気持ちが良かったですね。お花見したいですね。なかなかですね。お花見がとても好きなのです。お花見の準備とか、みんなで買い出しいったりおにぎりたくさん作ったり、ブルーシートと毛布を持って場所取りしたり、続々と人が集まってきたり、赤ちゃんとか子供が来たら一気に人気になったり、キャッチボールしたり花を少し見たり、お花見はいいものですね。
今夜は生配信でオンラインお花見をします。
どうぞお隣のお花見を覗く感じでご覧いただければと思います。

こちら
4/ 1(Thu) 21:29 No(13361)


■ 4月 2日    ( 石田 )  ふかふか  
昨夜は楽しいお花見でした。ご覧いただいていた方々からのコメントでチャットにもたくさん夜桜が咲いて満開でしたね。どうもありがとうございました。サングリアが余っているので今日も桜を見ながら一杯やっちゃいそうです。中川さんにはくれぐれもお見舞い申し上げます。こちら
生配信終わったあとにゴジゲンの松居君から連絡がありました。いまやっているゴジゲンの公演のことを少し話したのですが、それを見て律儀に連絡をくれたのでした。松居君はモテるなあと思いましたね。4/11(日)まで下北沢スズナリで公演ですって。僕もタイミング合えば行きたいなあ。こちらゴジゲン第17回公演-「朱春(すばる)」/
さて今日は理子さんが出演しているこまつ座さんの「日本人のへそ」を新歌舞伎座に観に行きます。新歌舞伎座行くのが初めてなのでドキドキしてる。きっとふかふかの客席なのだろうな。お京阪くらいふかふかだろうか。お京阪に乗って向かいっている。
4/ 2(Fri) 12:49 No(13362)


■ 4月 4日    ( 石田 )  note  
昨夜の暗い旅はご覧いただけましたでしょうか?いやご覧なれない地域だよ!というお声もあるかと思いますが、どうにかしたい思いはあります。
ということで、ひとくだりだけでもどうぞとYouTubeで「暗い旅ひとくだり」をはじめております。ひとくだりだけですがどうぞ。そしてどうぞ笑顔になってください。これを見たらより全編見たくなってしまいますね。こちら

さて明後日4月6日(火)21時からLOVE FMで「こちらヨーロッパ企画シーズン9」が始まります。radikoでエリアフリーであればお聴きになれますね。お金解決できることもあります。
そしてこちヨロはnoteも始めます。こちら
番組内のラジオドラマのコーナー「イシダカクテル」の脚本を放送前にnoteにて公開いたします。事前予習もよし、ラジオを聴きながら、また放送後に読むでもよし、テキストになったイシダカクテルを味わっていただければと思います。
こちヨロnoteをよろしくお願いします。こちら
4/ 4(Sun) 13:48 No(13363)


■ 4月 4日    ( 中川 ) 
29日、少年王者舘の宮璃アリちゃんがプロデュースするボイスドラマの収録で三重県の四日市へ。
せっかく名古屋方面へ行くので、名古屋のラジオを聴きたくて早めに行った。にしても早過ぎたので、途中名古屋で下車して、いつも行く喫茶店でモーニングを食べてから四日市へ向かって、四日市でもモーニングを食べて時間潰した。
収録は早めに終わったので、実家に一瞬だけ寄って、庭の桜の木の前で記念撮影した。母が近所の美味しいみたらし団子を用意してくれてて、二本食べたんだけど、実は四日市でも差し入れで美味しいみたらし団子をご馳走になってたので、この日僕は3本みたらし団子を食べていたのであった。
ボイスドラマ、僕が出る第3話は4月中にYouTubeで誰でも聴けるようになるそうです。今は2話まで上がってるので良ければ是非。こちら

30日も、27日と28日のドラマの撮影の続き。諏訪さんもいて、諏訪さんは衣装のTシャツで遊ばれていた。さすが「カンパニー」スタッフ。
そして僕は一足お先にクランクアップ。

1日、とある声のお仕事。石田君もいて、会うなりお喋りが止まらない石田君だった。

2日、ようやく確定申告を終え、衣替えもして、頑張ったご褒美にステーキを食べた。来年もまた確定申告やらなきゃいけないのかと思うとゾッとする。
4/ 7(Wed) 17:34 No(13377)


