[HOME]
ヨーロッパ日記

2020年 1月

   
   
   

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
◆お知らせ
◆角田
◆お知らせ
◆お知らせ
◆お知らせ
◆上田
◆石田
◆永野
2
◆お知らせ
◆お知らせ
◆淳太
◆角田
◆上田
◆石田
◆永野
3
◆お知らせ
◆角田
◆上田
◆石田
◆永野
4
◆角田
◆上田
◆石田
◆永野
5
◆角田
◆上田
◆石田
◆永野
◆中川
6
◆上田
◆石田
◆角田
◆永野
7
◆角田
◆永野
◆石田
◆上田
8
◆お知らせ
◆角田
◆永野
◆石田
◆上田
9
◆角田
◆石田
◆お知らせ
◆上田
◆永野
10
◆角田
◆上田
◆石田
◆永野
11
◆上田
◆石田
◆角田
◆永野
12
◆角田
◆石田
◆上田
◆永野
◆中川
13
◆大歳
◆角田
◆上田
◆石田
◆永野
14
◆お知らせ
◆角田
◆上田
◆石田
◆永野
15
◆お知らせ
◆角田
◆上田
◆石田
◆永野
16
◆上田
◆角田
◆永野
◆石田
17
◆角田
◆石田
◆永野
◆上田
18
◆永野
◆石田
◆角田
◆上田
◆お知らせ
19
◆淳太
◆永野
◆石田
◆角田
◆上田
◆中川
20
◆角田
◆上田
◆石田
◆永野
21
◆お知らせ
◆角田
◆永野
◆上田
22
◆角田
◆お知らせ
◆石田
◆上田
23
◆角田
◆石田
◆上田
◆上田
24
◆角田
◆上田
25
◆角田
◆石田
26
◆お知らせ
◆お知らせ
◆石田
◆角田
27
◆お知らせ
◆お知らせ
◆石田
◆角田
28
◆お知らせ(石田)
◆石田
◆角田
29 30
◆お知らせ
31
◆お知らせ
 
          


■ 1月 1日    ( お知らせ ) 
干支がアルバムの一曲目に戻った感じになりました候、あけましておめでとうございます。2020年ということさら未来を感じる数字に胸躍ります。上田から年始のご挨拶と1月のお知らせ申し上げます。今年は1月から話題がたくさんですねー。

イエティが3年ぶりに動き出します! 大歳くんの作・演出のユニット。もしかするとご存じない方もいらっしゃるのでは。面白かったんです、イエティ。なのにあんまりやらなくなって、残念がっていたら久しぶりに「スーパードンキーヤングDX」という舞台をしてくれるそう。石田、酒井、角田、中川、呉城さん、理子ちゃん、出さん、というメンバーです。東京と伊丹。こちら

「暗い旅キャラバン」を、東京・横浜・大阪でやります! これ去年もやりまして、ツアー感あって楽しかったです。カウントダウンで発表しましたが、各地それぞれ違うことをします。東京はアナヨログゲームをしたり我々さんに演奏をしてもらったり。横浜ではついに「接しやすい先輩・仏3に今年こそ入る旅」をやりますと言ったらメンバーがうなりました。あとゾーカートGP2020も! 大阪は2月ですが「黒木マジックショー2020」と、あと角田さんがまたヨックリマンシールを手に入れたそうです。

何のことか分からないぞ、という方には予習に暗い旅フルをどうぞ。

アナヨログゲーム →こちら
接しやすい先輩・仏3 →こちら
ゾーカート →こちら
去年のキャラバン横浜編(期間限定) →こちら
去年のキャラバン東京・大阪編(期間限定) →こちら

東京(こちら)は1/27(月)、横浜(こちら)は1/28(火)、大阪(こちら)が2/15(土)。

そして暗い旅DVD7巻と8巻が同時にでます! 年々、手が込んできているDVDです。今作にはサカイアローン3でサケキンくんが仕掛けたトラップMAPや、ほこ×さけで酒井がつくった発明の徹底解説がついてきます。

暗い旅の記事ながくなっちゃった、今年もみてくださいね。放送が見れない地域もカバーしてゆきますからね。後藤ちゃんのかゆいところに手が届くブログ(こちら)、鍋島のやかましい公式ツイッター(こちら)、小林くんがうけついだポータル(こちら)もよしなに。

つづく。
1/ 1(Wed) 17:12 No(12229)


■ 1月 1日    ( 角田 )  持ち手がついた餅  
あけまちんこおめでたまきん。

カウントダウンイベントにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。上田くんとプレゼンさせてもらったスマホ版ゲームムービー『とりきめきナベリアル』、時間の都合でほんの触りぐらいの紹介でしたが、その後の鍋ちゃんと呉城さんの熱演も見ていただきたかったです。今後またプレイ出来る機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

ここからは私信となりますが、初詣でご質問いただいたお客さまへ。その時とっさに思い出せなかった漫画のタイトルは『乱と灰色の世界』でございました。

それでは今年もよろしくお願いいたします。

写真は、『とりきめきナベリアル』撮影後に行ったトリキでの鍋島D。
1/ 1(Wed) 23:52 No(12230)


■ 1月 1日    ( お知らせ ) 
お知らせのつづき。

角田さんが書いている通り、「とりきめきナベリアル」というスマホ版ゲームムービーを作りました。これ皆さんにもお届けしたく、やりかたを検討中です。「ギークの逆襲」でやった研究は、ほかにも2020年代のわれわれの新しい動きへの礎になるんではないかな。

そしてお正月にまつわることがいくつかありまして。1/2(木)のお昼12時には、僕上田と、AR三兄弟川田さん、SCRAP加藤さんでしゃべっているラジオ「2027年クリエイターズ放談」がニッポン放送であります。1時間! こちら

そして2日夜には、僕が書きました単発ラブコメディ「ハゲしわしわときどき恋」がテレビ朝日であります。関東ローカルですが、関西は1週間後の1/9(木)にあるそうです。こちら

1/2(木)・1/3(金)にかけては、淳太さんが監督した 「警視庁捜査資料管理室(仮)」「警視庁捜査資料管理室」の一挙放送がありますね。「ドロステのはてで僕ら」の前にはこれを2年ぐらいやってた淳太さんです。こちら

3日夜21:00からは、CBCラジオで「ヨーロッパ企画のブロードウェイNAGOYA お正月版」もありますね。名古屋を世界都市にするには、というアンケートがメンバー全員にとどいて戦慄しました。こちら

SCRAP加藤さんといえば、SCRAPの新作、現場調査ゲーム「演じすぎた男」を我々お手伝いしています。淳太さんが総合演出、諏訪さんが監督、酒井くんが出ていて、大見さんがOP映像だそうです。監督が多い気がしますし謎に包まれてますが、もう始まっていて毎日やってます。こちら

さらにつづく。
1/ 2(Thu) 00:51 No(12231)


■ 1月 1日    ( お知らせ ) 
ドラマや映画もいろいろ!

8日スタートのドラマ 「知らなくていいコト」(日本テレビ系)には、本多くんと永野さんがでます。こちらに相関図がありまして。ふたりとも週刊誌の編集部員ですね。というか相関図が壮大! こちら

18日からは、酒井さんが原案・脚本をしたドラマ「大江戸スチームパンク」がはじまります。酒井さんがちょんまげをつけていたのはこれでした。中川さんも出てますね。暗い旅で現場を見にいったら「やんす」キャラを演じていて、スタッフさんにもマネされてばかにされてました。テレビ大阪とTSUTAYAプレミアム! こちら

24日スタートの1月ドラマ「女子高生の無駄づかい」(テレビ朝日)の第3話を角田さんが書いてます。「ハゲしわしわ〜」とこれはおなじプロデューサーさんですね。こちら

そして、映画「前田建設ファンタジー営業部」が、15日にまずは完成披露舞台挨拶がありまして(こちら)、31日から全国公開が始まります! ぼくが脚本を、本多くんが出演してチカダ役を、やってます。前売り買ってもらえますと盛り上がりますのでぜひ。こちら

まだつづく。
1/ 2(Thu) 01:10 No(12232)


■ 1月 1日    ( お知らせ ) 
レギュラーは変わらず、2020年も以下続投!

暗い旅(こちら)。
ポータル(こちら
YouTubeでの暗い旅フル(こちら)。
京も一日 陽だまり屋(こちら)。
U-NEXT(こちら)。

ブロラジ(こちら)。
週ヨロ2(こちら)。
こちヨロ(こちら)。
ピカちん(こちら)。
時空旅(こちら)。

YouTubeのチャンネル登録もぜひ、おねがいしますね。こちら。暗い旅とかラジオ、色んな予告編とか、関連動画とか、日々ととのえてお待ちしてます。

2020年はほかにも、初めての自主長編映画「ドロステのはてで僕ら」を2月に撮って春ごろに公開し、ニッポン放送さんとの舞台「たけしの挑戦状 ビヨンド」を4月に僕と石田諏訪土佐でやりまして。4月からのドラマ「浦安鉄筋家族」にもけっこうヨーロッパ企画ぐるみで関われそうですし、夏から第40回本公演があります。今年はぐんと変化球を投げたいと思ってます。カウントダウンもまたやれるかな。写真はギークの逆襲の舞台袖。さらに各人あちこちの持ち場で命を燃やすことでしょう。

このごろは京都・東京の2拠点で劇団が動いてまして。まだ見ぬ面白さを自分たちで作ってゆくような京都、テレビや映画やプロデュース公演に飛び込んでゆくのがたのしい東京。シナジー、と心が叫んでます。もちろん舞台公演では各地にもお邪魔してゆきます。一同たゆまずやってゆきますので、いろんなところでいろいろやる我々を今年もどうぞ、よろしくおねがいしまチュー。
1/ 2(Thu) 01:40 No(12233)


■ 1月 1日    ( 上田 ) 
新年、あけましておめでとうございまーす。

お知らせ日記を山ほど書きましたので読んでくださいぜひ。カウントダウンあけの例年どおり、夕方前におきてお雑煮をたべ、オールザッツ漫才の録画をみました。

写真は、カウントダウンあけの早朝、なか卯へ朝ごはんを食べに行ったのだけど、つまんない席に座ってしまった鍋島。
1/ 2(Thu) 03:48 No(12238)


■ 1月 1日    ( 石田 )  あけまちゅておめでちゅー  
あけましておめでとうございます。
カウントダウン「ギークの逆襲」で新年を迎えました。ありがとうございました。年明け一発目の黒木映画「虫捕物帳」で初笑いの予定だったのですが、なかなかの静寂でしたね。今年の目標ができました。虫捕物帳リメイクしたいです。
ではみなさま良いお正月を。
1/ 2(Thu) 16:19 No(12244)


■ 1月 1日    ( 永野 ) 
カウントダウンご来場のみなさま、ありがとうございました!
そして、日記を読んでいただいているみなさま、あけましておめでとうございます!
どうぞ今年もよろしくお願いいたします!

カウントダウンが終わり、みんなで新年会をして、朝10時くらいまで寝た。「弾丸!西遊記」の作業の疲労感は正直41歳の身体には相当こたえているが、がんばって布団から這い出て、母親から届いていた子供たちへのお年玉を郵便局までバイクで取りに行って、里帰りしていた家族たちと京都駅で合流。そして兄家族が住む広島へ向かいました。

ただただ姪っ子や子供たちと遊び、兄と語り合い、おでんをつつき、ゆったり過ごした。姪っ子たちたっての希望で人狼ゲームもした。「とりあえずお父さんをサクっと殺そうよ」という姪っ子たちの兄に対するぞんざいな扱いと大雑把なゲームプレイが面白かった。
1/ 7(Tue) 16:28 No(12262)


■ 1月 2日    ( お知らせ ) 
上田、加藤さん、川田さんが、未来を語る!

ラジオ「2027年クリエイターズ放談」
1/2(木)12:00 〜 13:00 ニッポン放送
出演:上田誠、加藤隆生、川田十夢
こちら

お知らせが直前ですいません。ぼく上田と、SCRAP加藤さん、そしてトークゲストのAR三兄弟川田さんで、去年の秋に「音楽とアイデア」というライブイベントをやったんですね。それがきっかけになってラジオ特番を作ってもらえました。

タイトルが「2027年クリエイターズ放談」というもので、「7年後2027年のエンタメについて語り合う1時間」というコンセプトの、なんというか尖った番組です。ほんとに放談しまして、そしたら途中、加藤さんと川田さんの話についていけないときとかあって。完パケを聴いた後藤P(たけしの挑戦状ビヨンドのプロデューサーでもある)から届いた感想が「ニッポン放送にないテイストで新鮮で面白かったです」というどちらともとれるものでした。先に言っておきますと「ふりかけ」発言は失敗でした。などとところどころ焦げ臭いですけど、手加減なくしゃべって大変楽しかったしまたしゃべりたい。クリエイターズ3人の大相撲、ぜひお聞きください。こちら
1/ 2(Thu) 02:26 No(12234)


■ 1月 2日    ( お知らせ ) 
上田が単発ラブコメドラマを脚本しました!

ドラマ「ハゲしわしわときどき恋」(テレビ朝日)
1/2(木)23:40〜24:40オンエア
脚本:上田誠
こちら

「ハゲ恋」と呼んでください。主演がゆりやんレトリィバァさん。ケアハウスを舞台にした、老人たちが恋して歌い踊るいかれたラブコメです。老人たちなのになぜゆりやんさんが主演かといいますと、2人一役なんですよね。恋すると気持ちが若くなり姿も若くなる、という。そしてミュージカルシーンがあって、それは長回し、という、企画性が多牌していていい感じです。これを考えたのが、「おっさんずラブ」の貴島彩理Pなので、変わり種にみせかけてとてもエモーショナル。こちらに予告編があります。

監督が山岸聖太さん、ダンスの振り付けがs**t kingzさんなのだからすごいです。現場の様子がこちらで記事になってます。脚本家って、脚本をかいたら終わりで、現場にはあんまり行かない(邪魔になる)のだけどそわそわしてはいるもので。しかし今回は、貴島Pがミュージカルシーンの写真とか動画をどしどし送ってくれたおかげで、二条にいながら現場にいたような気持ちです。練習風景はすごいものでした。キレッキレとはこういうことをいうのだろうし、ダンスにはうかつに手を出すまい、と誓ったほどでした。

そして斉木しげるさんが、モテ老人をやってくださったのは、僕としては万感の思いです。シティーボーイズ先生のコント映像を昔なんど見たことか。関東ローカルですけど、ABCでも1週間後の9日(木)に放送があるようです。ぜひー。こちら
1/ 2(Thu) 02:54 No(12235)


■ 1月 2日    ( 淳太 ) 
監督しましたドラマシリーズ「警視庁捜査資料管理室(仮)」「警視庁捜査資料管理室」が一挙放送です!

本日2日はファーストシーズン「警視庁捜査資料管理室(仮)」から。BSフジ・19:00〜24:30まで、ありがたい時間帯にぶっ続けで。

連続ドラマは初めて監督しました。全話監督しております。深夜ドラマはキツいよとは聞いていたんですが、想像絶する大変さでした。当たり前なんですが、全部を決めないといけないんですよね。原作もないオリジナルドラマなので、キャラクターの設定から、舞台となる捜査資料管理室の図面まで、考えに考えまくって、吐きそうな日々でした。難産から生まれたドラマですので、思い入れもすごくありますが、いい作品になったと思います。ここまで多くのテロップがドラマの中に入ってくるのは今までなかったと思いますし、編集でもボケようと思って変わったことをしています。今までに無いドラマを作ろうとして、それが荒削りながらも形にできたのが感慨深いです。
上田さん脚本の「ハゲしわしわときどき恋」が始まるまでは、チャンネルはぜひBSフジに!
1/ 2(Thu) 07:37 No(12243)


■ 1月 2日    ( 角田 )  おせち料理でおセンチになる  
いつだったかピカちんでお世話になっているバンダイさんからいただいたガンプラを放置していのですが、思い立って作り始めました。今日一日で作ってやろうと思っていましたが、もうパーツを切り出すだけで疲れました。それも五分の一くらいの量です。素組みでも合わせ目消しくらいは出来るかと思っておりましたが、思い上がりも良いところでした。スジ彫りやらC面出しなど夢のまた夢です。完成まで3ヶ月かかる気がする。

ムービーウォーカーさんのサイトで2019のベスト映画を選ばせていただました(こちら)。新作、旧作、インディーズ作から一本ずつというかんじで選びました。よろしければ何かしらの参考にして下さい。

写真は、ガンプラのパーツ。もうすでにパーツかゴミか分からんようになっている。
1/ 2(Thu) 19:29 No(12245)


■ 1月 2日    ( 上田 ) 
ぼく方の親戚、奥さん方の親戚、両家に会う、という例年通りの1月2日。たくさんの子供たちと会えるので、今の小中学生の動向をひそかにリサーチするのも毎年のこと。「最近の子供たちは、テレビはもう見なくてYouTubeばっかりなのよね」なんて聞くと、「テレビ全然みるよ、みんな見てるよ」という答えが返ってきたり。まあひとくくりにはできませんね。どう考えても食べすぎました。

写真は毎年しずかに火花をちらすスイーツ戦争。大歳くんが以前これを劇にしていたな。結城企画「瞬間、今、おれ、わたし、やるっきゃない」でした。次のイエティが楽しみ。
1/ 6(Mon) 04:08 No(12249)


■ 1月 2日    ( 石田 )  福袋  
福袋なんてと思ってたんですが、歳のせいなのか福袋の良さというものを再確認しますね。
お得、に弱くなってるのと、選ぶ、というのが面倒になってきてるというのがあるのかしら。何が入ってるんだろう、にはそそられません。何が入ってるかは分かった上で、自分には必要ないかもしれないものが、いや案外いいじゃん!となるのがうれしいのかなあ。
ワインとチーズとお漬け物の福袋を大丸さんで買って食っちゃ寝え食っちゃ寝えお正月を過ごしておりますね。
売れ残りを入れてるのかもしれないけど、他人にとっての売れ残りは自分にとってはうれしい欲しいものだってあるのよねえ。
白ワインと赤ワイン、2本で5,000円相当のものが3,000円とか言われたら買っちゃうよねえ。ほんとかうそかは分からないけど、1,000円のワイン2本が入ってたとしても僕には分からないのだからしあわせだ。
1/ 6(Mon) 12:04 No(12253)


■ 1月 2日    ( 永野 ) 
のんびり起きて厳島神社へ。
昔行った気がしてたけど、完全なる勘違いだった。

「船に乗っていくん?!」ってなったし、僕の頭の中の厳島神社には本殿は存在してなかったし、鹿と鳥居とビーチのみの記号的な風景だった。もしくは、またしてもパラレルワールドの厳島神社に行っていたのかもしれない。


写真は、厳島神社の鳥居がまさかのイントレまみれだった様子。
1/ 7(Tue) 16:34 No(12263)


■ 1月 3日    ( お知らせ ) 
ブロナゴの正月特番!?

ラジオ「ヨーロッパ企画のブロードウェイNAGOYA お正月版」
CBCラジオ(名古屋)
1/3(金)21:00〜21:40
出演:中川晴樹・永野宗典・藤谷理子
こちら

ブロードウェイNAGOYAの勢いはすごくて、ついにお正月特番。レギュラー放送は深夜4時からでしたが、驚異的な繰り上がりをみせ、3日の21:00から40分に拡大版で!

「ヨーロッパ企画のブロードウェイNAGOYA」ってしかし3つ地名が入っていて、知らない人が聞いたらどこのラジオなんだって感じでしょうねえ。地球上のどこもない場所から放送されてるのが「ヨーロッパ企画のブロードウェイNAGOYA」です。「世界総名古屋化計画」というおそろしいコーナーがあるらしい。コーナーじゃなく陰謀なんじゃないか。聴かなくていいですがどうしてもというなら、お聴きくださいねえ。
1/ 2(Thu) 03:05 No(12236)


■ 1月 3日    ( 角田 )  寝ずにねずみ年をむかえる  
おこんばんは。
近所の神社にお参りに行って、おみくじを引きました。護王神社では小吉でしたが、ここでは末吉。今年もこぢんまり生きよう。

今日は一日ガンプラと向き合った日でした。パーツを切り取り、ゲート処理をして、組み立て始めたところ、割と序盤でパーツを無くして途方に暮れました。

写真は、組み立てたガンプラ。護王神社のおみくじを見返すと『失せもの/出がたし』とあった。これを完成とするしかない。
1/ 3(Fri) 22:26 No(12246)


■ 1月 3日    ( 上田 ) 
早織さんご夫妻とお会いし、坦々麺をたべに行きました。写真は近くにあった、そろばん塾「ピコ」。そろばん塾なのにビット感あるお名前ですてき。

そういえば早織さんが、ブロードウェイラジオで僕が1月に書いているラジオドラマ「世界の終わりかけとスリーコード」に出てくださいます! 今ちょうど早織さんもギターを練習中だった、という数奇な縁があり。「野良になれ」という、石田くんが弾けなかったし弾こうともしなかった曲を、受け持ってくれることになりました。練習中の動画が送られてきたのだけど、短期間でこれほどに仕上げたのか、と感動的でしたので、収録はまだ先ですけど、「世界の終わりかけ〜」全4話をお楽しみに。

フォークミュージカルを作るのが楽しすぎる。曲を作るのがとくに。これとか、「すいているのに相席」のコントとか、あとゲームムービーのシナリオなどは、なんとなく自分の中で自由研究といいますか、夜中にだけやるようにしているんだけど、今年はそんな夜中の研究を充実させてゆけたらなと。

しかしそんな悠長な俺をいくつもの照準みたいなやつが狙っている。
1/ 6(Mon) 04:28 No(12250)


■ 1月 3日    ( 石田 )  ホーダー  
ゲーム・オブ・スローンズをずっと見ている。ずっとだと流石に疲れてくるので、途中で別の映画を見ている。NetflixさんAmazon primeさんU-nextさんありがとうございます。
スパイダーバースを見てこの歳にもなってスパイダーマンになりたいと思ったお正月でしたね。そろそろ夢から醒めよう。
1/ 6(Mon) 12:32 No(12254)


■ 1月 3日    ( 永野 ) 
広島から新大阪に向かい家族たちを見送り、僕は再び新幹線に乗って、東京へ。

座席はどの便も満席で、立つのも厳しい状況ですというアナウンスがされていたけど、エイヤ!で乗り込んで、おしくらまんじゅう状態で向かった。

なかなかの長旅だった。
なんかずっと弾丸感があるのは気のせいか。

東京の下宿に着き、疲れてるのかどうなのかわからん変な状態だったので、晩ご飯食べて、バチコーン!と気合で布団に潜り込んで寝てやった。


写真は昨晩いただいたウニホーレン。
1/ 7(Tue) 16:38 No(12264)


■ 1月 4日    ( 角田 )  お年玉を落とし黙る  
今日はカウントダウンの時にお客様からいただいた学研の超人図鑑を読んでプロテインバーかじってたら、いつの間にか外が暗くなっていました。

もうお正月は終わりですかね。今日はお正月休みではなく、土曜日だから休みというかんじなのでしょうか。そして日曜日が終わり月曜日になれば普通の日になるかんじですかね。恐ろしいかんじですね。

写真は、私のおせち。
1/ 5(Sun) 00:49 No(12247)


■ 1月 4日    ( 上田 ) 
始まってほしくない1月はもう始まっているので、「ドロステのはてで僕ら」の台本をいそいそとやる。「ここからここまで何秒」みたいに大変シビアに秒数まで決めなきゃいけない台本のつくりなので、なんども現場にお邪魔しては、2階から階段で降りるのに何秒だな、などとシミュレーションしながら書いてます。しかし時間の骨みたいな脚本にどうしてもなっちゃうので、いまは贅肉をがんばってつけているところ。

深夜12時から朝の5時までの時計の進みがなぜだか速いように、1月2月の速さってすごいので、今年こそうかうかしていると危ないぞ、という危機感でいる。

写真は、昨年の大みそか、酒井さんの発明演劇の発明「テナガアーム」に、諏訪さんの腕が入らないところ。そういえば、「ギークの逆襲」は終わりましたけど、こちらの公式ページの下のほうに、酒井さんのこれまでの発明ギャラリーがじつはあります。酒井さん自らによる解説つきですので、見落としている方はぜひ、冷やかしていってください。
1/ 6(Mon) 04:48 No(12251)


■ 1月 4日    ( 石田 )  象を乗っけて  
ほんと地球温暖化かしらと思うほどさほど寒くないお正月ですね。寒くないのはうれしいけど。詳しいことも知りもしないのに地球温暖化かあなんていうと怒られるかもしれない。とりあえずできることをやっていこうと思う。
ぼくにできることは今は暗い旅キャラバンの宣伝をすることです。はっきり言います。横浜編がすごくお席に余裕があります。なんせ会場が広々とした空間なのです。こちら
お知らせにもありますが、あらためて!各会場での企画内容も決まりました!
<東京編>
・みんなでアナログゲームをやろう。
・我々さんに昨年の酒井に続いて今年は石田も参加する。
<横浜編>
・接しやすい先輩・仏3に今年こそ入る旅
・ゾーカートGP2020
<大阪編>
・黒木マジックショー2020
・角田さんがまたヨックリマンシールを手に入れたそうです

企画名がまだ正式じゃないけど内容はこんなところです。どうですおもしろそうでしょ!2020ってつけると大体いい感じに見えますね!ほんで横浜ですよとくに!横浜に来てほしいです。中川さんが頭に象を乗っけて会場を駆け巡るところを観に来てほしいです!象を乗っけるのはあの土佐さんも諏訪さんも理子ちゃんもなんですけどね!みんなで頭に象を乗っけましょうよ!
1/ 6(Mon) 13:57 No(12255)


■ 1月 4日    ( 永野 ) 
今日は朝から「知らなくていいコト」で仕事初めした。

セリフを吐くのが緊張する。緊張に飲まれると瞬きしなくなるし唇カラッカラになるし吃りまくるし、芝居にならない。なので緊張を受け入れ、ムツゴロウさんみたいに緊張を、よしよしよしよしと懐柔し飼いならし、本番までに間に合わせるように努める。だんだん、もうちょっと落ち着くことができるといいな。
内面的にはそんな感じで必死で慌ただしかったけど、撮影自体は午前でサクッと終わる。

楽屋に戻るとロロの亀ちゃんからLINEが届いていた。
「ギョエー!〜」のツアーが終わった新千歳空港で、作家業に興味があるという話を聞いて、すかさず僕はオファーかけて、秋から「ブロードウェイラジオ」用に亀ちゃんの作家デビュー作品を作ってもらっている。1月は、ロロの公演ツアーが始まるしそのキャンペーンも兼ねて、2月のラジオドラマは、亀ちゃんの作品をお届けする予定です。どうぞよろしくお願いします。ということで、その諸々をラジオでお伝えしなきゃと思い、せっかく東京に来てるし、亀ちゃんに連絡して、ランチがてら亀ちゃんインタビューを収録しに向かった。亀ちゃんおすすめの日本一ちいさいと言われる公園を青空スタジオとして収録させてもらった。

ロロの新作公演「四角い2つのさみしい窓」の詳細はこちら。ビジュアルがとてもいいなあ!


写真は、青空スタジオのイス。
1/ 7(Tue) 16:47 No(12265)


■ 1月 5日    ( 角田 )  福笑い柄の服はない  
3月放送の趣味の園芸の台本作業。最初ボツになったプロットを元に書き進めてしまった。途中で気づいて修正しましたけど。ふるさと納税で観葉植物を注文したので、今年は園芸の年になる。

カラスって近くで見るとイメージよりデカくて驚く。ちょっと大きめのボディバッグくらいの大きさはある。あの大きさの動物がそのへんに何羽もいることが不思議だし恐ろしい。人間が出したゴミとかだけじゃ餌は足りまい。野良猫とか襲われてそうだ。乳母車に載せられた赤ちゃんも、自転車の後ろに乗せられた幼児だって油断できない。そういえば、黒木さんがカラスに襲われたと聞いたことある気がする。たしかに一羽ならまだしも、三羽くらいから狙われたら顔の皮を剥がされるくらいのことはされそうだ。カラスこわい。

写真は、こわいカラス。
1/ 6(Mon) 01:50 No(12248)


■ 1月 5日    ( 上田 ) 
一日、書き物。おなじ店には夕暮れ社の村上くんがいて、村上くんも劇の台本を書いていたようで、あけましておめでとう今年も執筆がんばろうね、みたいな気分でおたがいテーブルに向かい、そのあとそこそこ長居して、これはもう村上君いないだろうな、と思ったら、いるのだった。そんなのが3ターンほどあった。写真は、結局ぼくのほうが先に店をあとにしたところ。

暗い旅ではいろいろ連鎖的に動きが起こっていて。

昨日の放送では、ブロードウェイラジオに絡めた「フォークソングラジオドラマに出る旅」という企画をやりまして。そこでブロラジの宣伝と、暗い旅キャラバンの宣伝がなされました。暗い旅キャラバンでは、暗い旅DVDの7巻8巻が新発売される。また、暗い旅キャラバンに来ていただこうと、前回のキャラバンのことがわかる「暗い旅キャラバン2019東京・横浜篇」、「暗い旅キャラバン2019大阪篇の旅」が、期間限定でフルでアップされてます。

我ながらぷよぷよぐらい連鎖しているなと思っていて、全貌がつかみにくかろうとは存じています。このすべては、後藤さんのこちらのスタッフブログにてパーフェクトにフォローされてますんで、ぜひとも。

とにかくキャラバン来てくださいぜひキャラバンキャラバン。
1/ 6(Mon) 05:02 No(12252)


■ 1月 5日    ( 石田 )  親愛なる隣人  
ギターが下手くそだった。暗い旅を見て、やだなあと思ってたのだけど見て、分かってはいたのだけどやっぱり下手くそだった。こちらもう少し練習しよう。ブロラジもぜひ聴いてください。
団長とこちヨロオンデマンドを収録しました。カウントダウンのことやらを話しました。お仕事始めはこちヨロオンデマンドでしたね。たくさんのお便りありがとうございました。そしてカウントダウンでもこちヨロ聴いてますってお声がけうれしかったですね。そのときステッカー持ってなくてごめんなさい。お手紙や日本酒やらタオルやらお菓子やらたくさんいただいたのだからステッカーくらいお返ししなきゃと思いますね。常にポケットにステッカーをだな。こちヨロリスナーの“親愛なる隣人”になれたらと思います。
1/ 6(Mon) 14:25 No(12256)


■ 1月 5日    ( 永野 ) 
今日も朝から「知らなくていいコト」。
朝イチに収録あって、10時間くらい空き時間があって、20時過ぎ頃にもう1シーンあった。

陽だまり屋の3月分の台本の締め切りが明日に控えているので、じっくり作業した。それでもまだ5時間ほど余った。
夜に控えているシーンのセリフが「東京特許許可局〜」的に早口言葉みたいに難しく、楽屋をウロウロしながら練習したりして、そこそこ有意義な10時間を過ごし、セットに入り、撮影へ。

監督の演出を受けて芝居してみると、自主稽古してたときと声量も動きも息遣いも違い過ぎて、リハーサルでまったくセリフが出てこなくなった。口が回らない。さらにその状況にテンパってしまって、ムツゴロウさんが猛獣(緊張)をあやしていたら、噛まれて血が吹き出たような感じになった(緊張に飲まれた)。皆から「ONE TEAM!」とエールをもらいながら、なんとかギリギリやることができた。悔しいが、これが今の僕の実力だ…素直に受け止めよう2020。
撮影後は、本多くんと共演者の森田甘路くんがお酒で慰労してくれた。
1/ 8(Wed) 04:31 No(12269)


■ 1月 5日    ( 中川 ) 
30日ドロステの写真撮影、31日カウントダウンなどあったけど、あんまり記憶がない。

1日、名古屋へ。実家の掃除をしていたら、大量のコンビニの割り箸が出てきたので捨てようとしたら、母が、中に入ってる爪楊枝が勿体ないから爪楊枝だけ取りたい、いつも割り箸貯まったらそうしてる、というので、延々と割り箸から爪楊枝だけを抜き取る作業をした。その晩、体調がおかしくなった。

2日、熱は上がり、喉が痛くて、体調は回復せず、一日中寝て過ごした。母親は嬉々として世話をしてくれる。これもある種の親孝行だと思う事にした。

3日、親孝行も飽きたので治って欲しいのだが、一向に良くならないので、救急病院へ。インフルでは無いとの事なのでホッとして、この日も寝て過ごした。

4日、朝起きると目の充血と目やにがすごい。これは多分結膜炎だ。救急病院でもらったのだろう。そして風邪も一向に良くならないので、この日も救急病院に行ったが、眼科は見てもらえず、風邪の方は再度インフルエンザの検査をして、インフルエンザで無いことだけはハッキリして、風邪は薬飲んで安静にとの事だったので、この日も寝て過ごした。

5日東京移動し、6日の朝からかかりつけの眼科と耳鼻咽喉科へ。どちらもうつるタイプの病気ではないとの事だったので一安心。大量の薬を貰って、夕方までガッと寝た。
夜は「大江戸スチームパンク」打ち上げへ。一足先に第一話を見させて頂きました。脚本で読んで想像するものをちゃんと越えてきて、良い意味で裏切ってて、続きが見たくなる作品になってて、感動した。僕が画面に映るたびに「中川やってんな!」「中川やりすぎだ!」などの野次を飛ばしてくれる佐藤貴史先輩の声を聞きながら、なんか泣きそうになった。
あと生まれて初めてビンゴ大会で景品を貰った。正月早々縁起がいいぜと思ったが、風邪っぴきなのであった。
ドラマ、是非とも見て下さい。テレビ大阪とTSUTAYAさんで配信ですが、Tverでも1週間見逃し配信やってます。無料です。こちら
1/19(Sun) 10:04 No(12325)


■ 1月 6日    ( 上田 ) 
2020年のわたしは集中度が違うでしょう。写真のようなノイズキャンセリングのヘッドホンを手に入れたからです。これがすごくて、居心地がいいのに店内BGMがちと大きくて執筆できなかったあのお店このお店が、まるで深海のように! とうとう電気の力で静寂を手に入れてしまった、という思い。しかし静寂がすぎて、事務所で独り言をいっていたら隣の部屋に人がいた、ということが起こった。よくないですね。ほどほどに気を払いつつ、今年は段違いの没入度でせりふを書いていけたらと思っています。ステマだと思われてもよいので大のおすすめです。

さて今日は、「ドロステのはてで僕ら」をやっていた。ポイントポイントでネタがほしくて、ライングループ「ネタだし付き合ってくださいライン」にとても助けてもらっている。諏訪さんもプロジェクトをいくつか動かしている気配があって、この「ネタだし付き合ってくださいライン」をよく利用している。「ここの部分のネタが足りないんです、お願いします」と泣きつくと、10数人からどんどんネタがもらえるという夢のようなグループです。しかし投げたお題やタイミングがわるいと、ひとつもネタがもらえないこともある。なんだか欲張ったときほどもらえません。舌切り雀の「つづら」のようです。まあなにせ持つべきものは作家グループですね、今年も甘えあってやってゆきます。先輩が後輩に一方的に甘えているだけだけど。