■ 4月 5日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 4/5(月) 22:00〜22:30ごろ

名言を晒しあう夜

<内容>名言って晒すもんじゃないですけど、過去にメンバーが発した名言を、そのときのエピソードを交えつつ晒しあう夜。
<出演>石田剛太 酒井善史 中川晴樹 上田誠 中田歩

ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
4/ 5(Mon) 15:55 No(13364)


■ 4月 6日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 4/6(火) 22:00〜22:30ごろ

中川晴樹のラジオ番組「俺のラジオ」#6

<内容>中川晴樹による生配信ひとりラジオ。ほんとは毎週ラジオをやりたい中川が、その思いを月1度の生配信にぶつける30分。
<出演>中川晴樹

ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
4/ 5(Mon) 15:56 No(13365)


■ 4月 6日    ( 石田 )  春雨  
春雨な今日この頃ですね。
いかがお過ごしでしょうか。こんな日はおうちでラジオを聴いてお過ごしになるのはいかがでしょうか。
本日6日(火)21時からは福岡の LOVE FMにて「こちらヨーロッパ企画福岡支部 シーズン9」の初回放送です。21時から30分番組ですので、「中川晴樹の俺のラジオ」こちら前にぜひ聴いていただければと思います。俺ラジリスナーとは層が被ってなさそうな気もしますが。僕はそのあとの大田こぞうさんの「月下虫音」を聴きますね。
4/ 6(Tue) 18:55 No(13376)


■ 4月 6日    ( 上田 ) 
暗い旅ポータルの会議、それから暗い旅の会議もやった日。

暗い旅ポータル、あんな短いのまとめて考えりゃいいじゃん、と思われるでしょうが、なかなかそうもいかず、小林くん中田くんと毎回集まっては一球入魂しています。「今日の会議では3ネタぐらいまとまったからしばらくいけるな」って思っていても、小林くん中田くんのなかで没にされてしまったりもするので油断ならない。またすぐ集まっては話すことになる。試行錯誤しながら実直にやってますので、みてくださいね暗い旅ポータル。

オフィシャルでまとまったリンクとかもないので、ファンの方が作ってくださった「ヨーロッパ四角」というサイト(こちら)の暗い旅ページ(こちら)が便利です。すべてリスト化されていてリンクで飛べます。このページ、正直スタッフみんな重宝している。ありがとうございますヨーロッパ四角さん。

そして「暗い旅」本編の新作打ち合わせ。先々、撮影しづらくなるタイミングがやってきそうなので、今のうちに撮りだめているのである。つぎは「意味が分かると怖い旅」をやります。知ってる方は知ってるでしょう、「意味怖」よばれる怪談のジャンル。あれをみんなで作ります。大歳さんいわく、作るのが難しくて新作が生まれにくいジャンルらしい。ならば俺たちが作ってやる。

夜には、左子くんと「You宇宙be」にまつわる秘密の打ち合わせ。予定されていた全5回の放送が終わっても、宇宙の旅はガタピシと続いてゆくのだった。そして、日曜美術館のライゾマティクスの録画をいっしょにみて唸った。左子くんは僕がもう一回みたい映像を一緒にみるのに付き合ってくれる、いいやつだ。

muro式.「がくげいかい」の初日がぶじ開いたそう。本番後の写真が送られてきたけど、疲労困憊だけがみてとれた。本多くんなんてうすくキレている。永野さんもキレている可能性がある。野外劇はそれだけ消耗するのでしょう。すごいことやってる。こちら
4/ 8(Thu) 03:29 No(13379)


■ 4月 7日    ( 上田 ) 
朝から人間ドックでした。もうどうしても、バリウム検査は、バラエティ番組みたいな時間がおとずれますね。斜めになる台の上で落ちまいとへばりつくみたいな時間が。

「ボーイミーツガール企画(仮)」がひと段落したので、積年の宿題「盗賊団企画(仮)」にとりかかっています。何も与件がないような自由な脚本で、それがいちばん僕苦手です。妙に壮大に構えちゃう。条件がほしい。役者やロケ地があらかじめ決まってるほうがずっと書きやすい。なので自ら架空の条件をつけて書いている。