締め切りが多重債務でピンチだ!
1/ 7(Tue) 04:09 No(12257)


■ 1月 6日    ( 石田 )  劇解  
イエティ稽古初めの日でしたがお休みになりました。いろいろ考えなければならないことがあったのだけどどうにも頭が働かず、もういいやとプールに泳ぎに行きました。泳いでいると何か浮かんでくるかもしれない。プールだけにな!と思ったのですが、何も浮かんでは来ないのでした。スタバにいって唸りながらなんとかプロットのようなものを提出しましたね。
スタッフの後藤さんが映画「ドロステのはてで僕ら」の美術を担当していて、部屋の飾り込みで僕の部屋のものをいろいろ貸してほしいというので写真を送っていました。数日後に部屋にきていろいろ持って行くものを決めるという内見が決まった。部屋が汚すぎるので片付けようかと思ったが眠気に負けて寝てしまいましたね。
そんな日でしたね。
「劇解!KYOTO CODE」の情報が出てますね。こちら
2/1日(土)8:15〜9:00でNHK総合・京都です。路上でやった英語劇です。劇解というのは劇で解決するという大歳くんの考えた言葉です。京都のみなさん、朝ドラ終わりにそのままでお願いします。
1/ 7(Tue) 10:56 No(12258)


■ 1月 6日    ( 角田 )  頭痛薬を通訳する  
イエティの稽古が急遽お休みに。でも朝からなんだか頭痛がして家でおとなくしくしてました。

少しでも寝不足になると100%頭痛になる。頭痛について調べても原因自体がいっぱいあって、それにより対処法も様々で、的確に治すことが難しいことがわかるだけだった。ストレスが原因と書いてあったりするのに、ストレスから開放されたおかげで脳の血管が拡張して頭痛を引き起こすとも書いてあり頭が痛くなりました。

写真は、ヒップでホップなアニメのお菓子。
1/ 7(Tue) 22:05 No(12266)


■ 1月 6日    ( 永野 ) 
朝、京都へ。
事務所によってちょっと作業して、歩きたい気分だったので、20分くらいウォーキングして電車乗ろうかと思ったけど、結局1時間くらい歩いてそのまま自宅に帰った。

帰宅後は、ブロードウェイラジオの「世界の終わりとスリーコード」の練習。コードを覚え直すところから。歌いたさに対する弾けなさがもどかし過ぎる。石田くんも酒井くんも理子ちゃんも、すごいな…。
1/ 8(Wed) 04:34 No(12270)


■ 1月 7日    ( 角田 )  蛍光灯の下で稽古する傾向  
今日こそイエティ稽古初めでした。去年の最後の稽古では半分くらいまでだった台本が、驚くべきことに最後まで完成されていました。稽古場が大歳先生への拍手で包まれました。

そのイエティにも出る出さん。今の髪型も相まって、誰かに似ているなぁと思っていたら、映画「イレイザーヘッド」の主人公だった。

その後は駅前のモスバーガーで上田くんと「アニマル企画(仮)」の会議。この会議いつもなんだか急に眠たくなってくる。夢みたいなシーンの連続になるかもしれない。

写真は、全員まじめに稽古しているのに中川さんだけがふざけているところ。
1/ 7(Tue) 22:21 No(12267)


■ 1月 7日    ( 永野 ) 
年末年始のバタバタから一段落して、日常が戻ってきた感じがする。家・生活のあれこれを済ませ、コーヒー飲んで、TO DOを整理してこなす。目下、「世界の終わりとスリーコード」の課題曲の練習が最優先。今日の歌と演奏を上田くんにLINEしてチェックしてもらう通信教育。弦の押さえが甘いようで、鳴りがよくないっぽい。荒々しく弾いてごまかそうとしてたのが先生にはバレていた。精進や。でも指がもう痛過ぎる。今、キーボードを打つ指さえも痛い。みんなこの痛みを乗り越えているんだな、すげえな…。
1/ 8(Wed) 04:37 No(12271)


■ 1月 7日    ( 石田 )  七草粥  
イエティ稽古初めでした。完本に湧いた稽古場でしたが大歳君が「嘘完本です!すみません!」とずっとしゃべっていました。にぎやかにはじまりましたね。おもしろくなりそうです。伊丹の公演はチケットまだありますよ!
稽古終わりにヨーロッパハウスへ行くと七草粥を上田母が作ってくれてまして、おいしくいただきました。これでもう風邪を引かない身体を
もうすぐ暗い旅というtvkテレビ神奈川のほうでだけで流れている番組放送前の1分コーナーがありまして、それの撮影をしましたね。もうすぐ暗い旅キャラバンですよ!ポスターを入稿した。17日に届くぞ。
1/ 8(Wed) 14:07 No(12272)


■ 1月 7日    ( 上田 ) 
恩田陸先生と対談したのであった。畏れ多くもヨーロッパハウスにお越しいただき。なんとヨーロッパ企画の劇をご覧になっていたそう。僕こそ恩田先生の本にはお世話になっていて、こないだの「ギョエー! 旧校舎の77不思議」では、先生のデビュー作「六番目の小夜子」からたいへんインスパイアを受けたし、「Q&A」「MAZE」「エンド・ゲーム」などシステム心に満ちた著作もおおく、なかでも「ドミノ」は群像ものを一度は志したものなら金字塔というべき、27人と1匹の登場人物が、東京駅付近で数奇な相関をおりなす大パズル小説。

それの第2弾、もはや狂気の「ドミノin上海」が刊行されるというので、一足早くゲラを読ませていただき、群像劇というキーワードで対談させていただいた。一生あなたは群像をやってゆきなさいと背中を強く押されたような、光栄に満ちたひとときであった。めちゃくちゃ楽しかったです。そのあと少し飲みにも連れて行ってもらったりして。群像劇を書くときの作法や思いきり、なぜ多視点で物語を描くのか、ルールと逸脱。群像メンターのお導きに、膝を打つことしきりでした。ドミノin上海、前作にもまして大スペクタクル、空前絶後のハイテンション群像パズル活劇です。対談のほうは、野性時代に載るそうですのでお楽しみにどうぞ。

なにしろ年末から緊張していたので、この日はもうそれで1月の仕事が終わった気分になりながら、角田さんとモスバーガーで会って、「アニマル企画(仮)」のプロットをこねまわす。奇しくも、これもグランドホテル式の群像コメディでもあるんです。しかしドミノを思えばぐっと少人数だ。やれなきゃ嘘だろう。
1/11(Sat) 04:40 No(12279)


■ 1月 8日    ( お知らせ ) 
本多、永野が週刊誌の編集部員に!

ドラマ 「知らなくていいコト」(日本テレビ系)
毎週水曜日22:00〜・1/8(水)スタート
本多力、永野宗典出演
こちら

1月からのドラマに、本多くんと永野さんが出演します。吉高由里子さんえんじる週刊誌記者の出生の秘密をめぐるスキャンダルドラマ、なのかな。こちらの相関図によりますと、本多くんが連載班デスク、永野さんが特集班、だそうです。演劇の方もおおくいますねえ。永野さんこれの撮影していながら、カウントダウンで「弾丸! 西遊記」作ってくれていたんだな。ごめんなさい!

予告編動画がこちら。蔵之介さんもいらっしゃる。脚本の大石静先生は、永野さんが出た「大恋愛」でもお世話になりました。永野さんの昨年末の日記によると「今日は、編集部を出る間際に、本多くん演じる東山からスルメを渡された。」だそうで、二人が絡んでいる場面もあるようですね。1月クールはこのドラマ、ぜひ。こちら
1/ 2(Thu) 03:36 No(12237)


■ 1月 8日    ( 角田 )  ダイヤ食う代役  
今日もイエティの稽古でした。ただ出さんと酒井くんが欠席で、それ意外の出演者で出来るシーンの稽古をやった。当然ながら、その後はすることがなくなった。仕方がないので酒井くんの代役を石田くんがして稽古をしたけれど、代役はあくまで代役で本人ではないので代役のための稽古になったので、石田くんは酒井くんの役が板についた。

夜は、モスの閉店時間まで上田くんと「アニマル企画(仮)」会議。上田先生のお手伝いというかんじなので、高田文夫の気分で話を聞いて頷いています。

写真は、全員まじめに体調管理をしているのに中川さんだけが正月から体調を崩し今も風邪をひいているところ。
1/ 9(Thu) 02:32 No(12273)


■ 1月 8日    ( 永野 ) 
鉄の指サックが欲しい。ギターと歌の練習にめげそうになって「暗い旅」の「フォークソングラジオドラマに出る旅」の回を見てモチベーションを刺激させる。もうただただ指の痛みとの戦いになってきている。いい音を鳴らすためには弦を強く押さないといけなくて奏でるたびに激痛が走り、サンタナが泣きのギターを演奏する時の顔になる。悶絶怨歌…。

暗い旅のディレクターブログにコード付きの歌詞が公開されてる!
こちら。コラボしてくれてありがとうございましたm(_ _)m
1/ 9(Thu) 10:50 No(12274)


■ 1月 8日    ( 石田 )  トリキで大吉  
イエティの稽古でこの日お休みだった酒井君の代役で稽古してみたのですが、ぼくには酒井君の代役は務まりませんでしたね。酒井役すごい難しかったです。
そのあとは暗い旅の石田会議でした。キャラバン予告動画なんかができてくる予定です。
そして映画「ドロステ〜」の美術のために後藤さんち、鍋ちゃんち、石田んちと三軒回って家具やら雑誌やらを集めて回りました。自主映画ってこういうところから始まるんだなあ。
そのあと飲みに行こうとなり鍋ちゃんが「今日トリキ10%オフの日ですよ!」というのでトリキに行きました。注文も全部鍋ちゃんがやってくれましたね。赤ワインにおみくじがついてて大吉でした。トリキ最高ですね。
1/ 9(Thu) 14:09 No(12275)


■ 1月 8日    ( 上田 ) 
「浦安鉄筋家族」の台本直しを、半泣きになりながらやっていた。なぜ半泣きかというと予想以上に手ごわかったから。行くはずだった暗い旅のプレビューや打ち合わせを、泣きを入れて休ませてもらい、この日はずっと「浦安〜」をやる。思えばこれも群像活劇なのだった。第1話に、いまのところ20人くらい人が出ている。

そしてこの日も、角田さんとモスバーガーで会い、「アニマル企画(仮)」の打ち合わせをしたのだった。眠くなるまでプロットを話し合い、イエティの進捗を聞いて、二条駅前でお別れする、のが日課になっている。

文芸方面のおしらせをもうひとつ。年末に出た「早稲田文学増刊号」に、エッセイを寄稿してます。「笑い」についての特集号に、コメディの人間としてお声がけいただき、勇んで大喜利みたいなことをやっています。すこし後悔もあります。書店で見かけられたらぜひ。
1/11(Sat) 05:00 No(12280)


■ 1月 9日    ( 角田 )  牛を失う  
今日も今日とてイエティの稽古でした。今日こそついに台本が完成したみたいだった。つまりこないだの完成台本は嘘の台本だったわけです。なので今日配られた完成台本も嘘の紙かもしれない。
あと、早織さんが稽古場見学に来てくれました。何か得るものがあっただろうか。むしろ何かを失ったかもしれない。心配です。

晩ごはんに松屋で『うまとろ豚たま牛めし』をテイクアウトした。家に帰って食べ始めて何か変だなぁ?と思ったら玉子が入ってなかった。松屋のHPには『豚・牛・玉子による夢の共演!』という謳い文句まで掲載されているのに。仕方なく冷蔵庫にあった生卵を入れて食べた。前には吉野家で『ライザップ牛サラダ』をテイクアウトしたら牛が入ってなかったこともあった。ぴえん。

三夜連続の『アニマル企画(仮)』会議。ネチネチ揉み続けて、コロコロと素材が固まりだしました。

写真は、最近のトレーニング。
1/ 9(Thu) 23:32 No(12276)


■ 1月 9日    ( 石田 )  ギター  
イエティの稽古はみんなそろってそしてほんと完本しました。稽古場はにぎやかで返事のいいぼくは大歳君にいつも「いいですね」と言ってもらえている。また次のイエティもお誘いあるな。
左子君と暗い旅キャラバンの構成打ち合わせをしてその後焼き鳥屋さんに飲みに行った。隣のテーブルに男1女4の大学生らしきグループがいて、モテキみたいだった。男の子は森山さんと呼ばれてて、完全にモテキだなと思った。
そして終電を逃した左子君がぼくんちにきてぼくは朝までギターを教えてもらった。
1/10(Fri) 17:28 No(12277)


■ 1月 9日    ( お知らせ ) 
「たけしの挑戦状 ビヨンド」のビジュアルと全キャストが発表になりました。こちら。追加発表になったのは、町田マリーさん、市川しんぺーさん、小島聖さん!

西野さんとぼくのコメントは公式ページ(こちら)に、ほかのキャストの皆さんのコメントはこちらにあります。皆さんに内容をなにもお伝えしてなさすぎて、抽象的なコメントが並んでいますし、小島聖さんなどは知らなさを屈託なく表明してくださっていて心地よいです。

あらすじのようなものがないではなく、ここにも掲載しておきますね。

↓↓

サラリーマン・アズマのもとに現れたのは、「たけしの挑戦状」。
1986年に発売されたゲームソフトだ。
発売当時、スキャンダルに揉まれ、クレームの嵐を巻き起こしながら、
80万本以上を売り上げた世紀のクソゲー。

小学生だったアズマも、つかまされたクチだった。
その「たけしの挑戦状」が、34年ぶりにアズマのもとへ現れた。
もちろん現在のアズマは、ゲームなぞに興じる年齢ではなく。
英気に満ちた職場と、妻と娘に恵まれた、申し分ない人生。
のはずだった。戯れに、コントローラーを握ってみるまでは…。

しゃちょうをなぐり、つまとりこんし、たからのちずをてにいれろ!
34年の時をこえ、画面の中で「あのひと」が嗤う。
「こんなげーむに、まじになっちゃって、どうするの…?」

↑↑

そしてチラシのビジュアルがたいへんイケています。しかしドット絵が絡んでくるとぼくはもう冷静な判断ではいられない。宣伝美術は、たかくらかずきさんと一ノ瀬雄太さんによるもので、ゲームに出てくるドット絵を、あちこちコラージュしてもらえていて最高です。そしてこのチラシは、当時の「たけしの挑戦状」のゲームのチラシのオマージュでもありまして、言わないほうがオシャレかもしれないけど言わなきゃ誰も気づかないほど昔のゲームなんです。画像検索したらでてきますので、オリジナル版と見比べてみてください。

プレリザーブ始まりつつありますので、どうぞよろしくおねがいします。こちら
1/11(Sat) 05:26 No(12281)


■ 1月 9日    ( 上田 ) 
暗い旅の打ち合わせ。今年は年明けから早々、「フォークソングラジオドラマに出る旅(ブロラジ)」、「クイズ! 前田建設2の旅(前田建設ファンタジー営業部)」、「酒井をにわか浮世絵師にする旅(大江戸スチームパンク)」と、ほかの企画とのコラボ旅を3連続でやる。

何にでもくっついてゆけるコバンザメ的な番組なので、このコラボの流れは面白いなと思いつつ、独自の旅ももちろんやっていきたく、なのでヨーロッパ企画で走っているいろんなプロジェクトと、ときには並走したり、乗っかったり、あるいは冷やかしたり距離をとったりしながら、今年ものらりくらりとやってゆきます。次の収録は谷回をしましょう、となった。

夜にはまた、角田さんと「アニマル企画(仮)」の打ち合わせ。モスバーガーの前で、年かさの男たちがハイテンションでさわいでいた。まだまだお正月なんである。

しかし私の心には余裕がまるでなく、なんとかかんとか「浦安鉄筋家族」の8話を書き終えた。中田くんにまで書写を手伝ってもらってしまった。書写とは、僕がまず手書きでかいた台本を、パソコンに打ち直すこと。時間があるときは自分でやるけど、時間がないときは奥さんに手伝ってもらったりする。いきなりパソコンで台本が書けたらどんなにいいかなあ。

写真は、去年とった「たけしの挑戦状 ビヨンド」のチラシ撮影風景。
1/11(Sat) 05:54 No(12282)


■ 1月 9日    ( 永野 ) 
今日も「世界の終わりとスリーコード」の課題曲の練習。上田先生との通信教育も今日で終わり。練習の録音データを送ると、「ばっちりですよ」の嬉しい返信が届いた。そこからご機嫌で練習もノリノリで調子づいて、YouTubeで三上寛御大の映像を見たりして背伸びしようかななんて欲張ったりしてたら、半日後、「出だしのメロがちょいちがうかもですね」という基本的なダメだしが届いていて気持ちが引き締まった。明日が本番。

写真は我が家のビカクシダ。二枚目の貯水葉が出てきた。
1/17(Fri) 18:28 No(12312)


■ 1月10日    ( 角田 )  総じて掃除好きは多い  
本日はイエティの稽古は休み。
とりあえず部屋の掃除をしました。あと洗濯したシャツがなにか恨みでもあるのかと思うほどシワシワになっていたのでアイロンをかけました。YouTubeでアイロンのかけ方を見ながら襟から順番に袖、前身頃、背中とかけていきましたが、アイロンが安物だからなのか結局シワシワのままでした。今日はそんなとこですかね。