「ドロステのはてで僕ら」は、出演者はヨーロッパ企画メンバーと朝倉あきさんの10人、ロケ地はあのカフェパランのビルとお隣の散髪屋さん、尺は70分程度で、役者の誰それはこの日しか来れなくて、みたいなのがすでに決まってたから書きやすかった。僕はそうなんです、座付き作家なので。

そんな「ドロステのはてで僕ら」のブルーレイとDVDが、日付がまわった8日の0時から発売開始です。先着特典のサインいりポストカードに、メンバーみんなでサイン書きました。ぼくもこの日、角田さんとヨーロッパハウスの工場で書いた。ちょうど「ボーイミーツガール企画(仮)」の音楽のことで角田さんに相談したいことがあって、きくと角田さんはいろいろ音楽のこと教えてくれて、2人ともサインをせず音楽を検索してる時間みたいのがあった。写真はその瞬間を物販担当の後藤さんが激写したところ。

ブルーレイかDVD、ぜひお求めください。おかげさまで、予約開始とともに快調な売れ行きで、早くしないと先着特典なくなっちゃうかもだそうです。こちら
4/ 8(Thu) 03:03 No(13378)


■ 4月 8日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 4/8(木) 22:00〜22:30ごろ

「ドロステのはてで僕ら」円盤発売記念 滝本晃司さんと劇伴を語る

<内容>映画「ドロステのはてで僕ら」の音楽を担当してくださった滝本晃司さんをお招きし、劇伴について語りこむ素敵な夜。
<出演>土佐和成 上田誠 山口淳太 平川鼓湖(整音スタッフ)
<ゲスト>滝本晃司

ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
4/ 5(Mon) 15:57 No(13366)


■ 4月 8日    ( 上田 ) 
夜の生配信は、滝本晃司さんをお招きして、ドロステの劇伴について語っていただく夜だった。(アーカイブはこちら

小学生のころ、バンド「たま」に出会って魂をぬすまれ、ファンクラブに入った。「たま」は4人が4人とも作詞作曲して歌うビートルズのようなバンドで、滝本さんの曲はなかでもコード進行や歌詞が複雑で、小学生だったぼくには難しかったのだけど、中学生くらいになると、これはひどく素晴らしいものだ、とわかるようになった。ギターを弾くようになったのもあるとおもう。たまのほかの方の曲や、たいていのバンドの曲はコードが弾けるようになっても、滝本さんの曲だけは全然弾けないのだった。耳コピしてコードをすこしずつとってゆき(インターネットなどなかったですからね)、そのたび「ええーここで何でそんなへんてこなコードに行くの!?」「ここでメジャーからマイナーへ!?」「このコードどうやって押さえるの? どうやってもそんな音鳴らないんだけど!」みたいなことの連続だった。たまの中でギターのうまい(べらぼうに!)知久さんが、滝本さんのコード進行を評して「変態だぞありゃ」と会報に書かれていたのが印象的だった。複雑怪奇なコード進行の中に美しさやなつかしさがふと走るのは魔法としかいいようがない。

そんな滝本さんに、大人になって劇中曲をお願いできるようなったことの光栄さは、もうたとえようもないのだけど、そういう魔法コードをもつ滝本さんなので(コードだけじゃないですが)、曲をお願いする場面はいつも、玉虫色の場面だ。楽しいシーンに明るい曲をつける、とか、悲しいシーンにマイナーな曲をつける、とか、そういうことではなく。悲しくて楽しくて切なくて間抜けな場面、とか。陰鬱なんだけど底抜けに明るい場面、とか。そういうシーンにこそ値打ちがあると思っていて、そこには曲などつけないほうがいいんだけど、滝本さんの楽曲だけは別で。そういうシーンなんですけどっていって滝本さんにお願いする。そうすると滝本さんは「うん、まあ、やってみるよ」とすこし困ったような返事をされたあと、おまちゃんさんとスタジオで錬金術をされ、できた曲は、矛盾した感情とうつくしさを見事にはらんでいる。「建てましにつぐ建てましポルカ」のラストの長大な曲は、もの悲しくて明るくて、圧巻だった。書くのにとても苦しんだあの劇は、あの曲に終わらせていただいたようなものでした。