写真は、どの程度着てよいか分からない服。
1/11(Sat) 02:44 No(12278)


■ 1月10日    ( 上田 ) 
朝から東京へ。

諏訪さん酒井くんと落ちあい、テレビ東京で「浦安鉄筋家族」の打ち合わせ。諏訪さんと酒井くんも脚本をやっていて、酒井くんには「発明」が出てくる回を書いてもらっている。原作にもそういう回があるんです。出来てきた酒井くんの脚本を読んだら、30分ほぼずーっと発明品とその解説のシーンだった。「はつめけ! イコちゃん」じゃないんだから、と思った。けど笑ってしまったな。

諏訪さんが書いた回も面白かった。諏訪さんの回にはうんこが出てきていて、僕が書いた回にもうんこが出ていて、プロデューサーさんから「うんこが多いですね、うんこのバランス、ちょっと考えましょう」と言われた。力を合わせてやってます、クライマックスまであと一息。

一方そのころ、京都では、ブロラジで僕が書いたフォークソングラジオドラマ「世界の終わりかけとスリーコード」の3・4話の収録が行われていたそう。僕が出張で立ち会えなかったので、昨日のうちに、出演者それぞれが仮録音した演奏を僕に送ってきて、それを僕がチェックする、ということをした。永野さんは弦の押さえられてなさをテンションでごまかしていた。理子ちゃんは驚くべき上達ぶりと、機械のように正確な歌唱であった、のでちょっとモッタリと歌ってもらうことに。早織さんは、まさか「野良になれ」(こちら参照)を歌ってくれるとは思っていなかったので、男性用に作られたこの曲ではキーがちょっと高く、奇策としてチューニングを半音下げるということをしてもらったら、やさぐれた良い仕上がりになった。この日の収録はうまくいっただろうか。

そして京都へ帰ってきて、深夜の十日戎へ行ってきました。「ギョエー!」で納谷さんが使っていた神楽鈴の小さいのがあったので、うれしくて笹につけました。これでトイレの花子さんは寄ってこないだろう。
1/11(Sat) 06:19 No(12283)


■ 1月10日    ( 石田 )  ビンとペットボトルのチャンスは週1  
稽古休みでしたね。
ビンとペットボトルのゴミ出しの日だったのに朝起きれなかったのです。なんとも情けないです。2020年はゴミを出せる人間にと誓ったのだけど、早速無理でした。夜更かしはゴミ出しの敵ですね。
今日はそんなところですね。
1/11(Sat) 16:30 No(12284)


■ 1月10日    ( 永野 ) 
いよいよブロードウェイラジオ「世界の終りかけとスリーコード」収録。
こんなに緊張したのは、ブロードウェイラジオ第1回目の収録の時以来だったかもしれない。
ぼく、理子ちゃん、最終話ゲスト早織さん、それぞれ歌の収録するも、上田先生がいない中の収録だったので、周りにいる全員のリアクションを頼りにしつつも、なかなか歌のOKを判断するのが難しかった。最終的に、それぞれ録音したテイクを各自ヘッドホンで自己チェックして、モノマネ王座決定戦の針すなお先生のように自分を審査するかたちで最終OKを下すことになった。
それにしても安定の理子、迫力の早織という聞き応えのある弾き語りでした!

一方、自分は、指が痛いだのヒーヒー言っていたが、全話通して僕の歌・演奏がどうやら一番簡単っぽかった。ポロロンと弦をひと触りするだけだもんなあ。にもかかわらず勢いまかせの悪癖で色々ごまかしちゃったような気もする。収録を終え、ギターを弾く予定は特にない。持ち主の酒井くんにお返ししようと思っていたが、指のタコが愛おしくすらなっていて、また自宅に持って帰ってしまった。
酒井くん、もうちょい貸しといて…m(_ _)m

写真は我が家に帰ってきたギター。
1/17(Fri) 18:33 No(12313)


■ 1月11日    ( 上田 ) 
「アニマル企画(仮)」の打ち合わせをまた角田さんと。内容が複雑なのか我々に根気がないのか、2時間以上は続けて考えられないので、毎日2時間この会議をやっている。明日も2時間やる。

そして「ドロステのはてで僕ら」が、いよいよ時が満ちてきたので、せりふをじりじりと書いていっている。「おい、俺だよ俺。2分後の俺」みたいな書き出しを、ぼくは生涯でなんど書くのだろう。

書きそびれていた、年末ごろの日記を遡って書きました。よければお読みください。しかし「ギークの逆襲」のことがどうも書ききれていない。詳しい内容、どこかで書きます。
1/12(Sun) 05:54 No(12291)


■ 1月11日    ( 石田 )  パスタとブロッコリーを一緒に茹でる  
イエティの稽古です。稽古場のお菓子を食べちゃいますね。ハッピーターンとミレーのクッキーと。自分の出てないシーンをコーヒー飲みながら見てるのはいい時間だなあとリラックスしているときがありました。稽古だというのに!ただ自分が出てないシーンはぼーっとお客さん気分で見ちゃっているときは往々にしてありますね。仕方ありません。
夜はパスタを茹でました。最近は野菜たっぷりパスタを作るのが流行っている。
1/12(Sun) 15:12 No(12292)


■ 1月11日    ( 角田 )  幅がハンバーガー  
この日は昼から「アニマル企画(仮)」。
土曜日だったこともあり、いつものモスが満席で、次にパランを覗きましたが改装中で、チロルに行ったらやはり満席で、コメダに落ち着きました。力士の拳くらいのハンバーガーを頬張りながら会議しました。ここのバーガーなんであんな大きいんでしょうね。

夕方からはイエティの稽古。
この日は劇中で使う何かを作るためにブレイキン小林くんが稽古場に来てくれた。何を作ってくれるのかは良く分からない。

写真は、演出家よりも演出家ぽい態度のブレイキン小林。
1/13(Mon) 02:41 No(12295)


■ 1月11日    ( 永野 ) 
朝、家族で合気道に行ってみた。ほんとに「行ってみた」程度の体験コースだが。未就学児数人の中に、41歳のおじさんが混じって稽古した。先生が、ジャシュという白人の方だった。
そして昼は息子と二人で映画村にヒーローショーを観に行った。そんな休日。

写真は、「弾丸!西遊記」で後藤さんに作ってもらったジオラマをいただき、子供の恐竜のおもちゃの遊び場にさせていただいている様子。ありがとうねm(_ _)m
1/17(Fri) 18:37 No(12314)


■ 1月12日    ( 角田 )  刀の棚  
今日も昼ごろから「アニマル企画(仮)」です。
とりあえず、上田くんと最後まで話の大きな流れを確認。それを改めてプロットに起こす作業を引き受けて、夕方のイエティ稽古前まで作業する。いったん出来たところまでを上田くんへ返す。

イエティ稽古。とにかく出さんが自由に動き回るし、中川さんがすぐ疲れるし、舞台の真ん中に変な棚がある。
あと、まだ大歳先生に伝えてはないけど、絶対に着替えが間に合わないところがある。でもまぁ、そんなことは舞台の真ん中に変な棚があることに比べれば、些末なことです。ゲネプロ終わりぐらいで伝えよう。

稽古が終わり、「アニマル企画(仮)」プロット作業の続き。とりあえず最後まで書いて、上田くんへバトンタッチ。…という作業を12日夜というか13日の2、3時にやっております。上田先生、あとはお願いします。私は寝ます。

写真は、フェルメールの名画のような光を浴びる上田先生。
1/13(Mon) 03:03 No(12296)


■ 1月12日    ( 石田 )  ステッカーおじさん  
イエティ稽古で、稽古始まってすぐの自分のシーンでセリフがすぐ出てこなかった。びっくりした。みんなびっくりしていた。理由は明確で、セリフを覚えてないのだった。あかん。
ほぼ日手帳を買った。去年もほぼ日だったけど後半はほとんどなにも書いてないのだった。今年は全部埋めたい。ただ買ったのが12日からだからそれまでの日はもう埋まらない。
手帳に暗い旅とこちヨロのステッカーを何枚か入れた。いつでもお声掛けください。すぐステッカーあげますよ。
1/13(Mon) 11:35 No(12297)


■ 1月12日    ( 上田 ) 
角田さんにも負けじとモネのような逆光が差している。「アニマル企画(仮)」である。なんか似たような構図の絵画がなかったかな、と思って調べたら、藤島武二「幸ある朝」(こちら)がそっくりだった。しかしこんな優雅な作業ではなく、角田さんが書いているとおり、打ち合わせのあとはプロット作業が深夜までもつれこみ、深夜2時半に角田さんからバトンが渡された。終わると明け方であった。

けどほんと、恩田先生と対談して以来、ゴッドブレスが吹いたのか、群像プロットがぐんぐんまとまりと勢いをみせてきた。まだまだ動いていないやつがいる。画面にうつる端の端のひとりまでいきいき動かしたい。

そして作家日記のつねで、今やっている仕事は、皆様のお目にかかれるのはずいぶんあとである。迫っているのはイエティ、暗い旅キャラバン、そして「大江戸スチームパンク」の放送と「前田建設ファンタジー営業部」の公開。

イエティぜひお越しください、東京はおかげさまで札止めとなりましたが、伊丹公演はまだいけますとケチャがいってます。こちら(1月9日時点)。

暗い旅キャラバンも、とくに横浜はオラたちに元気をわけてほしいのでぜひいらしてください。仏3と鬼3が決定するんですって! こちらに「接しやすい仏3に今年こそ入る旅」の予告編があります。いやしかしこれはヒリヒリするなやはり。投票する後輩を誰にするかの選定から会議はすでにぴりつくほどです。去年の模様(というか暗い旅本編)はこちら
1/14(Tue) 02:53 No(12301)


■ 1月12日    ( 永野 ) 
朝から息子と二人で映画を観にいってきた。
家事もろもろを済ませ、夜、終電手前で東京に向かった。

写真は、先日の「世界の終わりかけとスリーコード」収録時の理子ちゃん。
足元はバレリーナ。
1/17(Fri) 18:44 No(12315)


■ 1月12日    ( 中川 ) 
7日、朝から京都移動し稽古。僕の毎日の連絡虚しく、嘘の完成台本が配られた。稽古後に事務所で七草粥を頂いた。無病息災でありたい。

9日、この日、ホントの完成台本が配られた。あとはやるだけなのだが、無茶苦茶セリフが多いので、やってもやってもセリフが覚え切れない。歳か。
稽古しかしてないので、書くことがあまり無い。
イエティの稽古場での事件を週ヨロで#325から、三週に渡って取り上げてもらっているので、是非聴いて頂きたい。そして誰が悪いのかハッキリさせたい。まあそれほどの事件では無いのだけれど。
そして18日にアップされた週ヨロは稽古場で収録しています。そちらも紛糾している。こちら
全部聴いて、是非劇場に足をお運びください。伊丹公演はまだチケットあるようです。よろしくお願いします。
1/19(Sun) 10:25 No(12326)


■ 1月13日    ( 大歳 ) 
あと10分後に稽古が始まる。でも全然大丈夫、今いるところは稽古場から徒歩2分くらいのカフェだから。でもこのカフェ、僕が入ってから1時間は経っているけれど一人も僕以外のお客さんが来ていない、広いし、居心地もいいけど、ちょっと穴場すぎるな、祝日だぞ、今日は。

ま、それはそれで稽古稽古な日々です。角田さんの日記にもある通り、一昨日はブレイキン小林くんが遊びに来てくれた。劇中映像をね、作ってもらうんです。稽古場にあったお菓子を頬張る小林くんを見て、中川さんが「ブッサイクやなあ」としみじみ言っていた。中川さんは鬼スリーへのランクイン確実だろう。そんな稽古場で起きてる日々のゴタゴタは(こちら)でも語られているんで、よければ聞いてみてください。

そんな演劇も心配だが、今年は暖冬も心配だ。今年、まだ雪が京都には降ってないんですよ。こんなの僕が京都に来てから初めて、じゃないかい。オーストラリアの火事も心配だし、心配事は尽きないが……。
1/13(Mon) 13:04 No(12298)


■ 1月13日    ( 角田 )  千鳥足で自撮りする  
昼からイエティの稽古。今日も舞台の中央に変な棚があった。あった、といってもまだ実物が在るわけではなく、置かれる予定の場所にラインが引いてあるだけ。なので実際の舞台にはないのかもしれない。だって出さんはそのラインを無視しているから。

16日からはイエティの稽古場と同じ芸術センターで黒木さんが出演する舞台がある。(こちら
ちょこちょこ黒木さんから稽古の様子を聞いていますが、まだ誰も見たことのない黒木さんが見られるんじゃないか。暗い旅やイベントなどで普段の黒木さんのことを知っている人ほど驚くんだと思います。

写真は、自撮り棒で撮った稽古場。
1/13(Mon) 21:32 No(12299)


■ 1月13日    ( 上田 ) 
「ドロステのはてで僕ら」が追い込みであり、自分のなかの時間熱を高めるために、写真の時間論の本をよんだら、時間の概念がくつがえされそうになって慌てて読むのをやめた。第1章ですでに時間が崩壊しかけた! 魅力的な本ですが、「ドロステのはてで僕ら」までは、残念ながら旧来の時間観でゆこうとおもいます。

こんなの本当に撮れんのかという気持ちで台本を書いている。できたらすっごいと思うけどハードル高い台本でもあります。力を合わせて頑張ってみよう。早く書かないといかん。
1/14(Tue) 03:03 No(12302)


■ 1月13日    ( 石田 )  順調  
イエティの稽古でした。
演出中に大歳君が噛んで、なに言ってるかわかんないよ、みたいな朗らかなノリがあった後に大歳君は口の中を抑え黙っちゃった。どうしたのって思ったら噛んだときに実際に口の中を噛んじゃって口の中血だらけになっちゃったという、朗らかさの一切なくなる状況になった、ということがあった以外は順調な稽古でした。
あと休憩時間を大歳君が告げるとき「16時前まで休憩です」と言ったので「16時前?」となった。あと酒井君が居眠りしていた。イエティ順調です。
あとうちの豆苗も順調です。
1/15(Wed) 16:57 No(12305)


■ 1月13日    ( 永野 ) 
朝から「知らなくていいコト」撮影。1シーンのみ。栃木まで向かいドアをノックして撮影終了。この話のクライマックスということもあって、引き、寄り、寄り、3カット丁寧なノック撮影だった。
宇都宮駅に行くと、餃子屋さんが4軒くらい密集していて、ラーメン餃子定食をいただき帰路に就いた。こってりラーメンを頼んだけど、関西のうどんみたいにあっさりしたこってりラーメンだったが、美味しかった。

夜は、吉田さん・本多くん、下北沢映画祭の平井さん、映画「食べられる男」チームと「向かいのバズる家族」のプロデューサー土田さん(「食べられる男」のみなさんとまさかの大学時代の同期だったそう)と焼き鳥をつつきながらの新年会。
1/17(Fri) 18:46 No(12316)


■ 1月14日    ( お知らせ ) 
急ですが京都でワークショップをやります! 作家とかのです。

《明倫ワークショップ》ヨーロッパ企画「思いつきを企画にする」

ワークショップリーダー:上田誠
1月14日(火)18:30−21:30
京都芸術センター 制作室4
無料/定員20名
こちら

暗い旅の会議でふだんやっているような、ネタメモを転がして企画の形にする、ようなことをワークショップでやってみたいとおもいます。こちらをお読みいただき、興味あるわという方は、お申し込みください。異常な参加型にはきっとしないと思うので、見たいは見たいぞ、という冷やかしのかたも歓迎です。急なので集まらなかったら寂しいですので。無料ですのでお気軽に。

あるいはとても参加意欲あるぞ、という方や、なんならこれを機に暗い旅など手伝ってみたいよ、というような方も、ぜひいらしてください。お前の中のなにかを変えたいのなら。

写真はなにも関係ありませんが、年末、回転ずしでミニ電車にのって運ばれてきた立体的なお寿司。京都芸術センターのアイコン(こちら)をくしくも思わせる。
1/ 8(Wed) 02:20 No(12268)


■ 1月14日    ( 角田 )  便が食うものになり得るかの勉学  
信号を待っていたら、斜め前にえんじ色の鬼が立っていた。節分ならまだなのになと思っていたら、その鬼が振り返った。するとそこに心優しげな山のフドウのような男が立っていた。えんじ色の服を着ている団長であった。お久しゅうございます。

ヨーロッパハウスへ行くと旧二階で松宇くんが机で何かしていた。この後ドロステのセット搬入作業があると言う。では今は何をしているかと聞くと、大学の試験のための勉強をしているのだと言うではありませんか。親御様、ご子息は勉学にも励んでおられます!