「出てこようとしてるトロンプルイユ」のときは、「ダダ」という、アルバム「空色」の最後のほうに入っている大名曲を使わせていただいた。これを劇のラストにしたらとんでもなくぐっとくる、それだけで大成功まちがいなしのような曲だったので、おこがましくも、それをオープニングに使わせてもらうことにした。ひとの一生の終わりのその先、を見たいような劇だったから。そういうことをお伝えし、稽古場で稽古をごらんいただき、滝本さんがくださったラストの曲は、終わりの先のすべての始まり、みたいな、ごきげんだと思ったら突然影がさし、やがて悲しいのに底抜けにあかるいような曲と演奏だった。「つづくことつづくとこ」。もともとあった曲なのだけど、この劇にあまりにも合うのでと、提案くださった。ああ、これで申し分ないラストだ、と腑に落ちて、劇の成功を喜んでいたら、そのあと「もう一曲できたんだけど」っていって、「朝ははらぺこ」という、うってかわって静かな、震えるほどの名曲を送ってこられた。何年かぶりに曲を書いたよ、っておっしゃってた。ちょっとまってくださいよ矛盾ですよラストの曲が2曲あるんなんて、と究極みたいな二択に苦しみながら、結局、カーテンコールで乗り換えて、2曲、使わせていただくことにした。「朝ははらぺこ」は、ゴッホがゴーギャンと共同生活をはじめるときに、ゴッホがゴーギャンのために椅子を買ってあげて、生活をたのしみにしている、そのことが歌われた、すさまじい名曲です。コードの複雑さはなく、なのにイントロから情感があまりにふかく、そして出だしの詞とメロディがもう完璧すぎるんです。

(サントラ、地球レコードで売ってますからぜひとも。こちら

僕にとってそんな滝本さんなので、生配信など正気でできるわけがなく、まあやったのだけど、僕の言葉などいらない至上の時間となりました。ギターをつま弾き始められたときは「やばいやばいやばい!」と中学生のぼくがうるさかった。淳太さんが丁寧に構成と進行してくれて助かりました。「ドロステのはてで僕ら」は、淳太さんが監督で、滝本さんに音楽をお願いしたいといったのも淳太さん。なので、どんなやりとりが交わされたのか僕は知らない。でもできたものはやはり素晴らしく滝本さんクオリティでありました。嫉妬したし、ふたりの話をきけてよかった。まだまだ聞けてない物語があるんだろう。

「ドロステ」ブルーレイには、滝本さんのサントラも入ってます。宣伝かよと思われるでしょうが、宣伝です。CDのために新たに曲を構成してくださったそうです。こちら

長くお読みくださりありがとうございました。きょうは「盗賊団企画(仮)」にかかっていた一日。銀行強盗のことをしばらく前から調べているんだけど、資料がぜんぜんない。銀行強盗クロニクル、みたいな本、ありそうでないんですね。銀行強盗を扱った映画はたくさんあるんだけど。
4/ 9(Fri) 02:50 No(13380)


■ 4月 9日    ( 上田 ) 
舞台「夜は短し歩けよ乙女」のことが発表されました。森見登美彦先生の健脚な愛娘たる作品。わたし脚本と演出です。気合じゅうぶんです。こちら

この日記で「ボーイミーツガール企画(仮)」と書いていたのがそれです。ちょっとまあ色んな流れが縒り集まって大河になったような舞台なので、語りたいことがたくさんある。まずは森見さんと僕、ヨーロッパ企画のこと。「ギョエー! 旧校舎の77不思議」以来2年弱ぶりの舞台だということ。キャストのこと。スタッフのこと。いろんなご縁があって、この大舞台へとたどり着いた我々です。原作「乙女」の春の章のおわりに、「そういえば、我々はなぜ今夜集まったんだっけ」という素敵な一節があります。まさにいまそんな心境で、数奇な縁をたどって集まった21人のキャストと妖怪めいたスタッフたちの、絢爛と狂気の宴を愉しみにしていてください。

ひとつ言えることは、チケット発売まで早いぞ、ということです。ヨーロッパ企画からメルマガがとどいたむきには、ぜひそちらの情報を積極的にご活用ください。「乙女」の公式サイトでも、先行発売が4月19日から始まるそうです。こちら、詳細をおまちください。

なにしろこんな時節ですが、ぜひ劇場へ劇を観にきてほしいです。「思えばここ一年くらい、観劇をお休みしていたのよね」というあなた。僕もそうです。闇雲に跳躍すべき瞬間があるのではないか。そんな万年床の先輩の心境です。台本が書けているので強気なのであった。

肝心なことを伝えそびれてました、劇場は東京と大阪です。東京公演は、6月6日から22日まで、新国立劇場中劇場。大阪公演は6月26日と27日、クールジャパンパーク大阪WWホール。出演者も、HPなどでご覧いただいてるかと思いますが、書いておきますね。

中村壱太郎 久保史緒里(乃木坂46)
玉置玲央 白石隼也 藤谷理子 早織
石田剛太 酒井善史 角田貴志 土佐和成 池浦さだ夢 金丸慎太郎 日下七海 納谷真大
鈴木砂羽
尾上寛之 藤松祥子 中村 光 山口森広 町田マリー
竹中直人

こちら

さてこの日は、朝から「暗い旅」の石田会議。石田くんが主催する、暗い旅をよりよくするための会議です。今度のDVDや、放送がない地域の方々にも見てもらえる仕組みのこと。これはエキサイトしました。そして「夜は短し歩けよ乙女」の宣伝番組について、左子くんと打ち合わせ。一翼をヨーロッパ企画で担わせていただきます。左子くんはきょう30歳になったそうです。そのあと暗い旅のプレビューをみんなで。そして「青春のにおいのする企画(仮)」のリモート打ち合わせ。夜には久しぶりに「週刊!ヨーロッパ2」にリモート出演しました(こちら)。ここでも「乙女」のことを話してます。あとこないだの新米パパ生配信の反省会も。あわただしい一日でありました。
4/11(Sun) 01:43 No(13381)


■ 4月10日    ( 上田 ) 
「夜は短し歩けよ乙女」の宣伝会議をいろいろと。京都を舞台にしたお話で、そして我々は京都に住んでいる。この地の利を生かさない手はない、という鼻息であります。京都であちこちロケするつもりです。

そして今日は暗い旅の新作ロケをしました。露骨に撮りだめている。「意味が分かると怖い旅」というのをやりました。ネット怪談シーンの鬼っ子、「意味が分かると怖い話」を、みんなで考えようというものです。「意味怖」などとも略されます。僕も2つ考えた。みんなで披露しあっては、怖がったり批評しあい、意味怖文壇がここから生まれる気配であった。句会とかってこんな感じかしら。めっちゃくちゃ楽しい、ずっとやってたい。

ゲストの大歳さんが、歯の治療直後でしゃべれないのだった。それをホワイトボード筆談で説明する大歳さん。会談企画なのにしゃべれないなんて。それでもいいと言って呼んだのは我々なんだけど。しかし後半はあまりに熱くなり、痛みをおして喋りまくってくれた大歳さんでした。
4/11(Sun) 02:01 No(13382)


■ 4月11日    ( 上田 ) 
「夜は短し歩けよ乙女」、脚本はもうかけている。かけているんだけど、いろいろ準備はしないといけなくて、うかうかしてたら稽古がはじまっちゃう。けっきょく脚本ができてようができてまいが、稽古へ向けては緊張するのだった。

比較的のんびりと、「盗賊団企画(仮)」にむかえた一日でした。銀行強盗のことをいろいろシミュレーションしてみているんだけど、難しいものだな、とあらためて思います。苦労のわりに実入りがすくない犯罪のようで、全盛期の8分の1くらいに減ってるんですって。

大歳さんと「青春のにおいのする企画(仮)」の打ち合わせ。案外これが待ったなしで、明日もまた打ち合わせする。夜には、暗い旅の新作「なぞなぞ三銃士がマコトさんをもてなす旅」の、テロップ入れをしました。撮影で狂騒状態なほど盛り上がってしまって、冷静にみるとちょっと常軌を逸しているのを、軟着陸させるような編集作業だった。仮編担当の宮崎くん、今回は苦労したことでしょう。引き継いだ鍋ちゃんもお疲れさまです。

妻と息子とはじめて夜の食事へでかけ、帰りに妻が「そういえば、見てほしいものがある」と、連れて行ってくれたのが、写真の商業施設のガレージ。ロボットが2体いた。警備員さんにきくと、「ディスプレイに使われるはずが、使われなくなったんです」とのこと。抒情がすごい。映画いっぽん撮れちゃうよこれ。暗い旅でできないかな。
4/12(Mon) 05:08 No(13385)