その後、「アニマル企画(仮)」。先方とのスカイプ会議に上田くんと臨む。また宿題が出来た。まだまだ先は長い。

写真は、勉学に励む松宇くん。見ても何の勉強かさっぱり分からなかった。
1/14(Tue) 23:10 No(12303)


■ 1月14日    ( 上田 ) 
杉浦さんがこのごろ酒井ベース(工場の写真の場所)によくいる。イエティの道具を作っているみたい。心の火がともっているなと思ってよく見たらFIREだった。井神さんに「イエティの稽古場どうですか」と探りを入れたら、「大歳さんがんばってるよ。先輩たちはふざけてるよ」と言っていた。順調なんでしょう。脚本家の多い稽古場だとも言っていた。たしかに、中川さんはナゴヤミチ山ほど書いてるし、石田くんはカクテル200本書いてるし、角田さんはすみっコだし、酒井くんは連ドラをシリーズで書いてる。そういう人たちが役者でふざけるのを、大歳さんがいなす現場のようです。

この日記をみて、イエティ伊丹公演のチケットを買ってくださった方が幾人かいらっしゃったようです、ありがとうございます! ビューやフォロワー数や再生回数がすべて可視化されるこのご時世に、何人くらいの人が読んでいるのかまるで分からないという化石のような日記フォームです。あなたが読んでくれているのだからそれでいい。イエティ伊丹まだまだお願いしまーす。こちらがケチャの本日の吠え。初日と楽日ー、と吠えている。暗い旅キャラバンもよろしく。

さて今日も、「ドロステのはてで僕ら」をやっていたのだけど本当にこれは酸欠だ。そして「アニマル企画(仮)」のスカイプ打ち合わせを先方としまして、これもなかなか酸素がうすい。

夜には京都芸術センターでワークショップをしました。「思いつきを企画にする」というテーマの通り、参加者それぞれに思いつきメモを書いてもらい、それをなんらか企画の形にする、ということをやった。出たとこ勝負といいますか、普段暗い旅の会議でやっているようなことを疑似的に体験していただこう、という。予定時間は最大3時間で、「まあけど3時間みっちりはやんないかも。短めに終わるかもです」なんて言っていて、終わったら3時間5分やっていた。しゃべりすぎだ。参加いただいた皆様ありがとうございました。人の頭のなかを覗けるのは楽しいですね。皆さん面白かったし、やっぱりその人にしか書けない思いつきの種ほど面白い。企画にも主語が必要なんだ。この企画はほかならぬ俺が私がやりたがっているのだ、というような。そんな発見や出会いも多かったし、この形式はまたやると思います。今度やるときはお早めにお知らせしますね。

真剣に話しているときに廊下から土田英生さんが無視できないくらい手を振り続けてきた。ひょうきんな先輩だがやめてほしかった。

それにしても驚いたのは、最初にアンケートを取った、SNSをやっている人の割合だ。本日調べでは、ツイッターが9割5分、インスタは6割、ブログは1割、YouTubeも1割、みたいな感じだった(たしか)。ツイッター列島なんだなあ。この日記フォームをやっている人は0割だろう。
1/15(Wed) 05:00 No(12304)


■ 1月14日    ( 石田 )  ドロステの作業の果てに僕らは蕎麦屋に行った  
「ドロステ」の搬入作業をしました。ヨーロッパハウス近くのカフェパランさんで撮影をします。コーヒーがとってもおいしいカフェです。喫茶といえば喫茶チロルですが、カフェというならカフェパランです。「もうすぐ暗い旅」というテレビ神奈川さんでの放送前の撮影でよく使わせていただいてますね。
その作業を終えたあとスタッフ後藤さんとイエティの作業をしていた杉浦さんと3人で焼肉を食べに行きました。そして2軒目行こうかとなり近くのお蕎麦屋さんに行きました。
そのとき杉浦くんが「ドロステ制作日誌みたいなのを後藤さんが書いたらいいじゃん」と言って、ぼくも調子に乗って「書いてよ書いてよ〜」と言ったのだけど後藤さんにきっぱり「石田さんはいま酔っ払ってるからだめです」とピシッと大人の対応だった。ドロステ制作日誌書いてほしいなあ、といま酔っ払ってないぼくはこの日記を書いている。
1/16(Thu) 16:45 No(12307)


■ 1月14日    ( 永野 ) 
京都へ帰る。
万歩計のアプリを導入して、1日1万歩を心がけてる。散歩をしてると全身ジャージのおじさまたちとよくすれ違ったり、追い抜いたり追い抜かれたりする。散歩おじさんの仲間入りだ。
この日は7000歩足らず。
1/17(Fri) 18:49 No(12317)


■ 1月15日    ( お知らせ ) 
佐久間さんのオールナイトニッポン0へ上田が行ってきます!

こちらの公式ツイートにもあります通り、1月15日(水)深夜3時からの「佐久間宣行のオールナイトニッポン0」に、上田がいってお話ししてきます。前からヨーロッパ企画の名前をラジオで言ってくださっていたりして、そのたびありがたがっていたのですけど、ついにスタジオへ! これは緊張します。15日(水)深夜3時というのが、これは14日深夜ということではないよな、というところから緊張しています。

そのまえの1部、乃木坂46のオールナイトニッポンには、「たけしの挑戦状 ビヨンド」にも出てくれる、絢音ちゃんが出るそうです。「続・時かけ」の新内さんとお話しされるんですね。ご挨拶してこよう。よければ1部からお聴きくだされば、面白い流れになるかもしれません。ならないかも。

radikoタイムフリーはこちら

「たけしの挑戦状」の当時のたけしさんも、オールナイトニッポンをされていたんですよね。なので英気をもらえるパワースポットと思って行ってきます。
1/14(Tue) 02:14 No(12300)


■ 1月15日    ( 角田 )  感じのいいガンジー  
今日のイエティ稽古…の前に事件が起きた。それはまた後々語られることでしょう。
稽古の方はというと、現状の台本で劇を最初から最後まで通してみるという稽古でした。通しててみて初めて分かる不具合などがあるものです。でもまだ舞台セットとかはないので想像で動いたりするしかない。中央にある変な棚も想像しながらやった。想像では邪魔だった。

ふるさと納税の御礼品の観葉植物が発送されたというメールが届いた。そもそも置く場所があるのか、枯らさずに育てられるのか、不安でたまらない。勝手に公園に植えてしまうかもしれない。

写真は、また別の事件の決定的瞬間。
1/16(Thu) 00:52 No(12306)


■ 1月15日    ( 上田 ) 
「佐久間宣行のオールナイトニッポン0」に出る、という日。「ドロステのはてで僕ら」の、とてもシビアなところを書いている最中なんだけど、この日はさすがに気持ちがひっぱられる。恩田陸先生との対談もそうでしたけど、ほぼ人に会わない地味な日々のなかではマターがでかい。むちゃくちゃ緊張するんですよ。

夜、22時ごろに東京について、有楽町で脚本の続きをしようと思うも、有楽町のお店が示し合わせたように23時までしかあいてなく、23時をこえるとやってくる妖怪でもいるのかなと思うほど。あと、東京でよくあるのだけど、ビルの2階とかにカフェが見えていて、おっあそこに行こう、と思うけど、1階のどこにも入り口がなくて、結局その店へいけない、ということが頻繁にある。なんなのよあれ。

そんなふうに幸先わるく有楽町を1時間くらい歩いてしまったあと、早めにニッポン放送へ。「続・時かけ」に出てもらった、ANN水曜1部パーソナリティの新内さんにひさびさに会った。「続・時かけ」のライングループが、仲のいいことにまだときどき動いていて、たとえば萌歌ちゃんが健太郎くんや戸塚くんやA先生と共演したよー、みたいなとき、時かけポーズで写真を送ってくれる幸せなラインである。新内さんは人見知りが発動して送れないらしい。ぼくも、A先生と会ったよ、みたいな写真を送れないでいる。あんたら仲いいの知ってるし知らんがな、と思われそうで。そして次回「たけしの挑戦状 ビヨンド」に出てくれる鈴木絢音さんにも会えました。へんな劇ですけどがんばりましょう。

それにしても深夜すぎにオフィスにいるというのは祝祭感がすごくて、これはもう文化祭だなあと思う。深夜ラジオの特別感ってやっぱりすごい。

そして深夜3時半ごろ、出番がきて佐久間さんと話す。いいのかなーと思うほどたっぷりと、演劇の話をさせてもらいました。目の前で見る佐久間さんのおしゃべり番長ぶりはもう圧巻で、15年くらいまえに小籔さんと4週ほどラジオで話したとき(なぜかそういうことがあったんです)以来の衝撃だった。ゴッドタンをはじめ、佐久間さんの番組はよく見ていて、その面白さに舌を巻いていたんだけど、それよりも驚いたかもしれない。迫力、の2文字でした。そしてヨーロッパ企画をたくさん見てもらえていて驚いた。暗い旅のDVDなどもお渡ししたのだけど見てもらえるといいなあ。リスナーの方いましたら暗い旅フルとかを佐久間さんにそっと薦めてください。写真は終わった後の佐久間さんとぼく。放送後にも、ゴッドタンの「マジ歌」の演出の聞きたかったひみつを聞けたりしまして、冥利に尽きた夜でした。やっぱり人に渡せない演出はある、って言ってた。

反省もありますが楽しかったです。radikoタイムフリー(こちら)で23日まで聴けるそうですのでどうぞ。始発まちのつもりが、朝7時まで吉田さんと飲む。これは何日の日記に書くべきなんだろう、という時間を過ごし、新幹線で京都へ。写真下は、吉田さんが「寝過ごすからぜったい新大阪いきに乗ったほうがええで。寝過ごしても新大阪やから。博多で起きたら最悪やで」と助言をくれて、「寝過ごさないと思いますけどありがとうございます」といって新大阪いきに乗り、起きたら新大阪だったところ。
1/17(Fri) 04:23 No(12308)


■ 1月15日    ( 石田 )  生ハム  
酒井くんが原作・脚本を務める「大江戸スチームパンク」に実は僕も少し出させてもらってます。写真のみの出演なのですが、毎話ちょろっと出てくるのです。それのスチール撮影をしました。大江戸スチームパンク、絶対見るでやんす!
イエティ通し稽古でした。ちょっとした事件は来年のカウントダウン行きでしょうね。
通しおわってピザを食べに行きました。生ハムがお代わり自由でみんなでお代わりしまくりました。ピザに生ハムを乗っけたりパスタに生ハム混ぜたり、お得だなと思ったけど全部生ハムの味になっただけかもしれない。お得とはなんだろう。
1/17(Fri) 15:55 No(12311)


■ 1月15日    ( 永野 ) 
昼は陽だまり屋の台本を書いてた。毎回プロデューサーとの往復書簡で練り上げる。もう今回テーマの「エニシダ」という植物が欲しくなっている。園芸おじさんになる。

写真はスタンディングデスク代わりにしているタンスデスク。
1/17(Fri) 18:51 No(12318)


■ 1月16日    ( 上田 ) 
いろいろくたびれ果てて夕方まで寝てしまう。「ドロステのはてで僕ら」をいいかげん書き終えなくてはならない。主人公の名前を「カトウ」にしていて、未来のカトウや過去のカトウがでてくるので「Fカトウ」「Pカトウ」などと表記しているのだけど、「FFカトウ」「PPカトウ」「FFFカトウ」「F5カトウ」などが出てきて、おれを苦しめる。オザワとFオザワとPオザワが3人でしゃべるシーンは、書いていて気が狂いそうになる。誰が見たいんだこの映画。おれが見たいんだ。

暗い旅の石田会議にも出席しまして。暗い旅キャラバンの機運が高まってきました。今回はどこも、映像を見るというよりはライブ企画中心、という、静より動の構成です。東京編はこちら、横浜編がこちら、大阪編はこちら。東京編では石田くんが我々さんと「暗い旅」を演奏したがっていて、しかしそれにはみっちり練習してもらわなくてはいけませんよ、と厳しく釘をさした。横浜編は、ついに魔のアンケートが放たれた。ゾーカートもいろいろ進化しそうです。

YouTubeチャンネルも、焦らず長い目で充実させていきましょう、という機運が高まっている。今までヨーロッパ企画は、たまたまタイミング的に、テレビで暗い旅を始めてしまったことがあったりして「動画」というものとさほど向き合ってはこなかったのだけど、若手チームも頼もしいことだし、今年を動画元年にしようじゃないの、と思っています。まずは少しずついろんなことを試していきます。コツをつかむまではしばらくかかるだろう。お見守りください。キャラバンへ向けて、こちらの、「仏3・鬼3インタビュー」を作りました。予習にどうぞ。

「前田建設ファンタジー営業部」の舞台挨拶も昨日ありまして、小木さんが大しゃべりだったそうです。こちらに詳しいレポートが。主演の高杉くんが「メチャクチャ面白い映画になったと思います。あんまり自分が出てる作品で言うこと無いんですけど、ホント、メチャクチャ面白いなと思いながら映画、観てました」ですって! これホントのやつっぽいですよね。ほかにも公式ツイッター(こちら)から色んな記事を辿っていただけることでしょう。公開は1月31日から。前売りを買っていただくことがいちばんのエールになります。

日記が長いのは逃げているからです。写真はイエティの舞台のことを話す2人。杉浦が「昨日も寝てないんです」って乳業メーカーの社長のようなことを言っていて、頑張ってるのねたいへんね、と思ったけど、石田さんの日記によると、その前の日には焼肉にいっているのだった。
1/17(Fri) 05:09 No(12309)


■ 1月16日    ( 角田 )  眼鏡に目がねぇ  
イエティの稽古。昨日の通し稽古を経て、様々な修正が入りました。もう役の入れ替えがあるくらい修正が入りました。中央の変な棚には修正は入りませんでした。

ふるさと納税の御礼品の観葉植物が今日届いたはずなのだけど、稽古中で受け取れなかった。明日の夜に再配達してもらうことに。そして受け取ったらすぐさま一週間放置することになりますが、大丈夫なのでしょうか。帰ってきたら枯れてるかもしれない。

こないだ修理してもらった眼鏡の部品がまた壊れた。鼻パッドの部品がポロポロ落ちるようになりました。そういう毎日を送っております。

写真は、見下す理子ちゃん。
1/17(Fri) 11:33 No(12310)


■ 1月16日    ( 永野 ) 
午前中は、昨晩、上田くんがゲストに出ていた佐久間さんのオールナイトニッポンを聴いた。自分たちの話だったり、聞いたこともあるエピソードだったりしても、佐久間さんのリアクションが新鮮で迫力ある笑い声のズシンズシンとくる振動の影響か、より面白く興味深く聞けた。小学生の頃から親しんでいるオールナイトニッポンで劇団のこと話している!ってだけでなんかスペシャルな感じもあってトキメキながら聴かせていただいた。ヨーロッパ企画という劇団がよくわかる放送でした(こちら)。面白いから聴いてほしいー。

気持ちを切り替えて、あさって撮影の作品の台本を読んだり、お昼ご飯を済ませ、3分ごとにウォーキングのスピードを変化させるトレーニングをしてみたりしながら仁和寺あたりにあるコーヒー屋に飲みにいったりの散歩のおじちゃま。

写真は玄関の園芸コーナー。
真ん中のシクラメンは、上田くんのお母さんにいただいたもの。
1/17(Fri) 18:58 No(12319)


■ 1月16日    ( 石田 )  接しやすさとは何だ  
暗い旅キャラバンの横浜編で行われる「接しやすい先輩・仏3に今年こそ入る旅」の予告動画が公開されました。カウントダウン終了後に企画が発表されたときの模様ですね。こちら
ちなみに僕は前回7位でした。12人中だったので半分より下ですね。今年は3位入賞を狙ってますが、考えてみるとなかなか厳しい戦いになりそうです。
だって、まず上位者はなかなか変動しなさそうな気がしてます。そして前回のアンケート結果によると「接しにくいというよりは、あまり接してない、接する機会がない」という理由で下位になっている先輩が多かったのです。鬼3の中川さん、諏訪さん、本多くんは東京に住んでいます。京都にあまりいないから接する機会がなかった、という理由で下位なっているだけでした。しかしこの一年で接する機会も増え東京に住んでいるとはいえたくさん接したと思います。接する機会が増えれば、もともと接しにくかったわけではなかったので、接しやすい先輩だなあと思うでしょう。そうなると、真ん中くらいだったメンバーは上位メンバーに比べると接しにくいわけですから、そこらへんが下位と入れ替わる、ということが考えられますよね。
こんなことをウジウジ考えているから7位とかなんでしょう。順位を落としたくないですね。キャラバンに応援しに来てください!みなさんの応援で結果は変わるはずです!
1/18(Sat) 16:24 No(12323)


■ 1月17日    ( 角田 )  どうしようもない動詞  
午前中に散髪に行って、午後はイエティ稽古。
後半からラストあたりの稽古をしました。あと数日で本番というタイミングで大歳先生から鬼演出家になる宣言が出ました。むちゃくちゃ怖かったです。

イエティの舞台セット作業を進めているらしい杉浦さん。寝てないとか焼き肉食ってるとか拗ねてるとか色々情報が飛び交っているのですが、テンパっているのは確かなようです。

ついに観葉植物が届いた。飾る場所がない。

写真は、杉浦さんのテンパっている言葉遣い。OKらしいです。
1/18(Sat) 00:42 No(12320)


■ 1月17日    ( 石田 )  ポスターができたからドロステ  
暗い旅ポスターが完成しました!どうです?かわいいでしょ?テンション上がってドロステ写真にしてみました。服装違うけどそれはご愛嬌でお願いします。
こちらのポスターはB3サイズでして、ポスターとしては若干小さめサイズになってます。つまりは貼りやすいサイズです。この貼りやすいサイズ暗い旅ポスターを、暗い旅キャラバンにお越しのみなさんにプレゼントいたします!来てくれた方だけの特典です!新作の暗い旅DVD#7、8をご購入頂けるとサインもしますので、ポスターにサインもしますよ!サインはご購入いただいた方のみですけどね。
なんせキャラバンにお越しください!
1/18(Sat) 15:35 No(12321)


■ 1月17日    ( 永野 ) 
昼頃、とある案件で東京に向かう。
本多くんも現場にいて、入り時間35分前に到着した僕に「現場入んの早ないすかっ!(笑)」と突っ込んできた。「本多くんに会えると思って」と愛ある言葉で返した。ほんとにそう思ってたんだからしょうがない。

下宿に帰宅して、明日の準備などして早寝。
写真は今日の靴下。
1/18(Sat) 15:51 No(12322)