■ 4月11日    ( 中川 ) 
5日、ちょっとだけ出させて頂いた映画「POP!」の舞台挨拶でした。ムージックラボの今年のグランプリを受賞したそうで、自分が関わった作品が評価を受けて嬉しい。僕は、変な男を演じてます。こちら
この日の生配信は、名言を晒し合う夜、でした。こちら
名言なんて無いぞと思ってたけど、話してるうちに色々思い出すもので、面白かった気がします。

6日、先週から続く、とあるドラマの打ち合わせ。これまではzoomだったけど、この日は顔を合わせてお話出来て、やっぱ対面で話すことって大事だよなーと思う時間でした。
この日の生配信は、「俺のラジオ」#6でした。こちら
話す事が楽しいし、溢れている。ラジオがあると思うと、そこを考えながら過ごすし、そういう目になって周りを見る。ラジオハイだ。

11日、淳太監督のとある撮影があって、角ちゃんと行って来ました。情報解禁がまだまだ先なので書けないですけど、嘘やろってくらい面白い事がバコバコ起きた。変な事が起きるたびに角ちゃんと「え、あれどゆこと?笑」「いや分からんです笑」ってこそこそ話した。で、角ちゃんも変な事をやらかしていた。ラジオで話すために、撮影終わって角ちゃんと別れてすぐ、路上で立ち止まって全部メモに残した。
4/15(Thu) 11:35 No(13387)


■ 4月12日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 4/12(月) 22:00〜22:30ごろ

後輩作家が先輩作家に作品を批評してもらう夜

<内容>ヨーロッパ企画の若手作家・小林哲也が、ふだん聞けない先輩作家に、自分の作品をどう思ってるかおずおずと聞く夜。
<出演>上田誠 大歳倫弘 小林哲也 ほか

ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
4/ 5(Mon) 15:58 No(13367)


■ 4月12日    ( 上田 ) 
「夜は短し歩けよ乙女」へむけて、音楽の勉強をしている。もっというと、ポエトリーやラップをあれこれ聴いてみている。「乙女」はとにもかくにも、一人称でひたすら流麗な日本語が書かれている原作なので、それを舞台でおもしろく響かせるにはどうすればいいか、ということを考えている一環なんです。うまくいくか分からないけど。僕はふだんラップをほとんど聴かないので、まわりの詳しい人におススメを教えてもらっている。角田さんと大歳さんは偉大だ、教えてくれる曲がばっちりかっこいい。

今日は、左子くんと「乙女」の宣伝番組のうちあわせ。それから、大歳くんと「青春の匂いのする企画(仮)」、という変わりばえのしない日だった。明日もまた大歳さんと会う。せめて会う店を変えている。きのうはカフェパラン、今日はチロル、あしたはコロラドだ。

夜にやった生配信「後輩作家が先輩作家に作品を批評してもらう夜」では、上田・酒井・大歳の3人が、後輩作家・小林くんの映画作品群をみて、批評した。こちら。偉そうにやってみたけど、ショートショートムービーフェスティバルでは、僕ら3人よりも小林くんのほうが好成績を収めているのだった。

ヨーロッパ企画ってあんまり、お互いの作品を批評したり感想いったりしないんですよね。本公演の中身の話もほとんどしない。「乙女」も脚本を書きあげて送ってはいるけど、メンバーの誰からも特に感想などはない。そんなもんです。あ、でも作家どうしは劇の感想は送りあうかも。大歳くんに送ったり、送ってもらったり、中田くんに送ったりとか。高めあうのいいですね。批評しあっていこうと思いました。小林くんが示したNGワードリスト、甘えたこと言ってやがるなと思ったけれど、とてもよいルールだとも思った。いっそ批評界のスタンダードになればいいなと思います。
4/13(Tue) 04:44 No(13386)


■ 4月13日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 4/13(火) 22:00〜22:30ごろ

角田カルチャークラブ臨時招集 −角田の観葉植物に元気を−

<内容>前回のカルチャークラブで判明した、角田貴志の枯れた観葉植物を、どうやって復活させられるか話し合います。
<出演>角田貴志 石田剛太 西村直子 中田歩 小林哲也 稲森明日香(夕暮れ社 弱男ユニット)

ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
4/ 5(Mon) 15:59 No(13368)


■ 4月15日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 4/15(木) 22:00〜22:30ごろ

うんまんの! 暗い旅ミーティング9 −小林欣也、大いに語る−

<内容>「暗い旅」がほこる知の巨人でありミスター演劇蟹工船、小林欣也さんに、暗い旅を語ってもらいます。コア!
<出演>石田剛太 酒井善史 上田誠 鍋島雅郎 小林欣也

ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
4/ 5(Mon) 16:00 No(13369)


■ 4月16日    ( 石田 )  欣也さんは旅くん  
昨夜は生配信「うんまんの!暗い旅ミーティング9」でした。ご参加いただいたみなさまどうもありがとうございました。これからでもよかったら見てください!こちら
欣也さんがゲストできてくれました。欣也さんの暗い旅出演回数とその貢献度に感謝せずにはいられませんね。たしかに最初の方は欣也さんとどう接したものかと戸惑っている部分はありました。その度に「出禁だ!」という語彙しかなかった自分の未熟さを恥じます。いまでは頼れるストライカーのような存在です。でもやはりたまにレッドカード出しますけどね。欣也さんは温和なやさしい男です。そして狂気を孕んだ危ない男です。魅力的でないはずありませんね。
明日の暗い旅ではぼくのお友達でありますSpan!のマコトさんが出てくれてます。暗い旅をずっと見てくれてるマコっちゃんの視点と欣也さん、大歳さん、黒木さんが初めて3人揃った未知なる狂演。おもしろくないことなどあろうはずありません。永久保存版です。欣也さん○の回ですって!
4/16(Fri) 17:48 No(13388)


■ 4月19日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 4/19(月) 22:00〜22:30ごろ

オート・シローンの水平思考ゲームvol.1 −喫茶店に長居できない男−

<内容>大歳倫弘の新機軸! 水平思考ゲームを出題してくれる配信です。クイズずき、推理ずき、みんなで答えましょう。
<出演>石田剛太 酒井善史 黒木正浩 池浦さだ夢(男肉du Soleil)

ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
4/ 5(Mon) 16:01 No(13370)


■ 4月20日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 4/20(火) 22:00〜22:30ごろ

週ヨロ2増刊号「生配信1周年記念! みんなでしゃべります」

<内容>この日でちょうど、生配信をはじめて1周年! ただシンプルに、みんなでしゃべります。祝いましょう。
<出演>石田剛太 酒井善史 角田貴志 諏訪雅 土佐和成 中川晴樹 西村直子 上田誠 後藤円香

ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
4/ 5(Mon) 16:02 No(13371)


■ 4月22日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 4/22(木) 22:00〜22:30ごろ

第9回公演「12人の追い抜けないアキレス」を、みて話す

<内容>過去の本公演をみて話す人気企画。ついに、DVD化されている最古の作品がひも解かれる!2001年の密室会話コメディ。
<出演>石田剛太 酒井善史 諏訪雅 中川晴樹 玉田晋平(元ヨーロッパ企画)

ご覧いただけるのはこちら
すべてのプログラムはこちら
4/ 5(Mon) 16:03 No(13372)


■ 4月26日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 4/26(月) 22:00〜22:30ごろ

「探偵☆星鴨」の脚本・諏訪がいちども現場に行けなかったので出演者にようすを聞く夜

<内容>脚本家って案外、撮影現場に行きそびれるんですよね。そんな諏訪が、ドラマ「探偵☆星鴨」の現場のようすを聞く夜。
<出演>石田剛太 諏訪雅 ほか


すべてのプログラムはこちら
4/ 5(Mon) 16:04 No(13373)


■ 4月27日    ( 生配信 ) 
「ヨーロッパ企画の生配信」 4/27(火) 22:00〜22:30ごろ

とある番組にまつわるショートドラマを見直す夜

<内容>ちょっとまだ明かせないのですが、ある番組の前哨戦として、ゲストとショートドラマを見る予定です。
<出演>石田剛太 諏訪雅 黒木正浩 ほか(ゲスト予定)


すべてのプログラムはこちら
4/ 5(Mon) 16:05 No(13374)


全てのログを保存
拡張子はhtmに変更して下さい
No.  pass 


Annecho by Tacky's Room