■ 1月17日    ( 上田 ) 
NHK京都局にて、「劇解!KYOTO CODE」のスタジオ収録でした。僕・上田と、万城目学さんと、チャド・マレーンさんが、大歳くんが作ってきた路上劇(とそのドキュメンタリー)をみて、ああだこうだ茶々を入れる、というような。非常にラクな立場ではあったのだけど、僕と万城目さんが好き勝手いい散らかして、司会のチャドさんが大歳くんをフォローしつつ進行する感じかな、と思いきや、チャドさんも大歳くんの劇に茶々をいれる感じになって、3対1(大歳)という構図になった。大歳くんには申し訳ないことをした。イエティの小屋入り前だというのに。幸先わるくしていたらすいません。

写真のような狭いブースで撮りました。万城目先生いるんだけどモニターで隠れちゃってますね。

NHK総合・京都で放送されます。見れる方そう多くないかも? しかし、大歳くんたちが番組中に作った、「竹結界」についての路上コントが、こちらの「NHK WORLD-JAPAN」にアップされてます。マナー啓発に見せかけて、酒井くんが延々発明品を披露してゆくという動画です。そして海外で小爆発をおこしているらしい。やったね大歳くん。

終わったあとは、お食事会。チャドさんと僕が同い年だということが分かった。あとチャド・マレーンさんのコンビ名が「チャド・マレーン」だという驚愕の事実を知った。万城目さんとはあんまりお話しできませんでしたし、「ドロステ〜」を書かねばならず、夜の深みへ降りてゆくのを断念しました。時間の深みへ降りてゆかねばならないから。あー。万城目さんありがとうございました!
1/21(Tue) 03:56 No(12336)


■ 1月18日    ( 永野 ) 
昼からとある病院ドラマの撮影。雪が降ってたけど、集合場所が下宿のムッチャ近くでありがたかった。
夕方終わって、京都へ帰る。

上田くんから、「ドロステのはてで僕ら」の台本の第1稿が届いていたので、新幹線の中で読みながら帰った。こりゃ、完成したらなんか訳わからないけどすごい映画になりそうだ!とゾクゾクしたというのが読み終わった感想なんだけど、でも、劇中どんなことが起こってるのかは雰囲気で理解できるけど、役者たちは撮影現場でどのようにしているんだろう…?どのくらい手間がかかるんだろう…?と途方に暮れそうな台本だった。長回しだもんな…。土佐くんが一番セリフも含め大変なんだろうな。そして淳太監督は、これを読んで撮影の算段はついたのだろうか。僕ならば正直こりゃ両手上げして嘔吐だ…。2月一丸となって時間魔境に挑む所存です。

写真は、太陽にほえろみたいに、ブラインドから雪の降ってる外を覗こうと思ったら曇りガラスだったパターン。
1/20(Mon) 12:59 No(12329)


■ 1月18日    ( 石田 )  大歳先生と上田先生  
稽古最終日でした。衣装付きの通し稽古をしました。そういえば前の通し稽古で角田さんが着替えがぜったい間に合わないところがあって、どうしようとなったのだけど、その解決策が僕と役を変更するという策でした。僕は次の出番が少しあとだから着替えに時間が使えるのです。まさかの役変更でした。角田さんがこれまでやってたことを僕がやりました。うまくいってるはずです。終わった後に大歳先生が「うん、おもしろいです」と言っていたのでおもしろい作品になってるはずです。稽古終わりにみんなでベトナム料理を食べに行きました。それがすべて美味しくて美味しい美味しいしか話さなかったなあ。
そして気がついたら深夜の焼き鳥屋で写真のようになってた。上田さん、ドロステの脚本第1稿をあげたとのことです。僕はまだ読めておりません。
1/20(Mon) 21:07 No(12331)


■ 1月18日    ( 角田 )  ゴシップ話し後、湿布する  
イエティの京都稽古最終日。
初めて衣装を着ての通し稽古でした。主役のヤンキーは当然ヤンキー的な衣装を着るのですが、劇中で別のヤンキーが出てくる場面があって、そのヤンキーは主役のヤンキーと区別するために違う文脈の不良の衣装にしていただいて、どこにもいない不思議な米軍の兵隊崩れみたいなヤンキーになっています。

稽古後、モスで「アニマル企画(仮)」会議。ここのところ、ハンバーガーばかり食べている。

その後、稽古場打ち上げ的なやつの余韻飲み会みたいなやつに合流。無駄な話ししかしなかった。

写真は、嬉々としてゴシップを話す大歳先生。
1/21(Tue) 00:17 No(12333)


■ 1月18日    ( 上田 ) 
「ドロステのはてで僕ら」を脱稿した。ひとまず1稿。読んだものみな吐き気をもよおす、ドグラ・マグラのごたる奇書をものしてしまったかもしれない。多分これ撮影不可能だと思う。撮れたらおなぐさみ。メンバーに台本を送ったら、今まで感想なんて届いたことないのに何人かから感想をもらって嬉しかった。みんな「理解できてないけど面白い!」みたいな内容だった。僕も正直イメージできてない箇所がある。撮影日までにゆっくり理解していきましょう。

そのあとは角田さんと、「アニマル企画(仮)」の打ち合わせ。アニマルが活動的になってきてます! 子供も! おじいさんも!

ブロードウェイラジオの、フォークソングラジオドラマ「世界の終わりかけとスリーコード」の3話4話を一足先に聴いた。永野さん・理子ちゃん・早織さんがギターを弾いて歌っていた。いい! 聴いてほしいです。1話はこちらで、2話はこちらで。そして3話がいまはこちらのラジコで聴けますね。

永野さんがなぜか10円玉をピックにしてギターを弾いていた。びっくりした。誰もそんなこと教えてないし、ピックで弾くほうがぜったいに鳴りがいいのに! しかし理由はトークで語られてます。あと理子ちゃんの「私がくさいのか空間がくさいのか分からない」は、ゴキゲンなナンバーです。これけっこう弾くの難しいかなーどうかなー、と思っていたら、難しいストロークのところを平気で弾きこなした動画が送られてきて、「おそろしい子…!」と思った。永野さんもおそろしいですが。

歌詞とコード載せておきます。理子ちゃんのツイートを拾って歌にする、ということをしているのだけど、恥ずかしいですと言われた。この世にないハラスメントをしている。
1/21(Tue) 04:21 No(12337)


■ 1月18日    ( お知らせ ) 
酒井の夢が現実に! なにかがおかしいなにかが!

テレビ・配信「大江戸スチームパンク」

原案・脚本:酒井善史
中川晴樹 出演
1/18(土)よりテレビ大阪にてオンエアスタート/毎週土曜日25:26〜25:56オンエア
TV放送後、TSUTAYAプレミアムにて配信スタート
こちら

酒井くんが何年か前に、なぞの企画書を書いていて。「大江戸スチームパンク」という、文字どおり時代劇とスチームパンクを融合させたドラマ企画案でした。僕(上田)は思ったものでした、あのね世の中には予算てものがあるのよ、と。ドラマでよくいる、夢を追う主人公を冷ややかに引いてみる奴になってました。しかし現実はドラマじゃないよ、まして夢ではないのだよとも思っていたものでした。

数年後、その夢の町は現実に画面の中に作られて、酒井くんは写真のようになっていました。この世界はもしかすると酒井くんの夢の中かもしれず、酒井くんが夢から覚めると僕や中川さんや鍋島は消えてしまうのかもしれません。

夢うつつすぎて宣伝遅くなりすいません。1/18(土)よりテレビ大阪でスタート、以降毎週土曜日オンエアです。TV放送後は、TSUTAYAプレミアムで配信が始まります。来月アタマの暗い旅でも酒井くんのロケ参加のもようを追いかけます。酒井くんが目を覚ます前に、どうかご覧ください。

公式ツイッター(こちら)も、写真がなんていうかいちいち目障りですし腹立ちますが面白いです、悔しいかな。
1/25(Sat) 00:37 No(12353)


■ 1月19日    ( 淳太 ) 
東京で編集の日々です。予期せぬ事態がありまして、正直なところ今ヒーヒーになりながら編集しています・・・。まぁなるようにしかなりませんよね。

「ドロステのはてで僕ら」の待ちに待った上田さんから脚本の第1稿が届きました。今序盤を読んでいますが、吐きそうです。「ハウリング」の撮影の時、撮影の柴田さんがストーリーが複雑すぎて嘔吐した件を笑った自分でしたが、今は全然笑えません。内臓を狂わせるなんて恐ろしい本なんだ!これを撮り終えることができたら、それだけですごいんじゃないかと思います・・・。
そして先日、ポスタービジュアルの打ち合わせをしました。12月末にはティザービジュアルの撮影をしましたが、本ビジュアルも今から考え始めています。両方素敵な仕上がりになりそうです。
そしてそして、出演者について、ヨーロッパ企画メンバーはほぼ全員出演しますが、さらにヒロインにお呼びする出演者の方と先日お会いしました。楽しい撮影になりそうです。こちらも発表までしばしお待ちください。

写真は、ティザービジュアルの撮影風景。酒井さんに手だけの出演をお願いしたところ、こっぴどく叱られ、「すみません!では上半身もお願いします!」と撮影したところ、ヘルメットで顔が結局わかりませんでした。
1/19(Sun) 13:28 No(12327)


■ 1月19日    ( 永野 ) 
完全なる子守りのおじちゃまデイ。

写真は鳩が出ない設定にして久しい鳩時計。出る設定への戻し方がわからなくなった。
1/20(Mon) 13:01 No(12330)


■ 1月19日    ( 石田 )  ギターがうまくならんぞ  
お昼にイエティの荷詰め作業をし、ヨーロッパカーで杉浦さんと井神さんが東京へ向かった。途中絶対持ってくだろうと思わしき箱のようなものを大歳君が車に乗せようとすると杉浦君に「それ乗せませーん」と言われていた、のが写真です。
そのあと黒木さんの客演しているソノノチを観に行った。セリフや会話はほとんどなくて、役者の身体表現で観客はゆっくりと流れる時間や風景、自然現象を眺めているような観劇体験でした。なんとも良い時間、贅沢な時間を過ごしましたね。黒木さんかっこよかった。
夜に上田君から暗い旅キャラバンで我々さんとやるギターの課題が送られてきた。やばい。これはやばい。練習するしかない。ずっと練習した。
1/20(Mon) 21:19 No(12332)


■ 1月19日    ( 角田 )  モス野菜や!最高や!  
昼からモスで「アニマル企画(仮)」会議。またハンバーガーを食べてしまった。たまにはライスバーガーにしようと思ったりするけれど、レジに並んだら結局よく分からなくなり目についたハンバーガーを頼んでしまう。そして目につくのはだいたい『モス野菜バーガー』か『とびきりトマト&レタス』なのです。

その後は、会議を受けての作業。

観葉植物の葉っぱで霧吹きで水をかける。明日から一週間ほったらかしにする。

写真は、イエティ稽古場。台本を見るふりしてスマホを見ているやつがいる。
1/21(Tue) 00:42 No(12334)


■ 1月19日    ( 上田 ) 
「アニマル企画(仮)」の打ち合わせを角田さんと。打ち合わせ前にハンバーガーをくう俺たちだ。アニマルの肉を食ってアニマル企画を考えるのであった。

「ドロステのはてで僕ら」を書いているあいだ、社会性を失っていたので、この日はいろいろ送りそびれていたメールを送ったり、ラインを返したりして社会復帰する。そして「浦安鉄筋家族」の1話〜3話を書き直す。

1月いいかんじなのではないか。タカラの焼酎ハイボールを飲まれる方は、すこし飲んで中を覗くと、カミオカンデみたいな実験施設気分をあじわえます。金属に液体がたまっている感じはグッとくる。家飲みトリビアでした。
1/21(Tue) 04:33 No(12338)


■ 1月19日    ( 中川 ) 
15日、通し稽古。の前に、酒井君に事件が発生してた。今年のカウントダウン10大ニュース行きだろうか。

16日、前日の通し稽古を経て、細かく修正が入った。ダメ出しの3分の1が、そんなに出てない木下出さんへのものだった。
とある映像企画のプロットを提出。毎回映像作品作る時は、一個は初めての事を入れるようにしてるのだけど、今回は2個やった事がない事に挑戦しようとしてて、今からビビっている。

18日、イエティのヤンキー役のために髪を切った。外を出歩くのが嫌になるほどヤンキーだ。帽子を必要だ。
稽古後に後藤さんに会ったけど、髪型について一切触れられなかったので、ひょっとしたら僕は接しにくい先輩なのかもしれない。
暗い旅キャラバン横浜編、是非来て下さい。こちらを見て、気持ち高めてね。
1/28(Tue) 13:30 No(12367)


■ 1月20日    ( 角田 )  ヴィレヴァンにいれば?  
朝5時起きで移動。下北で9時から仕込み。舞台セットを建てていくなかで、ちょこちょこ起きる微妙なトラブルを乗り越えて17時ごろ完成。誰がなんと言おうと劇場がヴィレヴァンになった。誰がなんと言おうとだ。

その後、宿泊場所の梅ヶ丘ハウス移動。じゃんけんで部屋と取り合う。酒井が一番いい部屋を勝ち取った。くそうと思いながら、まず寝る。22時ごろに起きて駅前にご飯を食べに行く。帰って風呂入って屁こいて寝る。観葉植物が心配だ。

写真は、仕込み中に寝ているやつがいる。
1/21(Tue) 01:15 No(12335)


■ 1月20日    ( 上田 ) 
来たる暗い旅キャラバン東京編で、石田さんが我々さんと「♪暗い旅」を演奏したいというので、それならちゃんと練習するようにね、動画送ってね、と宿題をだしたら、スクショのような異常に委縮した演奏の動画が送られてきた。「まだ動画を見てもらうまでのレベルにもなってないのですが」「Fを簡易なものでやってますが、それでもできていません」などと卑屈なメッセージをそえて。どうやら鬼指導者として怯えらえている。というかもうじきイエティじゃないのか。「イエティ前にすいません、無理なくね」と返すと、「やさしい先生や」と返ってきた。「日下さんと祷さんの凄さにいま気付いた」とも返ってきた。イエティも暗い旅キャラバンもお楽しみに。演じて弾いての石田くんです。

僕は今日は、カフェパランで淳太監督と会って、「ドロステのはてで僕ら」の撮影の打ち合わせ。なにげに撮影が迫っているんである。僕の映画「ハウリング」(予告編はこちら。フルはU-NEXTでご覧になれます)と同じようなやり口で、それの長編版。なので、本編の撮影の前に、劇中に出てくるテレビの映像をまずは撮らないといけない。しかしそのテレビにはまたテレビが映っているので、つまりまずはテレビの中のテレビの撮影をしなくてはならない。しかし、テレビの中のテレビの中にもテレビが…。というような映画なんです。つまり、ロケ期間の前半は、ひたすら劇中のテレビの中のテレビの中の…の映像を撮影する、という時間がまずあって、そののちにやっと、本編撮影にこぎつけられる。そういう段取りを今日はした。うまくいくんだろうか。ドロステのはてで僕らは、疲労困憊しているだろう。
1/21(Tue) 05:00 No(12339)


■ 1月20日    ( 石田 )  緊張した顔になる  
東京に来ました。イエティの仕込みです。下北沢の小劇場B1という劇場です。地下1階にあるからB1という名前ですね。そうなのかなと思ってだけどやっぱりそうだった。
そして夜はカラオケに行ってギターを練習しました。上田君から動画を送るようにと言われていて、それを撮って送らなきゃならないけど、撮って送るレベルに達してないんじゃないかと思い送るのやめようかなと思ったけど、そんなこと言ってたらずっと送れないだろうから、撮って送るレベルじゃないけど送ると書いて送った。そしたら案外優しくて、こうした方がいいね、こうしましょうね、とギター教室のようにラインを送ってもらいました。まずは「メトロノームに合わせて弾く」からです。はいそのレベルです。なんともやさしい上田先生でしたね。
1/21(Tue) 18:57 No(12340)


■ 1月20日    ( 永野 ) 
コーヒー豆が切れていて、カフェイン禁断症状がではじめて「コーヒー飲みたい〜っ!」てなったタイミングで、ピンポンが鳴って岡山のキノシタショウテンから豆が届いた。岡山と魂が繋がってる感じがした。ご馳走様でした、たいへん美味しゅうございましたm(_ _)m

昼、映画「音楽」を観た。
本作品、7年以上もひとりで手描きアニメ制作したという。偉業だ。これは心して観なければならない。さらに声優のキャスティングも興味深い。観た感想は、ブロードウェイラジオで話すけど、この「音楽」というタイトル以外考えられない、そんな映画だった。まったく展開が読めない映画で、何度も笑った。愛おしさに溢れる映画でした。ぜひ「音楽」に触れてみてください→こちら
1/22(Wed) 11:51 No(12342)


■ 1月21日    ( お知らせ ) 
石田くん・中川さんがSKEさんをバズらせます、中川さん本人がバズりたいのに!

テレビ「SKE48のバズらせます!!」(東海テレビ)
1/21(火)24:25〜
石田剛太・中川晴樹出演
こちら

京都で、トリックムービーの撮影をしたそうです。分身の術、などと書いてありますから、もしかすると暗い旅の「六つ子ムービーアワード」(フルはこちら)を見ておくと予習になるかもしれません。暗い旅では欣也がふえたりしてますが、そりゃSKEさんがふえたほうがバエるでしょう。石田くん、緊張するわーってゆってた。うまくいったかな。オフィシャルページのこの写真、足元は横並びなのに中川さんが相当奥にいるように見えるのはトリック撮影だろうか。ご覧になれる方、どうぞよろしくおねがいします。
1/19(Sun) 17:59 No(12328)


■ 1月21日    ( 角田 )  伸びるビル  
今日は昼からずっと場当たり。大歳先生をはじめ全員がテンパりながらやりました。照明が消えて真っ暗闇の中でセットチェンジをする練習では、再び照明がついた時に出さんが予定とは全然違う場所にいた。驚きました。あと杉浦くんが酒井さんに叱られているところをよく見ました。弟子には厳しい師匠です。

下北沢の駅前がどんどん変わっていきますね。いつの間にか見たことないビルが建っていました。ふと気になって『サウンドオブ下北沢』は何年の曲だったか調べたら2005年発表だと分かりひっくり返りました。

観葉植物が心配です。

写真は、出さん。ジョーカーみたいだ。
1/22(Wed) 00:33 No(12341)


■ 1月21日    ( 永野 ) 
朝、子供たちを送り、東京へ。「知らなくていいコト」の撮影。
Googleで検索すると、いつもとちがうルートがでて、むちゃくちゃ山道を案内され、遭難しないかハラハラしながら猪出そうなルートをぜえぜえ20分ほど歩き、疲労困憊で現場に到着した。

隣のデスクにいる今井くんから「永野さんだけ、昔の記者みたいですね」と言われた第4話撮影だった。そういえば初日に本多くんにも「昭和感」を指摘されたけど。いまだロッキード事件を追っている記者かもしれない。第3話もみてください(こちら)。


写真はうちの玄関のフチベニベンケイ(?)。
1/22(Wed) 11:55 No(12343)


■ 1月21日    ( 上田 ) 
カウントダウンのときに駄菓子を売ったのですが、そのあまりを、おやつで食べるのが日々の楽しみになっている。クッピーラムネ、リスカのチョコ、うまい棒チーズ味、ポップコーン。いいセレクトです本当に。居酒屋の注文がうまい人って感じ。

おなじ駄菓子を連日食べるというのは、ルーティーン感あっていい。イチローのようなアスリート気分で仕事をしている。イチローは駄菓子食べないかもしれないが。そしてツーセット食べたくなるのをこらえている。ツーセット食べてしまった日も恥ずかしながらある。

「アニマル企画(仮)」のプロットをやっていました。
1/26(Sun) 14:02 No(12356)


■ 1月22日    ( 角田 )  端役は早く来る  
イエティ初日でした。開演早々に誰にも見えないところで主役がこけたらしいこと以外は大きなトラブルもなく無事開けました。出さんが稽古からゲネプロまでの間で一度も聞いたことないゆっくりの速度でセリフを喋っていた。本当はもっと速く喋りたいそうです。そして速く喋ることは諦めてないそうです。頑張って下さい。

今日はゴジゲンの皆さんも来てくれました。本折最強さとしさんが変な髭をたくえていました。そんなゴジゲンは「ポポリンピック」という新作公演期間中だそうで、2月には京都公演もあるそうです。札幌公演では納屋さんのアフタートークとかあるみたいですね。詳しくは
こちら

その後、初日打ち上げをして非常に楽しい時間を過ごしました。観葉植物が心配です。

写真は、ドロステ監督に一瞬会った。
1/23(Thu) 01:16 No(12344)


■ 1月22日    ( お知らせ ) 
イエティ#14「スーパードンキーヤングDX」東京公演スタートです!22日〜26日(日)まで。

カッコよーくあらすじを紹介すると、令和を漂流するサブカルヤンキーの葛藤と苦悩の物語、とでもいえましょう……かっこよすぎるけど。前作の「ドンキーヤング」を未見でも全然大丈夫です、そういう風に作りました。

上演時間は約1時間40分。当日券は開演1時間前より若干数販売します。物販は比較的最近発売になったDVDを中心に持ってきていまして、終演後に販売します。グッズだけでも見にきてつかーさい。オリジナルグッズはありませんが、DVD「ヨーロッパ企画の暗い旅」の新作7巻、8巻をどこよりも早く、世界最速で販売します。

暖冬なんで外出するのも億劫じゃないですね、皆様のご来場をお待ちしております。写真はイラストを書いてくれた永野大先生。
1/24(Fri) 12:30 No(12346)


■ 1月22日    ( 石田 )  へー  
イエティ初日でしたね。無事幕が開きました。終演後にみんなでたのしいお酒を飲みました。呉城さんは自分の出てないシーンは舞台袖で見てたり声を聞いたりして劇楽しんでいるそうだ。劇の感想を出演者の呉城さんから聞くとは思わなかった。いい人だ。
酒井君を誘ってもう一杯だけと2人で飲みに行ったら「石田さんとサシ飲み初めてですよ」と言ってきた。「へー」と思ったけどいちおう記念で自撮りをした。
梅ヶ丘ハウスでは僕の隣りに角田さんが寝ている。イヤホンをしてスマホを見ながらニヤニヤしている。何を見ているのか気になるけど聞けなかった。スマホの画面はプライバシーだもの。
1/24(Fri) 15:19 No(12349)


■ 1月22日    ( 上田 ) 
コラボ旅が3回続いた(続く)暗い旅、つぎは谷回みたいなことをしようとなり、それの会議をしました。タイトルは「『ろ』の旅」。今までで一番短いタイトルの旅です。出演者には内容を秘めておかなくてはいけないので、詳しくは書けませんが、相当これはクレバスぐらいの深い谷回になるんではないかな。イエティの出演者のみなさまに出てもらいます。お疲れのところすいません、カロリーはかけさせませんので、という気持ち。

夜には左子くんと、暗い旅キャラバンの打ち合わせ。「ゾーカートGP2020」にむけて、コースやアイテムを練りました。マリオカートっぽくしたく、どうしてもバナナの皮というアイテムをやりたくて、けど会場を汚せないので、別の何かすべる素材で作ろうと、摩擦のすくない布とか素材ををあれこれ検索した結果、バナナの皮をついにあきらめる、という30分間があった。

写真は打ち合わせのメモ。今回はゾーカートを選べるルールです。カートの種類見せちゃったな、ネタバレだなこりゃ。けどこれだけではありません。キャラバン横浜編おたのしみに。こちら
1/26(Sun) 14:16 No(12357)


■ 1月23日    ( 角田 )  うめー梅  
今日は入り時間が夕方でしたので昼間で寝てジムへ行って軽くトレーニングしました。スクワットとレッグプレス、ベンチプレスとスミスマシンインクラインベンチプレスをリバースグリップでやりました。おつかれさまです。

イエティは二日目。今日はあと少しで劇が終わるというタイミングで、出さんが楽屋でおにぎりを食べだした。劇が終わるまで待てなかったのか?その場で聞いたけれど納得のいく回答は得られなかった。

劇場からの帰り、なんとなく上田くんと出さんと三人で駅に向かう形になって、お腹が空いていたので下北でご飯でもと誘おうかと一瞬思いましたが、僕はもう梅ヶ丘のラーメン屋の口になっていたので何も言わず、それぞれの帰路へとついた。観葉植物はどうなっているだろう。

写真は、ドロステ監督をアップにしてみたら巨匠の風格だった。
1/24(Fri) 00:54 No(12345)


■ 1月23日    ( 石田 )  豆苗  
イエティ2日目でした。客席に上田君、西村さん、本多君とメンバーがいたことを終演後に知りましたね。メンバーに観られてると思うと急に変な気分になりますね。楽しんでくれたようでよかった。
イエティ本番中なんですが、ギターの練習をしている。暗い旅キャラバン東京編でギターを弾くのだ。なぜそんなことを言ってしまったのだろう。やりたいと言った自分をタイムマシンに乗って未来の僕が止めに行くべきだが、いまやって来ないということは僕の生きてる間にはタイムマシンは完成していないようだ。時間に関して僕にわかることはそれくらい。
ツイッターであと◯日宣伝動画やってますのでよかったら見てつかーさい。こちら

僕は家に置いてきた豆苗が心配だ。
1/24(Fri) 14:39 No(12348)


■ 1月23日    ( 上田 ) 
東京へ。「浦安鉄筋家族」の打ち合わせへ行ってきました。気づいてはいたけど、べらぼうにキャラクターがおおい原作で、なのでドラマもついついそうしたくなっていて、大河かなこれというぐらいキャラ数が膨れ上がっているので、それの整理をしましょうという。そして整理するどころか、あのキャラこの話数にも出しておいたほうがいいよね、などとさらに増し増しになってしまった。やかましいドラマです。

原作の浜岡先生が、脚本を読んでくださったそうで、聞き伝えですけど気に入っていただけたそうで大安心。しかし一か所修正依頼があり、母親の順子が息子の晴郎に「クソオタ息子!」というみたいなシーンを書いたのだけど、浜岡先生は、順子が子供を罵るときに「クソ」「死ね」とは言わせない(別の言葉で罵っても)そうなんです。ははあと唸った。エクストリームな中にも生活の美がそっと光る素敵な原作です。うんこはめっちゃくちゃ出てきますが。

写真は「浦安鉄筋家族」の初代シリーズ全31巻。ここからドラマを書いてます。

う大さんが、岸田國士戯曲賞の最終候補に! キングオブコントをとってのこれは相当かっこいい。やはり越境者なのであった。ヨーロッパ企画でキングオブコントにまた挑戦したいなという気持ちが、じつは去年ぐらいからふつふつと高まっている。みんなどうだろうな。10年くらい前に広島予選に出てそっと一回戦落ちしているんです我々。
1/26(Sun) 14:46 No(12358)


■ 1月23日    ( 上田 ) 
そして夜にはイエティ#14 「スーパードンキーヤングDX」を、下北沢でみました。面白かった! 元々のドンキーヤングも好きで、今作の噂もいろいろ聞いていて楽しみにしていたんだけど、バツグンの面白さでした。社会をそっと刺していて、自分の来し方とこれから歩む道に思いを馳せる、そういう良い劇でもあるし、けどなにより理子ちゃんが、出さんが、呉城さんが、メンバーが、面白いし笑ってしまうのであった。

「面白さ」ってこう、楽しさやかっこよさやカラフルさやタイムリー感とか、そういう煙幕に惑わされず超えたところにある、わりと真空のような不安なものでもあるなと思ってまして。加藤啓さんが言っていたことには「面白い」って「面白い」ということばでしか表現できない、それ以上微分できない感情、なんだそうで。出典は不明だけどとてもよくわかるし、面白い劇やものをみたときには「面白い」としか言えないのがもどかしい。し、ひとはそんなに実は真空が好きではない、けどやっぱりこの面白さは面白いのであった。

そんなに褒めなくてもいいですね。面白かったし楽しい劇でした。アフタートークは大歳さんがちょっとなに言っているか聞き取れないところがあったのでマイナスでした。芝居全編を通して、中川さんがなんでこんなに喋っているんだろうと思うほどすごく喋っていたので、よかったら観にいってあげてください。伊丹はこれからです。

角田さん出さんとの帰り道、おっこれ三人の誰かがご飯誘うのかな、いっちゃうぞいっちゃうぞ、という空気が出たけど誰も誘わずに帰ったのだった。

写真は歪曲してますが、昨年末、焼きそばを食べている大歳先生。
1/26(Sun) 15:16 No(12359)


■ 1月24日    ( 角田 )  観葉植物に寛容になる  
今日は渋谷で4月期の陽だまり屋の打ち合わせがありました。各話で取り上げるお花の特徴などを教えてもらいました。その後、すぐ近くの地下にある穴場スポット的な食堂で昼食を食べました。名物らしき生姜焼きを頼みました。大変美味しゅうございました。

夕方の劇場入りまでの間。ユーロスペースに東海テレビのドキュメンタリー『さよならテレビ』見に行きました。なるほど、こういうかんじか。ふむふむ。正直もっと踏み込んでほしいところだけどもね。なんて、したり顔で渋谷を後にしました。観葉植物を心配しながらね。

イエティ3日目。細々トラブルやミスがありつつ、なんとか終わりましたね。衣装をつけ忘れたりする人もいましたよ。何を隠そうこのあたすですけどね。すんずれいぶっこきました。

そういえば、今日からテレビ朝日系列で『女子高生の無駄づかい』というドラマが始まりました。私、第3話を書いております。よろしければご覧下さいませ。詳しくはこちら

写真は、急に締め切りの波が押し寄せてきた石田先生。そういう顔をしてますね。
1/25(Sat) 00:01 No(12351)


■ 1月24日    ( 上田 ) 
朝、品川で一件の打ち合わせ。新しい企画であり、そしてテレビでやってみたかった念願のあの手法がやれるかもしれない、と思い、今からわくわくしている。「あの手法」と濁しているのは、やれないかもしれないから。カフェで打ち合わせだったんだけど、コーヒー飲み放題で2時間制、30分前ラストオーダー、という居酒屋のようなシステムに、ついついコーヒーを3杯飲んでしまう俺たちであった。

品川打ち合わせののち京都へ帰る、というコンボは最高で、京都に帰って、暗い旅キャラバンの準備とか、浦安鉄筋家族など。

石田くんからギターの動画が日々届く。けなげに練習しているし上達してもいるが、メトロノームとリズムがあってないし、角田さんの日記によると締め切りの波も来ているらしい。イエティもあるし、キャラバンには正直まにあわないだろう。ギターには奇跡はおこらないから。しかしそれでも石田くんは何とかするんだろうか。

これは暗い旅キャラバン東京編で披露されます。遅すぎる旅はないけどそれでもちょっと遅めの堂本兄弟、ぜひ見にいらしてください。こちら。27日夜。昼間には下北沢ビレッジヴァンガードでサイン会もありますしね。暗い旅DVDのFGが新発売なんです。

夜、テレビをつけたら吉高さんが出ていて、そうか、本多くん永野さんの出ている「知らなくていいコト」だ。忙しくて追えてないなあ見なきゃ、と思ってしばらく見ていたら、「カイジ2」だった。沼パチンコでカイジが泣きわめいているのだった。
1/26(Sun) 15:37 No(12360)


■ 1月25日    ( 角田 )  加齢臭のするカレー  
イエティ昼夜公演がありました。今日は特に大きなトラブルなく終わった気がします。気がしているだけかもしれません。

昼公演の後、どうしてもスープカレーを食べたいという出さんに乗っかる形でみんなでスープカレーを食べました。そこのスープカレー屋さんは注文を紙に書いて出すという形式で、名前というかニックネームを書くところもあります。出さんはそこに「出(デ)」と書いてました。店員さんからしたら「出」を「デ」と読むかどうかなんて知らんがなです。「デ」と書けばすむ話で、「デ」は漢字で「出」と書くという情報もカレーの注文には全く必要がないと思いました。そんな出さん、今日は売り切れていたエビ出汁のカレーが食べたかったそうです。

イエティ東京公演は明日26日で終わりますが、27日は下北沢のヴィレヴァンで暗い旅DVDのサイン会があります。ヴィレヴァンさんサイン会させてもらえるでしょうか。その後、夕方からは渋谷で暗い旅キャラバンがあります。こちらの方のチケットはまだ少しあるそうなので宣伝してほしいと石田さんからメールでお達しがありました。よろしくお願いいたします。詳しくはこちら。あとは、とにかく観葉植物が心配です。

写真は、出(デ)。
1/26(Sun) 00:33 No(12355)


■ 1月25日    ( 石田 )  諏訪さんと土佐さんは名前を間違えられる  
イエティ東京公演中ですね。この日は2ステでした。土佐さんと諏訪さんが観に来てくれてました。楽しんでくれたようです。土佐さんは身内だから厳しめに、あんま笑わんとこうと思って望んでいたらしいですが、気付けばめちゃくちゃ笑ってしまっていたというめちゃくちゃ身内っぽいやさしい土佐さんでした。諏訪さんはあるセリフで何がおもしろいのか分からないけどめちゃくちゃ笑ったと言ってましたね。そういうセリフってありますね。
本番中にラムネを食べると調子がいいことに気付いた。ぶどう糖でスッキリ!!
1/26(Sun) 16:24 No(12362)


■ 1月26日    ( お知らせ ) 
「たけしの挑戦状 ビヨンド」一般発売ですよ!

舞台「たけしの挑戦状 ビヨンド」

脚本・演出:上田誠(ヨーロッパ企画)
出演:西野亮廣(キングコング)、戸塚純貴、鈴木絢音(乃木坂46)、今井隆文、石田剛太(ヨーロッパ企画)、諏訪雅(ヨーロッパ企画)、土佐和成(ヨーロッパ企画)、町田マリー、市川しんぺー、小島聖

2020年4〜5月
東京・大阪・名古屋・広島・高知の5都市で公演
こちら

まわりから醸される、どうなんだろうこの公演感がすごい「たけしの挑戦状 ビヨンド」です。元のゲームやったことないんですけど観ても大丈夫ですか、とこれほど聞かれた劇ははじめてです。危険なにおいがしますよねえ、主演が西野さんですからね。その溶剤とその洗剤って混ぜていいんでしたっけみがあります。その危険さは西野さん自身も感じていて、取材でも「僕は上田さんが誘う劇だから出るんであって、決して『たけしの挑戦状』の舞台化に出たいわけではありませんからね!」と予防線を張っておられました。

西野さんとのただならぬ関係はおいおい書かせてもらいますが、そんなわけで、ニッポン放送さんとの前作「続・時かけ」とはまたちがう、攻めの演劇をお目にかけたいと思います。キャストもすばらしく楽しみな皆さんです。そして音楽がMSX野郎の伊藤忠之さん、ドットアニメーションが8bit兄貴のたかくらかずきさん。そしてたけしの挑戦状の攻略ビデオを高校時分につくっていた僕という、日本で20人ぐらいが歓喜しそうなリズム隊でおとどけします。スタッフはみなさん「続・ときかけ」からの続投でございます。それもすごいこと。

チケット一般発売が、この日1月26日(日)10:00からです。こちら。チケットぴあほか各プレイガイドにて。もちろんプレイしたことなんて一度もなくていいです、そういう人のために作る劇です。超面白い伝説まみれのゲームを、僕はただ劇にするだけです。
1/24(Fri) 23:58 No(12350)


■ 1月26日    ( お知らせ ) 
チラシ中面も載せておきます!! 各セクションのこだわりがミルフィーユとなって、サグラダファミリアぐらい完成しなかったチラシです。いやーこんなチラシが作れるなんて感無量ですよ6歳の私。

あっけどこの解像度だと文字読めないな。この日記フォームだとこの画像サイズが限界なんですよね恐るべきことに。なので以下にチラシコメント載せます。チラシのデザインを崩したくなさすぎて、4つの四角に合わせてコメントを書いたというなぞの職人芸が光る苦心作です。

↓↓

1986年、僕らは途方にくれました。
ゲームスタート直後、「しゃちょうしつ」でハゲ社長に営業成績を叱責される。街へ出れば殴りかかってくるヤクザや通行人。サラ金や横丁、パチンコ屋。数曲しかないカラオケスナックでは、2コンのマイクで歌えはするものの、そこから展開するでもなく。飲んだくれて家に帰れば、妻と子供に殴られ蹴られ、また出勤。そのうちにライフは減り、ドット絵で葬式がご丁寧に描かれ、ゲームオーバー。そしてスタート画面。

鮮烈な分からなさ。だけど圧倒的ななにかありそげさ。のちに攻略本を引いてみて驚いた。このゲームの目的が、実は日常を抜け出して南海の黄金を手に入れるところにあり、それには社長に「じひょう」を出し、妻に「りこん」を切り出して「いしゃりょう」を払い、ヤクザの親分から「たからのちず」を手に入れて、「みなみたいへいよう」から「はんぐぐらいだー」で、孤島に着陸せねばならないのだった。クソゲーや無理ゲーという言葉がまだなかったころ。

34年が経ち、今も途方にくれている僕は、この挑戦状を受けなおすことを思い立ちました。奇しくも僕はいま、当時のたけしさんの年齢をひとつ超えており。ならば当時のたけしさんと同い年の途方に暮れていそうな、あるいは一見暮れていなさそうな誰か、と考えたのが西野さんでした。このゲームに、西野さんも一緒に振りまわされてもらいたく思ったし、「キタノ」に「ニシノ」が挑むさまを見たかったし、死んだとてそれはコメディになると思った。

令和を過ごすサラリーマンのもとに、34年ぶりにあのゲームが出てくるところから話は始まります。迂闊にコントローラーを握ったのがまずくて、ヤクザが怪鳥が原住民が、男を襲います。当時の関係者たちの気苦労と熱に思いを馳せつつ、よせばいいのに男は南海の黄金を目指します。阻む「どうりょう」や「こうはい」、立ちはだかる「つま」と「むすめ」。「りすく」を蹴散らし「あんち」を投げ飛ばし、男は挑戦状をビヨンドできるのか。そんなクソゲーコメディです。

↑↑

あーけどオフィシャルHP(こちら)に載っているほうの文章のほうがやはり長くて好きです。下のほうにあります。チケット一般発売は1月26日朝10時から!
1/25(Sat) 00:03 No(12352)


■ 1月26日    ( 石田 )  いま本番前です  
もうすぐイエティの東京公演の最後の回がはじまるんです(5分前だ!)
けどどうしてもいま伝えたいことがありまして!
舞台「たけしの挑戦状ビヨンド」チケット発売日です!
舞台『たけしの挑戦状 ビヨンド』
1月26日(日)10:00〜
チケットぴあほか各プレイガイドにて全国一斉発売開始!
詳しくは舞台公式サイトをご覧ください▶こちら
ぜひ!
楽屋でスマホで書いてます。中川さんがスマホいじってますね。角田さんもスマホ触ってます。酒井さんもですね。うわー2分前だ!集中しよ!
1/26(Sun) 18:00 No(12363)


■ 1月26日    ( 角田 )  焼きにくい焼肉  
イエティ東京公演ぶじ終わりました。たくさんのご来場ありがとうございました。

昼公演終わりにみんなで劇場近くの中華屋さんにジャージャー麺を食べに行きました。なぜにジャージャー麺かというと、映画『パラサイト』を見たからなのです。みんなで映画の感想などを言いながら楽しく食べました。が、どうやらその中で酒井さんだけがまだ見ていないようでネタバレに怒っていました。ライダーもロボットもヘッドセットも出てこないのに見たいそうです。ジャージャー麺美味しかったし、パラサイトも面白かったです。

夜公演とバラシが終わって、梅ヶ丘でサクッと焼肉を食べて、観葉植物を心配しながら帰りましたとさ。

写真は、ホットドッグにかぶりつく女優たち。
1/27(Mon) 00:52 No(12364)


■ 1月27日    ( お知らせ )  暗い旅キャラバン東京編  
27
「ヨーロッパ企画の暗い旅」DVD 発売記念イベント〜暗い旅キャラバン2020〜
東京編の日ですね。東京カルチャーカルチャーで19時からです。18時からまったりとお酒とお食事をしながら楽しんでもらえればと思いますね。前回の様子もいまこちらで見れます。
出演者は石田、酒井、上田、鍋Dに加えてゲストに大歳君と角田さん、暗い旅のテーマ曲「暗い旅」を歌われているバンドの我々さんです。
角田さんと大歳さんとでアナヨログゲームで遊びます。アナヨログゲームの旅でやった「角田貴志のLife for smile 」とアナヨログゲーム2の旅でやった「大歳倫弘のクイズ!フェイクショック」をどちらも第2弾でお届けします。
そして我々さんの生演奏に酒井がまた加わり、石田もなんらかの形で加わりたいと思います。いまはギターと思ってますが、できるのかなあ。
チケットお問い合わせはこちらまで!
1/12(Sun) 15:48 No(12293)


■ 1月27日    ( お知らせ ) 
暗い旅DVDFGのサイン会が、下北沢ヴィレバンで! 塩を撒かれないだろうか!

↓↓

DVD「ヨーロッパ企画の暗い旅7・8」先行販売サイン会

1/27(月)13時〜 ヴィレッジヴァンガード下北沢店にて
上田誠・石田剛太・酒井善史・角田貴志・大歳倫弘・鍋島雅郎が参加
(参加メンバーは都合により変更となる場合がございます。)

↑↑

スーパードンキーヤングDXでたいへんお世話になっているヴィレヴァン下北沢店さんにて、サイン会が催されます。サブカルは死なないから。お知らせの順番が前後しましたが、この日は昼がこのサイン会で、夜がキャラバン東京編です。

そういえばDVDのお知らせもそれほどしていませんでしたが、7巻と8巻が同時にできたんです。ラインナップ書いておきましょうね。

■DVDF巻 〜クレイジー酒井が暴れまわる巻〜

58「サジコンGPの旅」
60「盛り上がるエレベータークイズパーティーの旅」
62「神泉苑祭にゲーム出店をだす旅」
63「サカイアローン3の旅」
64「スピードハンモック選手権の旅」
66「石田のあの棚に木彫りの熊をおいてもらう旅」

■DVDF巻 〜大勢ではしゃぎあげく運動会で叱られる巻〜

67「盛り上がる室内球技大会の旅」
70「ほこ×さけの旅」
73「かわいいキーホルダー5番勝負の旅」
74、75「北聖町南をベスト10入りさせる旅」
76「ことわざジェスチャーの旅」
78「マネーをおごる虎の旅」

です。お値段はいずれも税込み2620円。リーズナブル! こちらをお買い上げいただきますと、上田・石田・酒井・角田・大歳・鍋島がサインをさせていただきます。少しお待ちいただければお写真も。会いに来てくださいぜひ。大歳くんは今どんな気持ちでヴィレヴァンにゆくんだろう。

お店のツイートによりますと、「ご予約は明日21日オープン10時より店頭またはお電話にて。03-3460-6145」だそうです。もちろんいきなり来ていただいても。こちらこちらこちらのツイートに詳細がございます。夜の暗い旅キャラバンのまえに、肩をあっためるつもりで。
1/26(Sun) 15:57 No(12361)


■ 1月27日    ( 石田 )  冒険  
本日は暗い旅キャラバン東京編の日です。19時から渋谷にあります東京カルチャーカルチャーにて行われます!
当日券あります!ぜひまってますよ!こちら

昨夜はイエティ東京公演が無事怪我もなく終了しました。ありがとうございました。
梅ヶ丘に着いて角田さんと2人で半地下にある中華料理屋さんの定食を食べに行こうとしたら閉まっていました。途方に暮れた我々は焼肉屋に入って肉とサラダとごはんを食べました。角田さんはずっと冒険しながら(ドラクエ)肉を焼いては食ってましたね。
1/27(Mon) 14:51 No(12365)


■ 1月27日    ( 角田 )  雪道を行き交う  
今日は昼から下北沢のヴィレヴァンで暗い旅DVD発売記念のサイン会でした。昨日までイエティであんな劇をやっていたのによくぞ開催して下さいました。ヴィレッジヴァンガード下北沢店様、太っ腹でございます。なにより平日の昼間に来ていただいたありがとうございました。

その後は渋谷へ移動して、とある音楽スタジオへ。ブロードウェイラジオのラジオドラマ収録でした。ブロラジの精鋭スタッフがスタジオにある機材を慣れた手付きでセッティング。出演者が4人だったので4本のマイクで録ろうとしたけれど、どうにも1本分しか録音が出来ない。店員さんに聞いても解決せず、ゲスト出演の呉城さんが次の現場へと移動しなければならない時間が迫る。仕方なく呉城さんパートだけ録り、残り3人は別の機材で録りました。呉城さんだけ別次元にいる設定になっているかもしれない。

夜は暗い旅キャラバン東京編。手ぶらでゲームと音楽を楽しみに行くだけだったので気楽なもんでした。その後のサイン会でお客様から好きな本やら音楽を教えてほしいとリクエストがございました。取り急ぎ小学生の時によく聞いたのはブルーハーツと嘉門達夫です。直近のに関してはインスタのストーリーにでもたまに載せたりしてみますので、たまに覗いて下さい。

写真は、今日の鍋ちゃんの足元。東京、雪降るらしいのに。
1/28(Tue) 03:15 No(12366)


■ 1月28日    ( お知らせ(石田) )  暗い旅キャラバン横浜編  
「ヨーロッパ企画の暗い旅」DVD 発売記念イベント〜暗い旅キャラバン2020〜
横浜編の日ですね。ヨコハNEWSハーバーで19時からです。
出演者は石田、酒井、上田、鍋Dに加えてゲストに諏訪さん、土佐さん、中川さん、藤谷理子ちゃんです。
神をも恐れぬ「接しやすい先輩・仏3に今年こそ入る旅」です。ヨーロッパ企画の後輩たちからアンケートを取り、接しやすい先輩の順番を決めます。ちなみに2019年の仏3は黒木さん、酒井さん、上田さん。鬼3は本多さん、諏訪さん、中川さんでした。今年は変動してるのでしょうか。ただただそのままなのでしょうか。1年で変わりますかねえ。去年の様子はこちら
そして「象カートGP2020」が開催されます。中川さんの頭に象のじょうろを乗せる旅」で生まれたレースです。中川さんが1位を取るまでこのレースは続きます。中川さんが1位を取ったらすぐ終わってしまいます。どうしましょう。土佐さん、諏訪さん、理子ちゃんがんばってください!お客さんもコースに参加してもらおうかななんて考えております。中川さんを1位にさせないようにしましょう。そうなるとそうなったでイベントが終われませんけどね。どうなるんでしょうか。
画像は廣田美乃さんという絵描きさんが描いてくれていた象カートGPのイラスト。あんまりかわいいので使わせてくださいとお願いして。こんなレースです。詳しくはこちら
1/12(Sun) 19:06 No(12294)


■ 1月28日    ( 石田 )  本日暗い旅キャラバン横浜編です  
昨夜はゲームをして楽しい時間とギター演奏で異様に緊張した時間とほっとして気が抜けた時間を過ごし梅ヶ丘ハウスに戻ってすぐに眠ってしまいましたね。
暗い旅キャラバン東京編が無事怪我もなく終了しました。お越しいただいたみなさんありがとうございました。ポスター貼ってくださいね。
そして雪ですねえ。今日は横浜編なんですが、雨まじりの雪ですか。あったかくしてお越しくださいね。
今日は演奏ないしと思っていたけど仏3の発表があるんだった。接しやすい先輩でありたいなあ。
1/28(Tue) 14:35 No(12368)


■ 1月28日    ( 角田 )  バナナを数えれば七本だった  
京都に帰ってきました。
昼過ぎに家に着いて、まずは観葉植物のチェック。心なしか萎れているように見えました。そればかりか、よくよく目を凝らすと葉の先の方が変色している気がしないでもない。ただ元の状態をよく覚えていないので、元からこうだった気もする。明日はなんとか日光を当てたいところ。う〜ん。

ネットでバナナの柄の部分をラップで巻いておくと長持ちするらしいです。バナナの状態が悪くなるのは、その原因となるガスが柄の部分から出るので、そこをラップで覆えば良いという寸法だそうです。そこで東京に来る前に残っていたバナナの柄にラップを巻いてきました。今日、バナナを見たら黒くなっていました。でも中身は黒くなってませんでした。へ〜。

その後は、家で洗濯をしたり、趣味の園芸のイラスト作業をしていました。明日から伊丹通いが始まります。ふ〜。

写真は、一週間ぶりの観葉植物。
1/29(Wed) 00:44 No(12369)


■ 1月30日    ( お知らせ ) 
イエティ#14「スーパードンキーヤングDX」伊丹公演スタートです!30(金)〜2/3(月)まで。

よく見るような感じであらすじを紹介すると『サブカルに目覚めたヤンキーが見つけたこの世界の驚愕の真実、そして本当に大事なものとは…?』とかでしょうか。前作を見てなくても勿論大丈夫です。アイホールは伊丹駅前にある劇場なので、随分と行きやすいですよ。

上演時間は約1時間40分。前売券はプレイガイドで販売中です(こちら)、物販は比較的最近発売になったDVDを中心に持ってきていまして終演後に販売します。客席は舞台を扇方に囲む3ブロックに分かれております。東京公演とはまた違った趣があると思います。

チラシのイラストを書いてもらった永野さんには、チラシとは別に僕のイラストも書いてもらったのです。当日お配りする資料のどこかに潜んでいます、見つけてみてください!
1/24(Fri) 13:00 No(12347)


■ 1月31日    ( お知らせ ) 
マジンガーZの格納庫を設計して、作らない映画。なのに傑作!

映画「前田建設ファンタジー営業部」

脚本:上田誠 監督:英勉 出演:本多力
1/31(金)全国ロードショー
公式サイトはこちら
ツイッターはこちら

試写でみて、自分が携わった映画でこれほど胸が熱くなったことは初めてかもしれません。というと他の作品どうなんだとなりますけれど、でもそのくらい、ちょっと特別な体感でした。

あらすじはこのお知らせの冒頭に書いている通り、なんだそりゃというような映画なんです。しかしスクリーンの中で起こっていることがちょっとすごくて、明らかに僕の脚本なんぞを超えたことが起きつづけていて、実際ぼくが全然書いてないセリフもみんな言っていて。でも監督も「これほど手も足も出なかった現場はなかった」って言ってたし、俳優さんたちも「現場じゃどうしていいかわかんなかった」「誰も監督のいうこと聞いてなかった」「ダメな映画だと思った」って言ってるし(こちら)。なのに完成品はちょっとすごいことになっているという謎の傑作です。

元々は、実在の建設会社・前田建設さんのweb企画としてはじまったもので。それがあるきっかけでサーバーダウンするほどのアクセス数となり、書籍になって、僕らヨーロッパ企画メンバーでそれの舞台化に関わらせてもらい。そしてそれが映画になる、という、ボンバーマンでいう「誘爆」がずっと続いているような作品です。ボンバーマンでいわないでいい。まあでも土木屋は発破も扱いますんでね。富士山麓の工事のときは名水があるので発破は避けるんですけどね。そんな土木知識で埋め尽くされたような映画なんですけど、これが特別な輝きを持っているんです。

ハードル上げすぎてますね。ぜひお近くのイオンシネマやMOVIX、そのほかでご覧ください。全国でやりますので。こちら

――――

記事もいろいろ出ています、僕・上田のインタビューがこちらとかこちら。高杉さんと岸井さんのインタビューがこちら。インタビュー記事ってあんがい目に触れないまま過ぎ去ってしまいますが、うまくいっているインタビュー記事や、熱のある取材記事は血が通っていて面白いものです。

そんななか、こちらの、前田建設さんオフィシャルの「さくらちゃんの映画撮影日記」は目の付け所のニッチさと充実がさすがですし、あと、こないだ暗い旅でロケをしたICI総合センターさんが書いてらっしゃる記事「前田建設ファンタジー営業部 エキストラにインタビューしてみた」(こちら)も、だれが興味あるねんという感じで、しかし映画専門サイトにはない圧倒的おもしろさです。映画にはじめて出た素人(失礼)が、ほくほくと体験談や演技のこだわりを語っているという。
1/25(Sat) 01:45 No(12354)


全てのログを保存
拡張子はhtmに変更して下さい
No.  pass 


Annecho by Tacky's Room